趣味

2022年1月16日 (日)

中華なArduinoっぽいマイコンで遊んでみる(定番のLチカ編

環境構築は終わったので、コンパイル~実行の初手の定番のLチカを。

GitHub上にはArduinoレベルのものが上がってますが、まぁそれはおいおい。

ボードマネージャで見たところから拾ってきます。

 

USBシリアルはCH340なので、初めて使うからはSparkfunあたりからドライバーをインストール。

ArduinoIDEの一般的な使い方通り、コンパイルしてボードに書き込み。

 

このボードはPB0~2にLEDが繋がっているので、それが順番に点灯します。

 

さて、何に使おうか…💦

IO多いから、活用しないと。(本末転倒

| | | コメント (0)

2022年1月11日 (火)

F30にG30の10インチモニターを

自分のBMW 320d(F30)のコーディングを行っている時に思いついたのですが…

コンピュータ類は同社の車両(及びMINIやRolls-Royce!)すべて共通で、内部のパラメータで差別化を行っている。

つまり、他の車種のパーツの流用は可能だよなぁ、ということ。

実際、320dのナビをタッチパネル付きディスプレイにした時はF39…x2シリーズ用を流用しました。(今はF3x…3シリーズ用に交換済み

 

8インチのモニターでも十分だと思うのですが…新型のモニターが大きくなっているのを見ると悪戯の虫がゴソゴソを💦

 

で、G30…現行の5シリーズのモニターを調達して交換してみました。

こちらは10.25インチ。解像度なども上がります。そこらを試行錯誤して設定値を見つけました。

(配線繋ぎ変えだけで、特段エラーが出なかった…エラーの時はモニターに「NO SIGNAL」表示されるはず…ので

通信プロトコルなどではない、数値的な設定だけだと考えて)

Img_3928

後にあるのが、元のF3x用CID8.8インチ。

まだ固定してません。穴に差し込んだだけ。w

タッチパネル含めて動作に問題はありませんでした。大きさはボンネット先端が隠れない、絶妙な高さです。

あと、F3x用よりも「画面が手前にくるので、タッチ操作がしやすい」です。

後日暖かい日にでも、切った貼ったの作業でしっかり固定しなくちゃ。

 

| | | コメント (0)

HUAWEI Matebook13のSSD交換

先日、ノートPCの更新を考え、そこそこ安い!と購入したHUAWEI Matebook13ですが。

サイズ的に持ち歩いて出先でログ取ったり、という使い方になるだろうと…標準のSSDが(安価だったので)128GByteだと勘違いして

1TByteのSSDを購入してしまいました。💦 本当は512GByteだった。

Img_3929

KIOXIAの安価なEXCERIAの方です。片面実装なので選びました。販売はBaffaloらしい…

で、本体分解。

Img_3930

背面の見えるビス(トルクス)全部と、ゴム脚の下に隠れているプラスのビスを全部外し、液晶の下あたりから

薄いプラスチックのカードなどで隙間を広げていけば比較的簡単に底面が外せます。

内容積のかなりを占めるバッテリーの左側の、放熱対策?された細長いものがSSD。

シールドを剥くと

Img_3931

WesternDigital製SN730が出てきました。(ここで512GByteだと気が付いたw

あとは、交換品を同じようにシールドで包みなおし、本体に装着。蓋を戻せば完成です。

中身は取り出したSSDをUSB接続の外付けケースに入れ、クローンソフトで戻します。

作業時間はクローン含めて30分程度。まだアプリのインストールなど進んでないので。

 

さてMatebook13の使用レポートですが…

・メモリーが8GByteという点が、この先どの程度足かせになるかわかりません。

 

・手に触る範囲だと、キーボードがサイズ制限で特殊配列になっているあたり(カーソルキーの

上下がかなり小さい、等)気になります。

・ファンクションキーが、Fnをロック(シングルプッシュでLED点灯)しないと、特殊機能になると

いう点が一般的キーボードと逆、というくらいです。

 

・起動では電源ボタンが指紋センサーを兼ねていて、作業中に放置してロックされても指を触れれば

作業に戻れるのでかなり便利です。(出先だと、作業画面を触られたくないですから

・質感も僕はiPad並み、と思っているので所有する喜びもあります。

 

・まぁ重めの処理が走ると2つのファンが多少やかましいですが。

 

発売から1年程度で2kモニター搭載の5万円台、ということでかなり満足しています。

 

どうせ趣味の車関係の方で使うのは、放り投げられるLet’sNote(第5世代のi5)ですし。💦

 

| | | コメント (0)

2022年1月 9日 (日)

中華なArduinoっぽいマイコンで遊んでみる(環境構築編

11/11…独身の日ということでAliexpressを徘徊していたところ、半導体不足でAVRのArduino系は値上がりしているなぁ…と。

そんななか、安い互換ボードらしきW806-C200が載った基板を見つけました。

W806 Microcontroller 240MHZ 5-8Bit STM32 Development Board CH340 IoT MCU Chip CDK Development Environment Low Power IOT

買った時は送料込み¥279。240MHzなんてクロックで動いてこの値段なんて。面白そう。

データシートなど調べずにポチってしまいました。w

 

さて、この時期に中国からの荷物がまともに届くとは思ってなく…12/22に到着。💦

慌ててデータシートやら開発環境を調べ始めました。

W806と記載されていますが、本当はHLK-W806というらしい。32bitシングルコア240MHz。フラッシュメモリが1MByte。

上位には801というものもあり。(無線付だったので、技適面倒だから購入リストから除外

 

で、開発環境は…GitHub - Hi-LinkDuino/w80x_arduino: w806 for arduino ide package 

おおっと、1/8ですか。届いた時点では存在しなかった様子。w

 

さてArduinoIDEを起動してボードマネージャへ登録…と思いきや、エラー。

jsonファイルを開いてみると

"url": "https://github.com.cnpmjs.org/Hi-LinkDuino/w80x_arduino/releases/download/v0.0.1/w80x_arduino-0.0.1.zip",

…中国国内のプライベートミラーですか。💦

まぁこれの実態はGitHub上にあるので、このファイルをテキトーな場所にダウンロードして「.cnpmjs.org」をnull置換します。

次にArduinoIDEの環境設定を開き、

Setting_20220224140901

追加のボードマネージャのurl欄に「file://C:\Users\midio\Downloads\package_w80x_proxy_index.json」

の様に(自分のPCでダウンロード、置換修正したファイルを)記載します。

 

これでボードマネージャーを開くと

Boardmanager_20220224141001

一番下に「w80x_arduino csky plain C/C++ core」が出てくるので「インストール」。

とりあえず環境は出来ました。

| | | コメント (0)

2021年12月30日 (木)

誤自宅のNW構成

もう10年以上前、Ciscoの公認資格を取りまくっていたころに自宅設置した19Uの19インチラックも、

CatalystやAPRESIAを降ろしてからは閑散としています。

某鼻毛サーバも8ベイNASに替えたので、余計に。

 

外側ネットワークはBフレッツの100Mからニューファミリーの1Gへ。

NTTから届いたひかり電話ルーター(HGW)は、PPPoE機能をOFFにしてLAN側にNECのIX。

 

まぁ速度的に不満もなく使っていたのですが、数年前からIPv6サービスが普及し、契約しているぷららも

IPoEが使える様になると…速度が出ない。

ボトルネックになっているのはHGWだろうな、と考えていたので、NTTに問い合わせると

HGWはブリッジ設定にしても速度は1G出ません、という回答。

 

つまり光ファイバのところで1G出たとしても、HGWの中を通すと半分以下になるわけです。

ウチの事情ですが、メンテナンス契約をしている会社さんとの間で、フレッツ光ネクストのIPv6ネットワーク経由で

VPNをいくつか繋いでいるので、これはどうにかしたい、と。

もちろんインターネットへのアクセスも速くしたい。

 

とはいえ、ひかり電話契約をしている以上、これもなんとかしなければ。HGWは電話設定がほぼ自動化されているので

ネットワーク構成を変更(光ファイバ直下でないと回線の初期化も出来ない)出来ません。

 

いろいろ考えている中、YAMAHAのIP電話機能内蔵のルータに行き当たりました。

こちらは詳細な設定が可能なうえ、ひかり電話も収容出来ます。

 

ということで、ひかり電話の資料を探し、インターネットなどの速度とひかり電話の併用が問題なく出来ました。

まずは構成を…

Photo_20211230163301

NTTのひかり電話ルータ(HGW)の後部のフタを外すと、内部的にONUとルータに分かれており、短いLANケーブルで

接続されています。ONU基板にケーブルが固定されている(ルータ基板にRJ45のジャック)ので、これを抜きRJ45メス-メスで

延長、ルータ(IX2215)のGE0に繋ぎます。

これでルータは光ファイバ(ONU)直結状態になるので、インターネット側の速度はルータの性能通りになります。

※IPv6は「ひかり電話あり」→DHCPv6-PDによりIPv6プレフィックスの払い出しが行われる

 

さてひかり電話の方ですが、インターネット接続とは別にフレッツ光ネクスト回線内からのデータで設定や通信通話が

行われますので、ルータではGE1でIPv6をNDプロキシ設定、IPv4はフレッツ回線とブリッジ設定を行います。

NVR500の方は標準的なひかり電話設定。アナログポート2つは、ビジネスフォンwのアナログ収容へ。

(ビジネスフォンのBRUは、都内にあった事務所…閉鎖…と客先とのVPN経由のIP内線に使用)

 

ルータのGE2は自宅のLAN側なので、一般的なIPv6のIPoEインターネット接続設定を行います。

(IPv6アドレスはDHCPサーバでRAを送出

 

ぷららはOCNのバーチャルコネクトだと思っていた(ネット情報から)のですが、配布されるIPv6アドレスに違和感を感じ

ぷららサポートに問い合わせたところ、ウチの地域?ではDS-Liteのtransix接続だそうで…

 

Speed

下りで730Mbps出れば、まぁいいでしょう。

客先とのVPNもインターネット経由と違い、一瞬反応が遅れることもなくなりました。

 

configは、需要があれば掲載します。そのうち。💦

| | | コメント (0)

2021年9月12日 (日)

MINI(F55)にDIYでHBA

ということで(?)先日BCスイッチを卓上丸鋸で縦割りし、電導ゴム接点を追加した「なんちゃってHBA対応

インスツルメントクラスタースイッチ」を嫁車に搭載してみました。

まずはバッテリーのマイナス極を外し、エアバッグ内蔵ホーンボタンも取り外し。

Img_3381

ステアリングの左右と下の穴からΦ5mm程度の棒を押し込み、針金?のロックを押すと外れます。

センターは16mmのボックス(もちろん固いです

あとはクラスターのカバーを上下にこじ開け、8mm?の六角ビスを4本。

交換したスイッチは

Img_3383

レバー先端が2つになっています。

 

元通りに組み直したあと、やはり自車F30の変更箇所を参考にコーディング。

二つに切ったスイッチの下側を押すと

Img_3397

A付ライトマークが点灯しました。

 

中古で買っても3万円程度になるクラスタースイッチですが、切ってしまえばほぼタダ💦

(Aliexpressでなんとか探した電導ゴム接点ですが、ちょっと上乗せすれば純正がヤフオクの中古スイッチから部品取り可能ですね)

 

これ、恐らくBMWのF3x系でも使えるワザじゃないかと。w

あとは夜間に動作チェックします。

| | | コメント (0)

MINIのインスツルメントクラスタースイッチ(SZL)を分解してみる

先日、BMW(MINI含む)車両のHBA…HighBeam Assistantに必要なインスツルメントクラスタースイッチ(通称SZL)の考察を

してみましたが、実際どのような回路になっているのか、と分解してみました。

ステアリングスイッチが接続されているスパイラルケーブルを取り外して

Img_3391

外した部分は単なるスイッチ(と配線)なので、車両との通信はこの部分。

開けると

Img_3392

左右のレバースイッチのコネクタに、右下のはステアリング(スパイラルケーブル)のコネクタ。

スパイラルケーブルからこの基板を経由しないコネクタもありましたが、恐らくは重要な…エアバッグやホーンの配線でしょう。

基板の裏は

Img_3393

ICと思われるのは2つ。

大きい方は

Img_3394

スイッチの入力を車両に送出している&LEDの点灯用コントローラでしょうか。

 

小さい方は

Img_3395

こっちは有名なLIN トランシーバNXPの1028の様ですね。

 

さて、HBA機能を有効にするためのクラスタースイッチと、標準のものではLINアドレスが違うことが判明しています。

(受け取る側のコントローラでアドレスを設定出来るので間違いなく)

ただし、それで制御を変えているのかは不明…2Byteを受信して判断している様でしたが、LINアドレスには関係ない

様なので。(SZLをHBAタイプに単に交換した場合、エラー記録はされるが既存の機能は正常に働く)

ここは交換してコーディングし、動作確認してしまった方が早いかも。

| | | コメント (0)

2021年9月11日 (土)

MINIへBMW純正の地デジチューナーretrofit

嫁車だってのに、勝手にBMW車用HiFiアンプを搭載したりしているんですが…💦

余っていたBMW車用の純正地デジチューナーが転がっていたので搭載してみました。

HeadUnitからMOST信号(光ファイバー)と、映像信号用のFBASケーブル(シールド付ツイストペア線)を。

あと、グローブボックス裏のヒューズボックスから電源を、アンプ搭載した左リアのタイヤハウスの後ろ側まで引き回します。

GNDポイントは、助手席足元(ヒューズボックスの下)です。このあたりは、整備マニュアルの指定通り(メディア系はここらしい)

 

さて、MINI(や、共通フレームのBMW1シリーズ)にはTV搭載のオプションはありません。

なので、関連するコンピュータをどのように書換えれば良いかは自分で調べなくてはならず。

まぁ、関連するのはHeadUnit程度なので、僕のF30(BMW3シリーズ)でTV機能追加で変更されたパラメータを基本にして

こちょこちょ、と。

 

書換え後。

Img_3385

マルチメディアメニューに「テレビ」が追加され、放送局をスキャン…

そして。

Img_3386

フルセグ受信して映像と音声が出ました。

そのうえ

Img_3388

データ放送も受信出来ます。タッチパネルで操作まで可能なので、ここは純正の強みですね。

 

搭載した前例がないか調べまくりましたが、見つからず。

最初映像だけ出なくて、MINIのHeadUnitにはTV映像用の入力が省かれているのか?と思ってしまいました。

(でも、チューナー側で抵抗測ったら断線ではなく約75Ωだったので…これはいける!と)

ということで、MINIでもTVは見られるよ、というお話しでした。

| | | コメント (0)

2021年8月19日 (木)

F30のトランクにSoft Closeをretrofit

先日来の自車…BMW320d(F30)の改良?は、延長保証も切れたし、もともと無かった様なオプションを!と行ってきました。

SLIやらHBAやら、純正であるものを付けても…出来るはずのことだし、いくらでも真似出来るから、と(天邪鬼

TopHiFiなんぞ、F30に付ける人はそうそういないだろう、と。💦

(上位車種の5、7ならともかく

 

今回は背伸びして、純正にない機能を取り付けます。

トランクのSoft Close。

そもそもF30のオプションにはありません。電動トランクも。

電動トランク化を考えると、その前にやっておかないと。(トランクをロックする最後に、ラッチをモーターで引き込み)

 

さて、純正に無いというと部品もありません。

なので、2シリーズ用のSoft close機能があるラッチに交換します。

もちろん取り付け場所なんて無いので、ボディに穴をあけて。

まずはラッチの改造を。

Img_3288

取付枠にゴム製の制震ブッシュで固定されていますが、取付枠が大きいので切断。そしてF30のトランクの空きスペースに

合わせて(切った板を)ねじ止めして。

取り付けるとこんな感じ。

Img_3289

ねじ穴、一つはケーブル固定の穴を利用、左側はドリルで開けています。

ノーマルのテールゲートラッチのコネクタは4ピン。そこから必要な配線は3本と、電源線正負2本(リアのヒューズボックスと

右リアフェンダー後ろのアースポイントへ)、そしてSoft Closeの信号配線1本(Rear Electric Moduleへ)を追加で引き回します。

Img_3292

Closerからの配線と、引き込み用ワイヤを接続したロックラッチを元の場所へ。

Img_3290

 

これだけでRear Electric Moduleのコーディングを行わなくても、何故かSoft close動作されました。

トランクを軽く閉めると、最後はそっと引き込まれてロックします。

サードパーティの訳がわからないものでは無いので妙な安心感が。

 

次は電動トランク…なんだけど、いろいろと課題が。

F30だと片側のダンパーを電動化すれば良いんだけど、純正(で、同時期の他車用)のTailgate Function Moduleは

左右用。

開閉だけでなくモーターの接続状況まで監視しているので…

(開閉信号も、ホール素子…ICではない…の信号をアナログで見てる)

| | | コメント (0)

2021年8月12日 (木)

F30にHARMAN KARDON SA688 TOP HIFI Logic7 AMPLIFIER RETROFIT その2

リアトレイにもスピーカーが付き、そろそろ配線のまとめでも、と。

Img_3263

Top HiFiアンプの場合、強制空冷ファンが必須になっています。

純正だと40℃程度で動くコントローラ?が付いている様ですが、そこまで精密にやるのも、と。

50℃のサーモスタットと、FETのスイッチ回路でファンを駆動します。(offは35℃くらい…最近の天気ではフルに回りっぱなし)

 

その上には純正地デジチューナー。TVなんて見るつもりは無いんだけど、あるものなのでとりあえずつけておきます。💦Img_3264

ほんと、排熱大丈夫なの?という感じですが。

 

この車両、HarmanKardonアンプですが、HeadUnitのコーディングでBowers&Wilkins設定になっています。

いろいろ覗いてて、ほかにも面白い項目を見つけました。

 

M Driveという…その名前の通りの💦

enableにするとHeadUnitにメニューが増えます。

Img_3259

Img_3260

Img_3261

ただし、該当車両でなければ他のコンピュータに無茶な信号を送り付けてエラー返されるので、車両にはフォルトコードが

増えるだけです。ご注意を。

(これやってて、フォルトコードが140以上積まれてたのは秘密💦

 

 

あともう一点。

今回の一連の作業ではHeadUnitを新しいものに載せ替えたわけですが、その時に行うVOコーディングではFAの生産月も新しく

(今回はHeadUnitが搭載されていた車両の)する必要があります。

そうなると、新旧で異なるコンピュータなども生じるわけでして。特に、車両型式違いのretrofitだと。

新しい方のHeadUnitはF30…3シリーズのではなく、M2のものなのです。

今回の場合リアビューカメラのコントローラ(TRSVC)がエラーになり、バックしようとすると「カメラの反応が…」。

 

調べてみると、ドナーのM2のリアカメラはiCamモジュールで制御されていた様子。

再度HeadUnitのコーディングで、リアカメラの制御モジュールの種類を指定する項目を見つけました。

予想通り「iCam」になっていたので「TRSVC」に変更、問題なく表示されるようになりました。

 

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧