« いろいろ | トップページ | 磐梯吾妻スカイラインの再開通前夜 »

2013年4月 6日 (土)

ショートシフター(クイックシフト)の再交換

MEDIO:

 明日から出かける予定(再記)なので、懸念だったシフトノブのぐらつきを直そうと雨が降る中(車庫の中ですが)ショートシフターの交換を始めました。

 今回交換する予定なのはこちら。Resized_dsc00079


 ...って外箱だけですね。(^^;

 アメリカの車部品屋から購入したAFP製のショートシフターです。

 今まで使っていたのはB&M製(ネットではパチモノが多いみたいですが)。横方向のアソビというかブレが大きくなっていたので、先日のシフトケーブル破断修理の折に点検し交換した方が良いと判断、注文したあったのでした。

 配送は追加料金でexpressを頼んだのですが、結局到着は注文から10日後。

 さらに国内に入った段階でFedexから電話があり、「インボイスに全く名前が書いて無いのですが」...(--;

※この電話の時点で到着予定は週明けと言われたのですが、週末必要なんだけどとお願いしたら「今から通関がんばります」と頑張ってくれました。ありがとうございました。>Fedexのお姉さん。

 引き継いだ西武さんも、朝の積み込み前から都度電話を入れてくれ、無事受け取りました。

 さて、分解と交換。Resized_dsc00083

 慣れたものです。が。Resized_dsc00084


 この段階で右手親指から出血。

 こちらの製品、アルミのCNC削り出しと謳っているのですが、削り出しただけでバリだらけ。組込前に角のやすりがけが必須!な製品です。そんなのを素手で触っていたので、ざっくり切ってしまいました。

 

 トラブルもありましたが。

 1時間ちょっとで交換終了。予想通りアソビが減りました。

 消耗していたのは、横方向の軸を受けるナイロン製のブッシング(前後で2個)で、これが交換出来ればまだまだ使用出来ると思います。

 今回のAFP製のブッシングは、B&Mと違う「ダークグレー」で...普通のプラスチック?という感じ。グリス類も附属せず、値段が高いわりにちょっと心配です。

※注意:

 ショートシフターという事で、シフトケーブルの接続を調整して「手元」に近づけていたのですが...ショートシフターの原理通りで軸の下部側が長くなっており、正規位置に取付しないと他の部分に干渉します。

...というかしていました。今回の取り外しで、ノブの下に削れたプラスチックがいっぱい。(--;

| |

« いろいろ | トップページ | 磐梯吾妻スカイラインの再開通前夜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショートシフター(クイックシフト)の再交換:

« いろいろ | トップページ | 磐梯吾妻スカイラインの再開通前夜 »