« F30のリアトレイにスピーカー増設 | トップページ | F30のトランクにSoft Closeをretrofit »

2021年8月12日 (木)

F30にHARMAN KARDON SA688 TOP HIFI Logic7 AMPLIFIER RETROFIT その2

リアトレイにもスピーカーが付き、そろそろ配線のまとめでも、と。

Img_3263

Top HiFiアンプの場合、強制空冷ファンが必須になっています。

純正だと40℃程度で動くコントローラ?が付いている様ですが、そこまで精密にやるのも、と。

50℃のサーモスタットと、FETのスイッチ回路でファンを駆動します。(offは35℃くらい…最近の天気ではフルに回りっぱなし)

 

その上には純正地デジチューナー。TVなんて見るつもりは無いんだけど、あるものなのでとりあえずつけておきます。💦Img_3264

ほんと、排熱大丈夫なの?という感じですが。

 

この車両、HarmanKardonアンプですが、HeadUnitのコーディングでBowers&Wilkins設定になっています。

いろいろ覗いてて、ほかにも面白い項目を見つけました。

 

M Driveという…その名前の通りの💦

enableにするとHeadUnitにメニューが増えます。

Img_3259

Img_3260

Img_3261

ただし、該当車両でなければ他のコンピュータに無茶な信号を送り付けてエラー返されるので、車両にはフォルトコードが

増えるだけです。ご注意を。

(これやってて、フォルトコードが140以上積まれてたのは秘密💦

 

 

あともう一点。

今回の一連の作業ではHeadUnitを新しいものに載せ替えたわけですが、その時に行うVOコーディングではFAの生産月も新しく

(今回はHeadUnitが搭載されていた車両の)する必要があります。

そうなると、新旧で異なるコンピュータなども生じるわけでして。特に、車両型式違いのretrofitだと。

新しい方のHeadUnitはF30…3シリーズのではなく、M2のものなのです。

今回の場合リアビューカメラのコントローラ(TRSVC)がエラーになり、バックしようとすると「カメラの反応が…」。

 

調べてみると、ドナーのM2のリアカメラはiCamモジュールで制御されていた様子。

再度HeadUnitのコーディングで、リアカメラの制御モジュールの種類を指定する項目を見つけました。

予想通り「iCam」になっていたので「TRSVC」に変更、問題なく表示されるようになりました。

 

| |

« F30のリアトレイにスピーカー増設 | トップページ | F30のトランクにSoft Closeをretrofit »

趣味」カテゴリの記事

オーディオ話」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« F30のリアトレイにスピーカー増設 | トップページ | F30のトランクにSoft Closeをretrofit »