音楽

2022年11月17日 (木)

Beagle Bone Black(Green)のOSをビルドしてみる(Debian Bullseye)

以前IoTゲートウェイの開発で調達したBeagleBoneBlackとGreen(以下BBB)が発掘されたので、

何かに使えないかな?と

公式サイトを見てみると既に旧型扱いの様でBusterベースの2020年4月というものが最新らしい

AI64など新しいボード用にはBullseyeベースのOSが絶賛更新中なのに

 

まぁ一発書き込み出来るイメージじゃなければ新しいOSを自前でビルドすればいいじゃん、と

ということで(実機じゃ重すぎるから)クロス環境を用意

今回はWindows10+WSL上のDebianにて

 

※重要

 今回は試行錯誤してかなり手戻りしたので、大事な点・手順を書き留めておきます

1.WSLからSDカードに書き込みを行うにはWindows11+WSL2が簡単

2.もしWindows10を使っている場合、まずWSLが1なら2に更新

 そのままだとSDカード(というよりUSB機器)が接続出来ないので、WSLのカーネルをUSB認識する様に設定・ビルドが必須

 そのうえでUSBIP(USB機器をネットワーク越しに接続するソフトウェア)をインストール

※僕は、この作業をカーネルビルド等が終わってから始めたんですが…なぜかWindowsが起動しなくなり、「元の状態に復元」で

復旧したらビルドした内容ともにDebianが消えました💦

 

 上記の手順はこちらのサイトに詳しく書かれていますので参照ください(ただしUbuntu用)

 

 さて準備が出来たところでBBB用の環境

 こちらも公式?で手順が詳しく書かれていますので、それに沿って作業しました

 とはいえ、その手順が公開されてから元のソースは更新されていますので、出来るだけ新しいソース、パッチを入手します

 カーネルはここからgitで

  branchはorigin/ti-linux-rt-5.10.y

 u-bootはここからgitで

  branchはWIP/16Nov2022

 ルートFSはここからwgetで

 ・debian-11.5-minimal-armhf-2022-10-06

 

 あとは公式?の手順通りに作業していきます。ウチの環境(初代Lenovo ThinkCentre Tiny m75q+ダウンロード約700Mのネット)で

1時間弱で終了

 はじめにインストールしたusbipで、WindowsのカードリーダーのmicroSDカードに書き込み、BBBに挿入、起動

 

U-Boot SPL 2022.11 (Nov 15 2022 - 17:34:01 +0900)
Trying to boot from MMC1
Loading Environment from EXT4... ** File not found /boot/uboot.env **

** Unable to read "/boot/uboot.env" from mmc0:1 **


U-Boot 2022.11 (Nov 15 2022 - 17:34:01 +0900)

CPU : AM335X-GP rev 2.1
I2C: ready
DRAM: 512 MiB
No match for driver 'omap_hsmmc'
No match for driver 'omap_hsmmc'
Some drivers were not found
Reset Source: Global warm SW reset has occurred.
Reset Source: Power-on reset has occurred.
RTC 32KCLK Source: External.
MMC: OMAP SD/MMC: 0, OMAP SD/MMC: 1
Loading Environment from EXT4... ** File not found /boot/uboot.env **

** Unable to read "/boot/uboot.env" from mmc0:1 **
Board: BeagleBone Black
<ethaddr> not set. Validating first E-fuse MAC
BeagleBone Black:
BeagleBone Cape EEPROM: no EEPROM at address: 0x54
BeagleBone Cape EEPROM: no EEPROM at address: 0x55
BeagleBone Cape EEPROM: no EEPROM at address: 0x56
BeagleBone Cape EEPROM: no EEPROM at address: 0x57
Net: eth0: MII MODE
cpsw, usb_ether
Press SPACE to abort autoboot in 0 seconds
board_name=[A335BNLT] ...
board_rev=[000C] ...
switch to partitions #0, OK
mmc0 is current device
SD/MMC found on device 0
switch to partitions #0, OK
mmc0 is current device
Scanning mmc 0:1...
gpio: pin 56 (gpio 56) value is 0
gpio: pin 55 (gpio 55) value is 0
gpio: pin 54 (gpio 54) value is 0
gpio: pin 53 (gpio 53) value is 1
switch to partitions #0, OK
mmc0 is current device
gpio: pin 54 (gpio 54) value is 1
Checking for: /uEnv.txt ...
Checking for: /boot.scr ...
Checking for: /boot/boot.scr ...
Checking for: /boot/uEnv.txt ...
gpio: pin 55 (gpio 55) value is 1
27 bytes read in 22 ms (1000 Bytes/s)
Loaded environment from /boot/uEnv.txt
Checking if uname_r is set in /boot/uEnv.txt...
gpio: pin 56 (gpio 56) value is 1
Running uname_boot ...
loading /boot/vmlinuz-5.10.145-ti-rt-r53 ...
10625536 bytes read in 694 ms (14.6 MiB/s)
debug: [enable_uboot_overlays=] ...
loading /boot/dtbs/5.10.145-ti-rt-r53/am335x-boneblack.dtb ...
93357 bytes read in 75 ms (1.2 MiB/s)
uboot_overlays: add [enable_uboot_overlays=1] to /boot/uEnv.txt to enable...
debug: [console=ttyO0,115200n8 root=/dev/mmcblk0p1 ro rootfstype=ext4 rootwait] ...
debug: [bootz 0x82000000 - 0x88000000] ...
## Flattened Device Tree blob at 88000000
Booting using the fdt blob at 0x88000000
Loading Device Tree to 8ffe6000, end 8ffffcac ... OK

Starting kernel ...

[ 0.000000] Booting Linux on physical CPU 0x0
[ 0.000000] Linux version 5.10.145-ti-rt-r53 (root@DESKTOP-9JT8RFU) (arm-linux-gnueabi-gcc (GCC) 10.4.0, GNU ld (GNU Binutils) 2.39) #1 SMP PREEMPT_RT Tue Nov 15 14:56:23 JST 2022
[ 0.000000] CPU: ARMv7 Processor [413fc082] revision 2 (ARMv7), cr=10c5387d
[ 0.000000] CPU: PIPT / VIPT nonaliasing data cache, VIPT aliasing instruction cache
[ 0.000000] OF: fdt: Machine model: TI AM335x BeagleBone Black
[ 0.000000] Memory policy: Data cache writeback
[ 0.000000] efi: UEFI not found.
[ 0.000000] cma: Reserved 48 MiB at 0x9c800000
[ 0.000000] Zone ranges:
[ 0.000000] Normal [mem 0x0000000080000000-0x000000009fdfffff]
[ 0.000000] HighMem empty
[ 0.000000] Movable zone start for each node
[ 0.000000] Early memory node ranges
[ 0.000000] node 0: [mem 0x0000000080000000-0x000000009fdfffff]
[ 0.000000] Initmem setup node 0 [mem 0x0000000080000000-0x000000009fdfffff]
[ 0.000000] CPU: All CPU(s) started in SVC mode.
[ 0.000000] AM335X ES2.1 (sgx neon)
[ 0.000000] percpu: Embedded 17 pages/cpu s39840 r8192 d21600 u69632
[ 0.000000] Built 1 zonelists, mobility grouping on. Total pages: 129412
[ 0.000000] Kernel command line: console=ttyO0,115200n8 root=/dev/mmcblk0p1 ro rootfstype=ext4 rootwait
[ 0.000000] Dentry cache hash table entries: 65536 (order: 6, 262144 bytes, linear)
[ 0.000000] Inode-cache hash table entries: 32768 (order: 5, 131072 bytes, linear)
[ 0.000000] mem auto-init: stack:off, heap alloc:on, heap free:off
[ 0.000000] Memory: 444180K/522240K available (15360K kernel code, 1464K rwdata, 3896K rodata, 1024K init, 453K bss, 28908K reserved, 49152K cma-reserved, 0K highmem)
[ 0.000000] SLUB: HWalign=64, Order=0-3, MinObjects=0, CPUs=1, Nodes=1
[ 0.000000] rcu: Preemptible hierarchical RCU implementation.
[ 0.000000] rcu: RCU event tracing is enabled.
[ 0.000000] rcu: RCU restricting CPUs from NR_CPUS=2 to nr_cpu_ids=1.
[ 0.000000] rcu: RCU priority boosting: priority 1 delay 500 ms.
[ 0.000000] rcu: RCU_SOFTIRQ processing moved to rcuc kthreads.
[ 0.000000] No expedited grace period (rcu_normal_after_boot).
[ 0.000000] Trampoline variant of Tasks RCU enabled.
[ 0.000000] Tracing variant of Tasks RCU enabled.
[ 0.000000] rcu: RCU calculated value of scheduler-enlistment delay is 25 jiffies.
[ 0.000000] rcu: Adjusting geometry for rcu_fanout_leaf=16, nr_cpu_ids=1
[ 0.000000] NR_IRQS: 16, nr_irqs: 16, preallocated irqs: 16
[ 0.000000] IRQ: Found an INTC at 0x(ptrval) (revision 5.0) with 128 interrupts
[ 0.000000] TI gptimer clocksource: always-on /ocp/interconnect@44c00000/segment@200000/target-module@31000
[ 0.000002] sched_clock: 32 bits at 24MHz, resolution 41ns, wraps every 89478484971ns
[ 0.000024] clocksource: dmtimer: mask: 0xffffffff max_cycles: 0xffffffff, max_idle_ns: 79635851949 ns
[ 0.000419] TI gptimer clockevent: 24000000 Hz at /ocp/interconnect@48000000/segment@0/target-module@40000
[ 0.001677] Console: colour dummy device 80x30
[ 0.001718] WARNING: Your 'console=ttyO0' has been replaced by 'ttyS0'
[ 0.001724] This ensures that you still see kernel messages. Please
[ 0.001728] update your kernel commandline.
[ 0.001762] Calibrating delay loop... 995.32 BogoMIPS (lpj=1990656)
[ 0.048489] pid_max: default: 32768 minimum: 301
[ 0.049033] LSM: Security Framework initializing
[ 0.049074] Yama: becoming mindful.
[ 0.049399] AppArmor: AppArmor initialized
[ 0.049414] TOMOYO Linux initialized
[ 0.049614] Mount-cache hash table entries: 1024 (order: 0, 4096 bytes, linear)
[ 0.049632] Mountpoint-cache hash table entries: 1024 (order: 0, 4096 bytes, linear)
[ 0.051484] CPU: Testing write buffer coherency: ok
[ 0.051567] CPU0: Spectre v2: using BPIALL workaround
[ 0.072935] Setting up static identity map for 0x80100000 - 0x80100060
[ 0.080514] rcu: Hierarchical SRCU implementation.
[ 0.105491] EFI services will not be available.
[ 0.116551] smp: Bringing up secondary CPUs ...
[ 0.116563] smp: Brought up 1 node, 1 CPU
[ 0.116571] SMP: Total of 1 processors activated (995.32 BogoMIPS).
[ 0.116583] CPU: All CPU(s) started in SVC mode.
[ 0.117592] devtmpfs: initialized
[ 0.144782] VFP support v0.3: implementor 41 architecture 3 part 30 variant c rev 3
[ 0.145300] clocksource: jiffies: mask: 0xffffffff max_cycles: 0xffffffff, max_idle_ns: 7645041785100000 ns
[ 0.145350] futex hash table entries: 256 (order: 2, 16384 bytes, linear)
[ 0.149229] pinctrl core: initialized pinctrl subsystem
[ 0.150592] DMI not present or invalid.
[ 0.151591] NET: Registered protocol family 16
[ 0.156220] DMA: preallocated 256 KiB pool for atomic coherent allocations
[ 0.178892] l3-aon-clkctrl:0000:0: failed to disable
[ 0.179811] audit: initializing netlink subsys (disabled)
[ 0.181562] thermal_sys: Registered thermal governor 'fair_share'
[ 0.181576] thermal_sys: Registered thermal governor 'bang_bang'
[ 0.181582] thermal_sys: Registered thermal governor 'step_wise'
[ 0.181587] thermal_sys: Registered thermal governor 'user_space'
[ 0.181591] thermal_sys: Registered thermal governor 'power_allocator'
[ 0.182150] cpuidle: using governor ladder
[ 0.182272] cpuidle: using governor menu
[ 0.188574] audit: type=2000 audit(0.176:1): state=initialized audit_enabled=0 res=1
[ 1.456486] hw-breakpoint: debug architecture 0x4 unsupported.
[ 1.485817] Kprobes globally optimized
[ 1.513067] raid6: skip pq benchmark and using algorithm neonx8
[ 1.513087] raid6: using neon recovery algorithm
[ 1.520622] iommu: Default domain type: Translated
[ 1.523103] SCSI subsystem initialized
[ 1.524005] usbcore: registered new interface driver usbfs
[ 1.524071] usbcore: registered new interface driver hub
[ 1.524128] usbcore: registered new device driver usb
[ 1.525269] mc: Linux media interface: v0.10
[ 1.525367] videodev: Linux video capture interface: v2.00
[ 1.525540] pps_core: LinuxPPS API ver. 1 registered
[ 1.525548] pps_core: Software ver. 5.3.6 - Copyright 2005-2007 Rodolfo Giometti <giometti@linux.it>
[ 1.525572] PTP clock support registered
[ 1.528071] NetLabel: Initializing
[ 1.528085] NetLabel: domain hash size = 128
[ 1.528091] NetLabel: protocols = UNLABELED CIPSOv4 CALIPSO
[ 1.528190] NetLabel: unlabeled traffic allowed by default
[ 1.529469] clocksource: Switched to clocksource dmtimer
[ 2.639691] VFS: Disk quotas dquot_6.6.0
[ 2.639837] VFS: Dquot-cache hash table entries: 1024 (order 0, 4096 bytes)
[ 2.640137] FS-Cache: Loaded
[ 2.640603] CacheFiles: Loaded
[ 2.642201] AppArmor: AppArmor Filesystem Enabled
[ 2.657698] NET: Registered protocol family 2
[ 2.657983] IP idents hash table entries: 8192 (order: 4, 65536 bytes, linear)
[ 2.660144] tcp_listen_portaddr_hash hash table entries: 256 (order: 1, 8192 bytes, linear)
[ 2.660465] TCP established hash table entries: 4096 (order: 2, 16384 bytes, linear)
[ 2.660622] TCP bind hash table entries: 4096 (order: 4, 114688 bytes, linear)
[ 2.660734] TCP: Hash tables configured (established 4096 bind 4096)
[ 2.661119] MPTCP token hash table entries: 512 (order: 2, 18432 bytes, linear)
[ 2.661247] UDP hash table entries: 256 (order: 2, 16384 bytes, linear)
[ 2.661296] UDP-Lite hash table entries: 256 (order: 2, 16384 bytes, linear)
[ 2.661781] NET: Registered protocol family 1
[ 2.675368] RPC: Registered named UNIX socket transport module.
[ 2.675385] RPC: Registered udp transport module.
[ 2.675389] RPC: Registered tcp transport module.
[ 2.675394] RPC: Registered tcp NFSv4.1 backchannel transport module.
[ 2.675407] NET: Registered protocol family 44
[ 2.677171] hw perfevents: enabled with armv7_cortex_a8 PMU driver, 5 counters available
[ 2.683441] Initialise system trusted keyrings
[ 2.683991] workingset: timestamp_bits=14 max_order=17 bucket_order=3
[ 2.695164] zbud: loaded
[ 2.704104] NFS: Registering the id_resolver key type
[ 2.704173] Key type id_resolver registered
[ 2.704179] Key type id_legacy registered
[ 2.704421] nfs4filelayout_init: NFSv4 File Layout Driver Registering...
[ 2.704432] nfs4flexfilelayout_init: NFSv4 Flexfile Layout Driver Registering...
[ 2.704486] jffs2: version 2.2. (NAND) (SUMMARY) c 2001-2006 Red Hat, Inc.
[ 2.706005] fuse: init (API version 7.32)
[ 2.796603] xor: automatically using best checksumming function neon
[ 2.796628] Key type asymmetric registered
[ 2.796635] Asymmetric key parser 'x509' registered
[ 2.796728] Block layer SCSI generic (bsg) driver version 0.4 loaded (major 244)
[ 2.801127] io scheduler mq-deadline registered
[ 3.103875] ti-sysc: probe of 44e31000.target-module failed with error -16
[ 3.147530] ti-sysc: probe of 48040000.target-module failed with error -16
[ 3.256302] omap-mailbox 480c8000.mailbox: omap mailbox rev 0x400
[ 3.384839] debugfs: Directory '49000000.dma' with parent 'dmaengine' already present!
[ 3.384877] edma 49000000.dma: TI EDMA DMA engine driver
[ 3.414820] pinctrl-single 44e10800.pinmux: 142 pins, size 568
[ 3.432897] Serial: 8250/16550 driver, 6 ports, IRQ sharing disabled
[ 3.438335] 44e09000.serial: ttyS0 at MMIO 0x44e09000 (irq = 20, base_baud = 3000000) is a 8250
[ 3.438560] printk: console [ttyS0] enabled
[ 3.443588] omap_rng 48310000.rng: Random Number Generator ver. 20
[ 3.447812] random: crng init done
[ 3.505621] davinci_mdio 4a101000.mdio: davinci mdio revision 1.6, bus freq 1000000
[ 3.508884] davinci_mdio 4a101000.mdio: phy[0]: device 4a101000.mdio:00, driver SMSC LAN8710/LAN8720
[ 3.509874] cpsw 4a100000.ethernet: initialized cpsw ale version 1.4
[ 3.509892] cpsw 4a100000.ethernet: ALE Table size 1024
[ 3.510038] cpsw 4a100000.ethernet: cpts: overflow check period 1250 (jiffies)
[ 3.510119] cpsw 4a100000.ethernet: Detected MACID = d0:5f:b8:fb:d4:95
[ 3.514718] usbcore: registered new interface driver smsc95xx
[ 3.516537] am335x-phy-driver 47401300.usb-phy: supply vcc not found, using dummy regulator
[ 3.516893] am335x-phy-driver 47401300.usb-phy: dummy supplies not allowed for exclusive requests
[ 3.522758] am335x-phy-driver 47401b00.usb-phy: supply vcc not found, using dummy regulator
[ 3.523133] am335x-phy-driver 47401b00.usb-phy: dummy supplies not allowed for exclusive requests
[ 3.531382] ehci_hcd: USB 2.0 'Enhanced' Host Controller (EHCI) Driver
[ 3.531448] ehci-platform: EHCI generic platform driver
[ 3.531869] ehci-omap: OMAP-EHCI Host Controller driver
[ 3.544838] musb-hdrc musb-hdrc.1: MUSB HDRC host driver
[ 3.544891] musb-hdrc musb-hdrc.1: new USB bus registered, assigned bus number 1
[ 3.545296] usb usb1: New USB device found, idVendor=1d6b, idProduct=0002, bcdDevice= 5.10
[ 3.545313] usb usb1: New USB device strings: Mfr=3, Product=2, SerialNumber=1
[ 3.545322] usb usb1: Product: MUSB HDRC host driver
[ 3.545330] usb usb1: Manufacturer: Linux 5.10.145-ti-rt-r53 musb-hcd
[ 3.545337] usb usb1: SerialNumber: musb-hdrc.1
[ 3.546667] hub 1-0:1.0: USB hub found
[ 3.546747] hub 1-0:1.0: 1 port detected
[ 3.558780] omap_rtc 44e3e000.rtc: already running
[ 3.560890] omap_rtc 44e3e000.rtc: registered as rtc0
[ 3.560985] omap_rtc 44e3e000.rtc: setting system clock to 2022-11-17T02:28:13 UTC (1668652093)
[ 3.563038] i2c /dev entries driver
[ 3.567149] omap_wdt: OMAP Watchdog Timer Rev 0x01: initial timeout 60 sec
[ 3.568049] softdog: initialized. soft_noboot=0 soft_margin=60 sec soft_panic=0 (nowayout=0)
[ 3.568063] softdog: soft_reboot_cmd=<not set> soft_active_on_boot=0
[ 3.569786] cpuidle: enable-method property 'ti,am3352' found operations
[ 3.571378] sdhci: Secure Digital Host Controller Interface driver

[ 3.571389] sdhci: Copyright(c) Pierre Ossman
Welcome to Debian GNU/Linux 11 (bullseye)!

[ 3.571393] sdhci-pltfm: SDHCI platform and OF driver helper
[ 3.573335] sdhci-omap 481d8000.mmc: supply vqmmc not found, using dummy regulator
[ 3.576946] omap-aes 53500000.aes: OMAP AES hw accel rev: 3.2
[ 3.577412] omap-aes 53500000.aes: will run requests pump with realtime priority
[ 3.581350] omap-sham 53100000.sham: hw accel on OMAP rev 4.3
[ 3.582222] omap-sham 53100000.sham: will run requests pump with realtime priority
[ 3.587896] hid: raw HID events driver (C) Jiri Kosina
[ 3.588990] usbcore: registered new interface driver usbhid
[ 3.589002] usbhid: USB HID core driver
[ 3.589985] remoteproc remoteproc0: wkup_m3 is available
[ 3.594684] drop_monitor: Initializing network drop monitor service
[ 3.596380] NET: Registered protocol family 10
[ 3.608973] mmc1: SDHCI controller on 481d8000.mmc [481d8000.mmc] using External DMA
[ 3.613211] Segment Routing with IPv6
[ 3.613352] mip6: Mobile IPv6
[ 3.613364] NET: Registered protocol family 17
[ 3.618329] Key type dns_resolver registered
[ 3.618348] mpls_gso: MPLS GSO support
[ 3.618529] ThumbEE CPU extension supported.
[ 3.618555] Registering SWP/SWPB emulation handler
[ 3.618564] omap_voltage_late_init: Voltage driver support not added
[ 3.620399] printk: console [ttyS0]: printing thread started
[ 3.620574] registered taskstats version 1
[ 3.620594] Loading compiled-in X.509 certificates
[ 3.621007] zswap: loaded using pool lzo/zbud
[ 3.642870] Key type ._fscrypt registered
[ 3.642886] Key type .fscrypt registered
[ 3.642892] Key type fscrypt-provisioning registered
[ 3.651649] Btrfs loaded, crc32c=crc32c-generic
[ 3.651836] AppArmor: AppArmor sha1 policy hashing enabled
[ 3.707509] mmc1: new high speed MMC card at address 0001
[ 3.712265] OMAP GPIO hardware version 0.1
[ 3.719977] mmcblk1: mmc1:0001 MMC04G 3.60 GiB
[ 3.720601] mmcblk1boot0: mmc1:0001 MMC04G partition 1 2.00 MiB
[ 3.721230] mmcblk1boot1: mmc1:0001 MMC04G partition 2 2.00 MiB
[ 3.721710] mmcblk1rpmb: mmc1:0001 MMC04G partition 3 128 KiB, chardev (241:0)
[ 3.724210] mmcblk1: p1 p2
[ 3.745959] tps65217-pmic: Failed to locate of_node [id: -1]
[ 3.759566] tps65217-bl: Failed to locate of_node [id: -1]
[ 3.765366] tps6521x_pwrbutton tps65217-pwrbutton: DMA mask not set
[ 3.766664] input: tps65217_pwr_but as /devices/platform/ocp/44c00000.interconnect/44c00000.interconnect:segment@200000/44e0b000.target-module/44e0b000.i2c/i2c-0/0-0024/tps65217-pwrbutton/input/input0
[ 3.772636] tps65217 0-0024: TPS65217 ID 0xe version 1.2
[ 3.773293] at24 0-0050: supply vcc not found, using dummy regulator
[ 3.774768] at24 0-0050: 32768 byte 24c256 EEPROM, writable, 1 bytes/write
[ 3.776003] omap_i2c 44e0b000.i2c: bus 0 rev0.11 at 400 kHz
[ 3.787167] at24 2-0054: supply vcc not found, using dummy regulator
[ 3.827878] at24 2-0055: supply vcc not found, using dummy regulator
[ 3.865799] at24 2-0056: supply vcc not found, using dummy regulator
[ 3.903102] at24 2-0057: supply vcc not found, using dummy regulator
[ 3.942342] omap_i2c 4819c000.i2c: bus 2 rev0.11 at 100 kHz
[ 3.970701] omap_gpio 44e07000.gpio: Could not set line 6 debounce to 200000 microseconds (-22)
[ 3.970729] sdhci-omap 48060000.mmc: Got CD GPIO
[ 3.970948] sdhci-omap 48060000.mmc: supply vqmmc not found, using dummy regulator
[ 4.030339] mmc0: SDHCI controller on 48060000.mmc [48060000.mmc] using External DMA
[ 4.087572] mmc0: new high speed SDHC card at address 59b4
[ 4.097591] tda998x 0-0070: found TDA19988
[ 4.099828] mmcblk0: mmc0:59b4 USDU1 30.0 GiB
[ 4.102948] mmcblk0: p1
[ 4.108315] tilcdc 4830e000.lcdc: bound 0-0070 (ops 0xc109ca90)
[ 4.115372] [drm] Initialized tilcdc 1.0.0 20121205 for 4830e000.lcdc on minor 0
[ 4.115722] tilcdc 4830e000.lcdc: [drm] Cannot find any crtc or sizes
[ 4.117714] tilcdc 4830e000.lcdc: [drm] Cannot find any crtc or sizes
[ 4.118082] of_cfs_init
[ 4.118191] of_cfs_init: OK
[ 4.165296] EXT4-fs (mmcblk0p1): mounted filesystem with ordered data mode. Opts: (null)
[ 4.165528] VFS: Mounted root (ext4 filesystem) readonly on device 179:769.
[ 4.175598] devtmpfs: mounted
[ 4.177640] Freeing unused kernel memory: 1024K
[ 4.180222] Checked W+X mappings: passed, no W+X pages found
[ 4.180255] Run /sbin/init as init process
[ 4.242445] Not activating Mandatory Access Control as /sbin/tomoyo-init does not exist.
[ 5.063184] systemd[1]: systemd 247.3-7+deb11u1 running in system mode. (+PAM +AUDIT +SELINUX +IMA +APPARMOR +SMACK +SYSVINIT +UTMP +LIBCRYPTSETUP +GCRYPT +GNUTLS +ACL +XZ +LZ4 +ZSTD +SECCOMP +BLKID +ELFUTILS +KMOD +IDN2 -IDN +PCRE2 default-hierarchy=unified)
[ 5.064277] systemd[1]: Detected architecture arm.
[ 5.091977] systemd[1]: Set hostname to <arm>.
[ 7.075162] systemd[1]: Queued start job for default target Graphical Interface.
[ 7.092216] systemd[1]: Created slice system-getty.slice.
[ OK ] Created slice system-getty.slice.
[ OK ] Created slice system-modprobe.slice[ 7.116888] systemd[1]: Created slice system-modprobe.slice.
.
[ 7.133388] systemd[1]: Created slice system-serial\x2dgetty.slice.
[ OK ] Created slice system-serial\x2dgetty.slice.
[ OK ] Created slice User and Session Slic[ 7.160498] systemd[1]: Created slice User and Session Slice.
e.
[ OK ] Started Dispatch Password …ts to [ 7.182680] systemd[1]: Started Dispatch Password Requests to Console Directory Watch.
Console Directory Watch.
[ OK ] Started Forward Password R…uests [ 7.206495] systemd[1]: Started Forward Password Requests to Wall Directory Watch.
to Wall Directory Watch.
[ OK ] Set up automount Arbitrary…s File[ 7.231676] systemd[1]: Set up automount Arbitrary Executable File Formats File System Automount Point.
System Automount Point.
[ OK ] Reached target Local Encrypted Volu[ 7.258226] systemd[1]: Reached target Local Encrypted Volumes.
mes.
[ OK ] Reached target Paths.[ 7.282205] systemd[1]: Reached target Paths.

[ OK ] Reached target Remote File Systems systemd[1]: Reached target Remote File Systems.
[0m.
[ OK ] Reached target Slices.[ 7.325867] systemd[1]: Reached target Slices.

[ OK ] Reached target Swap.[ 7.346036] systemd[1]: Reached target Swap.

[ OK ] Listening on Syslog Socket.[ 7.378094] systemd[1]: Listening on Syslog Socket.

[ OK ] Listening on fsck to fsckd communic[ 7.399188] systemd[1]: Listening on fsck to fsckd communication Socket.
ation Socket.
[ OK ] Listening on initctl Compatibility [ 7.422640] systemd[1]: Listening on initctl Compatibility Named Pipe.
Named Pipe.
[ OK ] Listening on Journal Audit Socket 7.447653] systemd[1]: Listening on Journal Audit Socket.
0m.
[ OK ] Listening on Journal Socket (/dev/l[ 7.471211] systemd[1]: Listening on Journal Socket (/dev/log).
og).
[ OK ] Listening on Journal Socket.[ 7.495454] systemd[1]: Listening on Journal Socket.

[ OK ] Listening on udev Control Socket 7.519602] systemd[1]: Listening on udev Control Socket.
m.
[ OK ] Listening on udev Kernel Socket[ 7.542920] systemd[1]: Listening on udev Kernel Socket.
.
[ 7.567244] systemd[1]: Condition check resulted in Huge Pages File System being skipped.
Mounting POSIX Message Queue File System..[ 7.584751] systemd[1]: Mounting POSIX Message Queue File System...
.
Mounting Kernel Debug File System...[ 7.628411] systemd[1]: Mounting Kernel Debug File System...

Mounting Kernel Trace File System...[ 7.682635] systemd[1]: Mounting Kernel Trace File System...

Starting Restore / save the current clock.[ 7.747226] systemd[1]: Starting Restore / save the current clock...
..
[ 7.778484] systemd[1]: Condition check resulted in Create list of static device nodes for the current kernel being skipped.
Starting Load Kernel Module configfs...[ 7.854142] systemd[1]: Starting Load Kernel Module configfs...

Starting Load Kernel Module drm...[ 7.903450] systemd[1]: Starting Load Kernel Module drm...

[ 7.969083] systemd[1]: Starting Load Kernel Module fuse...
Starting Load Kernel Module fuse...
[ 8.015302] systemd[1]: Condition check resulted in Set Up Additional Binary Formats being skipped.
[ 8.037279] systemd[1]: Starting File System Check on Root Device...
Starting File System Check on Root Device...
Starting Journal Service...[ 8.103591] systemd[1]: Starting Journal Service...

Starting Load Kernel Modules...[ 8.171222] systemd[1]: Starting Load Kernel Modules...

Starting Coldplug All udev Devices...[ 8.239770] systemd[1]: Starting Coldplug All udev Devices...

[ OK ] Mounted POSIX Message Queue File Sy[ 8.365194] systemd[1]: Mounted POSIX Message Queue File System.
stem.
[ OK ] Mounted Kernel Debug File System 8.400110] systemd[1]: Mounted Kernel Debug File System.
m.
[ OK ] Mounted Kernel Trace File System 8.415352] systemd[1]: Mounted Kernel Trace File System.
m.
[ OK ] Finished Restore / save the current[ 8.469978] systemd[1]: Finished Restore / save the current clock.
clock.
[ OK ] Finished Load Kernel Module configf[ 8.512562] systemd[1]: modprobe@configfs.service: Succeeded.
s.
[ 8.545418] systemd[1]: Finished Load Kernel Module configfs.
[ OK ] Finished Load Kernel Module drm.
[ 8.575304] systemd[1]: modprobe@drm.service: Succeeded.
[ OK ] Finished Load Kernel Module fuse 8.604585] systemd[1]: Finished Load Kernel Module drm.
m.
[ 8.632473] systemd[1]: modprobe@fuse.service: Succeeded.
[ OK ] Finished Load Kernel Modules.[ 8.662109] systemd[1]: Finished Load Kernel Module fuse.

[ 8.698343] systemd[1]: Finished Load Kernel Modules.
[ OK ] Finished File System Check on Root [ 8.776577] systemd[1]: Finished File System Check on Root Device.
Device.
Mounting FUSE Control File System...[ 8.846554] systemd[1]: Mounting FUSE Control File System...

Mounting Kernel Configuration File System.[ 8.956010] systemd[1]: Mounting Kernel Configuration File System...
..
[ OK ] Started File System Check Daemon to[ 9.064017] systemd[1]: Started File System Check Daemon to report status.
report status.
Starting Remount Root and Kernel File Systems systemd[1]: Starting Remount Root and Kernel File Systems...
[0m...
Starting Apply Kernel Variables...[ 9.231002] systemd[1]: Starting Apply Kernel Variables...

[ OK ] Mounted FUSE Control File System 9.306568] systemd[1]: Mounted FUSE Control File System.
m.
[ OK ] Mounted Kernel Configuration File S[ 9.331702] systemd[1]: Mounted Kernel Configuration File System.
ystem.
[ 9.587874] EXT4-fs (mmcblk0p1): re-mounted. Opts: errors=remount-ro
[ OK ] Finished Apply Kernel Variables[ 9.634307] systemd[1]: Finished Apply Kernel Variables.
.
[ OK ] Finished Remount Root and Kernel Fi[ 9.670198] systemd[1]: Finished Remount Root and Kernel File Systems.
le Systems.
[ 9.705416] systemd[1]: Condition check resulted in Rebuild Hardware Database being skipped.
[ 9.710791] systemd[1]: Condition check resulted in Platform Persistent Storage Archival being skipped.
Starting Load/Save Random Seed...[ 9.748741] systemd[1]: Starting Load/Save Random Seed...

Starting Create System Users...[ 9.862277] systemd[1]: Starting Create System Users...

[ OK ] Started Journal Service.[ 10.102198] systemd[1]: Started Journal Service.

Starting Flush Journal to Persistent Storage...
[ OK ] Finished Load/Save Random Seed.
[ OK ] Finished Create System Users.
Starting Create Static Device Nodes in /dev...
[ 10.475345] systemd-journald[191]: Received client request to flush runtime journal.
[ OK ] Finished Create Static Device Nodes in /dev.
[ OK ] Reached target Local File Systems (Pre).
[ OK ] Reached target Local File Systems.
Starting Rule-based Manage…for Device Events and Files...
[ OK ] Finished Coldplug All udev Devices.
Starting Helper to synchronize boot up for ifupdown...
[ OK ] Finished Flush Journal to Persistent Storage.
Starting Create Volatile Files and Directories...
[ OK ] Finished Create Volatile Files and Directories.
Starting Network Time Synchronization...
Starting Update UTMP about System Boot/Shutdown...
[ OK ] Started Rule-based Manager for Device Events and Files.
[ OK ] Finished Update UTMP about System Boot/Shutdown.
[ OK ] Started Network Time Synchronization.
[ OK ] Reached target System Initialization.
[ OK ] Started Daily Cleanup of Temporary Directories.
[ OK ] Reached target System Time Set.
[ OK ] Reached target System Time Synchronized.
[ OK ] Started Periodic ext4 Onli…ata Check for All Filesystems.
[ OK ] Started Discard unused blocks once a week.
[ OK ] Started Daily rotation of log files.
[ OK ] Reached target Timers.
[ OK ] Listening on Avahi mDNS/DNS-SD Stack Activation Socket.
[ OK ] Listening on D-Bus System Message Bus Socket.
[ OK ] Reached target Sockets.
[ OK ] Reached target Basic System.
Starting Avahi mDNS/DNS-SD Stack...
[ OK ] Started Regular background program processing daemon.
[ OK ] Started D-Bus System Message Bus.
Starting Network Manager...
Starting Remove Stale Onli…t4 Metadata Check Snapshots...
Starting Authorization Manager...
Starting System Logging Service...
Starting User Login Management...
Starting WPA supplicant...
[ OK ] Started System Logging Service.
[ OK ] Started Avahi mDNS/DNS-SD Stack.
[ OK ] Started WPA supplicant.
[ OK ] Started Authorization Manager.
Starting Modem Manager...
[ OK ] Finished Remove Stale Onli…ext4 Metadata Check Snapshots.
[ OK ] Started Network Manager.
[ OK ] Started User Login Management.
Starting Hostname Service...
[ OK ] Started Modem Manager.
[ OK ] Started Hostname Service.
Starting Network Manager Script Dispatcher Service...
[ OK ] Started Network Manager Script Dispatcher Service.
[ OK ] Found device /dev/ttyS0.
[ OK ] Reached target Hardware activated USB gadget.
[ OK ] Listening on Load/Save RF …itch Status /dev/rfkill Watch.
[ OK ] Finished Helper to synchronize boot up for ifupdown.
Starting Raise network interfaces...
[ 30.030150] cpsw 4a100000.ethernet: initializing cpsw version 1.12 (0)
[ 30.095363] SMSC LAN8710/LAN8720 4a101000.mdio:00: attached PHY driver [SMSC LAN8710/LAN8720] (mii_bus:phy_addr=4a101000.mdio:00, irq=POLL)
[ OK ] Finished Raise network interfaces.
[ OK ] Reached target Network.
Starting A high performanc… and a reverse proxy server...
Starting OpenBSD Secure Shell server...
Starting Permit User Sessions...
[ OK ] Finished Permit User Sessions.
[ OK ] Started Getty on tty1.
[ OK ] Started Serial Getty on ttyS0.
[ OK ] Reached target Login Prompts.
[ OK ] Started OpenBSD Secure Shell server.
[ OK ] Started A high performance…er and a reverse proxy server.
[ OK ] Reached target Multi-User System.
[ OK ] Reached target Graphical Interface.
Starting Update UTMP about System Runlevel Changes...
[ OK ] Finished Update UTMP about System Runlevel Changes.
[ 32.162334] cpsw 4a100000.ethernet eth0: Link is Up - 100Mbps/Full - flow control off
[ 32.162446] IPv6: ADDRCONF(NETDEV_CHANGE): eth0: link becomes ready

Debian GNU/Linux 11 arm ttyS0

default username:password is [debian:temppwd]

arm login: debian
Password:

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
Last login: Thu Oct 6 19:53:37 UTC 2022 on ttyS0
debian@arm:~$ uname -a
Linux arm 5.10.145-ti-rt-r53 #1 SMP PREEMPT_RT Tue Nov 15 14:56:23 JST 2022 armv7l GNU/Linux
debian@arm:~$

 

 という感じでBBBのBullseyeの起動が出来ました

 こんなので何するの?という話なんですが…ちょっと前にラズパイでRTL-SDRやらネットラジオ受信した流れでDACを(今頃)載せて

遊んでいるのを、BBBにも、と

 ただ、BBBがラズパイより有利なクロック全部外部供給に対応する、いわゆるBoticの開発が数年前に止まっているので…

それと同等なものを自前で組んで、新しいOS上で動かしてみようかと思っています

 僕は元来組込み屋ですし、楽しめそうw

 

 

| | | コメント (0)

2012年11月 7日 (水)

Bridge to the sun

MEDIO:

 戸籍関係の問い合わせとか手続きで今日は水戸市役所へ。

 といっても水戸市庁舎は震災で取り壊しの話が出ているくらい。旧県庁(三の丸)にある臨時庁舎へ。

...その場で係員2名にたらい回され。(動詞?)

 少しは勉強しろよ、その仕事で給料もらっているならさ...と。(--;

 

 事前調査していた、こちらからのツッコミにタジタジになる若造君は、事あるごとに後ろのおばちゃん(失礼)に聞きに行く始末。

 帰り、水戸スマートIC付近で綺麗な色が見えたので田んぼの中に車を止めて撮りました。

 こっちが始点で、Dsc01343
 こっちが終点。Dsc01344_2

 パノラマにすると、Dsc01345


 久々に始まりと終わりのある虹を見ることが出来ました。真ん中なかったけど。(笑

 表題は、なんとなく連想しただけで意味は本文と違いますね。
「太陽へかける橋」と、「太陽がかけた橋」くらい。(?

 まぁこの名前の元の映画はともかく、THE ALFEE(アルバム「AGES」に収録)やMintjamさん(同「Reincarnation」に収録)の同名曲も、みな意味が違いますし、いいですよね。(^^;

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

リファラ応答

MEDIO:

 暇なので...最近のリファラから、検索ワードに反応してみるテスト(笑

・27C512は、aitendoかラジオデパートの2Fの道路側のお店にあるかも。

・bg系に限らず、ヘッドライトの分解(殻割り)にはヒートガンが必須です。

・ADBをUSBに(電気信号として)変換するのは簡単ですが、USBで受けた場合のドライバの方が大変です。
 intuosだったらWindows版と同じ信号にしてやれば良いのですが

・クラリオンにかぎらずナビが毎回初期化処理が走るのは「バックアップ電源」がバックアップじゃ無いからだと思います。

・物理的に壊れたHDDをソフト的に修復するのは(データが読めない限り)ほぼ不可能でしょう。

・小径スピーカーで低音を出すには、それ相応の電力が必要です。相対的に高音を絞る必要もあります。
 エンクロージャ側で出来ることは、「コーンが動きずらい構造」にすることです。例えば密閉に近くするなど。
 こうすることで、ある程度高音成分を抑止することが出来ます。
 もちろん、こうすることで効率が低くなります。それをアンプのパワーで補う、と。一時期のハイパワーミニコンはこうやって低音を出していましたね。

・メーターパネルの自作は、EPSONのインクジェットプリンタと、サンハヤトの感光基板用フィルムの組み合わせがお勧めです。

・ナビのHDDのセキュリティ解除に、XILINXのSpartan Starter Kitを使っていたのは3年以上前の話ですよ。
 今はCPLD(CQ誌の付録)+USBパラレル(秋月の)で、ノートPCのバスパワーで動作し、パスワードはTeraterm画面に表示されます。

・ATAパスワードの解除には、HDDをに対して「セキュリティアンロックコマンド」を発行します。

・電流0.5mAのHDDは知りません。っていうか、そんなのあるの!?

・接触不良なリレー接点を磨く時、ヤスリやコンパウンドはダメですよ。必要なメッキ層も剥げます。彼女から「銀みがき」を借りましょう。

・iPodの最近の機種は、ドックコネクターからのVideo系の出力はappleの認証機器だけとなります。iPodとデータのやり取りをしないとEnableになりません。

・近日、ピンアサインとコマンドを載せる予定。

・最近のポルシェやBMWのイルミ信号とかアクセサリ信号、リバースや車速は全部CANに載っているので取り出しはCANアダプタ経由ですね。

・GR-SAKURAはトレラントpinは無いと考えた方がいいと思います。かなり限定されているので。

・リモコン受信を自作しようとしてタイマ割り込みで誤差が出る方。「一つ前の信号からの時間」で測定すれば誤差が蓄積しませんよ。

・ima-adpcmはintel製ですが、Windowsに載せるにあたってMicrosoftが資料を作成しています。米国のTechサイトからダウンロード可能。

・ボクスター純正ナビにiPod付けたいなら、クラリオン製のアダプタ(NX809以降用)を購入しましょう。

あと。

・「ハンダ付けするキット 小学生」 ごめんなさい。ここでは扱っていません。

・「酒列磯前神社 巫女」  ごめんなさい。ここでは扱っていません。(え?

 何か質問あったらど~ぞ。(^^;

| | | コメント (0)

2012年3月 7日 (水)

やわらかスピーカー

MEDIO:

 

 今日は崩れかけた(w 水戸市役所前のカレー屋さん「RAM」にて昼食です。

Img_20120128_114925


 カレー2種と、はみ出す大きさのナン、ドリンクが付いたBランチは\700。私はこれでおなかいっぱいになるんですが...「土日の食べ放題\1,000ランチに群がるヒト達」は、もとが取れているのか疑問です。(w

 

 

 今日の工作はこれ。

Dsc00608


 ダイソーで買ってきた、発泡スチロールの板とブロックです。これでスピーカーボックスでも作ろうと。(^^;

 先日作った小容量のスピーカーボックスでも実験したのですが、低音が出づらい小径スピーカーには柔構造のボックスを組み合わせると低音再生が可能だと思われます。

 いい加減な理論ですが、「とても柔らかいコーンを持った大口径スピーカーの分割振動」を意図的に行っている感じ?かと。 (自分でも分かりませんが。専門じゃ無いし

 スピーカのコーンの振動を空気バネで抑制し、反動を使ってマグネット側~フレーム側~ボックス面やバッフル板を動かし、見かけの口径を大きくする、という無茶です。(w

※磁気回路を持たないスピーカーみたいなユニットを使う、パッシブラジエーターなんてのもありますね。

 実際、f特性は無茶苦茶になるはずですが、分割振動領域...振動する面積と重さをコントロールできれば、面白いんじゃないかと思いました。

 で、製作開始。

Dsc00609


 秋月\300スピーカーはデフォルト(実験用だし)。ブロックの穴は、左右で交互に通過出来る様、溝で繋ぎます。そこに10mm厚の板を接着。

 とりあえず仮組み。スピーカーはガムテで固定。(w

Dsc00610

 接着剤が乾いたあと、1時間程度エージングして。

...
 

 え~と。

 ふざけて作ったわりに「まとも」な音が出てびっくりしています。

 接着剤入れて片側\420(税込み。ユニット別)とは思えない音がします。

 持ち上げると、筐体は音量に合わせて盛大に振動というか膨張しているんですが、最下段に空けたポートからはBOSEのサブウーファー以上の風量で低音が出ています。(風切り音がうるさいほど...穴形状は要変更、ですね)

 現状だとユニットが固定されていないので、大音量でスチロールとの間で軋み音がするので、まずは固定。そして、箱自体の補強をして、再度聴いてみましょう。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

木工...安価なスピーカー製作

MEDIO:

 

 ここで幾度と無く書いてきた宗教話「オーディオ」。(w

 真の音と、良く聞こえる音の違いは人間にしかわかりません。計測器は「正しい、真の音との違い」しか計ることが出来ず、そして一部の信者はその計測値を全く信用しないからです。(^^;

 測定器の表示した「歪」が大きくても「真空管アンプの音が良い」と言いはる人がいます。度々言っていますが、それは「良い音」ではなく、その人の「好きな音」なのだと。

 

 これを逆手に取った有名企業があります。

 心理音響学までも駆使した開発・設計を行うMITのBOSE博士と、彼の率いるBOSE社です。

 高価な・特性の良い部品ばかり集めれば良い装置が作れる、という間違いを自ら経験し自ら良い装置の探求を行った方ですね。技術者の端くれとして、大変尊敬する人物です。

 私自身も同社の製品をいくつか所有していました(現在は201AVNだけ所有)が、小径の紙コーンスピーカで、よくこんな音が出るものだなぁと驚いていました。

 話は変わって、学生時代に研究室で木工をしている同級生がいました。

 電気科なのに...彼が作っていたのは、故長岡鉄男氏設計のスピーカーボックスでした。(卒論は、自ら設計したアンプと、そのスピーカーについて書いていた気がします。その後彼はDENONに就職した記憶があります)

 最近ヘッドフォンアンプを作ってから、その当時の記憶がよみがえり...以前より暖めていた構想でボックスを設計・製作してみました。

 もちろんBOSE博士の逸話をなぞり、高い・良い部品は全く使いませんよ、よ。(w

 さて材料です。

・広葉樹合板※ 450mm×300mm×12mm @\240  4枚 [ジョイフルホンダ古河店]

・赤松角材 40mm×24mm×1800mm @\570 2本 [ジョイフルホンダ古河店]

・ 〃    40mm×24mm×900mm @\300 1本 [ジョイフルホンダ古河店]

・スピーカーユニット F01908H0 @\300 2個  [秋月電子] ←重要!  (^^;

他、雑材料(木工用ボンド、コースレッド等の木ネジ、ダイソーのキルト芯、フェルト

 計、\3,000くらい。(w

 角材を設計図通りに丸ノコで切断し、合板にボンドで貼り付け、木ネジで固定していきます。こんな感じに。作成は片側1時間もかかりません。

Dsc00558
 ユニット自体が効率良い製品では無いので、直接駆動するスピーカ室は80mm角(256cm3)と狭く、そこから2mmの隙間を通って背圧が抜けて行きます。

 通路は、曲がり毎に広さ・大きさを変えてあり、「トンネルを通った様な音」成分を消しています。狭い部分は特に「ダイソーの貼れる布・フェルト」を貼って、定在波を極力消します。

 スピーカーボックスの空間方向の厚みは角材の通り40mmです。不等長のポートを持つバスレフというかバックロードホーンというか...

 そして、4本のポートの出入り口に吸音材を詰めることで背圧の帯域中のバランスを取ります。

 最初はぎすぎすしてバランス悪かったんですが、5時間ほどエージングして。

Dsc00559 

 大きさはA3用紙とほぼ同じ大きさです。
 決してドライブ能力が高いとは言えない、ONKYOの「CR-185」(一部に有名な、ディスクリート構成のアンプ搭載の旧型CDミニコン)で、写真の通り壁に立てかけカーペットに床置きのまま鳴らしていますが...はっきり言うと、片側\1,500とは思えない音。(^^;

 会社でオーディオ好きの同僚等に聴いてもらっても、値段からは信じられない音だと好評でした。
(自分では考えて設計した通りではあるんですが...まぁ正直言うとびっくりしてます)

 ユニットの効率が悪いので、最近はやりのデジタルアンプで鳴らしてみたいです。

 以前作ったのは人に譲ってしまったんだよな...

 

 まだ吸音材の量と位置が決まっていない(音域内のバランス調整足らず)し、背板は木ネジでの仮固定(ポートが密閉されていない)なので、ちゃんと完成したら再度「箱のエージング」をして、もう一度評価してみます。

 

 あと、今度、ほぼ同口径のFOSTEX FF85WKを借りられるので、ユニットを換えても試してみます。特性表みても結構低音が出そう。

※バッフル面に「広葉樹合板」を使ったのは、ある程度「疎で柔らかい」方が「スピーカユニット自体の反動で積極的に音を出す事が出来るかも」と考えたから。これは、師匠の「黄色帽子」バイトでの経験則より。

 これは小径ユニットには大当たりの設計則かも。

 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

ヘッドフォンアンプ製作2

MEDIO:

 体調不良の鬱憤晴らし、にならないという「集中度」...知恵の輪(プログラムを2Kに収める)にはまって、結局3時間ほど。(w

 というわけで、思うところは全て詰め込みました。

 無駄なところとしては...電源ON-OFF時に音量を段階的に変えたりバックライトの調光をしたり。Power-Switchは短押しでMute、長押しでPowerOffになります。

 ロータリーエンコーダも回転角は、タイマ0で加速度を見ていて増減量が変わります。

Dsc00550


 電子ボリューム部分は仮基板に仮配線だったんですが、面倒なのでこのままGo!(w

 ケースの2/3近くが電源関係...

Dsc00553


 くり抜いたアルミパネルに、はめ込んだスモーク・アクリル。暗い部分に赤外線リモコンの受光部があります。

 電源スイッチは、LCD表示部で抜いたアルミ板を切って、タクトスイッチの上に貼り付けて、パネルと一体感のある仕上げで。

 で、音ですが。

 バブル期のオーディオ機器ではないですが、物量で押し切っただけあるなぁという音。足りない音が分からないというか...某社の高級CDプレーヤを繋いだら、ある筈の無い音が聞こえたり。(^^;

 安定化電源部分が、本来考えていた回路と違う(3端子レギュレータ)なので、次回は手抜き無しで。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

Happ? New Year

MEDIO:

 袋田の滝から退院している非論理氏の家に向かい、知人・友人達と年越しをしました。

 いっつも思うんですが、NHKって受信料とる公共放送なのに何で娯楽番組なんて放送するんですか?見たくもない知らない歌手とかに多額の出演料払ってて。他の放送局では使わない「芸No!人」でも出てくるのって、不思議。

 芸能人って暴力団と付き合うと問題になるけど、NHKとも同類な気がしてくるのは気のせいなんでしょうか? (w

 とりあえず秋元靖は金儲けがうまい、と再認識。(震災直後も、支援とか言ってメンバー一人も参加しないグッズ販売会...絶対損はしない...をしていたしなぁ。(--;)

 なんて事を話しながら、土手鍋をつついていた訳です。牡蠣ウマウマ。(w

 

 解散となった2時過ぎ、実家に戻る途中に護国神社へ。

Dsc01868
 毎年ここに来ています。

 学生時代は某師匠が「巫女~!」とか言って、元日に神社廻り(常陸国一ノ宮・鹿島神宮~酒列磯前神社~常磐神社~茨城護国神社~常陸国三ノ宮・吉田神社~笠間稲荷~常陸国二ノ宮・静神社~大甕神社~泉が森神社...とか。)をした「悪しき記憶」がありますが。巫女さんをナンパするのはは止めようよ。(--;;

 ただ、いつもは4時過ぎ(一度0時頃来たら並ぶ羽目にあったので)に来てたから的屋は無かったんですよ。今日は3軒。コロッケバーガーの車の「たこ焼き」屋と、そば屋と、子供のおもちゃ屋。

 

 

 Dsc01883

 境内も空いています。手水場は...冷たい。うん。

 お参りはゆっくりと。願い事は「自分で達成するぞ!」という気合で念を込めます。

※神様には「その事を宣言する」訳ですね。単なるお願いなんて、だれも叶えてくれませんから。:-P

 帰り、駐車場でポツンと。

Dsc01891


 多分、今年も沢山走り回る事が確実なボクスター。今年もよろしくね、と。

 と、後になりましたが。

 皆さん、あけましておめでとうございます。今年一年、(以前に増して)よろしくお願いいたします。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月16日 (金)

原点回帰

MEDIO:

 

 最近、自分が楽しいっていう「工作」をやってない気がしていました。

 創造って作業が好きで、いろんなしがらみ断ち切って進んだつもりなのに、同じ轍にはまって他人の言うなりの道を進み、身動き出来ず、という状態。

 まぁ自分で選んだ道の先なので、自分の責任です。改善するのもこのまま飲まれるのも自分次第。

 少なくとも、自分の今目の前にある仕事を放り出して、という無責任は私のポリシーに反するので...大量に積まれた書類の処理と、興味の湧かない・つまんない設計はぽつぽつと進めておきます。

 

 で、手軽で興味のあるモノ作りって何かなぁ...と思って、ふと部品箱みたらLME49600があったな...サンプルを業者さんから個人的に頂いたまま放置されていた、高スループットのオーディオバッファです。皆さん、ヘッドフォンアンプに使っている様子。

 沢山あるので、オーディオアンプ以外に何か...シャントの基準電圧素子もある(LM4140)ので、この組み合わせで「超!低電圧電源」を作って、その上でヘッドフォンアンプでも作って、などという無駄無駄ムダァァァァな妄想を。(w

 

 いろいろ考えるのは好きなので、妄想時間は過ぎて行き...フラストレーションだけは溜まる一方です。だって、実際に作れないんだもん。Hな女の子の写真だけ見て、何も「実作業」が伴わなければ欲求不満になるでしょ?>皆さん (下世話

(そういう意味、私には「絵に描いた女の子の裸」の需要って、よく想像出来ないんですが...性欲的な意味で。

 とりあえず何か「電子工作キット」でも作ってお茶を濁そうと、ネットを徘徊。自作系基板では酷い目(高級オーディオを自称しつつ、届いた基板はデジタル系の基板CADのオートルートで作ったもの、とか)にあっているので、少なくともちゃんとした企業さん...

 共立エレショップさんでblog紹介があった、こちらはTi製TPA6120を使ったヘッドフォンアンプのキットがありました。

 自分で基板を起こす時間も無いので、あまり考えずに購入。また、こちらは平衡入力らしいので、不平衡-平衡変換キットも同時に。

※ヘッドフォンアンプキットの抵抗の値を変更すれば、そのまま不平衡入力に対応出来ます。お店の策略に注意。(w

 「オーディオ用」と言っても電解Cは「FineGold」だし、積セラだし...等々思いがあるので、電源系Cを「MUSE KZ」にしたりメタ・ポリやらなんやら追加してみて。最終的に電子ボリュームにするけど、試験中はアルプスのディテントを。

※ギャングエラー等々、機械式ボリュームの欠点を挙げ連ねる方いますが、つなげる機器がiPodとかの圧縮音源って...CDとの聴きわけ出来ない、iPodの音で満足している人には、ボリュームが電子式だろうが機械式だろうが変わらないんだけど、ね。iPodの音自体が汚いし。

 電源も、そこらでは結構ぎりぎりな容量で組んでいる記事をみるけど、「オーディオってそうじゃないだろ」とばかり、手持ちの部品から。

 60VA以上のトロイダルコアトランスとELNAのオーディオ電源用電解8200uF(ALPINEマーク)、15V-1.5Aの(3端子)レギュレータとMUSE KZにPanasonicのメタ・ポリ。そちらだけでアンプキットの数倍はコストがかかっています。(w

 占有面積も、ケースの2/3が電源って。(--;

Dsc00513

 エージングは電源部1日+旧型ディスクマンで音だし3日(Dummyloadは22Ωのセメント抵抗で)。

 MDR-CD900STで聴いた音は...やっぱりこの値段でも、スピーカでは出せない音が出るなぁ、です。弦楽器の高次の倍音だけでなく、コントラバスの基音や演奏者のブレスまでが位置関係もはっきり聴き取れます。

 ついでにiPodと元CDを聴き比べてみましたが、その違いが歴然と分かり、自分の耳にも安心出来ました。(w

 早い所、完成形にしたいので電子ボリューム等々を早めに作成して...ケース加工もしなくちゃダメですね。

 途中、差し入れがあったのですが、これは...

Dsc00502

 茨城空港近く、旧小川町の和菓子屋の超ジャンボどら焼きです。\100の大き目MONO消しゴムやフルサイズ・キーボードと比較しても...大きい。

 さすがにこのまま食べるのは無理で、コーヒーを3杯も飲みながら、でした。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

肩こった

MEDIO write:

 

 ...

 知り合いのところで音楽編集作業中。メインはピアノ編曲、とか。

 

 以前、「オルゴール編曲とかピアノ編曲とか、簡単手軽で良いよね」と、超おバカな事いっていたヤツが居たんですが...使える音数が限られる分、結構大変なんだってば。

 機材だけ大量に持ってて、音数重ねればそれで「音楽も厚くなる」と勘違いしているのとか、いるけどね。(^^;

 

 いつもと違う「キーボード(普段のPCの、じゃなくて鍵盤の方)」なんていじっているから肩が凝ります。肩触るとゴリゴリ。

 

 あ~プログラム組みたいなぁ。放置しているSH2Aの。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

酷い朝

MEDIO write:

 

 相変わらず...リファラ見るとこのblogに飛んでくる検索ワードは「アンダーグラウンド」なのばかりなのですが。「HDDパスワード解除」とか、「IX2015ファーム入手」とか。(w

 

 そんな中最近、KORGのM1のLCD交換に関して探している方が多いように見えます。

 往年の名機も部品寿命なのでしょうか。音が出ないという致命的な障害(...うちのはそういうJunk品を再生した訳ですが)が無いなら、まだこの機種の音色には魅力があるのでしょう。新しいモノが良い、というのでは無いのは楽器の良い所ですね。

(かなり昔、トランジスタ●術誌の記事に「4オペレータのFM音源の音は耳が腐るから聴かない」と書いた人がいましたが...本当に腐っているのは何だったのでしょうね。:-P

 

 さて。うちの子も音が出る様になった(with電池交換)後、CCFL(冷陰極管)バックライトの白液晶に交換した訳ですが。実は今、VFDパネルが付いていたりします。(w

 ちょっと入手方法がアレなので、写真は見せられないんですよね...すみません。

 

 代わりに、M1のLCDパネルを自主交換したい人に情報を。売っているお店です。

 最初に交換したCCFLバックライトの白液晶は、秋葉原の鈴商さんで扱っています。

http://www.suzushoweb.com/index.php

 秋月電子のある通りをそのまま進んで、大通りに出る角の右にあります。LCDは奥側の部屋に入ったところの目の前にある棚。

 

 私が買ったものは店頭在庫のみで通販不可。残りは5枚以下だと思います。

 通販メニューに載って無いものですので、現地で購入して下さい。「webで表示されていないものは通販出来ない」と断り書があります!

※今なら「お勧め商品」にC-51850NFJ-SLW-ADNが掲載されています。が、こちらは動作するか調べてません。この手のモジュールは電源の極性以外は互換性があるので、多分動くとは思いますが...LEDバックライトですか...

 

 あと、「人と同じじゃ嫌」という(私みたいなヒネくれた)人は。

 ノリタケ伊勢電子(高級食器のノリタケグループ!の)のVFDなんかがよろしいかと。

http://www.itron-ise.co.jp/products/module/cu-u/40x2.htm

 ※といっても、今の所入手方法は不明です...個人的に販売してもらえるのかな?

 

 

 

 で、今朝の事。

 ベッドで半覚醒状態。何となく予感はしていて。今動いちゃダメだと思いつつ、ぐーっとノビをした瞬間、激痛!

 

 最近、起きがけに右足が痙る事が多いんですよね...クエン酸は取るようにしている(梅干し食べて)るんですが。

 今朝のは「マジでヤバイ」って規模。右足抱えて、布団の中で息止めて我慢しましたが...

 

 今日一日、筋肉痛で歩くのが困難になる「痙り」は初めての経験。今も痛いし。

 

 結局引きこもった日曜となりました。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)