« 夏休みの暇つぶし…SONYのバブリーコンポのアンプTA-V9900 | トップページ | 光学固定系CDプレイヤー CDP-XE900の修理と改造 »

2020年9月16日 (水)

魔改造…ONKYO K-522THMの件 その2

コロナ禍でイレギュラーな事務処理ばかり増大して…フィールドでの仕事が途絶えると鬱になります。

風が吹いていない場所では息が詰まる感が。前世は遊牧民だったんじゃないか?と思うほど。

 

そんな事務仕事の合間や終わった後に、ちまちまとジャンク弄りを。

先日ヘッド回りにシールド板を取り付けたONKYOの3ヘッド「カセット」デッキK-522THM。

電源系とオーディオ信号ライン(とはいえ、ほぼ機能ICでの構成なので、1か所)の電解コンをMUSE系に交換。

トランス~整流直後は、サイズと手持ちの関係でパナ製ケミコンに、ルビコンのフィルムを並列にしました。

 

あと気になっていたのが…3ヘッドデッキということで、録音中のモニターをソース・テープ切り替えが出来るのですが、それがCMOSの4066。

いわゆるアナログスイッチです。

これは通常の再生時も音声信号が通過します。

K-522THMの電源電圧は+7~-7V、これだとon抵抗は70Ωくらい。伝達歪が0.03%。

まぁカセットテープなら…なんでしょうけれど、向上出来るなら手を入れてみたくなる性分。

 

いつぞやセレクターでも作ろうとアナログデバイセスのADG1636を買ってあったので、これに入れ替えてみます。

通常は正負電源で使うのでしょうが、片電源でも動くのでちょうどよい。

Img_1238

DIP14ピンにそのまま挿せる様に。2階層になっていて、中段では切り替え信号のロジック反転も入れてあります。

前回書いた、位置検知スイッチの交換品。

Img_1060 

取り付け穴は合っていないので、銅板を加工して固定しています。

Img_1061

Img_1242

 

さて、音の方は…

まぁ今回の改造?だと劇的には変わりません。測定器持ってきてクロストークとか歪率を測れば違うのかもしれませんけれど。

といっても、ノイズは少なくてメイン機として常用しても良いかな?というレベルになりました。

(現在はAKAIのGX-R70EXが鎮座しています)

オーディオ用のカセットテープが売ってないんですけどね。💦

 

Img_1241

 

あとは、割れが見つかった横型可変抵抗の交換しないと。22kΩは在庫無いから注文しないと。

|

« 夏休みの暇つぶし…SONYのバブリーコンポのアンプTA-V9900 | トップページ | 光学固定系CDプレイヤー CDP-XE900の修理と改造 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏休みの暇つぶし…SONYのバブリーコンポのアンプTA-V9900 | トップページ | 光学固定系CDプレイヤー CDP-XE900の修理と改造 »