« Wolfram | トップページ | 思想操作 »

2011年5月22日 (日)

魅惑

MEDIO write:

 

 気温が上がれば車のエンジン出力は多少下がります。温度によって空気が膨張し、よって同じ体積中の酸素が減れば、燃やせるガソリン量も減り、出力が落ちる...と。

 それに対して、吸気量を無理やり増やすターボ車などは特に、インタークーラでそれを冷やし、出力の低下を抑えようとします。それでも気温が上がれば、その冷却効率も下がるんですが...

 

 と、暖かくなってもうちのレガシィのクラッチ滑りは悪化の一途。まぁもとに戻るわけは無いんですが、出力が落ちれば少しは寿命が持ってくれるかな、とかすかな期待していたんです。

 8月の車検時期で廃車にするつもりでいたんですが、それまで持たないかも。今日は2速で滑ってしまいました。

(エンジンに対し、負荷が大きい...上のギア、5速等の...方からクラッチは滑ります。5~3速はそっと繋いでも、その後アクセルを開けるとズルズル)

 

 そんなこんなで。某氏の会社へ行く道すがら。

Por

 水平対向志向の行き着く先。いいなぁ。

 そろそろレガシィパーツを売りはじめる、かも。

| |

« Wolfram | トップページ | 思想操作 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魅惑:

« Wolfram | トップページ | 思想操作 »