« 目標と違う結果〜Pioneer DV-535 | トップページ | 暇つぶし第2弾〜YAMAHA K-1x »

2019年1月 1日 (火)

年末年始の暇つぶしのはずが…SONY DVP-S7000

リサイクルショップで買い込んであったDVP-S7000。
年末年始特価で半額、と書かれていまして、500円。まぁ縦にして置かれていて、転売屋も手を出さない「電源入らず」でしたけど、暇つぶしには「ハードルが高い方が」と。w
SONYのDVD初期の製品で、カレントパルスDACなどCDP専用機並みに音質が良い、という評判らしく。
修理出来ないほどの故障なら、またDAC化すれば、という考えです。

まずは電源も入れずに分解。

87359d561ebb432cbb1c1f4593f7eb02

…いきなり原因判明。操作パネルとのFPCが外されていました。
ということは、誰かが弄ったもの。悪い予感しかしません。
まだ電源を入れずに、ケーブルが外されていたパネル周りを重点的に、全体を点検していくと、パネルを上下させるモーターへのFPCが逆挿しされていたり(その上、雑な抜き差しで痛んでいた)、いくつかパスコンが容量抜けしていたり。
一通りチェックして接続を戻し、操作すると電源は入る様になりました。
そしてCD再生も正常。

0add5aca5a4a49ccafacf9df784b7d86

しかし、DVDはメディアを認識するものの、再生開始した途端再起動の様に。
メディアも無い様な振る舞いなので、状態を覚えていないならマイコン系でしょう。


Aff1f69bfc4d4f309cc01d9557c4474a

制御にはH8とSHが載っていて、プログラムはソケット実装のROM…よほど切羽詰まった開発なのが推し量れますね。😓
そして、この表面実装型ソケットは接触不良になりやすく。
バネ接点を全部0.5mmほど持ち上げ、ROM側共々接触部分を洗浄します。(そこらの素人ブログの様に紙やすりとかで磨くと、メッキが剥がれるので後々酷いことになります)
そして再度DVDを再生すると。


De664aaef7da4dca959bb3a14783ad2c

修理完了してしまいました。
あとは内外をクリーニングして筐体を戻します。

1時間程度で終わってしまい、暇つぶしになりませんでした。

ちなみに、マイコン2個の間にあるスイッチを変えるとリージョンとマクロがフリーになるという素敵な機種らしいです。
傷だらけですが、CD再生でも繊細な音(軽いですが)なので、外装を手直ししてリビングで使おうか悩んでいます

|

« 目標と違う結果〜Pioneer DV-535 | トップページ | 暇つぶし第2弾〜YAMAHA K-1x »

オーディオ話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/437678/74868793

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始の暇つぶしのはずが…SONY DVP-S7000:

« 目標と違う結果〜Pioneer DV-535 | トップページ | 暇つぶし第2弾〜YAMAHA K-1x »