« BMW 320d F30LCIの純正オーディオretrofit(サブウーファー交換…力技 | トップページ | MINIのHiFiオーディオretrofit(リア・ツィーター追加 »

2021年7月25日 (日)

F30に Harman Kardon SA688 Top Hifi L7 Logic7 Amplifier retrofit

暑くなってきてダラダラ続けてきたMy F30の改良、今後は更に暑くなるのはわかっているので、オリンピック連休で一気に

進めました。

 

先に補足。

ドアへのスピーカー配線、車両との結合部のコネクタは

Img_3153

こんな感じで外せます。最上部の半月型の窪み?にマイナスドライバーなどを挿しこみ、一気に持ち上げる。

外れたあとは、残ったコネクタの受け(車両)側の上部にラッチがあるので、それを押し込むと車内側も外せます。

 

さて、いろいろ迷走していたアンプは、というと。

Img_3154

Harman Kardon SA688 Top Hifi L7 Logic7 Amplifier 

アナログ伝送ではなく、MOST…光ファイバー伝送。そのうえ内蔵DSPでサラウンドも。ラベルにドルビーマークが記載されています。

冷却ファン必須なので、家に転がっていた92mmのPCファンを50℃のサーモスタット経由で搭載。

固定プレートが届いていないので、トランク底面に養生テープで仮固定ですが。💦

 

さてここまで時間がかかった理由の一つ、電源の8SQの圧着工具は

Img_3141

Img_3142

強力な武器(意味は多様でw)です。重いし固いし。

 

車両に搭載後、ISTA+で車両機器の接続を見ると「AMP_TOPHB」が追加されました。

E-SYSでSA688(TOP HiFi)を追加してコーディング。

その後、アンプを車両に合わせてフラッシュします。(MOSTデバイスですが、僕の車両のHUはVIN純正なので

E-NETケーブル~HU経由でそのまま可能で、ICOMは不要)

Img_3151

いきなり車両警告ラッシュ💦

MOSTデバイスのフラッシュはKOMBIなどにも影響する様で。

HU(CID)もフラッシュのステータスが出てきます。5分程度で終了。

 

そして再起動後は…

Img_3152

Logic7の表示とイコライザなどが追加されました。

 

ディーラーに発注してあるアンプ搭載用プレートは2か月経っても届きません。

まぁこれが交換になる様な事故だったら、ほぼ皆さん乗換えでしょう。だから国内には在庫は無い。

並行して本国発注したものも2か月待ちとのことなので、まだしばらく仮置きが続くでしょう…

 

次はリアトレイにスピーカーを追加しないと。

| |

« BMW 320d F30LCIの純正オーディオretrofit(サブウーファー交換…力技 | トップページ | MINIのHiFiオーディオretrofit(リア・ツィーター追加 »

趣味」カテゴリの記事

オーディオ話」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« BMW 320d F30LCIの純正オーディオretrofit(サブウーファー交換…力技 | トップページ | MINIのHiFiオーディオretrofit(リア・ツィーター追加 »