« 茨城県域の輸入車ディーラーの件(一部 | トップページ | BMW 320d F30LCIの純正オーディオretrofit(通線と、一部スピーカー配線 »

2021年7月 2日 (金)

Orage Pi 4G-IoTにandroid8.1を導入してみる

最近ジャンクオーディオと車のことばかりだったので、たまにはちょっと技術的な話も、と。

 

机の片隅に積まれたままだったOrange Pi 4G-IoT。Android6.1?がプリインストールされていました。

もちろん、多少の妙な中華アプリもセットなのはご愛敬で。

弄ってみたものの、アプリを一から作るのも面倒。

とはいえGooglePlayは無いし、apkを直にインストールしても開発者サービスは落ちまくる。

改善出来るかわからないけれど、とりあえず8.1を導入してみました。

Img_3044

 

※いろいろ罠があったので、メモ

Orage Pi 4G-IoTはMediaTek製プロセッサ搭載、microSDでのOS起動ではなく内蔵されたNANDメモリで起動します。

Androidスマフォと同じです。(というか、載ってるプロセッサ自体が、そう

 

環境:ホストPC Windows10(x64 ~(MicroUSBケーブル) ~ Orange Pi

 

まず必要なソフトウェアをダウンロードします。

MediaTek用の「Smart Phone Flash Tool」

 

※そして、Windows10では不要、と記載されている同メーカー用のドライバー「 Driver Auto Installer」

まず、デバイスマネージャを開き、電源プラグ無しでUSBケーブルを接続します。

5秒ほど、デバイスマネージャに「MTK…」というデバイスが出ますので、すかさずダブルクリックし、ドライバの更新。

「Driver Auto Installer」を展開した中、「SmartPhoneDriver¥x64」を指定、MediaTek VCOM Driver」をインストールします。

これやらないと、FlashToolがOrange Piを認識しません。

 

 

ドライバ導入が済んだら、一旦ケーブルを抜きます。

 

Flash Toolの使い方はマニュアルにもありますが(落とし穴もあり)、起動して「Download」タブを選択、「Scatter-Loading File」で

インストールしたいOSイメージのパーティション情報などを選択します。

Flash-tool

Jumper J5は挿入したまま、「Download」ボタンを押した後にケーブルを接続します。

※マニュアルには、ケーブルを挿し、側面の赤LEDが点灯したらDownloadを押すと書いてありますが…

ブート時のVCOMドライバーが有効なのが、1~5秒程度なので

 

 

ということで、無事にAndroid8.1になりました。

Img_3045

apkインストールしたんですが、開発者サービスは落ちないものの、今度はGooglePlay自体が起動しない。💦

 

 

 

 

| |

« 茨城県域の輸入車ディーラーの件(一部 | トップページ | BMW 320d F30LCIの純正オーディオretrofit(通線と、一部スピーカー配線 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 茨城県域の輸入車ディーラーの件(一部 | トップページ | BMW 320d F30LCIの純正オーディオretrofit(通線と、一部スピーカー配線 »