« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月27日 (木)

SONY CDP-X33ESの修理

発売当初に購入し、そのまま家のオーディオラックに鎮座しているSONY CDP-X33ES。
当時はマルチビットDAC流行りの時期で、1ビット系は珍しかったと記憶しています。
ビットの粗密でアナログ信号を再生するというのは、エンジニア的になるほど、と思ったのも購入動機だった様な。

ともあれ、その後はアンプもついてるONKYO CR-185などの方が(操作が)面倒でなく、なかなか使われずに放置されていたのですが。恐らく、最後に通電したのは震災前。😓

先日ONKYOのCR-S1を入手して修理したのに合わせ、音でも聴き比べてみようかと電源を入れCDを再生したところ…音圧が大きくなる瞬間にノイズが。
コンデンサの容量抜けなど、電力不足が原因の時の症状です。

で、ラックから引き出して(重量級なので、大仕事)、分解してみたら。

Cafb5f685130445d8738f9dc655753fe

オーディオ系に使われているELNA DUOREX Ⅱの大半(220μF以下)は全て液漏れしていました…
放置してあった以上、通電時間での寿命では無く、時間経過で壊れた様で。これはダメでしょ。😠

自宅には、CR-185以前アンプ自作にハマってた頃の遺産…BlackGateとかMUSEとかのオーディオ用コンデンサが在庫していますので、どれか品種決めて交換したいと思います。
とりあえずは、基板腐食が進まない様抜き取りだけは行い、あとは時間があれば。


あ、電子回路素人さんがコンデンサ交換して「音を改悪する」記事があちこちで見られますけれど😓、よく「5V系に6.3V耐圧のコンデンサ使いやがって」なんて、勘違いの文句を書かれています。
この文句自体が「電子回路素人の証明」なのですが…

回路を見てみると、耐圧が低いコンデンサが使われているのはデジタル系の回路です。
上のCDP-X33ESの写真でいうと、手前側。基板左手が操作系のコントローラ、その奥が信号処理とDAC。
左手がサーボ系。そして、そのあたりの電源ラインは、ICすぐそばに6.3V耐圧の330μFが。

何故耐圧が低いのかは、電解コンデンサの構造と選定理由を理解していれば明らかです。
耐圧は電極箔の絶縁層の厚みと密接に関係しており、耐圧が高い=厚みがあります。
同じ容量でも厚みがあると、コンデンサ自体の等価直列抵抗も高くなります。(コンデンサ交換厨が好きなマザボ用コンデンサで低ESRのESRというのは、これ)

デジタル系回路は扱う信号の周波数も高いわけですから、本来電力が必要な時にコンデンサ自体のせいで電流が流れない、というのは本末転倒。
低ESR品などを使わず、耐圧が低い=同じ容量でもESRが低いものをわざと指定して使っているのです。

耐圧がギリギリなことが許せなくて高いものに交換したいなら、オーディオ用ではなく低ESR品に交換、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

熊が入ってたCR-S1

先日購入して修理したジャンクのONKYO A-905FX。(コントローラ基板のセラロックと電源ラインのケミコンの容量抜けが原因)
音は気に入ったのですが、単体のアンプですから音源は別…

過去、CR-185シリーズを多数買って、いろいろ改造しまくって音が変わるのを楽しんでいたので、まとまっていると良いなぁと思い立ち。
(若い頃は、バラバラのシステムコンポが好きだった記憶が

また直せば、その過程も楽しめるとばかり、ヤフオクでCR-S1を落札しました。
CD再生不可、スピーカーセット品です。

到着後、本体を確認すると…開封した痕跡が。背面のネジも、一本足りず。

まぁ前の持ち主が直せなかったとしても、僕が直せばいい話。早速分解を始めました。

ドライブが取り出せたところで、隙間からカラフルな色が見え。
「ONKYOも、こんな色の成形品作るんだなぁ…」と感心していたら、何やら絵の様な…熊?

95860fc7aadc4b34838593c99ef4d193

スロットイン型なので、子供がスリットにちょうど入るオモチャ?を入れてしまったのでしょう。
合計5枚も。

0e9f307afa284e20a816cf8b197fb2de


そういえば、Win.95の頃だったか、FDDが読めないという修理を依頼されて訪問したお宅で、ドライブの中からセーラームーンの切り抜きが出てきたことがあったっけ。😅


以前分解された時に接点を剥がしてしまったフィルムケーブルも見つけたので、手直しして。
正常に再生できる様になりました。

808a9dc90af647b38e6c184d88e1f114

電子工作やら解析を期待していましたけど、なんだかパズルを解いた感じで終わりました。
音はA-905FXより薄っぺらい感じ…あぁまた改造の虫が。😓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

ONKYO C-705の修理

先日ONKYO A-905FXのジャンク。購入、修理しましたが…

音源として、何かないかと思っていたら、CDプレイヤーのC-705があった事を思い出しました。

もともとセットのアンプに繋ぎ、リモコンで操作していたので放置してあったのですが…実はスイッチが壊れています。

イジェクト押してもリピートスイッチみたいな動きをしたり。再生押しても一時停止になったり。

リモコンでは動作が正常なので、スイッチ自体の故障でしょう。

ただし、使用されているタクティカルスイッチは、よく見かける4ピンタイプではなく、2ピンのもの。
でも、調達優先で出元不明なものを使っても再発するだろうし…

悩みつつ秋葉原をふらついていたら、アルプスの2ピンタイプを見つけたので、30個買っておきました。

そして、やっと時間が取れたのでパネルの9個全部を交換。
ついでに、汎用品ばかりだったアナログ回路の出力部ケミコンを、オーディオ用に変えてみます。

A4acb46597004b8792a5a1c8d18f7f44

元どおりに組み直して、A-905FXに繋いで…正常に動作するようになりました。
音は、エージング済むまでギスギスした音ですね。
あと、フィルター周りのセラコンを交換したり、整流しただけの不安定電源がオペアンプに供給されているのを変えたり…
弄れば、間違いなく音が良くなるはず。
(元の構成では、光接続でD/Aはアンプでしたが、A-905FXにはSPDIFが無い)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

TA02のキャスター

バギーをルーツとするTA02シャーシ(TA01もそうですが)。
キャスター角、スキッド角が、かなり大きいです。
これは、大きな障害物を乗り越える時、アームが斜め後方に逃げやすくするため。
角度が小さいと、タイヤに真正面からかかった力が、アームの基部に(動かない方向に)集中することになります。

でも、オンロードのツーリングカーであれば基本的に障害物は無く、サスペンションのジオメトリ変化が少ない(サスペンションが沈み込んだ時に、アップライトが後方に動くなどが無い)方が扱いやすいはず。
まぁそれはTA02以降のシャーシ見れば、メーカの意向が明らかで、スキッド角はほぼ0度、キャスター角はCハブで起こす様になっています。

じゃぁTA02は…フロントギアボックスの下側に付く、アーム取り付け部自体にスキッド角12度がついていて、普通の方法じゃ変えられません。

実は以前、アルミのブロックからCNCで削り出したものを自作したのですが、なかなか作れるものでも無く(知り合いの工場でお願いしたけれど、社長が世代交代したので…)良い方法は無いかと考えていました。

簡単に出来るのは…元のパーツを改造すること。
シャフトが通る部分を切り落とし、スキッド角0度で接着してみました。
接着と言っても、UV硬化樹脂で固めているので、そう簡単には壊れません、きっと。

5f832ec7bb7e42eaa48bad0a5bbd2534

これで、キャスター角も0度になってしまうので、アームを定番TA04SS用を流用、4度のキャスター角のついたCハブやアップライトも他シャーシの流用で組んでみます。

2a7ac1506469452da22e2370867599a5

ホイルベースがTA02SWよりちょっとだけ長くなりますが、黒ポルシェのボディが乗りそうです。


11f100f83cd2452c8ff84c315322e4c3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

TA02のステアリングアーム

前回のトルクスプリッタと同様、サードパーティのステアリングアームも廃盤ですし、流通在庫も無く。

TA04用が流用出来る(ウチの1台は、組み込み済み)のですが、それも無く。

何か良いものが無いか、と思案したところ。
アルミニウム製のサーボアームが使えそうだな、と。
5mm径のポストはそのまま使うことにして850ベアリングをどうにか組み込むには?

サーボアームの上下に内径8mmのパイプを固定して、ペアリングをはめ込みました。


5e515fcb317a49cd89c647fc98989e83

スルスルと動くし剛性も高いものが出来ました。

サーボとの組み付けは、ハイトルクサーボセイバーから2つのボールリンクで。
この構造だとステアリングを切った外側の方の舵角が大きくなるため、コーナーでの安定に繋がるのでは、と。

まぁ、走らせる場所と時間が無いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »