« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

亡者の戯言

MEDIO:

 

 中国・深センの電子部品サプライヤとの話で出た話題です。

「放射線計が、通常の5倍以上の値段でも売れている」、との事で。

 

 老舗(?)ロシアのquarta rad製のガイガカウンタも、通常2万円しない製品が10万円近くで売買されています。

 件の中国の工場製製品は、通常$80のものが現在$890だとか。(--;

 

 さて、そんな「高級品」を手に入れた人たちが行うのは?

 身近な場所・モノの放射線量を測り、一喜一憂するという、最近TVで見慣れた光景です。

 

 とはいうものの。

 線量率しか計れない機器で土壌を計ったり(ベクレルモニターとの違いを、マスゴミも知らない様だし)、単位も閾値も知らないのに「高い!低い!」と大騒ぎ。

※「GM(ガイガー・ミューラー計数)管」を使った本当の意味での「ガイガーカウンタ」は、放射線量(数)は計れますが放射線のエネルギーは測れません。エネルギー量が測りたいなら「比例計数管」を使った計器を購入しましょう。(^^)

 

 日本国民、全部がヒステリー状態だなぁ、と。

※「興奮・激情により感情が易変しコントロールができなくなる状態」Wokipediaより

 まぁ誰も指摘しないから無法状態(マスゴミも、片棒を担いでいるので)なのも違い無いんですが...

 

 関連して。

 ガイガカウンタ等線量計を輸入販売するネットショップや、マスゴミ、政府の発表を叩いている(頭の悪い)サイトで公表されている情報に、「都心の放射線量は人が安全に過ごせる量を超えている」ってのがあります。

 わざわざ線量計をコンクリートや花崗岩のベンチに近づけて「ほぅら、こんなに高いんだよ」と、商売ネタ・叩きネタにしているんですが...

 

 「独立行政法人・放射線医学総合研究所」が公表している「自然起源放射性物質」の詳細データを見れば分かるのですが。

 コンクリート(自然石材等から作られる)や花崗岩等、土壌岩石は元来放射性物質を多く含むので、そんなものに取り囲まれていたり近いなら、ある程度高い値になるのは当たり前なんですよね。それの上に計器を乗せて計ったら(距離0なんだから)数値が高くならないのがおかしい。

※ちなみに。この「詳細データ」で参照出来る放射性核種はU(ウラン)-238系列、Th(トリウム)-232系列、K(カリウム)-40。それぞれ半減期は44.7億年、140億年、12.8億年です。

 

 不安を煽れば商品が売れる・視聴率が上がる・自分に都合が良い、って考えているなら仕組みは「霊感商法」と全く同じだなぁ。

 

 とりあえず。自分で調べて、自分の頭で考えて。聞き伝で「~らしいよ」を伝言ゲームするのはやめましょうよ、と言いたいです。

 今一番信頼出来ない情報は、「人の話(マスゴミ含む」なんだから。(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

3/11~東日本大震災~の清算

MEDIO:

 

 今日は相変わらず入院中の某氏の代理人として、地震保険の調査に立ち会いました。

 

 数年前に新築したばかりで(家主は早々に病院行き(--;)、ローンとセットに地震保険に入らされたらしいのいですが、この時期になってやっと調査の方との日程都合がついた訳です。

 

 人が足らず、関西の方から来ているとの自己紹介。続いて地震保険の仕組み等々の説明。

 次に家の調査をしたいが図面は無いでしょうか、との事。電話で聞いていたので、先に探してもらってあった「建築会社さんとの契約資料一式」をお見せしました。

 

 調査用紙に外形と概寸を計算して記入していきます。総床面積と、総外周?らしき数値。

 

 準備が出来たとの事で、家の外に。まず基礎部分を見ていきます。

 「軟弱地盤」との調査結果でパイルを打つ追加工事をされたという基礎にはヒビひとつありません。(w

 

 次に外壁。組み込まれた窓枠とサイディングの隙間(コーキング仕上げ?)は「残らず隙間だらけ」。1条工務店も、たいしたこと無いなぁ...(--;

 他にも、「ただのサイディングの合わせ目」にも隙間が見られる状態。

 

 室内に戻って、柱...は見えない構造の家でした。

 主要な壁の角に柱があると仮定して水平器で調べましたが、1度を超える値は無く正常の判断。

 

 ここで、家自体の損害判定は10%を超えて「一部損」の判定でした。保険金額が1300万円なので、その5%、65万円が支払われるとの事。

 外壁の隙間は(浸水の恐れがあるとの考え?)総外周に対してのヒビ箇所を割合計算したそうです。

 

 

 次に家財です。

 大きく5つの項目、さらに小分類があります。それぞれで落下・転倒したかどうかをチェックするだけ。100万円のTVが2台でも、3万円のTV1台でも同じになるそうで、ちょっと納得出来ないですが...

 5項目にはそれぞれ最大割合が決められています。家具類だったら小分類のひとつでも「転倒・落下」しただけで4%として足していきます。「壊れてなくても」大丈夫。(?

家具類(合計20% 各4%
 □食器戸棚
 ■タンス(仏壇なんかも
 □サイドボード
 □机・椅子
 □食堂セット

電気器具類(合計20% 各2.5%
 □電子レンジ・オーブン
 ■ステレオ・コンポ
 ■パソコン・ワープロ(プリンタ、スキャナなんかも
 ■テレビ
 □ファンヒーター・エアコン(下記参照
 □冷蔵庫
 ■掃除機
 □洗濯機

食器陶器類(合計5% 各1%
 ■食器
 □陶器置物
 ■食料品(冷蔵庫の中の、融けた冷凍食品も
 □調理用具
 □漆器

身回品その他(合計25% 各2.5%  ※小分類は「聞かれたもの」で、リストは失念しました。
 ■時計、メガネ
 靴
 鞄
 スポーツ用品
 ■書籍
 ■レコード、CD
 ■電話
 ■ピアノ・電子オルガン
 ■人形(陶器置物、かもしれません
 カメラ、ビデオカメラ
 おもちゃ
 等々

衣類寝具類(合計30%         ※他の項目とは計算方法が違うとの事。

 

 
 この項目で「落下・転倒したもの」をチェックしていきます。上記は非論理氏の家の家財でのチェック例ですが。

 項目の内、その家に無いもの(高気密の家にはファンヒーターやストーブが無い、子供がいないのでおもちゃは無い等)は、項目の割合を再計算します。この場合、電気器具類は8→7項目になるので、%の合計値を8/7倍にします。

 

 それで、気になる結果。

 37%で「半壊」扱い。保険金額が250万円だったので、125万円の保険金が支払われるとの事。

 

 合計、190万円の支払いになりました。

 

 ちなみに、と聞いたんですが。

 落下したシンセサイザは電子オルガン扱いになるみたいですが、「私の部屋でネックが折れたBlackBird」は被害算定の項目が無いとか。ギターやベースだけでなく、ドラムセットや木管楽器をお持ちの方は、大変かも。(--;

 

 

 地震直後に受付番号に電話したら「その程度では1円も出ません」と女性の受付に言われたらしいのですが、ちゃんと調査するとちゃんとした金額が出るそうです。

 受付の女の人は「マニュアル通りにやっているので、実態とは違う」と、帰り際に説明されたんですが...それってマニュアルに「適当にあしらえ」って書いてあるんじゃ?と思った貴重体験でした。(地震保険って、ちゃんと使えるんだなぁと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

(ハゲオヤジの)妄想

MEDIO:

 

 自分的メモ。お題目は使えない携帯電話屋の社長の妄言の検証」

 

~先日の朝日新聞の一節 『電田構想』 損社長の発言

 「仮に全国の休耕田と耕作放棄地の2割に太陽光パネルを敷き詰めると、約5000万kW、原発50基分を発電することができる」。

 全国の休耕田と耕作放棄地は全国に54万ha(ヘクタール)ある。5000万kWというのは、夏場の東京電力の電力供給量の80%に相当する。

 太陽光発電は、日差しが強い砂漠などでその可能性が高いとされているが、孫氏は、日本こそ適地であるという。

「太陽光パネルを砂が覆い発電効率を下げる場所より、日本のように適度に雨が降り、日照時間も適度に長いところのほうが適している」。

 孫氏は、この電田プロジェクトと全国の屋根に太陽光パネルを取り付ける「屋根プロジェクト」(2000万kW)、その他の自然エネルギーで約1億kWを自然エネルギー導入の目標値に掲げるべきだとする。

 「雨の日、夜、風の吹かない日などを含めて、国内消費の20%をまかなえる可能性がある。それが一つの答えになるのではないか」(孫氏)

 

 

 なんだか数値が具体的に出ているんですが、そんなに簡単にうまく行くのか疑問に思いまして。

 重箱の隅をつついているとか、揚げ足を取るだとか、そういう意見は別にして。正しいかどうかは自分で判断したいです。何も知らない素人が、基準もわからないのに(下手すると、単位も知らないおばちゃんが)「高い・低い」と騒がれている(騒ぎにしているのは、マスゴミですが)放射線とか、うんざりですから。(w

 

 最初に単位の整理をします。

 電力量の計算のはずなのに、単位が正確に合ってないと「比較対象が並べられない」ですので。

 「5000万kWというのは、夏場の東京電力の電力供給量」 東京電力の年間総発電量からみて、「夏場ピークでの1時間での値」=5000万kWh

 

 

 まず休耕田の面積から。

 540,000ha=5,400,000,000m2

 
※この2割だと縦横33kmくらいの面積になります。

 

 次に太陽電池パネルの効率について。

 引用元は「独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」から。

 

 単一半導体(結晶系Si等)ではバンドギャップは一定で、1.1~1.4eV。

 これだと波長帯が広い太陽光の一部の「光」しか変換出来ない。この時の理論上の最大効率は30%以下です。

※現在、これを高める研究が進んでいます。筆頭(実現可能性から)は「入射光に対して深さ方向にバンドギャップの異なる材料を積み重ねる」方法です。

 ただし、これは入射方向で光の減衰が発生するので、集光をしないと効率が落ちる欠点があります。集光された、実験段階での変換効率は上がるのですが、実際の敷設面積あたりの効率はあがりません。

 集光=設置面積以上のレンズ等で光を集める必要があるからです。

※結局太陽光は、発電するにはエネルギー密度が低いのです

 

 現状、高効率とされる「単結晶系Si」セルの変換効率は25%、これを組み立てた市販の太陽電池モジュール単位の効率は15%程度に落ちてしまいます。

 

 さてさて。次は太陽光の件。

 日本の中心付近の夏至の正中時の太陽光のエネルギー密度は1kWh/m2ほど。

※夏至の正中時=太陽光のエネルギー密度が最大になる瞬間です。もちろん普段はこんなにありません。

 

 太陽電池の年間発電量は「設置容量の1000倍」で、おおまかな計算が出来ます。

...つまり、年間で1000時間相当の稼動しかしない...365日=8760時間ですから、1000時間というと11.4%。太陽電池の設計性能の1割ちょっとしか発電出来ないのです。

※もともと、日本の日照時間は年間2500時間までありません。

 これは、夜だったり天気が悪かったりの条件によるので、設置場所を変える以外に、数値の上げようがありません。

※雨が降らないよう、天候を弄る、という手はありますが。(w

 
 

 これで数値が出揃いました。計算すると

 5,400,000,000m2 × 20% × 1kWh/m2 × 15% = 162,000,000kWh = 16,200万kWh (162,000MWh = 162GWh)

 はい。夏至の正中時(ピーク性能)で計算すると、吹聴した5,000万kWhを超えるようですね。

 

 しかし、雨・曇りも夜も発電出来ない太陽電池。年間で均して、1時間にすると

 16,200万kWh × 11.4% = 1,846.8万kWh

(年間での総量は、1,846.8万kWh / 11.4% = 16,200,000万kwh = 162TWh)

 

 あらあら37%しか達成出来ないですヨ...発電出来ない時間...失を隠した発言だったと。(--;

 この計算は「一年中ずっと夏至の正中時の太陽光の強さで、現時点での最高効率の太陽電池を使う」という激甘条件です。

 

 まとめると、全国の休耕田面積の2割で電気を作っても、東京電力だけで必要な電力の37%にしかならない←ここ重要

  

 さらに問題な点は、この発電設備は、天候に左右されるという重篤な欠陥を持っているということです。

 

太陽光発電ロードマップ

 

 一時、自分も太陽光含めた自然エネルギーでの発電技術とその革新に夢を見ていたのですが。

 これには次の様な(「夢」と摩り替わられる)「妄想」があるから、だったんですよね。

 

1)技術的に可能であれば(発電コストや環境負荷を考えずに)いくらでも利用ができる、という妄想。 →燃料を消費したり、二酸化炭素を出したりしない、という「理想」の部分だけが誇張されている。(「今の時代はロケットがある」だけで「誰でも月に行ける」と思うのに等しい、と考えてください)

 

2)設備のコストは、「技術の革新」と「大量生産」によって、配慮する事の必要が無い程度の金額になる、という妄想。→近い未来、発電所をお金をかけずに作れる(個人で気軽に所有出来るほど安価に)ほど技術が発達する、という思い込み。(まだまだ、自宅の電気を全てまかなえる程の大規模(=高価)な太陽電池設備は、設備償却する前に耐用年数が終わります。

 

3)設備を製造するためのエネルギー(将来の原油の値上がり等)による、設備等のコスト高は無い、という妄想。→太陽電池の発電する電気エネルギーだけで、太陽電池パネルは作れません。どうしてもある程度の価格が発生しますし、今後はその原油の値は上がる一方でしょう。

 

4)世界中どこでも発電施設を作ることが可能、そしてその出力をコスト0でどこにでも送電出来・使うことが可能、という妄想。→設備はどこにでも設置出来るとか、離れた場所に送電したりするための(都合の悪い)コストは見て見ないふり。(頭の中で「すばらしい」と思ったら負の部分は一切見えないのは宗教と同じ)

 

 

 永久機関は存在しないという熱力学での証明があります。が、この手のエネルギーは「既に自然にあるものを利用するから、無料で、環境負荷(二酸化炭素排出等)が無い、まるで永久機関の様な理想のエネルギー」と思われているようです。

 風力、太陽光などは、それ自体は確かに無料ですが、それを電気のようなエネルギーとして取り出したりする設備、それを運ぶ送電等の設備は高価で、かつ取り出せるエネルギー量に対して劇的なコスト低減が見込めないものです。(上記通り、エネルギー密度が低すぎるため)

※先ほど計算した太陽光での電力量が原発約18基分として、これを太陽光で発電すると縦横33kmの土地いっぱいに敷き詰めた太陽光発電モジュール全部に配線して、電気を集める設備が必要なのです。ただ電源線の量だけでなく、電圧等を安定化する機器等、電気屋だったら恐ろしい金額になることは想像に難くありません。

 

 ちゃんとした技術屋はここら辺をわきまえているので、損氏みたいな事は言えない(言わない)んだろうけど。

 

 使えない携帯の方は放置して「自然エネルギーによる発電」をやるそうですが、目的は「自然エネルギーでの発電電力は、通常の電気代に対して高価で電気事業者に売電出来る」という部分でしょう。

 携帯他社との接続料を高価にして差額を儲け、自社ユーザは無料通話と宣伝しユーザを集めている「悪質な携帯屋稼業」と全く同じ事を、発電ビジネスでもやろうとしているんでしょうねぇ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

エアコンパネル(VFD)の色を変える方法~エアコン・コントローラの改造...VFDの白表示化解説~BG5改造プラン29.5

MEDIO:

 

 先日ご質問頂いた件、解説です。

(以前この件を書いていた「一方的に閉鎖されたblog」のサーバーですが...私が書いていたデータは無いそうです。閉鎖された直後にデータが欲しいと言ってあったんですが、ねぇ。)

 

 さて。

 人間の目にはいろいろな色が見えます。今回のエアコンパネルに使われるVFDは自ら発行しますので「光の3原色」の縛りをうけます。まずは色度図を。

Ciexy1931  3原色を3頂点として、その3角形の中の色(光)を出すことが出来る、というのがこの原理です。よくみると緑と青の頂点を結ぶ「辺」の外側にも色が存在しますが、ここは出ない色(光)となるわけです。余談。

 

 それではVFDの「黄緑」を「白」にするには。

 「黄緑」を1頂点として、「白」を通過した反対部分の「光」を足せば...上図だと、「ピンク色」...良いのです。

 

...え゛?と言われそうですね。

 普通、どう考えても光を足す方法がありません。

(VFD内部のガスを入れ替える、という方法があるかもしれませんが)

 

 ここで、昔からのことわざ(?)をひとつご紹介します。

 「押してダメなら引いてみろ」

 

 「ピンク色」を足せないなら、「ピンク色」以外を引けば、ちょっと暗い「白」になるのです。

 

 さてここで「ピンク色」以外、ですが。

 光で以外、というと補色フィルタの出番です。

 

 まずここで注意点ですが、ピンク色以外を通さない=ピンク色だけ(優先的?に)通す、となります。色の3原色とは逆になるわけです。具体的には「ピンク色」の透明フィルタを使うことになります。

 

 もうひとつの注意点は、VFDの色は結構微妙で、単なる「ピンク色」ではなかなか「白」にはなりません。 

 

 私の場合、趣味やら半分業務やらで手持ちの、

Color

 照明用カラーフィルタの見本を現物に合わせて「白」を出しました。

(実は、ウルトラカラーの見本は、そのままエアコンパネルの大きさだったりします)

 

 

※「なかなか手に入らないよ~」という方には、私が使ったものと同色のフィルタを、送料込み¥200にて頒布(切り売り)させて頂きます。コメントにメールアドレス(公開されません)を入力して、希望を書き込んでください。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

週末ですから。

MEDIO:

 

 最近、部屋に帰って入浴した後、椅子に座ったまま寝てしまうことが多いです。週に4日ほど...(--;

 

 ベッドに横になるよりアーロンチェアの方が寝心地良いのかは別にして、空気を入れ替えるために帰宅直後に開けたままの窓からは、早朝冷たい風が入ってくるので。

 たいてい4時頃にくしゃみで目が覚めます。

 

 土曜も仕事から帰って、同じパターンで4時頃にベッドで寝なおし...

 

 なんだか工事の音で目が覚めました、9時。

 

 向かいの家の、崩れていた屋根瓦の修理に業者が来ている様子。日曜なのに、大変ですね。

 そんな中、早々に支度をして洗車。雨の合間でないと...

 

 1週間で、ブレーキダストがこんなに出るのか...とホイールを洗いながら、パッド交換いくらかかるんだろう?と悩むのは小市民の証ですね。(w たぶん普通のポルシェ乗りは考えないんだろうな。

 

 

 お昼前に終わったので、ざっと高速を走って岩間駅付近まで。

 着いたのは、ポークステーキ(がインターネット)で有名な彩美亭

 

 何度か来ているんですが、毎度食べられない「網焼きポークステーキ(上ロース)わさび&マスタード」を注文。

Pork

 ...うーん。(--;

 肉は厚いし、不味くは無い、と思うんですが...

 豚肉独特の「臭み」が(茨城県産のブランド豚には無い臭い)あるし、ソースが甘すぎて(「みたらし」、みたい)添えてある「わさび&マスタード」と全然合わないし...「私」は、たぶんもう食べないでしょうね。(--;

 前に食べた鳥やハンバーグは美味しかったんですが。 残念。

 

 

 そのまま近所の愛宕山を上ります。曇天ですが、オープンで。(w

Atago

 人がいっぱい。駐車場は、小僧共がドリフト旋回の練習した様なブラックマークだらけ。下りのコーナー出口でガードレールに突っ込んだ跡があったし、最近はここの週末夜間は五月蝿いんだろうなぁ。

 誰かさんのせいで、ソフトクリームが気になったのですが、周囲に人が多すぎて店に入れなかったので(入り口周辺で食べている家族が5組ほど...)、すごすご退散しました。

 

 山を降りると、どこかで嗅いだような臭いが...懐かしい、というか、慣れ親しんだというか。なんだっけ、と道路端を見ると。

 Kuri

 若い男性諸君おなじみの(?)。栗の花でした。(w

 岩間周辺は栗畑が多いんですよね。

 

 その後も当てもなくふらふらとドライブ。夕刻には里美の温泉「ぬくもりの湯」まで到達していました。

Nuku (暗いのでピンボケ)

 

 夜料金...17時以降は¥500...でたっぷりお風呂に入ってきました。

 

 県内をフラフラと、200km以上走行した本日。疲れた。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

傷痕

MEDIO:

 

 仕事なのかわかりませんが、大洗の水族館近くに来ています。

 テクテク散歩していると、海門橋。こちらの看板には。

 Dsc01633

 

 橋の中央に鐘があるので、「夢を願いながら鐘を鳴らす」と良いらしい。(^^;

 

 その後、移動。せっかくなので海沿いを、と思ったのですが。

Dsc01634

Dsc01635

 全面通行止めだったので、車を降りてみたら、こんな状態。

 先のほうも。

Dsc01636

 

 目の前にも、30cm以上のひび割れ。

 Dsc01637

 

 ぜんぜん復旧して無いし...夏の海水浴シーズンやRock'inFes.までには直るんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

週末ドライブ2

MEDIO:

 

 朝7時に携帯電話のアラームで起床。早速朝風呂~。

 こんな感じです。高湯温泉でも、源泉すぐなのはここ「静心山荘」さんと「吾妻屋」さん。それより下の旅館さんは、配管分岐している様子。(静心山荘さんの裏手には、お湯配管が沢山見られます...ここだけは情緒が無いんですよね。(^^;

 Dsc01614

 

 またまた1時間程度ユラユラと一人で漂って。

 朝食。チョコチョコとしているように見えますが、やはり昨晩と同じく...結局おなかがいっぱいに。

20110612_081051

 

 本当は雨、の予定だったのに快晴です。

Dsc00923

 こちらのご主人に聞いた話、温泉のガス(源泉もPH2.8で、きつい酸性ですので)で3年で車がダメになるそうですが...スバルに勤務する息子さんにメンテしてもらっているというレガシィも。

 プラスチックに科学メッキされたエンブレムが、見事なくらい腐食しています...

Dsc00927

 

 お世話になりました。また来ます、絶対。

Dsc00924

 

 フルーツラインを北上、国道13号経由で米沢に向かいます。もちろん、オープン状態で...トンネルが多い...うるさいし煙い。失敗。

 もちろん上杉神社へGo。

Dsc00941

 

 鳩のえさが売っているあたり、人に慣れているすずめ達。1mくらいに近寄っても知らん顔。

 

Dsc00934

 

 観光地におなじみの、アレ。

 Dsc00943

 ちょっとは関係はあるんだけど...「前田慶次」の切手を出張販売する郵便局。

 Dsc00942

 

 そして米沢なら、これでしょう。(w

 Dsc00929

 

 串焼きを頂きます。

 20110612_113649

 

 お昼時間に南下して、喜多方でラーメンを食べました。「蔵前」さんです。

 Dsc01616

 さっぱりした醤油の、原点みたいなラーメン。

 20110612_134325

 

 会津若松まで南下して、磐越道に。

 途中、「あぶくま高原」P.A.にて。

 

20110612_151256

 

 何でもキャラ化して売るあたり、商魂たくましいというか。

 

 さて、今回の旅行のトータルでの燃費は。

1  

 (--;

 レガシィじゃ見れない数値ですね。帰りの磐越道(猪苗代湖~いわき辺りの、降り勾配)では16km/ℓなんて数字も出ていましたので...

※ボクスターが一番燃費が良いのは、140km/hくらいでクローズドで巡航している時、みたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

週末ドライブ1

MEDIO:

 

 納車以来、やっと休みが取れたのでぶらりと北上しています。1泊ですが、福島の温泉へ。

 

 常磐道~磐越道と乗り継ぎ、猪苗代湖付近で昼食。

 ...石筵(いしむしろ)猪苗代店

20110611_143233

 大ざる。¥1,100-

20110611_141021

 

 この頃から「雨」予定だった天気がガラリと変わり、真っ青な空が見え始めました。早速幌を開けてドライブ。

 

 幹線を外れ、磐梯吾妻レークライン。森の緑と、湖を眺めながら走っていて...も、他に車がありません。福島第一の影響でしょうか。

 

 土湯峠近辺では。

Dsc01601

 対向車線が落ち込んでいました。

 

 磐梯吾妻スカイラインのゲートでは、天気はまさに快晴。料金所のおじさんにも

「お客さんが来るのを待ってたんだよ!」と冷やかされながら。

 そういえば、2年前にもレガシィで来たんだっけと思いつつ、一枚。

Dsc00914 

 吾妻小富士は、今回登りません、えぇ。

Dsc01603

 

 レストハウスの掲示板には、行き先となる高湯温泉のポスターがありました。

Dsc01602

 

 スカイラインの高湯側を出てすぐ、今回お世話になる「静心山荘」さんに着きました。

Dsc01604

 

 とりあえず、夕食前にお風呂。

 長い渡り廊下を登って。

Dsc01606

 

 長い渡り廊下を登って...

Dsc01608

 

 暗いので、お風呂の中の写真は明日にして。とりあえず、壁の温泉効能を紹介します。

 糖尿や高血圧にも効くんですね。

Dsc01615

 

 たっぷり1時間程入浴したところで夕食です。

 山菜たっぷり...というか、ずくしの御膳。

20110611_182323

 筍をあぶったものとか、

20110611_183443

 

 筍と蕨のピザとか。

20110611_183750

 平目の刺身・柚子醤油。 

Hirame

 ...あ、最後の写真を忘れていました...食べるのに夢中で。(w

 ホタテ、そしてとどめの御飯。動けなくなるほどおなかいっぱいになりました。

 

 少し休んでから、再度入浴。誰もいない浴槽で、ゆっくりユラユラ。

 それではおやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

まな板の上の...

MEDIO:(略

 

 通勤以外で乗る暇ないボクスターですが...いい加減欲求不満がたまりすぎて。

 とりあえず、今週末は圏外(県外だけにあらず。県外だけど)に逃げる方向で。

 

 さて。レガシィbg5の行く末(パーツ)なのですが。

 つくばの某研究機関のいらっしゃる、bg5乗りの方にまず打診してみた結果。

 「赤キャリ」前後が欲しいとの事。

 

...大変うれしいんですが、いきなりレベルが、が、が...(w

 

 足回り外すと、自走どころかその場所から動かせなくなっちゃうんですよね。

 まだタワーバーやスタビなら大丈夫なんですが。

 

 特にリアはバックプレートやハブなんかも外す必要(流用する気なら)があるので、車輪さえ付かなくなってしまう。

 という事で、申し訳ないんですが、「最終処分まで待って欲しい」と説明させて頂くことに。

 

 近日、リング入りヘッドライトやら、BFMやら、エアコンパネルやら、ナビやら...ちまちまと外していって、最後の足回りとタイヤ・ホイールを。そして解体屋でエンジンを降ろした時にタービンをお願いしようと思います。

 

 これらの部品、どこまで必要な人がいるのか、興味もあり、心配でもあり。

こんな時だけは、「みん×ら」なんかの集まりはうらやましいですが。

 

 最後に雄姿(?)の写真を撮っておこうかと思います。ヤフオクの出品用に。(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

ねぎ

MEDIO:(略

 

 カテゴリーに「グルメ」なんて入れるのは詐欺だと思う今日の日記。

 

 ひたちなか市の佐和駅付近、地元でも有名なラーメン店「とんこつ屋」の近所にオープンする度胸のあるラーメン屋があるとの事を聞いていたんですが、ちょうどそっち方面で仕事が終わった後に行ってみたんですが...

 

 久慈浜の「大○軒」の分店でした。(--;

 

(あくまで個人的な好みですが、一般に「二郎」系と呼ばれる店について) ボリュームとアブラが多いだけ、ニンニクやカラシが大量に入れられるという特性上、「味で勝負していない」し、ラーメンをジャンクフードに落としめている存在だと思っているので...

 文化としての「食」は、食欲を超えたところにあると思うんです。「食欲」だけで食べているのは、そういう精神活動をしない獣・家畜と同じレベルですから。

 ちなみに人間の「食欲」を満たすものは「量(満腹度)」と「アブラ(脂)」です。(w 肉の脂身を美味しいと感じているのは、「食文化」という様な「精神的なもの」ではなく、実は人間の「動物としての本能」なのでした。(w

 専ら精神活動に必要な糖分を欲しがる女性(最近は違うみたいです)に対して、量とアブラに執着する男性(=つまり、本能のおもむくまま)。普段の役割というか分担そのままだなぁと感心します。(^^;

 

 前に、店出た直後にコンビニのトイレに駆け込んだ苦い思い出もあるのでもちろんスルー。(w

 

 そのままとんこつ屋の駐車場へ。(^^;

 

 毎度の「とんこつ・丸」、ではなく、「ねぎばっか・丸」を注文。

Negi

 

 いつまでたっても麺が見えない...(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

潮時

MEDIO:

 

 すっかり夏です...部屋のサーバのファンが全開で回っていてうるさいったら...室温は29℃...

 今からクーラー使ったらデン子ちゃんに怒られるなぁとか、そういえば非論理氏はデン子ちゃんグッズを集めていたなぁ、とか思いつつ、風呂上りの扇風機の前。

 

 もう少しで今年も半分過ぎるなぁと思った6月の頭。変わったことといえば。

20110603_223212

 仕事が忙しくて、乗っている暇が無いというジレンマ。

 まぁそれでも、通・退勤がゴーカート乗っているみたいで楽しいのは間違いありません。えぇ。

 

 純正のナビゲーションシステムがクラリオン製なので、早いところHDDのクラッキングをしなくちゃというところでしょうか。(^^;

 今まではニーズがあっても、自分の所有物じゃないので「やる気」が出ませんでしたから。(w =ヤルヤル詐欺

 

 

 閑話休題。

 知り合いの、アメリカからの留学生がポツリ。

「ドイツからの留学生の友人が『そろそろ潮時かもしれない』と言っていたんだけど、どういう意味?」

 「すごく微妙な日本語」を使う留学生もいるんだなぁと、感心。(^^;

 

 原発の事故と、それに全く対応できていない政治不信、らしいんですが。

 安全体制とか報告義務とか、全部東電に擦り付けていますけどね。確かに「何もしなければミスも無い」んですよ、ね。>K首相

 

 国民だけでなく、同じ政党の人間にもペテン師呼ばわりされるほど「いい加減」な言動って。ここまで大騒ぎになっていても・他国民からもバカにされている事に気が付かないんでしょうか。あぁ、同じ日本人として恥ずかしいったら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »