オーディオ話

2018年9月21日 (金)

熊が入ってたCR-S1

先日購入して修理したジャンクのONKYO A-905FX。(コントローラ基板のセラロックと電源ラインのケミコンの容量抜けが原因)
音は気に入ったのですが、単体のアンプですから音源は別…

過去、CR-185シリーズを多数買って、いろいろ改造しまくって音が変わるのを楽しんでいたので、まとまっていると良いなぁと思い立ち。
(若い頃は、バラバラのシステムコンポが好きだった記憶が

また直せば、その過程も楽しめるとばかり、ヤフオクでCR-S1を落札しました。
CD再生不可、スピーカーセット品です。

到着後、本体を確認すると…開封した痕跡が。背面のネジも、一本足りず。

まぁ前の持ち主が直せなかったとしても、僕が直せばいい話。早速分解を始めました。

ドライブが取り出せたところで、隙間からカラフルな色が見え。
「ONKYOも、こんな色の成形品作るんだなぁ…」と感心していたら、何やら絵の様な…熊?

95860fc7aadc4b34838593c99ef4d193

スロットイン型なので、子供がスリットにちょうど入るオモチャ?を入れてしまったのでしょう。
合計5枚も。

0e9f307afa284e20a816cf8b197fb2de


そういえば、Win.95の頃だったか、FDDが読めないという修理を依頼されて訪問したお宅で、ドライブの中からセーラームーンの切り抜きが出てきたことがあったっけ。😅


以前分解された時に接点を剥がしてしまったフィルムケーブルも見つけたので、手直しして。
正常に再生できる様になりました。

808a9dc90af647b38e6c184d88e1f114

電子工作やら解析を期待していましたけど、なんだかパズルを解いた感じで終わりました。
音はA-905FXより薄っぺらい感じ…あぁまた改造の虫が。😓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

ONKYO C-705の修理

先日ONKYO A-905FXのジャンク。購入、修理しましたが…

音源として、何かないかと思っていたら、CDプレイヤーのC-705があった事を思い出しました。

もともとセットのアンプに繋ぎ、リモコンで操作していたので放置してあったのですが、これのスイッチは壊れています。
イジェクト押しても、リピートスイッチみたいな動きをしたり。
リモコンでは動作が正常なので、スイッチ自体の劣化でしょう。
ただ、使用されているタクティカルスイッチは、よく見る4ピンタイプではなく、2ピンのもの。
出元不明なものを使っても再発するだろうし…

秋葉原をふらついていたら、アルプスの2ピンタイプを見つけてしまいました。
時間が取れたので、9個全部を交換。
ついでに、汎用品ばかりだったアナログ回路の出力部ケミコンを、オーディオ用に変えてみます。

A4acb46597004b8792a5a1c8d18f7f44

元どおりに組み直して、A-905FXに繋いで…正常に動作するようになりました。
音は、エージング済むまでギスギスした音ですね。
あと、フィルター周りのセラコンを交換したり、整流しただけの不安定電源がオペアンプに供給されているのを変えたり…
弄れば、間違いなく音が良くなるはず。
(元の構成では、光接続でD/Aはアンプでしたが、A-905FXにはSPDIFが無い)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月18日 (木)

2匹目のドジョウは無しで~Vaio Pro その3

MEDIO:

 まずはドジョウの話。Yahoo2


 昨日に続いてポイント当たらないかなぁと「島耕作」を読んだのですが、残念ながら当選機会は1回との表示でございました。(笑

 

 

 で、Vaio Proのぷちレビュー。

 その大きさ故に全く期待していなかったので、全然試していなかった「音響性能」。

(特に国内のオーディオ評論家...自称含む...「スピーカーは大きくなければゴミ」という主流意見があるので、デスクトップ用の卓上スピーカー含めパソコンの音響再生はダメダメ、少なくとも別体のアンプ+フロア用スピーカーで聴かないと良い音では無いという話ばかり。ある意味では正しいのですが、そう言い切れるほど理論的では無い意見)

 ふと思い出した「ミスター・ビーン」の1話をYoutubeで見たら

 「以外に音、いいじゃん!」

 11インチクラス...でも無い、17インチ・オーバークラスの、もはや持ち歩きが出来ない重量級「ラップトップ・パソコン」でもこの音は出ません。

(ハーマンカードン製とかのT社のラップトップパソコンを使った事がありますが、これの音のどこが良いの?と悩んだ位)

 

 どのくらいかというと、デスクトップPCでDAWの定番(?)なRolandやYAMAHA、BOSSのアンプ内蔵モニタスピーカーくらい良い。低音はさすがに線が細いですが、音量を上げても歪や割れも無く、高低音のバランスが破綻していませんので、音楽を聴いていても「まとも」に聴けます。

(ちなみに、今年の4月に購入したという「師匠嫁さん」の11インチTシリーズは...全然ダメな音でした。(--;

 で、今気がついたのですが(笑)、Vaio Proの宣伝文句として「クリアで迫力のあるサウンドを楽しめる」って高音質を謳っているのですね。(^^;

 「オーディオ機器に迫るクリアないい音」...宣伝コピーで「いい音」って、普通使いませんけれど、実際本当に「いい音」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

Amar Bose ’51, SM ’52, ScD ’56, Bose Corporation’s founder, has died at 83

MEDIO:

 オーディオ界の興味のある方なら皆ご存知と思いますが、BOSE創業者のアマー・ボーズ氏が死去されました。

 MIT教授職の傍ら、自分の音響工学理論を実現するべくBOSE社を創業、(その音色の特徴は「オーディオ教」の信者内でも好き嫌いが分かれるものの)、小型のユニットから出される低音はサイズからは信じられないくらいとても迫力があるものでした。

 BOSE社のHPには特設ページが出来ている様です。(氏に関する「思い」を投稿出来ます。

 そういえば、社会人になってはじめて買った(寮で使う小型の)スピーカーは101ITでしたっけ...

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

リファラ応答

MEDIO:

 暇なので...最近のリファラから、検索ワードに反応してみるテスト(笑

・27C512は、aitendoかラジオデパートの2Fの道路側のお店にあるかも。

・bg系に限らず、ヘッドライトの分解(殻割り)にはヒートガンが必須です。

・ADBをUSBに(電気信号として)変換するのは簡単ですが、USBで受けた場合のドライバの方が大変です。
 intuosだったらWindows版と同じ信号にしてやれば良いのですが

・クラリオンにかぎらずナビが毎回初期化処理が走るのは「バックアップ電源」がバックアップじゃ無いからだと思います。

・物理的に壊れたHDDをソフト的に修復するのは(データが読めない限り)ほぼ不可能でしょう。

・小径スピーカーで低音を出すには、それ相応の電力が必要です。相対的に高音を絞る必要もあります。
 エンクロージャ側で出来ることは、「コーンが動きずらい構造」にすることです。例えば密閉に近くするなど。
 こうすることで、ある程度高音成分を抑止することが出来ます。
 もちろん、こうすることで効率が低くなります。それをアンプのパワーで補う、と。一時期のハイパワーミニコンはこうやって低音を出していましたね。

・メーターパネルの自作は、EPSONのインクジェットプリンタと、サンハヤトの感光基板用フィルムの組み合わせがお勧めです。

・ナビのHDDのセキュリティ解除に、XILINXのSpartan Starter Kitを使っていたのは3年以上前の話ですよ。
 今はCPLD(CQ誌の付録)+USBパラレル(秋月の)で、ノートPCのバスパワーで動作し、パスワードはTeraterm画面に表示されます。

・ATAパスワードの解除には、HDDをに対して「セキュリティアンロックコマンド」を発行します。

・電流0.5mAのHDDは知りません。っていうか、そんなのあるの!?

・接触不良なリレー接点を磨く時、ヤスリやコンパウンドはダメですよ。必要なメッキ層も剥げます。彼女から「銀みがき」を借りましょう。

・iPodの最近の機種は、ドックコネクターからのVideo系の出力はappleの認証機器だけとなります。iPodとデータのやり取りをしないとEnableになりません。

・近日、ピンアサインとコマンドを載せる予定。

・最近のポルシェやBMWのイルミ信号とかアクセサリ信号、リバースや車速は全部CANに載っているので取り出しはCANアダプタ経由ですね。

・GR-SAKURAはトレラントpinは無いと考えた方がいいと思います。かなり限定されているので。

・リモコン受信を自作しようとしてタイマ割り込みで誤差が出る方。「一つ前の信号からの時間」で測定すれば誤差が蓄積しませんよ。

・ima-adpcmはintel製ですが、Windowsに載せるにあたってMicrosoftが資料を作成しています。米国のTechサイトからダウンロード可能。

・ボクスター純正ナビにiPod付けたいなら、クラリオン製のアダプタ(NX809以降用)を購入しましょう。

あと。

・「ハンダ付けするキット 小学生」 ごめんなさい。ここでは扱っていません。

・「酒列磯前神社 巫女」  ごめんなさい。ここでは扱っていません。(え?

 何か質問あったらど~ぞ。(^^;

| | コメント (0)

2012年3月 7日 (水)

親子...?

MEDIO:

 今日の昼食は塩ラーメン系の有名な「福助」さん。

 福助ラーメンの「焼きおにぎりと南高梅」でも驚きのおいしさだったのですが、今回は「親子丼」ならぬ「親子鳥そば」。

201203_0002

 ふわふわ玉子の塩ラーメンに鳥と柚子とミツバ。相性の良い、優しい味の具が沢山乗ったラーメン。想像通り、おいしいです。

 

 

 

 

 さて今日は。

 前に作ってたスピーカの調整(?)をしてみます。

 といっても借りたFOSTEXのユニットに変えてみただけですが...

201203_0001


 foが低い分、厚みのある音が出ますが、値段分は?という感じでした。もとの箱が「重さ」「丈夫さ」で低音を出す構造でないので、秋月のチープなユニットでも十分な音が聴けます。

 あ、写真は無いですが、ダイソーの発砲スチロール・ブロック・スピーカーの接着剤が乾燥したので、音出しをしているのですが...やべぇ、面白すぎる...何だ、この音は。

 金かけてる「廃人」方には悪いと思いますが、「当たり前・常識といわれるオーディオ界の理屈」や、「誰かの言った事」通りにシステムを組むのでは無い楽しみがあります。

 最低でも10万円(そんな安価じゃ無い?)はする、既製スピーカーが良いの悪いの言っているなら。また故長岡鉄男氏の受け売りでスピーカーを作っているんじゃなく。

 何か新しい事を考えていく楽しみって、面白いです。

 出ている音は「Hi-Fi」じゃないかもしれませんけど。:-P

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

木工...安価なスピーカー製作

MEDIO:

 

 ここで幾度と無く書いてきた宗教話「オーディオ」。(w

 真の音と、良く聞こえる音の違いは人間にしかわかりません。計測器は「正しい、真の音との違い」しか計ることが出来ず、そして一部の信者はその計測値を全く信用しないからです。(^^;

 測定器の表示した「歪」が大きくても「真空管アンプの音が良い」と言いはる人がいます。度々言っていますが、それは「良い音」ではなく、その人の「好きな音」なのだと。

 

 これを逆手に取った有名企業があります。

 心理音響学までも駆使した開発・設計を行うMITのBOSE博士と、彼の率いるBOSE社です。

 高価な・特性の良い部品ばかり集めれば良い装置が作れる、という間違いを自ら経験し自ら良い装置の探求を行った方ですね。技術者の端くれとして、大変尊敬する人物です。

 私自身も同社の製品をいくつか所有していました(現在は201AVNだけ所有)が、小径の紙コーンスピーカで、よくこんな音が出るものだなぁと驚いていました。

 話は変わって、学生時代に研究室で木工をしている同級生がいました。

 電気科なのに...彼が作っていたのは、故長岡鉄男氏設計のスピーカーボックスでした。(卒論は、自ら設計したアンプと、そのスピーカーについて書いていた気がします。その後彼はDENONに就職した記憶があります)

 最近ヘッドフォンアンプを作ってから、その当時の記憶がよみがえり...以前より暖めていた構想でボックスを設計・製作してみました。

 もちろんBOSE博士の逸話をなぞり、高い・良い部品は全く使いませんよ、よ。(w

 さて材料です。

・広葉樹合板※ 450mm×300mm×12mm @\240  4枚 [ジョイフルホンダ古河店]

・赤松角材 40mm×24mm×1800mm @\570 2本 [ジョイフルホンダ古河店]

・ 〃    40mm×24mm×900mm @\300 1本 [ジョイフルホンダ古河店]

・スピーカーユニット F01908H0 @\300 2個  [秋月電子] ←重要!  (^^;

他、雑材料(木工用ボンド、コースレッド等の木ネジ、ダイソーのキルト芯、フェルト

 計、\3,000くらい。(w

 角材を設計図通りに丸ノコで切断し、合板にボンドで貼り付け、木ネジで固定していきます。こんな感じに。作成は片側1時間もかかりません。

Dsc00558
 ユニット自体が効率良い製品では無いので、直接駆動するスピーカ室は80mm角(256cm3)と狭く、そこから2mmの隙間を通って背圧が抜けて行きます。

 通路は、曲がり毎に広さ・大きさを変えてあり、「トンネルを通った様な音」成分を消しています。狭い部分は特に「ダイソーの貼れる布・フェルト」を貼って、定在波を極力消します。

 スピーカーボックスの空間方向の厚みは角材の通り40mmです。不等長のポートを持つバスレフというかバックロードホーンというか...

 そして、4本のポートの出入り口に吸音材を詰めることで背圧の帯域中のバランスを取ります。

 最初はぎすぎすしてバランス悪かったんですが、5時間ほどエージングして。

Dsc00559 

 大きさはA3用紙とほぼ同じ大きさです。
 決してドライブ能力が高いとは言えない、ONKYOの「CR-185」(一部に有名な、ディスクリート構成のアンプ搭載の旧型CDミニコン)で、写真の通り壁に立てかけカーペットに床置きのまま鳴らしていますが...はっきり言うと、片側\1,500とは思えない音。(^^;

 会社でオーディオ好きの同僚等に聴いてもらっても、値段からは信じられない音だと好評でした。
(自分では考えて設計した通りではあるんですが...まぁ正直言うとびっくりしてます)

 ユニットの効率が悪いので、最近はやりのデジタルアンプで鳴らしてみたいです。

 以前作ったのは人に譲ってしまったんだよな...

 

 まだ吸音材の量と位置が決まっていない(音域内のバランス調整足らず)し、背板は木ネジでの仮固定(ポートが密閉されていない)なので、ちゃんと完成したら再度「箱のエージング」をして、もう一度評価してみます。

 

 あと、今度、ほぼ同口径のFOSTEX FF85WKを借りられるので、ユニットを換えても試してみます。特性表みても結構低音が出そう。

※バッフル面に「広葉樹合板」を使ったのは、ある程度「疎で柔らかい」方が「スピーカユニット自体の反動で積極的に音を出す事が出来るかも」と考えたから。これは、師匠の「黄色帽子」バイトでの経験則より。

 これは小径ユニットには大当たりの設計則かも。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

ヘッドフォンアンプ製作2

MEDIO:

 体調不良の鬱憤晴らし、にならないという「集中度」...知恵の輪(プログラムを2Kに収める)にはまって、結局3時間ほど。(w

 というわけで、思うところは全て詰め込みました。

 無駄なところとしては...電源ON-OFF時に音量を段階的に変えたりバックライトの調光をしたり。Power-Switchは短押しでMute、長押しでPowerOffになります。

 ロータリーエンコーダも回転角は、タイマ0で加速度を見ていて増減量が変わります。

Dsc00550


 電子ボリューム部分は仮基板に仮配線だったんですが、面倒なのでこのままGo!(w

 ケースの2/3近くが電源関係...

Dsc00553


 くり抜いたアルミパネルに、はめ込んだスモーク・アクリル。暗い部分に赤外線リモコンの受光部があります。

 電源スイッチは、LCD表示部で抜いたアルミ板を切って、タクトスイッチの上に貼り付けて、パネルと一体感のある仕上げで。

 で、音ですが。

 バブル期のオーディオ機器ではないですが、物量で押し切っただけあるなぁという音。足りない音が分からないというか...某社の高級CDプレーヤを繋いだら、ある筈の無い音が聞こえたり。(^^;

 安定化電源部分が、本来考えていた回路と違う(3端子レギュレータ)なので、次回は手抜き無しで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

ヘッドフォンアンプ製作

MEDIO:

 

 ちょっと前に書いた気がしますが、体調を崩しています。今年になって会社も休みがちだし...でも仕事は待ってくれません、えぇ。

 やはり去年の元気な頃から作り始めた据え置き型ヘッドフォンアンプも、一気に作り上げる元気が無く、ちまちまと。

 大体ハード部分が終わったので、電源系や電子ボリュームをコントロールするTiny2313のプログラムをつめています。

 以前ゲームプログラマ「も」やってた師匠から、「秋月のチャタリングだらけのチープ・ロータリー・エンコーダ」をほぼエラー無く・高速で読み取るアルゴリズムを教えてもらい、プログラム化してボリュームのコントローラとして組込。これ、軸をモーターで回しても取りこぼし無しって...すごいなぁ。(^^;

 情報表示用「8文字2行のLCD」のバックライトをPWM調光したり、アナログ系の電源電圧監視をしたり、ハードオフ仕入れの赤外線リモコン対応したりと、Tiny2313の空きピンはresetだけ(ISP書き込みの為には、空ける必要があるので)。相変わらずプログラム領域は2kいっぱいトライで。(w

 現在ここまで実装して1926Byte。まだ何か入るね。(w

※Tiny4313の在庫もあるし、無駄な行為だと言うプロの方もいるでしょうが...私にとっては「知恵の輪」と一緒なんですよね、これが。

 今回はボリュームの保存をEEPROM上に分散書き込みするアルゴリズムも実装したので、ボリューム値の書き換えは、最悪でも320万回以上に...なるはず。個人利用だったら十分かな。

 そんな中。急に腕時計が欲しくなり...2月になり、プレゼントセールが始まって広告メールが来たので...もらえるあても無いしね。(w

 デザインだけで斜め見していた中、デンマーク産SKAGEN社のフルチタン製「806XLTXM」に気が引かれて...国内には並行屋にも(まともな値段の)在庫無し。あちこち探すのは面倒なので、いつも通り個人輸入してしまいました。

Dsc00548

 印象は「でかい」「軽い」で、「安い」。(w

 今までのTECHNOS製「T9091TB」は小さいけど重い(タングステン製だしね)ので、違和感が。

 特に大きいから左腕につけるとダイヤル(竜頭)が手首を外に曲げたとき肌に食い込みます。何気に痛い。

 まぁ何か作業をしないなら右腕につけてれば問題ないし、デザインも良くて既にお気に入りです。ちなみに、送料込みで\15,000程度でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

修理情報~ONKYOのFRシリーズ

MEDIO:

 

 そろそろBG5レガシィ(C型)で使っていたBFM(オプティトロン・メーター)を処分しようと思うのですが、誰か買いたいって方いますか?(^^;

 いない様ならヤフオクに出すつもりなんですが、誰だかわからない人が買って動かせないまま捨てられるってのも泣けてくるので...

 

 

 さて本題です。

 最近、ONKYOのFRシリーズを修理したい方らしき足跡が見られます。リファで。

 たぶんスピーカーから音が出なくなってるんじゃ?と。

 以前日記に書いたのですが、中国製の粗悪リレーの接点が接触不良になっているのだと思います。私含めて3台、全く同じ症状、同じ原因という機種が見つかってるので。(--;

 修理はリレーを分解して接点を磨けば...一時的には直るんでしょうが、接点材料に何使っているか分からない中国製(w を交換する方が、精神的にも安心でしょう。

 という訳で、私が入手したピン互換で音響用というリレーはパナソニック製ALA2F12です。

 リンク先の共立エレショップさんでは在庫が切れている様子ですが。確か5個買ったので、2個は部屋のどこかに残っているはず...。(w

 あまっている部品、売って部屋の整理をしようかと悩み中。かなりサンプルICなんかもあるんだけど...善意で頂いたもの。さすがに転売はまずいし。

| | コメント (6) | トラックバック (0)