« BMW(MINI)のオーディオ考察 | トップページ | 茨城県域の輸入車ディーラーの件(一部 »

2021年6月26日 (土)

BMW系車両のHBA…ハイビームアシスタントの謎(コラムスイッチ改造編

海外の一部では有効になっているHBA(ハイビームアシスタント)。最近は日本でも標準化しましょうという動き。

自分のF30…320dの方は「コーディングだけじゃ有効にならない」ということで、HBAスイッチが必要。

早々にリトアニアからコラムスイッチを入手しHBAを有効にしてあります。

嫁車のF55…MINI SDも、と思って探しているのですが、海外でも装備車両がなかなかなく、コラムスイッチが見つかりません。

とはいえ新品で買えば恐ろしく高額。

 

そこで、先日電装追加のためのヒューズやらコネクタが装着された💦ヒューズボックスを買ったついでに、標準のコラムスイッチを

入手しました。解体屋でボックス2つ(320d用とMINI用)にコラムスイッチで3000円。w

 

既に分解してありますが…レバー先端のスイッチからの配線が3本。本当ならスイッチ1個しかないので2本で済むはず、と。

Img_2995

事前考察。設計したドイツ人の合理性を考えると、HBAスイッチの有り無しのために複数の回路を製造するのだろうか、と。

予想通り、HBAスイッチが付くコラムレバーの先端には、2つのスイッチが存在していました。

Img_2996

標準では押しボタン?が一体化していますが、接点は二つ。接触するゴム接点(バネ兼用)は無いですけれど。

ボタンを二つにして、接点を追加すればHBAスイッチが追加出来る様に作られているのでした。

卓上サーキュラーソウで半分におろします。

Img_2997

バリなどはスイッチ操作に悪影響、プラスチック可のパーツクリーナーで洗浄して、組み立てなおせば完了です。

 

で、足りないゴム接点はどうしようか?と。反対側のレバーにもオートワイパーのスイッチがあるので分解。

Img_2998

残念ながら、こちらは極小タクトスイッチが付いていました。

周辺に複雑なワイパー制御の接点があるので、サイズ的に無理だったんでしょうね。

とはいえ、高価なHBAスイッチ付のコラムスイッチを買わなくてもHBAが有効に出来ることが判明。

 

こんな情報を公開すると、またそこらの業者が真似するんだろうけどなぁ…。

 

| |

« BMW(MINI)のオーディオ考察 | トップページ | 茨城県域の輸入車ディーラーの件(一部 »

趣味」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« BMW(MINI)のオーディオ考察 | トップページ | 茨城県域の輸入車ディーラーの件(一部 »