« 本末転倒気味なのは、毎度〜DENON DCD-735の修理と改造 | トップページ | 久々なBMW 320dのコーディング »

2019年1月27日 (日)

続き〜DENON DCD-735の改造

解析の結果、デジタルフィルタやアナログ部の回路が上位機種DCD-1515やDCD-1550と同等と判明したDCD-735ですが。

抵抗やコンデンサの値はわかりません。
特に、SM5845AFから出力されている、余分な2bitの扱いなど…特殊ですので。
まぁロジック電圧は5Vですし、PCM61Pの電流出力の仕様(出力インピーダンスや出力電流…といっても±10%らしいけど)から逆算して、回路の値を埋めていきます。

85b5060d61f74b63ac279800c38af82d

値を隠したのは、以前改造した記事が盗用されたことがあったため。
それに、人のマネしても面白くないでしょ、と。推理小説の犯人を教えちゃダメです。w

手持ちの抵抗、コンデンサでは足りないものもありましたが、近い値で追加していきます。

最初は右チャネルだけ改造して。


E6b385e5c1c74e01810d284fe317402e

アクティブフィルタのコンデンサは手持ちの都合でWIMA。オペアンプはLME49720です。
これでCDを再生してみると…右側の音が、数ランク上がった感じです。
ウィーンフィルのチャイコフスキーを聴くと、楽器の音の「ツブツブ感」が無くなり、後ろで鳴っているトライアングルや鈴の音、管楽器のブレスの音までわかります。

ということで、左側も改造。


795cbed0996343a8979093d2c932a39c

結構空きパターンが多かったパスコンなども追加しました。
というか、PCM61Pのメーカー推奨のコンデンサが抜かれているとか、廉価モデルと言ってもDENON酷すぎです。
ケミコンは、元に合わせてELNAのSILMIC系(デジタルフィルタ部だけOS-CON)を使いました。

昨晩から連続リピート再生をしていますが、コンデンサのエージングも進み、音も落ち着いてきました。
ALPHA Processingの音が疲れるという方も多い様ですが、入力電流が少なく(もちろん入力段はFET型)GB積が大きいオペアンプを使ってIV変換やアクティブフィルタを構成すると違う意見になるんじゃ?と思っています。

そして、何よりこの機種はピックアップがKSS-213。
壊れても安価に交換出来ますしね。

|

« 本末転倒気味なのは、毎度〜DENON DCD-735の修理と改造 | トップページ | 久々なBMW 320dのコーディング »

オーディオ話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続き〜DENON DCD-735の改造:

« 本末転倒気味なのは、毎度〜DENON DCD-735の修理と改造 | トップページ | 久々なBMW 320dのコーディング »