文化・芸術

2012年11月11日 (日)

カレー味な753

MEDIO:

※注:「765」ではありません、「753」です。某ア○マス好きな方々へ。(^^;

 あいにく天気が悪くなった日曜。連れと川越の氷川神社へ行ってました。

 駐車場には車が溢れていて...何かと思えば七五三なのでした。Resized_dsc01350
 普段は何も無い、社務所脇の入り口も。Resized_dsc01351

 「綿飴とお面」屋が。

 そして、絵馬もいつもの「良縁」より、「子供の発育」祈願が多かったです。

(「いつか天下を取る」という絵馬がありましたが...すげぇ。(笑

 ちなみに中央の本堂(?お賽銭箱の向こう側)では、神式の結婚式の最中。

 いやはや、こんな小さな観客がたくさんいる中、結婚式を挙げるカップルは幸せなのか、はたまたテレないのか。でもきっと幸せでしょうね、忘れられない記念になりますし。(^^;

 そして川越の市内ではイベント最中。15時まで歩行者天国になってました。そして通行止め解除と同時に土砂降りに。(--;

 そこで買ったお土産は、単なる駄菓子が一袋だけ。Resized_dsc01352


 簡単にいうと、カレー味のえびせん、でしょうか。ホント「やめられない・止まらない」んですよ。(^^;

 ¥60だったので、もっと買ってくればよかったな、と。(笑

| | コメント (0)

2012年1月10日 (火)

省略形

MEDIO:

 

 休みの日ですよ。休みの日ですよね?休みの日じゃないんですか?

 

 

...今日も出勤。(--;

 

 食堂なんて開いてないから、近くのお弁当やさんに買出し。

Nec_0059


 なんだか駄菓子が並んでいるなぁ...チョコフォーだって。(w

 一緒に日本酒が置いてあるのが謎ですが...

 

 飲み物(味噌汁とか)を買い忘れ、仕方なく社内売店の自動販売機へ...

Nec_0025


...お弁当に合うのが、これしか無い...スープ系が無いんです。(--;

 

 

 

 気を取り直して。

 

 届いた年賀状の中に「あけおめ ことよろ」と書いてきた後輩がいやがります。

 本人は「省略形」のつもりなのでしょう。(メディア系業界人のつもりなのだろうか?

 ですが。突っ込みとして

 手書きでは無い、プリンタ印刷で「省略」ってどうよ?

 →省略する必要が無いだろ。

   もしくは省略している「お願いします」が言いたくない。(お願いしたくない、のでは?)

 つまり、2重に失礼な奴だと思われます。

 まぁそこまで思慮あるかどうかは顔を合わせる明日にわかるんですが。(w

 ここで思い出したんですが、年末に集まったパーティーでの事。

 年賀メールで済まそうとしていた師匠※注:が「横書きだと英語が良いかな。でも『A Happy New Year』って、意味的に何か変だよね?」と言い出しました。

 確かに本来の「I wish you a happy new year.」は「良いお年をお迎えください」という年末の挨拶です。

 ただし、「I wish you a merry Christmas.」を「Merry Christmas!」(クリスマスおめでとう!)と言うのと同じに、「Happy New Year!」(新年、おめでとう!)と言うのは大丈夫。

※でも。頭に冠詞の「A」は付けない!よくつけているのを見かけますが...他(Valentines Day、Halloween、Birthday、Easter、Thanksgiving等)も同様です。

※注:学生時代、原宿(だったかな?)のTシャツ屋で売っていた「勇ましい絵柄に『worrier』」というプリントのシャツについて、店員にイチャモンつけてたっけ。

 おそらく「warrior」(戦士)と書きたかったんだとは思うんだけど、ねぇ。 「悩む人」だもん。これ着て歩いている日本人、あぁ恥ずかしい。(--;

 

 留学時代に(日本に何度も行って、日本語が話せる)教授から聞かされたお話。

「日本人は、英語を間違えると恥ずかしがるが、日本語を間違っても恥とは思わないらしい。それは何故なのだろうか?」

 

 当時「たぶん、日本人は日本語が嫌いなんですよ」と、いい加減に答えましたが。

 何だか最近、間違っていない気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

Happ? New Year

MEDIO:

 袋田の滝から退院している非論理氏の家に向かい、知人・友人達と年越しをしました。

 いっつも思うんですが、NHKって受信料とる公共放送なのに何で娯楽番組なんて放送するんですか?見たくもない知らない歌手とかに多額の出演料払ってて。他の放送局では使わない「芸No!人」でも出てくるのって、不思議。

 芸能人って暴力団と付き合うと問題になるけど、NHKとも同類な気がしてくるのは気のせいなんでしょうか? (w

 とりあえず秋元靖は金儲けがうまい、と再認識。(震災直後も、支援とか言ってメンバー一人も参加しないグッズ販売会...絶対損はしない...をしていたしなぁ。(--;)

 なんて事を話しながら、土手鍋をつついていた訳です。牡蠣ウマウマ。(w

 

 解散となった2時過ぎ、実家に戻る途中に護国神社へ。

Dsc01868
 毎年ここに来ています。

 学生時代は某師匠が「巫女~!」とか言って、元日に神社廻り(常陸国一ノ宮・鹿島神宮~酒列磯前神社~常磐神社~茨城護国神社~常陸国三ノ宮・吉田神社~笠間稲荷~常陸国二ノ宮・静神社~大甕神社~泉が森神社...とか。)をした「悪しき記憶」がありますが。巫女さんをナンパするのはは止めようよ。(--;;

 ただ、いつもは4時過ぎ(一度0時頃来たら並ぶ羽目にあったので)に来てたから的屋は無かったんですよ。今日は3軒。コロッケバーガーの車の「たこ焼き」屋と、そば屋と、子供のおもちゃ屋。

 

 

 Dsc01883

 境内も空いています。手水場は...冷たい。うん。

 お参りはゆっくりと。願い事は「自分で達成するぞ!」という気合で念を込めます。

※神様には「その事を宣言する」訳ですね。単なるお願いなんて、だれも叶えてくれませんから。:-P

 帰り、駐車場でポツンと。

Dsc01891


 多分、今年も沢山走り回る事が確実なボクスター。今年もよろしくね、と。

 と、後になりましたが。

 皆さん、あけましておめでとうございます。今年一年、(以前に増して)よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月17日 (土)

真っ赤な○○のトナカイ...?

MEDIO:

 

 土曜なのに...遊んでいられない。というのも車が無いから。(w

 放置されたボクスターの話をしなくちゃ、なので、ひたちなかの車を預けてある所(ポルシェセンターの近くですが、何か?:-P)へ向かいつつ。

 

 ふと止まった交差点角。コンビニの駐車場に何か気になる存在が。

 

 

Dsc00514

 そういう季節なので具現化するのは珍しく無いとは思うんですが...真っ赤な車体の自転車がトナカイ代わりなのか、とか。郵便屋さんも大変だなぁ。(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

Time-out

MEDIO write:

 

 しまった...レンブラントも見に行きたかったのに。

 東京富士美術館の「ポーランドの至宝」展も今日まで、でした...

 

 ショパンが活躍した時代のプレイエル・グランド・ピアノ(1845年)の展示もあったらしい...

 

※ショパンの「ピアノ協奏曲第1番ホ短調Op.11」...(のだめが、デビューコンサートで演奏した曲ですね)...は、当事のプレイエル社を引き継いだドイツ人ピアニスト・カルクブレンナーに送られた曲で、ショパンはプレイエル社のピアノを愛用していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

新次元

MEDIO write:

 

 まずは昨晩の記事の補足、というか。

 対中国問題や「砂糖玉」偽薬問題も、問題を複雑化している部分は似ています。問題を作り出したのは上層の「悪いことを考えている一握りの人間」で、解決を妨げているのはそれに誘導されている下層の「確信犯」な「多勢の人間」という構図です。

 上層の人間をなんとかするのは結構簡単ですが、下層の人間は説得も排除も出来ないと思った方が良いです。だって、自分が間違っていると思ってない(=これが「確信犯」の正しい意味です。自分は間違っていないと「確信」して「悪いことをする」。)人が沢山いるんですから。

 自らの行為の善悪に疑問を持たない兵隊は、無敵に近いです。

 

 自国内の構造上の不満を仮想敵国に向けさせる教育を施す国々(すぐ近くに2、3国程ありますね...)、偽科学を信奉させ自らの金儲けの手先とする(存在しない)「医学協会」を名乗る企業。やり方を見ると、「頭が良い」とも言えるのかもしれませんが。

私は社会主義・共産主義を否定しません。が、その運営が公正に行われることが実質として無い点が問題なのだと思っています。

 

 政治的な動向については、そのうち世界的な判断(当事国以外からの圧力)が下されるでしょうが、彼の国の国民運動は恐らく日本が滅ばない限り続くでしょう。腐った指導部が無くならない限り。

 

 

 

 

 さて、気分を変えて。

 今日が最終日だったので、水戸芸術館に行ってきました。

Art1

「新次元~マンガ表現の現在」

Art2

 以下の作者9名の作品について、世界観を表現した方法による原稿展示がありました。

1.松本大洋 「ナンバーファイブの世界」

→??不明

2.若木民喜 「神のみぞ知るセカイの世界」

→「学校の教室」の再現と、「黒板」に書かれた「作品の世界観やキーワードの説明」

3.五十嵐大介 「怪獣の子供の世界」

→「海の渦」を模したオブジェと展示

4.安野モヨコ 「シュガシュガルーンの世界」

→作品でも出てくる「装飾枠線」の様なパーティション、オブジェ

5.ハロルド作石 「BECKの世界」

→ライブハウスをイメージした展示。ドラムセットやミラーボール

6.二ノ宮知子 「のだめカンタービレの世界」

→巴里編の「サロンと、置かれたピアノ」を模した展示。原画は額装された絵画風の展示。

7.浅野いにお 「ソラニンの世界」

→黒壁に白抜文字の「モノローグ」。(それだけ?

8.今日マチ子 「センネン画報の世界」

→布(カーテン)で仕切られた部屋と、真っ白な壁に「淡々とした作品」の淡々とした展示。イメージぴったりでした

9.くらもちふさこ 「駅から5分の世界」

→漫画のコマをすべてばらばらに切り出し、凹凸のある部屋の壁に順を追って並べた展示。展示案を出した人はどう思ったのか知らないが、漫画はこうすると「読みづらい」とわかった。(w

 

 Art3 

 ガイドブック自体が漫画(\400。別売です)で構成されているとか、いろいろ工夫しているのはわかるんですが...「新次元~マンガ表現の現在」と題する程では無かったな、というのが素直な感想です。(ここの部分は個々の感性の違いでしょうけど

 今回展示されている作品群は近年有名になった作品ばかりで...そしてそれが「マンガ的な表現」に対しての評価では無い部分(事前調査に基づく詳細・正確な描写とか)もあり...「だから、何?」って感が。

 「シュガシュガ~」とか「神のみぞ~」とか「センネン画報」とか、確かに変革をもたらした作品もあるのですが、それを展示しきれていない気がしました。素人意見ですが、所詮。:-P

 

 と。考えていたら、展示室で知り合いに遭遇。拉致されて伴に軽食。

 いろいろ話をして、結局閉館近くまで居座ってしまいました。もちろん日が沈んで真っ暗。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月31日 (日)

多数決

MEDIO write:

~18:50 追記

 たまにふと考える真面目(?)な話。きっと面白くありません。

 

 民主主義の象徴とか言われる「多数決」。国会議員という肩書きの政治屋さんたちのTV中継なんてを見てると、毎度この「多数決」をいい加減に運用しているのが感じられる。

 

 本体「多数決」は曖昧な意思を統一するだけに使われるべき・ものである。ある意見に賛成する者と、どうでも良いと考えている者の全体の意思決定に使われているのなら問題は無い。

 だが件の政治屋さん達は「反対意見を封じる」目的で「多数決」を使っている。現在のネジレ国会の状況では単なる「足の引っ張り合い」である。

 

 言葉を持ち、高度な意思疎通が可能な人間であるのに、話し合い・説得をせず、数が多いというだけで反対意見を抹殺する「多数決」の使い方は、弱肉強食...「獣」の行動と違いは無い

 

※念のため。多数決を否定しているのでは無く、使い方を間違っていると言っているだけである。

 

 そんな中。こんな話も。

 「北海道に旅行に行こう」と足並みをそろえて、同時期に休暇を取ったのに、最終目的地を「札幌」にするか「函館」にするか話し合いがまとまらず、旅行自体をキャンセルした...のような話である。こんな馬鹿げた事をしている連中に税金で高給を払っているのかと思うと悲しいやら、情けないやら。

 

 政治屋の世襲の問題が最近出ているけれど、上記のような親(政治屋)の子供も、そんな親を良しとする、どうしようもない人間の様な気がする。(失礼)

 親を反面教師にして育った政治屋の子供は、多分政治に悲観して、政治屋にはならないだろうから。ネ(^^;

 

...と、政治屋ばかりを叩いてみても仕方が無くて、それを選出する我々投票権を持つものの意識はというと。

 

 先日書いた「18禁の閾値」に、リンクを頂いたblogへのコメントに、

 「戦後の性表現の大幅な拡大によって、性犯罪は減った。だから児童ポルノ法は悪法」という様なものがあった。

...(--;

 これって「昨日、雨が降った」、「今日、巨人が勝った」という2つの事実だけを見て、「雨が降ると、翌日、巨人は勝つ」と言っているのと同じ論理である。

(もちろん相手チーム(例えば...阪神)に神経痛持ちが多くて、低気圧の通過直後は100%の力を出せないとかいう話が、裏にあるのかもしれない...が、そういった仮定・証明を全くしていない。)

 この件の本当の解は、「情報の高度な流通」と「警察の検挙率の向上」により...「モラルの向上(やってはいけない事の理解)」と「犯罪を犯した場合の、事後の処遇」が、「性犯罪を犯そうと考える者」へ広まったからだろう。

 

 政治屋の馬鹿げた行動は、それを選ぶ人間(私達、投票者)にも原因があったのですね。(w

 

 

※18:50 追記

 丁度「Dairy YOMIURI online」に、興味を引かれる記事(英語だよ...)があった。お題は「national interest~国益」。

 

 その記事中に、日本では「完璧な結果を求めて失敗すると褒められる」のに、「80%で妥協して結果を出すと批判される」という一節がある。そして、「失敗の結果、60%の結果すら残せ無いことも多い」、と。まさしく、現在の国政(いや、政治・自治全般に言えることだが...)だろう。

 

 また、「メディアが極端な意見を、さらに強調して掲載する傾向がある」という意見だが、これにも同意見。

 読み手の興味を惹ければ良いとの「儲け主義」による「メディアの中立性の崩壊」。

 そして、正しい情報が民衆に伝わらなければ、多数決など取っても意味は無い。そこには民主主義など無いのと同じである。

 さらに最近のNetPublic...「ネット世論」についての言及。ここには感情的な意見だけが横行し、情報の正確さ・中立性などを望む事は出来ない。自分と異なる意見を感情的に扱下ろし、主義主張だけを並べ立てる匿名掲示板等に、正しい情報などほとんど存在しない。

※中立なメディアが存在しない中国が、ネット世論の暴走を度々起こしている事でも、その危険性はわかる。

(中国の、理由の無いJapan bashingに怒りを感じているのに、匿名掲示板で同じ事を他人に対してしている連中は何を考えているんだろうか?) 

 

 竹島や北方領土、自衛隊派遣等々の意見に対してはすぐには賛同出来ない部分もあるが(そういう内容こそ、国民全員で承諾出来る内容の話し合いやら説得が無くてはならないだろうと思う)、この記事には大筋で自分の思っていることがあった。

 

| | コメント (7)

2009年5月10日 (日)

表現の自由

MEDIO write:

 今回も技術ネタではなく、前回の続き。面白くない内容です、多分。

 

 前回、「犯罪の助長」と「表現の自由」は別個として考えるべきとし、「表現の自由」についてあまり深くは書かなかったけれど、本当はこっちにも深い根があったりする。

 

 とりあえず、例を挙げてみる。お題は「映画」

 エロな「ポルノ映画」と、恋愛表現の延長上に性的表現のある「名画」、これらを同じ「表現の自由」で一緒に考える事は出来るのだろうか?

 

 行政府やらのお上の言い分は、おそらく「性器表現がどうこう」といった、一緒くたな法基準を示すだろう。それしか、現在のメディアの歯止めになるものが無いからである。(一応、現在はある程度の文化的配慮はあるのだけど、法規制の表記はそのままである)

 

 本来ならば、映画の業界団体なんかが先に「文化的な作品の表現だから許される」とか判定をすれば良いのだろうが、「他人の子供を叱ったら訴えられる」様な現代日本にそんな「大人の判断」が下せる人間や団体は存在しない。だから、誰もが「怒られなきゃ、何やってもかまわない」と思っている。

(最近も、「男優が出演しない「イメージビデオ」には倫理規制が入らないという仕組み?を利用して、猥褻DVDを製造・販売していた会社」が検挙されたのを、皆さんは覚えているだろうか)

 

 そういった「自浄作用」が無いなら、お上は「一律の規制」をするしか手立ては無い。業界団体なんてものがもともと存在しない「同人界」を規制する(出来る)のは、事実上それを作る「作家」だけだったのに、彼らは何もしていない。単に「反対!」と叫ぶだけ。児童ポルノ法改正は、本当はその背景にこんな問題を抱えている訳だ。

 

 本来、社会を良くする為の「法」が、逆に「書いてない事は許される」と解釈されている。この考えが改まらない限り、こんな問題は今後いくらでも出てくるだろう。社会を良くする為にはかなりの人の労力・努力が要るけれど、社会を悪くするのは少数の人間でも可能なのは、「道端のタバコの吸殻が決して0にならない」ことでも判る事だ。蛇足。

  

 さて、ここから本題に戻る。(長い前置き

 じゃぁ、何が文化的な表現で、何がダメなのかという話。「表現の自由」の限界点、について。

 

 率直・極端に言えば、「表現の自由」についても「犯罪になるかどうか」、という仕切りが存在する。

 じゃぁ簡単に犯罪だと判別出来るのは何か。それは「被害者が存在・もしくは発生する恐れがある」かどうかという点である。

(最近、公園で裸になった芸能人が捕まった例がある通り...彼については被害者が存在しなかった訳だが、公共の場所で=不特定多数の人が通る可能性があり、被害者が発生する可能性がある場所、という解釈での逮捕となった)

 

 「パンツじゃない」と言い張りながら、下着を露出するアニメやら、「性行為だけ」を描くマンガなんかに対して、「腐女子」や「露出狂」ではない一般女性や、子供を持つ親達にとっては「嫌悪の対象」である。そんな迷惑を感じている人がいる=被害者がいる、と判断するべき。

 

※HPでも、嫌悪感を感じる人は退出、とかいうのをよく見るけど これも極端な例を挙げると、「嫌な人は見るな」とツイタテを置いて、不特定多数の人が通る道に「切り落とした生首」を置くのと変わりが無い。

 インターネットはそういった特殊性癖(?)のある人たちだけのモノでは無いのに、ね。

 

 電車の中で「週間少年ナントカ」を読んでいるサラリーマン全てが、そんなパンツ・アニメを許容している訳では無い。なのに、そういったものを作って・書いている人たちの間には、ネット社会の中でそういった「hentai」コミュニティが出来上がってしまって...自分以外にも似た人間がいるのに安心して、「自分達は社会的・一般的に認知されている」と誤認しているのだろうな。「赤信号、みんなで渡れば~」理論そのもの。

 

 ちなみに。そんな人たちの聖地アキバででも、ヨドバシなんかの「電気街」に来たカップルなんかは、走り去る「痛車」を見て、「何、あれ?」と嫌悪感を露にしている。私は少なくともそういった人たちを今までに3組、見かけているし。

 

 ここで、やっぱり問題になるのは「『自分さえ良ければ』理論」に行き着く。自分の興味本位で、他人の目線で考える事をせず、迷惑を感じている人の事なんて気にしない、という現代っ子気質+ヲタクの強力な化学反応の結果。

 

 じゃぁ被害者が出なければ、何をやっても良いのかと言い出す人がいるだろうから、こちらも追記する。

 日本のアニメ・マンガを世界的作品として発展させる為には、最低限「文化的」である必要がある。文化とは人間ならではの思考活動から生まれるものであり、その根本が「性欲」や「金銭欲」から発生した「商品」ではその資格すら無い。

 

 少なくとも、一般の人たちの「一過性の興味」ではなく「理解」の対象となる作品を作り続けなければ、アキバ系文化はいつか全滅すると思う。

| | コメント (0)

2009年2月14日 (土)

アキバ、バレンタイン・ディ・イブ

MEDIO write:

 「アキバの金曜は、行列の日」と、非論理師匠に教えられた事がある。

 何でも、「お店の限定特典を目当てに、金曜に発売が集中している『美少女ゲーム』を買い漁る大人の方々(笑」が並んでいるそうで。

 それなのかは判らないけど、今朝の9時前、ドンキの前までずっと人が並んでいた。日本人は行列が好きだなぁ。(w

Retu

 残念ながら、先頭は見えないので、どこにお目当てがあるのかは知りませんが。

 

 という事で(?)今朝は「アキバ系」を集中して。まずは。

Suzu

 お決まりの「複製原画」商法でしょうか。会場限定、とか言って客を集め、綺麗なお姉さんが複製原画をウン十万円で売るとかいう。

 ちょっと歩くと。

Refre

 もはや、全く「メイドさん」の必要性を感じないのですが。(--; その対面には、

Miko

 「神社以外」で、「巫女さん」で、「初穂料」はまずいだろ、とか思いつつ、「閉店」の文字も。

※喫茶店なら、最低「店員の接客」というサービス上「メイドさん」もありかと許せるんですが、巫女さんとなると、「やっぱり単にイメクラじゃね?」としか。

 中央通をはさんだ向かいのビルも。

Pina

 まるで「電気外(害?)」ですね。(笑

 

 そんな中。モスバーガーの店頭は。

Mos

 いや、都内に単独で長期出張してる私だって。

(と思ったら、出張先の綺麗なお姉さん方からチョコレートを頂くことに。包みを開けたら請求書入ってたなんてのはイヤだなぁ)

 

 そんな話を仕事場でしたところ(アキバ系の話ね)、メイド(コスプレ)喫茶に接待してくれるということに。就業時間後に行った先は。

Mia

 「mia*cafe」というところ。

 接待してくれた人(ポイントカード持ちの常連)曰く、「アキバ内でも特にお勧め」だったんですが...(私が「一見さん」と思われたのかは知りませんが...それなら「客を選ぶこと」すら最低なんですけど。)

1.店員は、店員同士で奥の方で雑談してて、3回呼んでも注文を取りにすら来ない。

2.来たと思ったら、その後は常連さんらしき客とずっとヲタ話(マンガ?アニメ?の話)してる。

 ということで、やっぱり「ただ、自分がコスプレしたいという店員がいるだけの、サービス・料理は最低(求めてはいけない)の喫茶店」という自己認識が強化された次第。

 

 口直しに、モツ焼き屋で夕食を取り(こちらのお兄さんの方が、ずっと気が付く。料理もうまいし)、帰途中に。ある女性から、「マンション前で待っている」と電話が。

 

 

 

 

 

...師匠のところ(御茶ノ水の某病院)に、ずっと来ているヨメさんでした。

 明日はたぶん会えないからと、雨の中傘もささずに、義理チョコを持ってきてくれたという話。いい人だなぁ。(涙

 

Choco

 とりあえず、請求書に怯えながら、開けてみます...

| | コメント (0)

2008年11月28日 (金)

M1

MEDIO write:

 都内で9時からと、16時から作業と打合せがあった。早朝、ノートPCやらVPNルータやら積み込んで出発。なんとか時間に間に合って、午前中の作業が終わったのが11時。5時間ヒマだ、どうしよう....

 電車で上野まで移動して、都美術館へ。

フェルメール展

 学生時代、人数あわせの為と、非論理師匠に絵画部に押し込まれていた折、件の師匠から紹介されてハマッた画家「フェルメール」。

 絵画を見る目が無い人でも、その描写....油彩で描かれる、物の質感とか....の凄さが判る画家。

 海外に旅行した先で所蔵があれば必ず足を運んでいたのだが、さすがに「個人蔵」までは見ることが出来ない。今回の日本公開では未見の作品が2点あったので、機会があればと思っていた。

Ver

 ....雨が降っているのに、美術館ロビーは人で埋まっていた。先日TVで放映された番組の影響なのか....50分待ち。 (--;

 館内に入ってしまえば「絵の前」は空いていた。みなさん、絵よりも解説を読む時間の方が長いみたいで(笑

 

 その後、恒例の秋葉原に寄って部品を購入(後述)。16時からの打合せを終え、帰宅....するはずだったのだが、水戸市内のホテルで会合。今日はイスに座ったのは車の運転をしていた時くらいだった。

 

 

 帰宅後、充電ドライバをフル活用して、KORGの名機「M1」を分解します。

M1

 このM1、先日某リサイクルショップにて、KORGの社員が泣きそうな値段で投売りされていたもの。まぁ「音が出ないJunk」品だったのですが。

 出た直後、師匠が新品で購入した(氏は、御茶ノ水で買って、電車で持ち帰ったという逸話が (^^; )と聞き、寮の部屋に押しかけていじり倒したシンセです。いつか中古でも買おうと思っていたので、是が非でも直さねば。

 

 内蔵バッテリが死んで、Preloadが飛んでいるのだと予想して、購入日にCR2032を交換したのですが、音色データを設定してもヘッドホンから音が出ない....

M2

※Factory Preloadデータは、KORG-U.K.から合法的にダウンロード出来ます。SMF形式。

 

 ....Headphone端子でなくLine-Out端子からの出力を見ると、正常に音が出ていました。(^^; ヘッドホンアンプの出力からは、両チャネルとも-12Vが出てました。(笑

 ということで、基板の裏側からアンプ回路を予測(ヘッドホンアンプ部分まで分解する=M1を全て分解する、ことなので、横着しただけです)。SIP-8PinのICで、汎用のOP-Amp(4558とか)と同じ端子配置の様子。

 データシートを漁り、駆動電流が多めのOP-Ampをいくつかチョイス。JRCのNJM4580とかNJM4560とか、ですね。

 で、今日の秋葉原巡りの最中に探してきました。NJM4560のSIP-8Pin。本当は4580の方が特性が良いのですが、SIPがどこにも無かったという。

 

 部品が手に入ったので、分解を進めます。

M3

 鍵盤まで外さないと、ヘッドホンアンプが載った基板は外せません。というか、この状態で筐体についているのは電源だけ。

M4

 ヘッドホンアンプ部分です。中央のSIPのICが、諸悪の根源。外して交換します。

M5

 付いていたのは三菱のM5216Lでした。データシートを見ると....NJM4560(L)とほぼ同じ特性。予想していた通りで。

 さて、ここまで分解するのには、60本以上のビスを外さなければいけません(充電ドライバを使わないと大変です)。分解ついでに、掃除と、安っぽい赤LED(一つ上の写真にある8個)を余っていた青LEDに交換してしまいました。

 

 半田付けが終わったら、元通りにビス止め・組み立てます。完成。

M6

 LEDが青く光るだけで、今時のシンセっぽく。(笑 無事、ヘッドホンからも音が出るようになりました。KORGらしい、かっちりとした音が良いですね。

 LCD表示部も、よくあるキャラクタ型LCDと同じ作りなのでバックライトの交換も可能です。そのうちこちらも交換してみましょう。

| | コメント (0)