« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

曲がり屋

MEDIO:

 

 ひたちなか市での仕事が早々に終わり、本来なら帰宅の為に那珂IC方面に向かう道すがら、前々から気になっていた、とある場所へ寄り道しました。

 駐車場がわからなかったので、近隣(遊歩道が繋がっている)の公園の駐車場へ。

 テクテクあるくと。

Dsc00475

 池には鴨がいっぱい。

Dsc00478

 手に届くところまで近づく事は出来ませんが、本当に目の前で。エサを持っていると寄ってくるんじゃないか?と。

 他にも。(常駐組

Dsc00481

 目指しているのは。

Dsc00480

Dsc00482 

 那珂市市役所前にある市指定文化財の「曲がり屋」です。

 合併前、旧瓜連町戸崎地区にあった民家を移築・復元した建物です。1862年に建てられた、らしいです。

Dsc00484

Dsc00485  囲炉裏があって、

Dsc00487  土間も。

Dsc00490

 暑い寒いはありそうですが、本気で住んでみたい建物です。

 常駐して説明をして下さる方がいらっしゃるので、興味のある方は一度足を運んでみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

Fool On The Planet

MEDIO:

 ここ数年、掲示板等々を見ていると頻繁に出てくる言葉です。

「無理」「無駄」「不可能」「出来っこない」

 これが、実際その経験をした方が言った言葉ならまだ重みがあります。間違い無い研究結果であればなおさら。

 でも、大抵は「何の経験もせず、その発言に何の責任も負う気が無い」ニンゲンが発しているという点が問題です。

 まぁ傍からみれば、知識も経験も無く何も出来ないニンゲンが、前に進もうとしている人の足を引っ張っているだけ、なんですが。

 

 このblogを立ち上げた直後の頃にも、そんな指摘をしたら逆切れされた記憶がありますが。(w

 

 まともな精神状態の人が見たら、絶対異常に見える「匿名掲示板」の書き込みもそうですが。(w

 自分の意見と合わないと、まるで餓鬼の様に「切れる」。ただ、切れた発言は...「言葉を操る」部分だけは多少とも大人の経験があるので性質が悪いと。

 なんでこんなニンゲンばっかり増えたのかなぁ?と考えみたんですよ、師匠と。

 結論としては、「日本人の精神性」の問題ではないか?と。

 以前の日本人は、海外から見ても「自律」(自分を律する)性が高かったはずです。法律に罰則が無くても、誰が見ていなくても悪いことはしない、という点が誇りでした。

 「自動販売機が荒らされない」というだけで、海外から注目されていた時期でも、無人の野菜販売所では、ちゃんと取引が成り立っていたのですから。

 でも今の日本人は。

 誰が見ていなくても?いえいえ、みんなに見られていても、誰かに怒られないなら悪い事をして良い、みたいな風潮。法律に悪いと書いてなければ「金儲け、悪いことですか?」と開き直るヤツですらいる訳で。野菜販売所では、野菜が支払無しに持ち去られるだけでなく、支払われていたお金すら持って行くニンゲンすら出てくる状態。

 そして、この風潮は、日本人の宗教観から来ているんじゃないか?と。

 クリスマスだけでなく、ハロウィン等々。

 信じていない宗教の行事を、お祭りとばかりに取り入れる性質。そこには「神はあなたと共に」「すべてを見ています」なんていう「悪行規制」はかからない訳ですよ。

 つまり行動の規範・基準は「自分さえ良ければ・得すれば良い」「自分が楽しければ良い」になっているんですよ、間違いなく。だから、それ(悪行)を止めるものが全くないんです。

 ちなみに、総エロ本化しつつある同人誌業界も、似た方向性じゃないかと思います。こちらはさらに「赤信号、みんなで渡れば~」的な安心感(?)も背中を押しているんじゃないかな。と。

 さて話を元に戻して。

 出来るかもしれないことを、出来ないことにされてしまう事への危惧は、ある点尊敬する(私は、その『人となり』全てを知りませんので、今のところは部分的に、です)Sonyのアンプ設計者である「かないまる」さん(金井隆氏)のHPの、

「Nikon AFズームレンズの修理」

 という記事内にありました。私が思っていた事、そのままの意見です。

 自己責任でやるなら、たとえ失敗しても自分の経験に+(プラス)になります。

 スポーツ競技だって、多大な努力や練習の先に結果があるのに。もちろん何もしなければ記録なんて生まれないんです。

 人の努力を、最初から無理だとか言ってあきらめさせるなんて、そんな権利は他人には無い!と言いたい。僻んで人の足を引っ張るなよなぁ。と。(^^;

 で、表題の「Fool On The Planet」は、TM Networkのアルバム「Self Control」の9トラック目の曲です。

 ただのdreamer 人は言うけれど

 この地上にあふれる全ては

 僕に似た昔の誰かが

 夢見てはかなえてきたもの

 見おろした街並みに

 低く飛ぶairplane

 見失わないで追いかけたいのさ

 たとえ「バカ」と言われても。給料が激減したって、好きなモノづくりに携わり、何かを創り続けていれば。

 この気持ち・思いがあるからこそ、人間は「進化」出来ると信じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

nostril hairs

MEDIO:

 

 先日書いた「フリカケ」ネタですが...

 何だか入賞したらしく。

Dsc00467

 鼻毛カッターが届きました。(^^;

 商品がこれ、というのも、「コネタマ」らしいんですけどね。

 

 

 さてさて。

 ずっと愛用しているいろいろな「モノ」の中に「MDR-J20」というSony製ヘッドフォンがあります。(まだamazonでは売っています)

41xsqgqca7l__sl500_aa300_

 耳かけタイプですが、ユニットが前面を向いていて耳の穴の深さ方向に発音する為、深い低音が出るというもの。最近全盛の「耳栓タイプ」と違い、周囲の音もある程度聞こえるので出歩き時には最適なモデルです。

 まぁそんなものでも発売からかなり経ち、色違いで所有していた3つのうち2つでケーブル被覆が裂けてしまいました。よくみると、裂けた2つは「中国製」。大丈夫なのは「タイ製」...やっぱりか。(w

 ただし、再度購入しても「タイ製」が手に入るかどうかわかりませんし、それなら自分で修理・カスタマイズ!と。

 丁度、オーディオ・テ○ニカさんの「布巻きリッツ線」が手元にあったので、それに交換します。これなら湿度が高くても肌にまとわりつかないので。

Dsc00470

 元のケーブルを全部交換するためにはユニット部も分解します。

Dsc00472

 交換すると、この様に。

 交換前のケーブルは、

Dsc00471

 このように裂けてしまっています。

 指先の器用さだけが必要な作業でしたね。2時間程かかりました...買った方が安い、と言ってはいけない。(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

core i7 2600K(Sandy Bridge)とIntel Media SDKで

MEDIO:

 自室のTV録画をPT2やFriio組み込んだWindows機に任せてしばらく経ちましたが、いくら録画先が1.5TByte8台のRAID5...約10TByteだとしても、消さないでいたら満杯になるのは必然です。

 とくにデジタル放送のストリームをそのまま記録するタイプの、この手のチューナー(というか、サポートソフト)が記録するデータは大きいので...1時間番組で5GByteを超えますし。

 

 見ているヒマが無いのが一番の理由で、どうしても空き容量が無いときは「見ずに消す」という対応をしていたんですが、それも全然火消しにならないんですよ。

 仕方ないので、どうしても見たいものだけを圧縮してしまおうと、今更動き出しました。

 以前からMediaCoderを使用して、MP4形式への圧縮は試していたのですが、このMediaCoderが問題あり過ぎで。

 音ずれ等々はGPL違反したMediaCoderがSourceForgeを追い出された時点で予想された通り。他のGPLソフトとの協調が不可になった為、起きるべくして起きた事です。

(作者が自前でde-encoderの作成が出来ない為、他のGPLのde-encoderを改変して付属させていたのだけど、ライセンス違反でそれが不可になった)

 また一番の問題はH.264のencodeにかかる時間です。

 1時間の番組を圧縮するのに1時間以上かかるのは、見ているヒマが無い以上に問題です。LeadTekあたりから発売されていたCell圧縮カードも、試用しないと素性がわからない(評価記事では、PCでの再生ばかり。MediaServer経由でMediaPlayerって記事が見かけられないんです)為、選択外。

 噂で、それを見越してSandy Bridgeで組んだPCも、チップセットがGPU対応でないと動かないという情けない結果でした。(--;

 何とかならんかなぁ、と思っていた最近。

 Sandy Bridge自体には拡張命令が存在する以上、Nativeで動くであろうIntelのMediaSDK上でencodeすれば、そこらのオープンソースのencoderよりは速くない?と。

 現在、IntelMediaSDKは2012...世代としては「3」のBeta5までリリースされています。

Mediasdk

 こちらにはIntelCPUに特化された機能が組み込まれていますので、それを利用してtranscodeをしてみました。

 プログラムとしては、専ら自分で使うフロントエンド部分だけを書けば良いので、デジタル放送のstreamファイルをMP4ファイルに変換する様に固定、encoderにはAudioにはMicrosoft AAC Encoder、Videoは予定通りInte H.264 Encoderを指定してみます。

※これだと、ハード上で対応が可能なら...Sandy BridgeのGPUが動くハードであればVideoのencodeが速くなるはず、です。

Task1

 さすがにHardwareベースのエンコーダとは比べられないですが、MediaCoderのx.264よりはまし(低い)なCPU使用率。裏で編集やHD映像の再生は余裕で可能です。きれいに8コアに処理が割り振られていますね~。

 さて、

 「THE世界遺産」を録画したファイル、編集後で26分2.5GByteのファイルをMP4形式に圧縮し780MByte。(videoのbitrateは5Mbit)

(ログ)

01:58:07 Success: transcoding is started

01:11:48 Sucess: end of stream

 このblogを編集するのに傍らでPhotoshopCS5を使いながらの変換時間は14分程でした。(^^;

 ハードウェアベースの変換時間とまでは行かないのでしょうが、実時間以上に速いのはびっくり。画質も46インチTVで再生しても十分なものです。

6

(このblogの仕様で、1600pix以上は自動縮小されるらしいので、細部はつぶれているかも)

 それ以上の効果として、以前はMediaCoderで吐き出したMP4が、IOデータのMediaPlayerで直接再生が出来ず、AoA MP4 Patchにて後処理していたのが無くなり、手間が減ってうれしい限り。

 とりあえず、デジタル放送のMP4(というかH.264)への圧縮は、このツールで進めてみます。

 5時間程度で、撮り溜まっていた「THE世界遺産」の20本が圧縮完了。これでHDDも50GByteは空きますし。(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

a fellow soldier. ~戦友

MEDIO:

 

 先日、茨城空港を利用した際に撮った写真が出てきました。

Dsc00447

 最近の「ご当地なんとか」は、名物で美味しいもので無く、如何に受けるか?に重点を移していると思います。きっと。えぇ。

 まぁポンと出た商品に「名物」なんて付けられても困るんですけどね。アキバ界隈の様に。

 とりあえず...買っても食べてもいませんよ。(w

 

 昨晩、ベッドサイドに「起こした回路図」を持ちこんで、寝る間際に回路定数の計算をしようとしたのですが、愛用の関数電卓の電池が亡くなっていた様子。

いつもはPC上でシミュレーション動かしちゃうし...それより寝る間際にこんな事して、頭が興奮していると安眠出来ないよ、と。

Dsc00462

 CASIO製「fx-991N」です。

 茨城高専時代から愛用しています。

 当時SHARPのポケコンを使っていたのですが、試験時に持ち込めなくなり(公式等々をプログラム化して試験時に持ち込んで使う、「カンニング行為」が横行した為です※1)、困っていた時に機械科の友人H君から譲り受けた※2もの。

※1:その後、ポケコンオンリー所有者から多数の苦情が出たため、教官達は苦肉の策として「リセット法」を考案。これは「試験直前、隣席の生徒に背面のリセットボタンを押させる」というものでした。が、私のポケコンのリセットボタンの接点にはポリイミド・テープが貼ってあって...。(w

※2:ちなみにH君、この電卓は「学外の道端で拾ったもの」と言っていましたが。(w

 以来、今まで。20年程「背中を預けた戦友」として一緒に戦って来た訳です。

 明るい所では太陽電池、暗い場所では内蔵電池という、ハイブリッドな機種で、多用しているのに電池交換は今回で2回目になります。

 前回はオリジナルの「GR927」に交換しましたが、今は生産終了していますので代替品の「SR927SW」を購入。交換にはケースを全部分解する必要がありますので、ついでに液晶面・太陽電池面も清掃。

 

 無事に交換・清掃は終了しました。これで後10年(ほど)戦える...と思います。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

an excursion for viewing scarlet maple leaves ~紅葉

MEDIO:

 

※そろそろレガシィBG5に付いていたBFMを売りに出すつもりなんですが、今需要ってあるんですかね?(w

 仕事は残っていたけど、この時期は逃せないという事で行ったのは「棚倉城跡」です。

 数年前にレガシィで来た時は駐車場で「CheckEngine」が点灯して焦った気がしますが...

 茨城はかなり強い雨&出かける直前に地震とか、先行き不安ですがとりあえず出発。

 瓜連辺りで多少車の流れが悪くなった(多分、常陸大宮市街への入り口渋滞)ので、あっさり常陸太田方面へ迂回。雨が激しくなってきました...(--;

 

 矢祭を抜ける頃には晴れ間も見え、オープンにして走ろうかと思いつつ棚倉城跡に着いた14時頃には大雨。(--;

 車内で「ウェザーch.」みても、これからは雨らしい。朝の予報(午後は晴れます)と違うじゃないか...

 ボクスターの車室って、シートは倒れないし窮屈なんだよね、といいつつ。普段の疲れが出た様で、1時間程爆睡してしまい...

 気がついたら15時過ぎ。表は...パラパラ降っている程度。傘を片手に、徘徊してみました。

Dsc01349

 この城跡は街中にあるんですが、植栽に紅葉と銀杏の比率が高いので紅葉時期は手軽でお勧めです。いろは坂だと、運転してて見ているヒマがなかったり渋滞だったり...

 とりあえず写真を無造作に貼っていきます。

Dsc01351

Dsc01291

Dsc01295

Dsc01300

Dsc01308

Dsc01315

Dsc01331

 鴨って、熱いケンカするんだなぁ...堀で2羽がぐるぐる回って追いかけ合ってたよ。(--;

 人の目の通りに写真が撮れれば良いのに、と自分の腕の無さを悔みつつ。空の青さと紅葉の紅・黄の対比が一枚に入らないんですよね。

 ジャケットも着ずに写真撮っていたらすっかり冷えてしまいました。もちろん(?)そのまま湯岐温泉へ。

Dsc00459

 混浴(w の岩風呂へ。もちろんいらっしゃったのは妙齢のご婦人方でしたが。(w

 1時間程...ぬるいので...入浴して出てくると。

Dsc00460

 すでに真っ暗。

 帰路、常陸太田(里見地区)を抜けていると、昨年から廃業したとばかり思っていた「こぐま」さんが開いていました!!

20111120_175843

 店員さんにお話を聞いたところ、ご主人が倒れたんだそうで...無事で良かったですが。

 お店の雰囲気は相変わらずで、とても暖かい感じです。今日は早い時間(17時ちょっと)なので、一人で貸切状態。

20111120_172749

 もちろんここに来たのなら「サフォーク・ステーキ」。

20111120_173528

 たっぷりの生野菜と、匂いの無い若い羊肉のステーキは、「肉主体」の料理でも健康的。

 食後は緑茶を頂きました。

 さて、また明日から仕事が始まりますが...がんばらないと。

追記:

「こぐま」さんのメニュー、貼っておきます。

20111120_172848 20111120_172906 20111120_172912 20111120_172922

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年11月18日 (金)

Precision Sport Shifter-Porsche ~ポルシェ用ショート・シフター

MEDIO:

 ボクスターへレガシィからの乗り換えで一番不満に思っていた部分...シフトストロークの大きさがあります。

 レガシィ自体にはSTi製ギヤシフトレバーASSY(シフトストロークの短縮部品)を付けていて(スバル整備工場の知人から一押しだったので、結構初期に取替え)、もともとは「グニョ」だったレガシィのシフト感覚も無く、ずっと乗っていたので...

※「クイック・シフト」の通称は、英文としては恥ずかしい(和製英語だしね)と思う。パチもの中国製品みたいな名前だしね。ちなみに海外では「ShortShifter」という呼び名が多い様子。

 国産車でも...腐ってもチューニング・パーツ(w。いくらポルシェ製とはいえノーマルだから仕方が無いよね...とならないのは私のコダワリですが。

 そんな中、いろいろパーツを検索していたところ、やっぱりあるんですね。

 「B&M Racing & Performance」  カリフォルニア州のロスにある企業です。

 こちらにあった製品が

 「Precision Sport Shifter-Porsche」 価格は直販で$278.20です。

 ちなみにお金持ちの方は、ポルシェ純正という手もあります。部品型番「997 424 983 00」、実売でも$504.90くらい。

 私はもちろんお金がありませんので、安い社外品を選択。(w

 週末取付を考えていたのですが、天候が崩れるということなので仕事が終わった後に会社の駐車場で作業します。(^^;

 18:00前から開始しましたが、すでに暗くなっていますので(車は建物近くの明るめの場所へ移動)時間優先で、写真を撮っているヒマが無く。

Dsc00453
 これはシフトのリンクワイヤを取り外す時、位置を覚えておくための取った写真です。ワイヤ2本には油性ペンでマーキングをしておき、再組み付け時に(似た位置へ)戻します。

 右側のワイヤがシフトの前後方向、左側のワイヤが左右方向のリンクです。例えば「シフトのニュートラルポジションを、後傾させたい」場合、右のワイヤを緩めに組み付ければ良いわけですね。

 ちなみに。上の矢印先にある「白いブッシング」(シフト上方にペアで、もう一つ)は破壊してシフト本体を取り外します。(^^;

 いきなり取替え後。

Dsc00455

 大変だったのは、「シフト・ノブの取り外し」と、上記の「ブッシングの破壊取り外し」でした。

 ノブはブーツの裏側にあるストッパを、モンキーで時計回りに90度...の後、力任せに引っ張るだけ。(これがわからなかった)

 ブッシングは、「爪の部分」を見える範囲カッターで切り落とし(刃を当てて、ぐりぐり押しだけで簡単に切れます)、残った部分(見えない裏側)はラジオペンチで力任せに回すと「切り落とせる位置」に残った爪が出てきます。

 結局2時間程かかって取替えが終了しました。11月なので日が落ちての屋外作業は寒かった(防寒具なし)です。

 それで感想ですが...もともとのシフトの感覚が嫌だったため、最近ずっと「ノブの根本を持ってシフトしていた」ので、それが正常な位置になったなという感じです。(感想では無い)

 左右方向はショート化されていない様ので、5~6速は相変わらずですが...長距離運転の後、右腕が疲れて、というのが減るとうれしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

触媒

MEDIO:

 

 知り合いのフェラーリ乗り(512TR)が、少し前から「触媒が抜けた」と言っていたのですが...

 車検なので、早々に直そうと思ったらしいが、整備工場からの見積もりがビックリ価格だったらしく。V12でデュアルパイプ、両方の触媒だけで30万円超え。

 

 互換品でもいいので、と言われ探したものが海外から届きました。

Dsc00442 汎用品の触媒。4ℓエンジンに対応するものを2個。

 これで、送料含めても2万円には届きません。(--;

 

 なんで日本のパーツって、こんなに高いんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

助さん格さん

MEDIO:

 

 会社でお茶の時間。お土産に頂いたものですが...

Dsc00359  

 アキバでは萌系のイロイロが売っていますが、自衛隊モノっていうのも。確かに今年は震災対応で自衛隊の重要性(外からの脅威ではなく、内部災害への対応ですが)を再認識した人も多いでしょう。

 去年の富士の裾野の演習を見て感じましたが、非常時の為に訓練している人たちや組織は、やはりそういう事態でないと存在理由や価値を認識されないんだなぁと。

 自分達の存在意義を守るため、適度に治安を悪くしたり暴力団と慣れ合っているK察なんかより、はるかに重要な存在ですね。(w

 さて部屋に帰って、週末近所の農協で買ったトマトジュースでも...

Dsc00368

 トマトが、変な爺さんの絵になっています。

 その左右には。

Dsc00370 Dsc00369  助さんと格さんが。(w

 やるな、JA水戸。(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

「爆光」って簡単に言うけどさ~ 2

MEDIO:

 

 ボクスターの各部照明の「白熱電球」具合にはいろいろ思う事がありますので。

 とりあえず出来る所から「自作」で交換していきます。

 先日は前後トランクを「3WのパワーLED」で、言葉に違わず偽り無い「爆光」にしてしまいましたが、迷惑極まれり(夜間、トランクを開けると投光器になる)でしたので「0.3WのセミパワーLED8個」...2.5W相当に交換...え?

...予想通り、あまり暗くなりませんでした。(w

 

 気を取り直して。

 フットランプやグローブボックス、カーテシをLED化。もちろん市販品なんて使いませんが、何か?(^^;

Dsc00360  T10形状でしたので、同程度の大きさになる様プロクソンの丸鋸で基板をザクザク切断します。

Dsc00361 挿しこむとこんな感じ。(裏表逆です)。

 LEDを半田付けすると。

Dsc00362

 ちなみに、高さを稼ぐため(T10の球よりも基板の長さが長いので、LEDの高さが挿しこむ時に邪魔になります)LEDの足は全部ストッパを削っています。(ニッパで切って、やすり仕上げて)

 点灯実験。

Dsc00363  3LEDですが3chipタイプですから、結構明るいです。

 さて、作業を進めていくと。なぜかグローブボックスの照明だけが、

Dsc00425

 ダイオードが入っています。また+-の極性も逆でした。

 でも定電流Dでは無く、強いて言えば0.7Vくらいドロップさせているくらい。

...同じ構成(3LED)で作成してしまいます。極性だけは逆にして。

 さて、組み込んだ結果ですが。

Dsc00441

...やっぱり明るすぎでしたね。(w

 まぁ走行中に点灯しなければ事故の原因にはなりませんし、何より「誰の迷惑にもなりません」(ここ重要)のでこのまま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶軸の再生

MEDIO:

 

 もう3年近く前になりますが、一時期ここで「秋葉blog」(アキバ、ではありません)を書いていました。

 出張で秋葉原へ3カ月、その後も週に数日通いという、ある意味幸せな仕事環境でした。(工作道具を持ってこられない点、かなりストレスがありましが)

 ツクモ等々がいろいろあった時期で、秋葉原も終わりなのかな?とか思ったこともありましたっけ。(w

 

 そんな折、ツクモで安売りしていたFILCOの「Majestouch Mini」は物だらけで狭い机にぴったり(違)なキーボードで、ずっと愛用していました。が。

Dsc00358  初期型はキートップがラバーコーティングされていて、それが溶けだすという...掃除をすればするほど溶けた部分に埃やゴミが付着して状態が酷くなります。

 上段は仕事場に持ち込んでいる私物の「Majestouch」です。

 現在、「~Mini」は販売が終了しています。仕方が無いので自分で修復。

 まずキートップをすべて分解して、イソプロピル・アルコールに漬けておきます。入手は自動車用品店...オートバックスとかイエローハットですね。(ガソリンタンクの水抜き材...ただし、高級成分が入っていない、安ものに限る)

 時々(1日に2、3回)撹拌しながら3日程砂抜き(※)すると、トップコーティングとラバーコーティングがきれいに溶け落ちます。

:会社でこれをやっていたら、「シジミの砂抜き」と間違えられました。確かに黒いし。(w

 

 その後は、艶消しのクリア・スプレー(私は手持ちがあった「画材の定着剤」を使用しましたが)でトップコーティングをすれば完成です。

Dsc00445  キーボードに取り付けした後にスプレーしたので、マスキング・テープが残ったままの写真です。上段は、一時的に使った「クレバリー」の茶軸キーボード。こちらはまた箱にしまって倉庫行き。

 多少白い粒粒が見えるのは、会社の近所で野焼きをしていた灰がついてしまったもの。(--;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »