« COMBO384と、DIYINHKのアイソレータ基板のこと | トップページ | 2016年式BMW 320dの改造計画 »

2021年4月 3日 (土)

F55 MINIのオーディオ周り(ドアスピーカー編

嫁車とはいえ、普段使いはこちらがメインになるので…近場のドライブなどは取り回しも良いMINIばかり使っています。

となると、やはりいろいろ手を入れたくなる。(病気

 

コーディングなどは初回半年点検前に済ませてあり、内外装のドレスアップ(可愛い系💦)も。

嫁鍵や内装はミッキーマウスみたいになっていますが。

 

簡単なところから、とスピーカー交換を実施しました。体力が要らないドア周りから。

Img_2838

なんとBMW 320dより口径が大きい4.5インチ。以前間違って買ったBang & Olufsenがあったので、

(贅沢かもしれませんが)装着。

もちろんサービスホールをある程度塞ぎ、防振材や吸音材も貼り付けます。

Img_2839 

紙コーンの見た目から安い純正から、いきなり高級感が。💦

 

1週間ほど鳴らしてみましたが、落ち着いた低音と伸びる高音が心地よく。

320dの方もPIONEERの安物から交換したくなってしまい。w

 

このMINI、HIFIオーディオアンプは装着されておらず、なぜかASDだけ載っていました。エンジン音を

エミュレートしてオーディオから鳴らすという。ディーゼルエンジンなので、速攻コーディングで無効に

してしまいましたが…そうするとリアサイドまでスピーカー配線が延びているはず。

アンプをretrofitするのは簡単そうです。ウーファーとフロントセンタースピーカーの配線だけ引けばよい。

 

BMWの1、2シリーズと同じ型番のアンプの様なので、ぼちぼちヤフオクで検索してみます。

 

| |

« COMBO384と、DIYINHKのアイソレータ基板のこと | トップページ | 2016年式BMW 320dの改造計画 »

趣味」カテゴリの記事

オーディオ話」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« COMBO384と、DIYINHKのアイソレータ基板のこと | トップページ | 2016年式BMW 320dの改造計画 »