« 3/11~東日本大震災~の清算 | トップページ | 今日の食事 »

2011年6月30日 (木)

亡者の戯言

MEDIO:

 

 中国・深センの電子部品サプライヤとの話で出た話題です。

「放射線計が、通常の5倍以上の値段でも売れている」、との事で。

 

 老舗(?)ロシアのquarta rad製のガイガカウンタも、通常2万円しない製品が10万円近くで売買されています。

 件の中国の工場製製品は、通常$80のものが現在$890だとか。(--;

 

 さて、そんな「高級品」を手に入れた人たちが行うのは?

 身近な場所・モノの放射線量を測り、一喜一憂するという、最近TVで見慣れた光景です。

 

 とはいうものの。

 線量率しか計れない機器で土壌を計ったり(ベクレルモニターとの違いを、マスゴミも知らない様だし)、単位も閾値も知らないのに「高い!低い!」と大騒ぎ。

※「GM(ガイガー・ミューラー計数)管」を使った本当の意味での「ガイガーカウンタ」は、放射線量(数)は計れますが放射線のエネルギーは測れません。エネルギー量が測りたいなら「比例計数管」を使った計器を購入しましょう。(^^)

 

 日本国民、全部がヒステリー状態だなぁ、と。

※「興奮・激情により感情が易変しコントロールができなくなる状態」Wokipediaより

 まぁ誰も指摘しないから無法状態(マスゴミも、片棒を担いでいるので)なのも違い無いんですが...

 

 関連して。

 ガイガカウンタ等線量計を輸入販売するネットショップや、マスゴミ、政府の発表を叩いている(頭の悪い)サイトで公表されている情報に、「都心の放射線量は人が安全に過ごせる量を超えている」ってのがあります。

 わざわざ線量計をコンクリートや花崗岩のベンチに近づけて「ほぅら、こんなに高いんだよ」と、商売ネタ・叩きネタにしているんですが...

 

 「独立行政法人・放射線医学総合研究所」が公表している「自然起源放射性物質」の詳細データを見れば分かるのですが。

 コンクリート(自然石材等から作られる)や花崗岩等、土壌岩石は元来放射性物質を多く含むので、そんなものに取り囲まれていたり近いなら、ある程度高い値になるのは当たり前なんですよね。それの上に計器を乗せて計ったら(距離0なんだから)数値が高くならないのがおかしい。

※ちなみに。この「詳細データ」で参照出来る放射性核種はU(ウラン)-238系列、Th(トリウム)-232系列、K(カリウム)-40。それぞれ半減期は44.7億年、140億年、12.8億年です。

 

 不安を煽れば商品が売れる・視聴率が上がる・自分に都合が良い、って考えているなら仕組みは「霊感商法」と全く同じだなぁ。

 

 とりあえず。自分で調べて、自分の頭で考えて。聞き伝で「~らしいよ」を伝言ゲームするのはやめましょうよ、と言いたいです。

 今一番信頼出来ない情報は、「人の話(マスゴミ含む」なんだから。(w

| |

« 3/11~東日本大震災~の清算 | トップページ | 今日の食事 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亡者の戯言:

« 3/11~東日本大震災~の清算 | トップページ | 今日の食事 »