橋本みゆきさん

2009年6月23日 (火)

技術(奇術?)系サイトとして、引越しを

MEDIO write:

 突然ですが、引越しをします。

 前々から「垂れ流しの技術ネタ」というblogってのも何かなぁと思っていたのと、非論理師匠の復帰が見えて来たので...計画途中で放置されていた「サイト構築」を友人が一人でやってくれました。(w

 

 と言う事で、今後はこちらに舞台を移します。師匠の「ネタ」も面白いものばかりだと思いますので、一層「濃い」内容になる気がしますが。(w

 日記はいつもの通り、BG5レガシィや電子工作、PC(最近ネタだと、モニターで頂いたIntel製SSDのTrim対応等々)関連も多少は見やすくまとまっているかと。

 

 それでは、今後ともよろしくお願いします。

|

2009年5月 4日 (月)

自堕落

MEDIO write:

 昨日で、あらかたの溜まった業務を片付けて連休を確保した...はずだったのに。

 右腕~右手が痛くて、痺れていて何も出来ず。PCもマウス操作を左手でする始末。

 痛み止めを服用すると、まともに意識が保てない眠気が襲ってきて...

 

 そういや、某氏も数年前、ゴールデンウィーク前日に前立腺・副睾丸炎になって、連休を激痛の中、寝て過ごしたことを思い出した。すみません、あの時、心の底から笑っていました....

 

 せっかくの時間を有効に、技術ネタをと思っていたのに、タイミングが悪いな...

 

 仕方なく、過去の歌詞データでも。橋本みゆきさんの「Dazzle Pink」。いまだに検索してくる方がいらっしゃいますが、Un-officialで。

~Dazzle Pink~ 「春色桜瀬」エンディングテーマ

        歌 : 橋本みゆき
        作詞 : 石川泰
        作曲 : 鈴木マサキ/橋本みゆき
        編曲 : 鈴木マサキ

桜こぼれ舞い散る 春の色 恋の色
涙こぼれ消え入る 懐かしい笑顔

今日を忘れたくない 明日を引き替えにして
だけど散り続けるの 何も出来ないまま

 遠く 伸びる影が 君の側に 寄り添って
 消えるガラスの靴は 夕闇に沈む蜃気楼

待ち続けるわ a long times four seasons, four ever
   悲しみも寂しさも 花と共に散る
信じ続けるわ a long time believed Eternal happiness
  言葉より抱きしめて 季節の数よりも

桜色の唇 触れれば赤く染まる
涙伝う頬から 視線逸らしそう

 また逢えるからと 今日も自分 はぐらかす
 いつもと同じ日々が 繰り返されるなんて嘘ね

愛してるから anytime, please say that it's being loved
  好きと言えることさえ 時間(トキ)があると知る
届かなくても everytime, extend a hard catch me
  キスで誤魔化さないで 許してしまうから

待ち続けるわ a long times four seasons, four ever
  悲しみも寂しさも 花と共に散る
信じ続けるわ a long time believed Eternal happiness
  季節さえ飛び越えて あなたに逢うために

※韻を踏んでいる部分で、言葉としてどうかという点もありますが...

| | コメント (2)

2008年10月29日 (水)

ever

MEDIO write:

 ヨメさん(悪友Kの呼び名である)が肺炎になって臥せっていたそうだ。先週頭から外出を避ける様に医者に申し渡され、師匠への面会も出来なかったとの事。師匠も大変な時期なので、困ったことである。「マイコプラズマ」って、ちょっとカッコいいよね。必殺技みたいで。(大バカ

 

 今日の歌詞は、毎度の橋本みゆきさん「ever」で。10/24に発売されたPurpleさんのゲームの主題歌だそうです。適度な転調で、ずっと緊張感が続く曲調と、何かに祈るような詩はみゆきさん作です。

「ever」 ~「明日の七海と逢うために」オープニングテーマ

        作詞・曲・歌:橋本みゆき
        編曲:chokix

こんなに近くでいつも見てるのに
遠く離れているような気がして・・・

ねえ あなたのことを誰より知ってる
だからもう言えないの 生まれたこの気持ち

ずっとそばにいたい なのに心が苦しくて
微笑んだ横顔 ただ見つめるだけ今は

  友達の境界線飛び越えて
  あなたと寄り添えたら良いのに…
  届かなくて私のこの想いが
  時間と流れてしまわないように

ねえ 何てこと無い笑顔に喜んだり
どうってこと無い言葉に心落ち着かない

いつの間にか私 コントロールできなくなってる
らしくない私も あなた受け止めてくれる?

  こんなに近くでいつも見てるのに
  遠く離れているような気がして・・・
  どうかいつか私のこの想いを
  零れ落ちていく雫にしないで

  友達の境界線飛び越えて
  あなたと寄り添えたら良いのに・・・
  届かなくて私のこの想いが
  時間と流れてしまわないように

| | コメント (0)

2008年10月22日 (水)

パラシュート

MEDIO write:

 たまには早く帰りたいなぁと叶わぬ夢を呟きつつ、こっそり社内グループウェアの個人スケジュール11月の欄に1週間「夏休み」と書き込んでおいた。今週いっぱい、誰にも見つからなければ、きっと叶うとまた夢を見る。(--;

 昨日師匠伝てで頂いたCDを、ゆっくりと聴いています。

Para

 橋本みゆきさんの「初恋パラシュート」です。

 まぁ、畑亜貴さん作詞ですから歌詞はアレ(ほめ言葉)です。どうしてこんな言葉(コトノハと読む(^^;)が出てくるのか不思議不思議。

 曲は....私には最初から最後まで「いっぱいいっぱいの全力疾走」に聴こえます。まぁ、結局個人意見ですから。(^^;

~初恋パラシュート~ TVアニメ「あかね色に染まる坂」オープニングテーマ

        作詩 : 畑 亜貴
        作曲 : 田代 智一
        編曲 : 原田 勝通
         歌  : 橋本みゆき

  気がついて精一杯
  ココロからsay love you
  空が不意に私を臆病にさせる・・・イヤよ!

思いがけず 会いたくなる
キモチは揺れるパラシュート
どこにゆくの? 飛ばされるわ
胸が示す 折れ線グラフ
トキメキが急上昇
内緒にしておきたいほどです

見慣れた景色の
風の音でさえ
切ない歌を口ずさむでしょう
ほらっ

  あかね道もうちょっと
  近づいてmore sweet time
  勇気の色 染まりながら見つめたい
  気がついて精一杯
  ココロからsay love you
  空が不意に私を臆病にさせる・・・ダメよ!

あなたの中 誰がいるの
言えずに黙るサンセットロード
これが私? もどかしいわ
二番目とか 半端なラヴァー
ムカついて旋回中
本気じゃなきゃ行きませんからね

場所は決めてるの
告白するなら
あの坂の上 登り切るまで
だよ!

  夕焼けに喪失感
  溜め息がso sad blow
  側にいてよ 星がひとつ出るまでは
  伝えたいがんばって
  勢いでgun of love
  背中押して私は諦めないわ・・・イヤよ!

   あの坂の上 登り切るとき
   ほら・・・ね?

  夕焼けにもうちょっと
  溜め息でもうちょっと
  側にいてよ 星がひとつ出るまでは
  伝えたいがんばって
  勢いでgun of love
  背中押して私は諦めないわ

  あかね道もうちょっと
  近づいてもうちょっと
  勇気の色 染まりながら見つめたい
  気がついて精一杯
  ココロからsay love you
  空が不意に私を臆病にさせる・・・ダメよ!

 やっぱり私は、みゆきさん自身が書いた、どこか切ない歌詞・曲調が好きです。

 えぇ、もちろん個人意見。(あ、みゆきさんの明るい曲も、もちろん好きです)

 2曲目の「sweet sweet time」の歌詞は必見・必読・必聴(?)で。

| | コメント (0)

2008年8月24日 (日)

glorious days

MEDIO write:

 ここしばらく、無茶なスケジュールで仕事をしていたので、さすがに体調がもたなかった。この土曜は周りに気遣ってもらえて、休みになった....一日寝てたけど。やっぱり。

 そして、しわ寄せは今へ。部署の目標予算を立てるための資料を作るのに、SQL。0が7個以上も付く様な仕入れ台帳の入力・計算なんて、フォーム~自動化しないとやっていられない。

 師匠のところで、橋本みゆきさんの曲の入ったCDを頂く。どんな伝なのか、この人の背後関係は、未だに全容は分からないなぁ。

 これもゲームの楽曲です。ジャケットは「ほわっ」っとした淡い色彩・タッチの絵。で、歌詞は。

~glorious days~ 「さくらんぼシュトラッセ」オープニングテーマ

        作詩・歌 : 橋本みゆき
        作・編曲 : 鈴木マサキ

いつまでもこのままでglorious days
  輝いたこの時間を止めて

Hello! 顔を上げたら 木漏れ日揺れる
遠く聞こえてくるの笑い声
ずっと近くにあって大切なもの
きっといつの間にか手にしてるの

いじわるしたり 喧嘩もするけど
ココロウラハラ アイノウラガエシ

いつまでもこのままでglorious days
  何気ない瞬間がさくら色に染まる
振り向けばいつだってそこに
  みんなが待っていてくれるから

ちょっと溜め息深くついちゃう時も
すぐそばにあなたがいてくれる
もっと頑張らなくちゃ!そんな時にも
そっと見守ってくれてうれしい

気付けばいつも同じタイミングで
笑い合ったり 涙していたり

いつの日もはしゃいでるglorious days
  フレームの中には眩しい思い出が
虹の向こう渡って行けそうな
  気がするの みんな一緒にいれば

いつまでもこのままでglorious days
  何気ない瞬間がさくら色に染まる
いつの日もはしゃいでるglorious days
  輝いたこの時間を止めて

とりあえず、生きてます。

| | コメント (0)

2008年8月 8日 (金)

only…

MEDIO write:

 精神的に追い詰められている自覚が出てきた。まぁ毎日4時間と眠れずに、自然に目が覚めるのはおかしいはずだ。

 といっても、鬱の早朝覚醒とも違う(やる気いっぱい)ので、疲れている以外に困っていることもなく....まぁ疲れすぎて困っているけど。

 土曜は、事業所で大バーベキュー大会をやるらしい。いつの間にか大会委員長らしい。

 ここ半年で大きな案件が3つ終わったのだけど、私はその全てに裏方として参加していたので、と。や、本当はねぎらって欲しいな。結局代休を消化する前に次の案件に放り込まれていたんだし。

 とりあえず、今回も有名焼肉店の肉を大量に仕入れた(師匠のつて)ので、率先して肉を焼きつつビールを飲もう。こっそり・大量に。

 本題。

 掲示板やらに、とりあえず何でも「神曲」と書き立てる人、多いですね。「そうじゃなくて、あなたが好きなだけでしょ」、という突っ込みはともかく。

 橋本みゆきさんの歌でも、彼女本人の手によるlilycs・Merodyの曲はほぼ名曲かもしれません。「あなた」に向けた、「恋心を切なく・熱心に語る詩」・「キャッチーで綺麗な旋律」。

 「売れる歌」を狙っている訳でなく、本来歌が生まれた理由である「何かに・誰かに伝えたい、素直な感情の表現」に徹しているからじゃないかなぁと。

 で、今日は「only…」です。

~only…~ 「明日の君と逢うために」エンディングテーマ

        作曲・歌 : 橋本みゆき
        作詞 : みやび
        編曲 : 田辺トシノ

 水の音 せせらぎ流れてく
  草の香り 満たしていく
 見上げれば 青空澄みきって
  私のこと 包んでく

 退屈な授業を抜け出して
  ともに向かう いつもの場所
 晴れた日は お弁当手にして
  同じ時間過ごしてく

 ささやかだけど二人の秘密
  それでも幸せになれる
 私の溢れ出ていく
  『好き』の気持ち届いて

 鮮やかに咲くの恋の花
  それは私だけのもの
 どこにいても 貴方を感じる
  私は 待っているから

 変わりない授業が終わる頃
  すぐに向かう 貴方の席
 雨の日は 机間にして
  同じ時間刻んでく

 そこにはあるの二人の世界
  わずかな会話ひとつでも
 優しい想い伝わるだけで構わないから

 淑やかに咲くの恋の花
  それは貴方だけのもの
 離れてても 私はわかるの
  いつでも 見つめてるから

 鮮やかに咲くの恋の花
  それは私だけのもの
 どこにいても 貴方を感じる
  私は 待っているから

 淑やかに咲くの恋の花
  それは貴方だけのもの
 離れてても 私はわかるの
  いつでも 見つめてるから

 二人もう離れないの

ゲームの楽曲ですから、恐らくその背景が歌詞にになっているのかと思い。ですから詩に関しては....コメントを控えます。

| | コメント (2)

2008年8月 3日 (日)

dazzle pink

MEDIO write:

 持ち帰りの仕事を、朝5時までやっていて、椅子に座ったまま寝落ち。体の節々がそんなに痛くないのはアーロン・チェアのおかげだろうか。

 落ちる寸前、Blogを書いた形跡があるのだけど、全く記憶に無い。(笑

 カテゴリーを増やしました。私はゲームをやったりアニメを見る事はほとんど無い(師匠は詳しいのだけど)のですが、最近、橋本みゆきさんの歌ばっかり聴いているので、と。また、最近ここのアクセス数が急増している理由でもあるので。

 彼女の歌をテーマ曲にしたゲームが発売されたのを同じく、その歌詞を探しに来る方も多くいるようで。Unofficialと書いた「恋桜」に続いて「dazzle pink」も....と言いたいのですが。

 歌曲は、「好きなら歌詞も覚えるくらいの方が良い」と思うのですよ。たとえ歌えなくても。

 で、テキストで書いてあるのを見る・読むだけでは覚えない。小学校でやった「書き取り」って、考えながら書く、というシーケンスで脳にも書き込んでいるんですね。

 というわけで、歌詞の書き取りを支援。「dazzle pink」のVocal部分だけ(3パートに分けたもの)。音質は悪いですが、歌詞を聞き取るには十分かと。

~dazzle pink~ 「春色桜瀬」エンディング・テーマ

        作曲・歌 : 橋本みゆき
        作詞 : 石川泰
        編曲 : 鈴木マサキ

「dazzle1.mp3」をダウンロード

「dazzle2.mp3」をダウンロード

「dazzle3.mp3」をダウンロード

 

 バックアップサーバを、データ複製作業時間外に落とす設定にしたのだけど、メインサーバが相変わらず熱いのはそのまま。現在の室温は35.7℃。今の時代、人間の方が先に熱暴走するようで。

| | コメント (0)

?2

MEDIO write:

 レガシィはリアブレーキのオーバーホール中(ガレージで分解したまま)だったので、最近はE60がメイン。さすがに排気量が2倍以上あるので、余裕があるというか。

 ただ、この世間風潮からすると、「財布に穴が空いていて、走るとお金が落ちていく」様な気分になる。1リッターで6km走れば良い程度ですから、燃費。

 まぁ、「エコだから大丈夫」と言ってプリウスで爆走して無駄使いをしている、何も本質を知らない人よりはマシだけど。:-p

 今日もお茶を濁してみる。橋本みゆきさんの「TIME」。

~TIME~

        作曲・歌 : 橋本みゆき
        作詞 : みやび
        編曲 : 鈴木マサキ

止まった時計動かすため 僕はここに来たよ 君の笑顔をみるために

空は青く 君の横顔見てる 昔と変わらぬ微笑で
穏やかな目 優しさは変わらない その度せつなくなってく

初めての恋 心を奪われている
  その眼差し 僕だけを見てて

時計の針が動き出して 刻まれてく時間
  また二人の距離が近づいてく
このままずっと歩んでいく 嬉しさも笑顔も
  ともに感じていくよ

夕焼け空 二人並んで歩く 繋いだ手と手握り締めて
暖かな目 この気持ち変わらない ずっと君を愛してる

初めてのキス 心が溶ろけていくよ
  この眼差し 君だけを見てる

時計の針もう止まらない 刻まれていく記憶
  また二人の思い出増えていく
このまま一緒に過ごしてく 喜びも涙も
  ともに分かち合おうよ

時計の針が動き出して 刻まれてく時間 また二人の距離が近づいてく
  このままずっと歩んでいく 嬉しさも笑顔も
ともに感じていくよ
  ともに分かち合おうよ

| | コメント (0)

2008年8月 2日 (土)

MEDIO write:

 生きてます。師匠が死にかけているけど....冗談では無く。

 久しぶりにこのBlogの管理画面を見た。ゲームの発売があったのか、橋本みゆきさん系で検索をかけて、いらっしゃる方が多い....でも、記事はそんなに無いのですが。

 Unofficialですが、その「恋桜」の歌詞を紹介。

~恋桜~

        作曲・歌 : 橋本みゆき
        作詞 : 石川泰/橋本みゆき
        編曲 : ANZE HIJIRI

春の色した 風が連れてきた この予感・・・

好きですなんて言葉 とてもシンプルすぎて 苦しくて
ただ恋しくて 胸が高鳴るのを感じる

だけどね すぐ気づく  
1秒だけで始まるの 恋の瞬間が
  もし 春が過ぎても 散ることはない恋桜

届かないから それは桜のように 儚く
  手を伸ばしても まるで蜃気楼
舞う花びらが 思い出ごと染め上げ 重なる (降りそそいだ)
  春の日差しは 心を溶かす 君の笑顔

好きですなんて言える あなたは素直すぎて 私には
ただ眩しくて 切なくなって胸が痛い

これから 待ちわびる
1秒すらも 長く感じるのは あなたのせい
  また 来年の春 並んで咲くの恋桜

頬に触れると すぐに桜のように 色付く
  瞳よせると 心まで染まる
季節はずれの 淡雪すらも溶かす 微笑み
  春の日差しは 私を包む 君の笑顔

待ちわびる
  1秒すらも 長く感じるのは あなたのせい
   もし 春が過ぎても 散ることはない恋桜

届かないから それは桜のように 儚く
  手を伸ばしても まるで蜃気楼
舞う花びらが 思い出ごと染め上げ 羽ばたく (明日の空へ)
  春の日差しは 奇蹟がくれた 君の笑顔

橋本みゆきさんは、「切ない恋心」的な作詩も良いけど、作曲も良いですね。ゲームへの楽曲提供(KOGADO「ディアピアニッシモ」全歌曲 作詞・作曲など)もしているし、アマチュア時代からの歴史もあるみたいですし。

で、編曲の安瀬聖さんは有名ですね。歪ギターが多いのが(私的には)ちょっと、なんだけど、「曲の盛り上げ方」は絶品。(ニコ動でも、氏の楽曲がまとめられたものが見られる様です)

エンディング「dazzle pink」は、「恋桜」とは反対な、軽快なPops....。

サビの、シンセ・ソロが、なんだか懐かしい感じで。

インストールした「がくっぽいど」で、みゆきさんとツインボーカル仕様で曲を作ろうかと思ったけど、歌唱力・表現力のある歌い手さんとVocaloidは酷だなぁ。

| | コメント (0)

2008年6月 7日 (土)

「橋本みゆき」さん

MEDIO write:

 体力が回復しない師匠のところに、お見舞いに行きました。握力が、左手15kg、右手3kg....まだ箸で食事が出来るレベルでは無いですね....

 右半身の麻痺が心配です。それでも愛用のVAIO typeSとcubase4で楽曲編纂している辺り、じっとしていられない人なのですね。

 氏は以前ゲーム業界にいた方なのですが、そのつながりなのか今だにアニメ・ゲーム系の楽曲作成の依頼を受けていたりします。

 おかげで以前から変な電波ソング(?)等を押し付けられたりしたのですが、「まじめに良い曲は?」と聞いてみました。

 以前はゲーム系の楽曲といえば、やはり単なるBGMであり、添え物であり、「何か音が鳴ってれば良い」レベルだったそうです。作曲担当といいつつ、コード理論も知らない方(今も結構いるそうです。高価な楽器を持っていればプロだ!と勘違いしている人達)が、本当に「音が鳴っている」レベルの曲を作っていたそうです。(去年あたり、氏に「(何とか)レガシィ」とかいうCDを借りたけど、すぐに停止ボタン押したなぁ。確かあれでも商業CDだったはず)

 最近は、オリコンでトップクラスの楽曲を提供しているグループが、元はゲーム楽曲の製作から立ち上がったとか聞いて、そちらの分野にも少々興味があったのです。最近の和製音楽(J-POP)には、魅力が感じられないので。

 氏がいくつか上げた名前の方の中から、歌手「橋本みゆき」さんの楽曲を聞いてみました。

※氏の非公開自宅サーバには、所有している1500枚以上のCDが音楽データとして取り込まれていますので、「試聴」はすぐに出来ます。

 ...凄いですね、現在の、この分野の楽曲って。

 「ゲームの添え物としては、もったいない」というレベルです。リズムセクションだけを押し出して、ノリだけ、印象的なメロディラインなんか無くてココロに全く残らないものばかりの、最近のJ-POPとは別格。

 「売れればよい」という「媚」が無い分、メッセージ性が強く、歌詞・メロディとも印象的でココロに残るものばかり。(アニメの楽曲は、「媚」が多い気がしますけど)

 もちろん歌い手が良いのはもちろんです。J-POP流行の、声帯のギリギリを使った声は、聞き手の精神的な不安を呼び(悲鳴が良い例)、耳に残る(なかなか忘れないだけ)のですが、それは「歌がうまい」のではなく、「気を引くのがうまい」だけです。

(誰だ!とは名前が出せませんが :-p)

 声に深いビブラートがかかる「演歌調のうまさ」はそんなにありませんが、音程の安定感や、歌の感情的な盛り上げ方、発声の強弱等々、「あぁ、こんな人いたんだ」と感激するくらい。

さて、最近の楽曲、「恋桜」。ゲームメーカー「PurpleSoft」さんの公式サイトでもshortVer.が公開されています。

 サビの

「届かないから それは桜のように 儚(はかな)く
 手を伸ばしても まるで蜃気楼
 舞う花びらが 思い出ごと染め上げ 重なる
 春の日差しは 心を溶かす 君の笑顔」

 これぞ「詩」という感じです。 「韻を踏んで、意味が無い」、某歌手の歌とは全然違うなぁ、と。(笑

 彼女の歌は「恋の歌」が多いですね。それも「泣きたくなるような切ない気持ち」の歌。

 試聴して気に入ったので、何枚か注文しました。でも在庫切れが多いのが困りますね、この分野のCDは。

| | コメント (0)