« SONY CDP-X33ESの修理 | トップページ | CDP-X33ESの修理と改良 »

2018年10月 1日 (月)

嵐の夜に

前回は、オーディオ教なコンデンサ交換厨をディスったばかりですが。

CDP-X33ESのコンデンサ(DUOREXⅡ)の液漏れ修理ついでに、見た目問題無さそうなものも交換しました。ニチコン製をメインでチョイス。

アナログ系はMUSE KZ。電源の上流はAudio用ハイグレードランクのKA、チップ直近には超低ESRランクを。

CDP-X33ESは回路図付きのサービスマニュアルがネットに出ているので、回路屋にはいろいろ検討出来ますから…便利。

D8d2bb4c414e46e3b9a10baa275ffe20

ちゃんとオシロ使って、トラッキングも調整…RF出力があまり上がらないので、そろそろピックアップが寿命の様です。この機種のピックアップは、もちろん製造終了していて入手できても高値なんですよね…

まぁ今のところ問題なく再生するので、台風の風で外はうるさい中カルメンを大音量で聴いています。

しばらくは、エージングしないとギスギスした感じがしますけれど。

|

« SONY CDP-X33ESの修理 | トップページ | CDP-X33ESの修理と改良 »

オーディオ話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/437678/74306300

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐の夜に:

« SONY CDP-X33ESの修理 | トップページ | CDP-X33ESの修理と改良 »