« クラリオン製HDDナビの解析~その1 | トップページ | クラリオン製HDDナビの解析~その3 »

2012年5月19日 (土)

クラリオン製HDDナビの解析~その2

MEDIO:

 今日はクラリオン製MAX670の解析です。

 ナビで見られるバージョンは「ROAD EXPLORER HDD 5.0 2007年度版」

Max6701

 パスワードは昨日と同じ8文字でしたが、ASCII文字以外のバイナリ値が入っていますので解除や再設定に気をつける必要があります。

 パーティションは7個。

・第1パーティション:9.5GByte ラベル名「QHD-533-100」

 地図データ、音声データ等。OEM先別のバージョン情報も

・第2:1.56GByte

  アイコン等々

・第3:1GByte弱

 CDDB

・第4:15GByte

 取り込んだ音楽データ

・第5:300MByte

 ナビアプリ本体、OEM先メーカー別のオープニング等

・第6:600MByte

 車両データ、登録画面・画像等のユーザーデータ

・第7:63MByte

 何かLog?かファイルバージョン情報?が1ファイルだけ

 第5パーティションには

Max6702


Max6703
 アプリとしてはローダーと本体が別?の様子。ローダーはファームやアップデートなども含んでいる様子。

 

 となると。(ここからは更にアンダーな世界。(^^;Dsc00857


 使用済みパンtバージョンアップ用DVDです。次はこれをアレして、「無償バージョンアップ」が出来るのか実験予定。

(本当はNX809用の「QHV-200-510」があれば、自分ので実験出来るんですが...誰かアップデートした「使用済みパンt(しつこい)バージョンアップ用DVD」、貸してくれませんか?(w

 乞うご期待! (--;

 

| |

« クラリオン製HDDナビの解析~その1 | トップページ | クラリオン製HDDナビの解析~その3 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラリオン製HDDナビの解析~その2:

« クラリオン製HDDナビの解析~その1 | トップページ | クラリオン製HDDナビの解析~その3 »