« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

ボクスターのクラッチ・スイッチ

MEDIO:

 

 昨年末、寒くなってきてからボクスターのエンジン始動に困る事が度々起こりました。

 具体的にはキーを回してもセルが回らない、ディスプレイには「クラッチを踏んでください」と表示されます。

 実はシフトケーブルが切れる前、リアトランクの故障前後から出てた症状で、この件もポルシェセンターに相談してあったのですが...毎度のことで「工場が空いたら連絡します」のまま4ヶ月ほど放置状態でした、と。(--;

 

 最近寒さが厳しくなり、本格的にエンジンがかからない事態が多発していまして、あてにならないポルシェセンター(フロントだけか?)からの連絡を待たず、自分で調べ始めました。

 原理というか理屈としては、「クラッチが踏まれたことを感知しているスイッチが壊れているだけ」なので。

 

 ドライバー・シートの足元へもぐりこみ、クラッチペダルに連動しているスイッチの端子にテスタ・プローブをあて、スイッチを動かして...も、導通があったり無かったり。スイッチ不良決定。(--;

 とりあえず外してみます。

Dsc00592 
 

 

 

 自作系の人間にとっては、よく見かける形状のスイッチです。この状態でバネ部を動かしても導通が無い状態が頻発。これほど酷いスイッチは見かけません。チャタリングなんてレベルではないという。(w

 スイッチ自体は防水加工された密封品らしく分解法がわからず、でもこのままだと永遠にエンジンがかけられないので。

Dsc00595


 平端子を両端に圧着したショートケーブルを作成。これをスイッチの代わりに押し込みます。

 これにてクラッチ踏まなくてもエンジンがかかる様になりました。(危険

 ポルシェの事だから、この状態で車速が入ると「クラッチスイッチ不良」とか表示が出るかと思いきや、今の所何のメッセージも出ていません(3日)。

 実は「嘘スタータースイッチ」を買って、この端子間に接続しようと思っていたのでした。

 

 押してキーを回すとエンジンスタート、みたいな。残念。 (^^;

 

 さて、純正部品を買って、正常な状態に戻すか、このまま楽チンで放置するか。(笑

| | コメント (5) | トラックバック (0)

APC製UPSの修理とか

MEDIO:

 

 今朝の出勤はこちらから。

Dsc00597


 いや~空が青いですね。(^^; 自衛隊機の爆音が凄いですけど。

 

 前に来た時は駐車場の半分が未舗装だったのに、いつの間にか全部舗装されていました。まだ立ち入り禁止のバリケードが残っていましたが。

 

 

 さて、PC系マニアな方の部屋には当たり前の存在であるUPS。そしてそのバッテリー交換の際に、フロントパネルに足を引っ掛け、フラットケーブルをぶち切ってしまうのもよくある話ですよね、ね。(--;

 とりあえず落ち着いて...

 適当に分解して、もともと付いていたフラットケーブルの端を外し、日圧のPHのL型を半田付けします。

Dsc00583
 

 あとはちまちまとケーブル(8芯)の両端に端子を圧着。地味な作業です。

Dsc00585
 

 そして。

Dsc00589
 無事に復活しました。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

風評被害

MEDIO:

 

 すでに耳にタコが出来た感もある風評問題。

 でも、既知外はいまだにいる訳ですよ、常識が分からない、理解しようとしない本当の意味のバカな人が。

「青森の雪「被曝が不安」 那覇、避難者の電話で催し中止」

 ニュースになった前の時点で、雪の放射線は測定済みで全く問題なかったそうです。

 さて、なぜ風評問題が最近はこんなに多いのでしょうか?いい加減に考えた結果は2つ。

1.投書などの意見提示が気軽に出来る様になった。(=数が多くなった)

 これは以前blogで書いた事だけど、情報の電子化による情報価値の軽減化が理由になっています。

 投書等の敷居が低くなった(投書の方法、匿名化のよる気軽さ等)から、「何も考えていない連中がいい加減な発言をする」事を可能にしている訳です。

 そしてさらなる問題は、そういった「数が多いだけで無意味・無価値な意見を、正当な判断もせず受け入れている側がいる」という事。

2.道徳心やモラルの欠如

 これもblogで再三書いてきた事だけど、最近の見られる「悪いことだけど、誰にも怒られない・言われないから大丈夫」という考え。もしくは「法律で罰則が無いことは、何でもやってよい」という風潮です。

 自己中な考え...「沖縄まで(自分勝手に)避難してきたのに」という(既知外な)ニンゲンが「(放射能は検知されてないのに)危険なものを持ち込まないで」などと言っています。

(そんなに放射能が嫌なら、核兵器が飛んでこない...人間のいない場所へ行けばいいのにね。

 まず、2.の事を考えると、最近の事情について法規制すべきではないかという気もしてきます。

 間違いなく「虚言の流布により他の人・団体等の財産や権利を侵害している」からです。場合によっては名誉毀損になる事もあるでしょう。

 法規制が無いから正しい事がなされない、というなら、法規制するしか無いと思いますよ。最近のニンゲンって、規制されないなら、何やっても良いと思っているし。

(児ポ法も同じです。正しくないニンゲンがいるから、法規制すべきという話になるわけですから)

 1.については、取り入れる・参考にする投書・発言については、発言者に責任を持ってもらうべきです。

 「危険だから反対」というなら、名前を明らかにし、その証拠も提出する。もちろんその発言が正当なら名前が出たって問題無いはずでしょう。

 そしてその投書・発言を受ける側も、その内容が正当かどうか客観的に判断すべきです。そして間違いであれば「不当な要求である」と、毅然とした態度で却下するべき。

(それをしないから、余計に風評が悪くなる訳ですって)

 そして、よく間違えられていると思う「風評被害の被害者と加害者」。

 この「不当な要求を受けいれる側」は被害者ではありません。(今回の場合「那覇市」の事です) 

 被害者は「イメージを壊された青森県」であり「善意を無駄にされた自衛隊」であり「遊べなかった沖縄の児童」です。

 

 そして。

 「何の根拠も無く青森の雪を危険視した不特定多数」はもちろん、その「無根拠な意見を飲んでイベントを中止した那覇市」もまた、風評被害の加害者なんですよ。

(スーパーマーケット辺りでインタビューに「東北の農産物は買いません」と具体的な根拠無く言い切る首都圏の奥様方も、また「加害者」であると。

 自分達は被害者だ、みたいな顔をしている行政とかの担当は、少しは自分の職務と責任というものを考えてみて欲しいですね、本当に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

政治屋の金集めって(暴)と一緒

MEDIO:

 

 また馬鹿なことを言い始めた政治屋たち...いい加減自分達の本当にやらなきゃいけない事に気が付かないものか...

 

 今度は「休眠している銀行口座の金を集めて、政治に利用しよう」とか言いはじめました。

 他国では既に法制化され活用しているからと、まるで「クラスのみんな持っているんだからボクにも買ってよ」と親に携帯ゲーム機をねだる餓鬼のごとく。

 

 

 他国と日本の違うところをちゃんと考えましょうよ、ねぇ。

 無駄使いをせず、将来を見据えた国政を進める外国と、パチンコ・競馬等々ギャンブルや無駄使いを全く止めないで借金まみれの(駄目人間そのものの)日本を同じ目線で見てはいけません。他国に失礼です。

 ホント、日本の政治屋は「無駄使い」と、「そのための金の工面だけ」に勤勉なんだから。

 消費税だって、「上げない前提」、「国民にそういう意見もあると提示するだけ」って去年の夏に言ってただけだったのに、既に上げる前提で話が進んでいます。

(この辺り、みな覚えているんだろうか?)

 どうしても足りないなら仕方がないんですが、「今後も変わらず無駄使いをやめないまま」なら、もちろん今後も際限なく増税が続くだけです。

 少子高齢化の原因だって、国民側ではなくて、生活しづらい日本の生活環境=政治が原因なのが明白なのに。

 まぁポピュリズム煽った大阪の誰かさんみたいに、「国民の為」と言って「国民の未来の為」を無視している(理解していない?)政治屋も問題ですけどね。

(意見を含め好き嫌いがありますが、石原都知事はまだ先を見ている政治家だと思う)

 政治屋は自分の金とか利益の為に政治の真似事をしているのが問題。これは前々から言っていることなんだけど。奴らは「給料が良いから」という理由で政治屋という職業を選んでいるし。

 「公共の福祉」、という言葉が日本の社会から見えなくなった気がするのは私の気のせいでしょうか?まぁ憲法改正とか騒いでいるくらいですからねぇ...(違

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

木工...安価なスピーカー製作

MEDIO:

 

 ここで幾度と無く書いてきた宗教話「オーディオ」。(w

 真の音と、良く聞こえる音の違いは人間にしかわかりません。計測器は「正しい、真の音との違い」しか計ることが出来ず、そして一部の信者はその計測値を全く信用しないからです。(^^;

 測定器の表示した「歪」が大きくても「真空管アンプの音が良い」と言いはる人がいます。度々言っていますが、それは「良い音」ではなく、その人の「好きな音」なのだと。

 

 これを逆手に取った有名企業があります。

 心理音響学までも駆使した開発・設計を行うMITのBOSE博士と、彼の率いるBOSE社です。

 高価な・特性の良い部品ばかり集めれば良い装置が作れる、という間違いを自ら経験し自ら良い装置の探求を行った方ですね。技術者の端くれとして、大変尊敬する人物です。

 私自身も同社の製品をいくつか所有していました(現在は201AVNだけ所有)が、小径の紙コーンスピーカで、よくこんな音が出るものだなぁと驚いていました。

 話は変わって、学生時代に研究室で木工をしている同級生がいました。

 電気科なのに...彼が作っていたのは、故長岡鉄男氏設計のスピーカーボックスでした。(卒論は、自ら設計したアンプと、そのスピーカーについて書いていた気がします。その後彼はDENONに就職した記憶があります)

 最近ヘッドフォンアンプを作ってから、その当時の記憶がよみがえり...以前より暖めていた構想でボックスを設計・製作してみました。

 もちろんBOSE博士の逸話をなぞり、高い・良い部品は全く使いませんよ、よ。(w

 さて材料です。

・広葉樹合板※ 450mm×300mm×12mm @\240  4枚 [ジョイフルホンダ古河店]

・赤松角材 40mm×24mm×1800mm @\570 2本 [ジョイフルホンダ古河店]

・ 〃    40mm×24mm×900mm @\300 1本 [ジョイフルホンダ古河店]

・スピーカーユニット F01908H0 @\300 2個  [秋月電子] ←重要!  (^^;

他、雑材料(木工用ボンド、コースレッド等の木ネジ、ダイソーのキルト芯、フェルト

 計、\3,000くらい。(w

 角材を設計図通りに丸ノコで切断し、合板にボンドで貼り付け、木ネジで固定していきます。こんな感じに。作成は片側1時間もかかりません。

Dsc00558
 ユニット自体が効率良い製品では無いので、直接駆動するスピーカ室は80mm角(256cm3)と狭く、そこから2mmの隙間を通って背圧が抜けて行きます。

 通路は、曲がり毎に広さ・大きさを変えてあり、「トンネルを通った様な音」成分を消しています。狭い部分は特に「ダイソーの貼れる布・フェルト」を貼って、定在波を極力消します。

 スピーカーボックスの空間方向の厚みは角材の通り40mmです。不等長のポートを持つバスレフというかバックロードホーンというか...

 そして、4本のポートの出入り口に吸音材を詰めることで背圧の帯域中のバランスを取ります。

 最初はぎすぎすしてバランス悪かったんですが、5時間ほどエージングして。

Dsc00559 

 大きさはA3用紙とほぼ同じ大きさです。
 決してドライブ能力が高いとは言えない、ONKYOの「CR-185」(一部に有名な、ディスクリート構成のアンプ搭載の旧型CDミニコン)で、写真の通り壁に立てかけカーペットに床置きのまま鳴らしていますが...はっきり言うと、片側\1,500とは思えない音。(^^;

 会社でオーディオ好きの同僚等に聴いてもらっても、値段からは信じられない音だと好評でした。
(自分では考えて設計した通りではあるんですが...まぁ正直言うとびっくりしてます)

 ユニットの効率が悪いので、最近はやりのデジタルアンプで鳴らしてみたいです。

 以前作ったのは人に譲ってしまったんだよな...

 

 まだ吸音材の量と位置が決まっていない(音域内のバランス調整足らず)し、背板は木ネジでの仮固定(ポートが密閉されていない)なので、ちゃんと完成したら再度「箱のエージング」をして、もう一度評価してみます。

 

 あと、今度、ほぼ同口径のFOSTEX FF85WKを借りられるので、ユニットを換えても試してみます。特性表みても結構低音が出そう。

※バッフル面に「広葉樹合板」を使ったのは、ある程度「疎で柔らかい」方が「スピーカユニット自体の反動で積極的に音を出す事が出来るかも」と考えたから。これは、師匠の「黄色帽子」バイトでの経験則より。

 これは小径ユニットには大当たりの設計則かも。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

馬鹿光

MEDIO:

 以前作った、前後トランクのLEDライトが、チカチカ点滅する素子があるようなので外して見たんですが...

Dsc00554
 LED素子を固定してあった「ホットボンド」が融けて、鉛直方向下側に垂れて固まっています...これは作り直しですね。

 

 次に、フロアライトですが...T10ひとつでは暗いので。

Dsc00555 

 1個30lmのセミパワーFLUXを11灯...330lmで。(w

 シフトノブ周辺を照らすスポットLEDも日亜の5mm球に交換しました。

 プロクソンのミニサーキュラーソウを買ってから、こういった基板の切り出しが簡単で...

 

 点けてみた。

Dsc00557


 爆光ならず、馬鹿光ですね、これじゃ。

 PWM調光回路でも組まなきゃだめです。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

ヘッドフォンアンプ製作2

MEDIO:

 体調不良の鬱憤晴らし、にならないという「集中度」...知恵の輪(プログラムを2Kに収める)にはまって、結局3時間ほど。(w

 というわけで、思うところは全て詰め込みました。

 無駄なところとしては...電源ON-OFF時に音量を段階的に変えたりバックライトの調光をしたり。Power-Switchは短押しでMute、長押しでPowerOffになります。

 ロータリーエンコーダも回転角は、タイマ0で加速度を見ていて増減量が変わります。

Dsc00550


 電子ボリューム部分は仮基板に仮配線だったんですが、面倒なのでこのままGo!(w

 ケースの2/3近くが電源関係...

Dsc00553


 くり抜いたアルミパネルに、はめ込んだスモーク・アクリル。暗い部分に赤外線リモコンの受光部があります。

 電源スイッチは、LCD表示部で抜いたアルミ板を切って、タクトスイッチの上に貼り付けて、パネルと一体感のある仕上げで。

 で、音ですが。

 バブル期のオーディオ機器ではないですが、物量で押し切っただけあるなぁという音。足りない音が分からないというか...某社の高級CDプレーヤを繋いだら、ある筈の無い音が聞こえたり。(^^;

 安定化電源部分が、本来考えていた回路と違う(3端子レギュレータ)なので、次回は手抜き無しで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

ヘッドフォンアンプ製作

MEDIO:

 

 ちょっと前に書いた気がしますが、体調を崩しています。今年になって会社も休みがちだし...でも仕事は待ってくれません、えぇ。

 やはり去年の元気な頃から作り始めた据え置き型ヘッドフォンアンプも、一気に作り上げる元気が無く、ちまちまと。

 大体ハード部分が終わったので、電源系や電子ボリュームをコントロールするTiny2313のプログラムをつめています。

 以前ゲームプログラマ「も」やってた師匠から、「秋月のチャタリングだらけのチープ・ロータリー・エンコーダ」をほぼエラー無く・高速で読み取るアルゴリズムを教えてもらい、プログラム化してボリュームのコントローラとして組込。これ、軸をモーターで回しても取りこぼし無しって...すごいなぁ。(^^;

 情報表示用「8文字2行のLCD」のバックライトをPWM調光したり、アナログ系の電源電圧監視をしたり、ハードオフ仕入れの赤外線リモコン対応したりと、Tiny2313の空きピンはresetだけ(ISP書き込みの為には、空ける必要があるので)。相変わらずプログラム領域は2kいっぱいトライで。(w

 現在ここまで実装して1926Byte。まだ何か入るね。(w

※Tiny4313の在庫もあるし、無駄な行為だと言うプロの方もいるでしょうが...私にとっては「知恵の輪」と一緒なんですよね、これが。

 今回はボリュームの保存をEEPROM上に分散書き込みするアルゴリズムも実装したので、ボリューム値の書き換えは、最悪でも320万回以上に...なるはず。個人利用だったら十分かな。

 そんな中。急に腕時計が欲しくなり...2月になり、プレゼントセールが始まって広告メールが来たので...もらえるあても無いしね。(w

 デザインだけで斜め見していた中、デンマーク産SKAGEN社のフルチタン製「806XLTXM」に気が引かれて...国内には並行屋にも(まともな値段の)在庫無し。あちこち探すのは面倒なので、いつも通り個人輸入してしまいました。

Dsc00548

 印象は「でかい」「軽い」で、「安い」。(w

 今までのTECHNOS製「T9091TB」は小さいけど重い(タングステン製だしね)ので、違和感が。

 特に大きいから左腕につけるとダイヤル(竜頭)が手首を外に曲げたとき肌に食い込みます。何気に痛い。

 まぁ何か作業をしないなら右腕につけてれば問題ないし、デザインも良くて既にお気に入りです。ちなみに、送料込みで\15,000程度でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »