ラジコン

2018年9月 4日 (火)

TA02のキャスター

バギーをルーツとするTA02シャーシ(TA01もそうですが)。
キャスター角、スキッド角が、かなり大きいです。
これは、大きな障害物を乗り越える時、アームが斜め後方に逃げやすくするため。
角度が小さいと、タイヤに真正面からかかった力が、アームの基部に(動かない方向に)集中することになります。

 

でも、オンロードのツーリングカーであれば基本的に障害物は無く、サスペンションのジオメトリ変化が少ない(サスペンションが沈み込んだ時に、アップライトが後方に動くなどが無い)方が扱いやすいはず。
まぁそれはTA02以降のシャーシ見れば、メーカの意向が明らかで、スキッド角はほぼ0度、キャスター角はCハブで起こす様になっています。

 

じゃぁTA02は…フロントギアボックスの下側に付く、アーム取り付け部自体にスキッド角12度がついていて、普通の方法じゃ変えられません。

 

実は以前、アルミのブロックからCNCで削り出したものを自作したのですが、なかなか作れるものでも無く(知り合いの工場でお願いしたけれど、社長が世代交代したので…)良い方法は無いかと考えていました。

 

簡単に出来るのは…元のパーツを改造すること。
シャフトが通る部分を切り落とし、スキッド角0度で接着してみました。
接着と言っても、UV硬化樹脂で固めているので、そう簡単には壊れません、きっと。

 

5f832ec7bb7e42eaa48bad0a5bbd2534

 

これで、キャスター角も0度になってしまうので、アームを定番TA04SS用を流用、4度のキャスター角のついたCハブやアップライトも他シャーシの流用で組んでみます。

 

2a7ac1506469452da22e2370867599a5

 

ホイルベースがTA02SWよりちょっとだけ長くなりますが、黒ポルシェのボディが乗りそうです。

 

 

11f100f83cd2452c8ff84c315322e4c3

 

 

 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

TA02のステアリングアーム

前回のトルクスプリッタと同様、サードパーティのステアリングアームも廃盤ですし、流通在庫も無く。

TA04用が流用出来る(ウチの1台は、組み込み済み)のですが、それも無く。

何か良いものが無いか、と思案したところ。
アルミニウム製のサーボアームが使えそうだな、と。
5mm径のポストはそのまま使うことにして850ベアリングをどうにか組み込むには?

サーボアームの上下に内径8mmのパイプを固定して、ペアリングをはめ込みました。


5e515fcb317a49cd89c647fc98989e83

スルスルと動くし剛性も高いものが出来ました。

サーボとの組み付けは、ハイトルクサーボセイバーから2つのボールリンクで。
この構造だとステアリングを切った外側の方の舵角が大きくなるため、コーナーでの安定に繋がるのでは、と。

まぁ、走らせる場所と時間が無いのですが。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月28日 (火)

TA02用トルクスプリッタの自作

師匠の形見のTA02にはトルクスプリッタが組み込まれていました。
もちろん20年ほど前のシャーシ、復刻されたモデルはあるもののオプションは廃盤ばかり。

トルクスプリッタもギヤさえ欠けなければワンウェイベアリングは交換出来る(まぁギヤが樹脂製なので、欠けるかも、ですが)のでメンテは可能。

予備のベアリングを手配した折、5個入りだったのが運の尽き。

「自分で作れるかな?」

几帳面な師匠、トルクスプリッタと交換して余ったギヤが残っていたので、それを改造してみました。
F8219e0bc4e3456f92d3cbbe7ec5539c

ワンウェイベアリングは、軸径6mmのオリジナルと同じものを使います。組み込みやすい4mm径のベアリングもありますが、伝達トルクが小さいのです。
この辺りかなぁ、といい加減に切断して、軸の中心をしっかりだしてベアリングをUV硬化樹脂で固めます。

そして、ギヤボックス側にも外径7mm、軸径4mmのベアリングを入れます。
オリジナルは軸径3mmですが、試作では軸を旋盤で削り出す程ではないかと判断。

548c1e5307da4f60af39fde1958b2769

5650kvのブラシレスモーターで回してみましたが、ブレも無いし前後のトルクも分けられています。
ポルシェのブラックエディションのボディ一式を買い揃えたので、これでまた一台TA02が増えることに…

まぁ、転んでもタダでは起き上がりませんから、他にもイロイロ仕込んでいますけどね。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月24日 (火)

先祖返り

先日書いたタミヤのラジコンTA02。
ルーツをバギーに持つシャーシなので、フロントのキャスター角が信じられないくらいだったり。(そのうち、ネタにします)

師匠の形見を修理する為に集めた部品でTA02は5台以上組める気がします。
眠らせておくのももったいない(作るのが趣味なだけかも)ので、オフロードが走れるシャーシを作ってみました。

08bca5c8f9f3466a978533f74228a275

バギーが祖先なのですから、バギーが作れて当たり前?
と言っても、そのままじゃなく、リアサスはDF03Ra(記憶が怪しい)のものです。
お陰でシャフトが無く(計算上52mm…TA02オリジナルは39mmくらい?)、現状RF(リア・エンジン、フロントドライブ)。

フロントのダンパーは95mmくらい?


561acf0e7d2a49b2ae231761a015069f

サスペンションマウントは、TA02のギアボックスが欲しくて買ったハマー用だったかと。
それに径の大きなラリータイヤ。

これならサーキット行かなくても、庭や公園で走らせられます。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

TA02

MEDIO:
この書き出しも、最後です。

実は…昨年の年初に、師匠が他界しました。
癌でした。
心配するからと、友人にも知らせず…亡くなる一月前、最後にあった知人は僕でした。
前よりはやつれたかな、くらいだったのに。

結局は、亡くなった後に友人知人に更なる心配と悲しみを置いて行くことになった訳です。
いつも正しいことを言うのに、最後は大失態。


趣味人だったから、部屋の整理が大変だった(手伝いに行きましたし)のですが、形見としてミニカーやラジコンをお譲り頂きました。
自身がずっと所有していた、メルセデスの190E。そのDTM版、TAMIYAのTA02シャーシでした。

あちこち壊れたままだったので、メーカーなどにも問い合わせて完璧に修理。

そして、趣味人な僕も「ミイラ取りがミイラ」に。

部品を探して修理しているうちに、僕もラジコンを作ることが好きになってしまいました。

まぁ車好きは師匠譲りですから。


Image

ちなみに、ここに並んでいる車両以外にも作りかけなどがあります。
E30なんて、計4台…190Eは先輩の形見以外に2台。

近場にサーキットがないので、走らせることが出来ないのですけれど。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)