« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月24日 (日)

今更ながら

MEDIO write:

 

 震災後、無事を確認しただけで帰ってなかった実家では、父の仏壇が落下してたらしいです。(--;

 余震で再度落ちる可能性があるとのことで、新しいのは買わないで直す事に。

 

 はたがねと木工用ボンドで修理。(w

 

 震災直後の帰宅中、陥没穴に落ちた時に無理したためなのか、レガシィのクラッチが滑るようになりました。3速以上で3000回転位になると、エンジン回転数だけがグイっと上がる様な状態...

 8月の車検で廃車にするつもりだったんですが、それまで持つのかなぁ...と考えていたところにスバルの営業さんが登場。(w

 現行レガシィが嫌というのは伝えてあったので、ディーラーにあるBPの中古を進められ。

 そろそろワゴンじゃない方が、というとインプレッサのセダンを。

 少し興味があったので話をしたら、夕方価格表とカタログ一式を届けてくれました。(^^;

 

 M5で通勤、ってのは考えられないので、M3かポルシェ辺りが欲しいんですが...ケイマンかボクスターの2.9Lは600万程度。M3は中古で同じ位の金額。うむむ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

本質

MEDIO write:

 

 今回は、否定意見が出ると思われる内容です。が、あえて自分なりの「本質」を考えてみたつもりです。「自分なり」ですので自己中コメントは不要です。

 

 東電の社長が被災地を訪れて謝罪して回っているのに対し、怒りをぶつける人がいるというニュースがありました。

 また、その前日には学校を占拠している避難者に、学校側が「授業を始めるから別の場所に移動して欲しい」と伝えたら「そんな汚いところには行かない」と怒鳴られたというニュースもありました。(それに対し、支援の自衛隊員が移動先の体育館を人手で雑巾がけしているという話も)

 

 どちらのニュースも「自分の事しか考えていないなぁ」と感じました。少なくとも私は。

 「感情的」には怒りの原因はわかります。ですが、どちらも自分の都合だけで本質から外れた行為だな、と。

 

「東電に騙された」

 →騙していませんって。最初に騙す気があったなら、今行われている東電の必死の事故収束に向けた活動なんて、やってないでしょう。

  東電も、原発は安全だという「何か」に騙されていただけだと思います。推進派の学者さんとか、背中を押し続けた自民党とか。

 ついでに書くと、原発近くでは「電源立地」という補助金が出ています。自治体には数百~数千億円、近隣の家にもかなりの額のお金が。

某知事の「東電には損害賠償していただく」

 →東電も被災者だという点を考慮していないんじゃないでしょうか。

 少なくとも、「地震が無ければ事故も無かった」んですから。

 津波で打ち上げられた漁船から漏れ出た重油で町が火災になったというニュースもあったのに、そちらは取り上げないんですよね。船の持ち主とか東電と同じ立場なのに。

 

(社長個人に)「被災者と違って良い生活しているんでしょ」と

 →個人的なエゴ全開の発言です。社長が今背負っている責任を考えていません。

 それ以上に、現社長は福島に原発を作った段階の責任者じゃ無いんだから、怒りの対象としては間違っています。

 

自衛隊員が床を雑巾がけしているのに、ギャーギャー怒るだけで何も手伝わないおばちゃん

 →被災者だから何でも身勝手に出来る、みたいな状態。転んで、誰かが起こしてくれるまで泣き騒ぎ続けるガキみたいに。

 

入閣を拒否し、足を引っ張り続けるJ党代表の○餓鬼

 →ごく個人的な「責任を取らされるのが嫌」とか言って、国家の一大事に目を背けた大馬鹿。国民の代表たる代議士の資格はありません。

 協力するとか言ってたわりに何もせず、この期におよんで「首相辞めろ」とか。今政治の空白期間が出来たらどうなるのか考えて無いんですよね。国家の一大事に政権転覆を図っているとか、やってる事が火事場泥棒と同じです。

 本当なら「震災対応大臣」やらを引き受けて、全部まとめて(震災対応を完遂)しまえば責任なんて取る必要ないんです。「責任取るの嫌」というのは、自分じゃ出来ないと言っているのと同じですから。

 

 

 会社の事務職の方の実家が、福島第一から6km程のところで...ご両親は茨城に非難して来ているそうです。

 そのご両親が言っていたそうです。

「正直、原発には怒りを感じる。だけど、原発でもらったお金で家が建ったのは間違いないから、自分には何も言えない。お金をもらっちゃったから言う権利が無い。

 それに近隣近所、原発が出来たから仕事に就けた。原発無かったら、みんな無職だよ。

 ただ、あの家で生活出来る様になるには、原発の事故が終わらないと駄目。だから私は『東電さん、何とか頑張って下さい』としか言えないんだ。」

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

被災地~茨城の現状

MEDIO write:

 

 今日(4/18)、非論理氏の会社の同僚が撮ってきた写真を頂いたので掲載します。

 場所はこの辺りです。

Dsc01500 Dsc01502 Dsc01509

 倒れた電柱。貴重な電柱の先端写真ですが...

Dsc01511Dsc01512  がけ崩れで、倒れた電柱はそのまま手付かず。この先の集落の電気と電話はどうなっているんでしょうか。

 道のあちこちには、一抱え以上の大きさの落石が多数放置されているそうです。

 

 震災から1ヶ月以上経過していますが、茨城でさえこの状態です。

 橋を中心に、県内の幹線道路の通行止めも30箇所以上。復旧の目処の立っていないところもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

LED懐中電灯の続き(1

MEDIO write:

 

 先日の懐中電灯改造の続きです。

 

 店頭からLEDの懐中電灯が無くなったというタイミングもあったのですが、あの改造は本当はこちらの予行練習だったんです。

Dsc01480

 既に改造されていますが....Snap-OnのフラッシュライトにLEDを組み込んでみました。

 頭の部分に余裕があるので、不要部分を取り去って昇圧回路を組み込みます。

Dsc01481 Dsc01483

 スナップリングが折れましたが、半周以上入っているので無問題。

 で、点灯。

Dsc01484 

 こちらも単3電池2本ですので、性能は先日の改造品と同等。

 

 さて、そろそろ本番かな。(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

sakura

MEDIO write:

 

 仕事でつくばに行きました。場所はNIMS...「物質・材料研究機構」です。

Dsc00889

 カーボンナノチューブ等の基礎研究もやっている会社だと特に、こういった研究所にも縁があるんですね。

 真っ青に晴れ上がった空。ちょうど新しいレンズを買ったばかりのαを持っていたので(?)昼休みに撮ってみました。

 

Dsc00892

 桜が満開です。

 Dsc00888

 携帯やコンパクトデジカメで撮影している人が、周りに何人かいたのですが、さすがに一眼を持ち込んでるのは私だけ。(w

 

 前日には余震で、建物からの退避指示があったそうですが...今日の午後一番の余震では何も指示はありませんでした。

 また、この千現地区(他に、桜と並木地区にも物材研があります)では放射線も計っているそうで...今日は毎時0.18µSvだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

こんな時は...半田付けでもしよう

MEDIO write:

 週末や休日はボランティアをしています。役所が募って、市民から集まった支援物資を仕分けする作業です。

 持ち込まれた物資はそのまま被災地に送られると勘違いした人達は、きっちりぎっちりと梱包してくれるのですが...毛布や食料が一緒くたになっているので、それも開梱して仕分けします。量が量だけに箱を開けるだけでも一苦労。舫蓮さん、仕分け手伝ってよ。(w

 

 「いてもたってもいられない」という人がボランティア活動に来るのですが、余所行きの洋服を着た女の子なんて...そんな汚れ作業なんて出来ないと言い出す始末。あぁ、ここでも災害が発生している...(--;

 まぁTVで「応援しています」なんて言っているCMが延々流れていますが、「本当に被災している」人たちはTVなんて見る余裕はないし、そんなもの見ても空腹や寒さはしのげません。そんなの作っている奴等に比べれば100倍ましな心意気なんですけどね。

 

 まじめな話。「同情するなら金をくれ」です。

 家を新築し、これからローンを払っていこうとしたら津波で流されて。これからさらに新規住宅のローンが圧し掛かる。仕事も無い様な状況で、2000万円の借金が倍になったら、あなたはどうしますか?

 義援金の配分でもめているそうですが、まずは「失った生活に必要なもの」をリセット(家や車のローン等)するのに当てれば良いのでは?と思います。そういった(借金)を持った人は「マイナス」からのスタートになってしまうのですから。

 

 あ、あと。

 茨城でも感じたことですが、softbank携帯は「クソの役にも立ちません」。 :-P

 最近エリア拡充のために大量に立てている基地局(公衆電話より小さい)は停電で真っ先に役立たず。→震災後、通話がまともになるまでには停電復旧が必須でした。

 大型トラックほどの電源装置を併設しているDoCoMoは発信規制があるものの5回に1回は通話が可能でした。(発信規制していたのは報道通り)

 softbankは発信規制していないと言っていた時期でもまったく繋がらず...規制しなくても中継局が電源無くて死んでいるから規制する必要が無い(無駄)んですね。(w

 その上「電話に出ることが出来ません」なんて案内が流れるし。いい加減にしろって。(--;

  

 そんな酷い状況をほったらかしにして私財を肥やした損氏は、楽天の三木谷さんが私費5億を義援金として、と言った後日に「俺は10億円出す」、だそうです。

 繋がらない「iPhone」売るなら、まともな基地局立てろって。本当にユーザを大切にするならさ。

 

 地震で停電が起こったり、今後の計画停電の備えのためか単1、2の電池とLEDの懐中電灯(省電力で長時間点くので)がどこにも在庫が無い様です。

 100均でも普通の電球の懐中電灯しか残っていませんでした。

 Dsc01485

 とりあえず、ばらす。

Dsc01487

 

 世間に無いものは作れば良いとの考えで、LED懐中電灯を自作します。それも普通じゃ無いものを。(w

 Dsc01460  

 ちょうど基板が入るなぁ。(w

 Dsc01461

 足の部分の逃げ加工をして。

Dsc01462

 おなじみ、単3が2本を5Vに昇圧する、100均の充電器を分解。

 基板の必要の無い部分を切り詰めます。

Dsc01463

 これで、懐中電灯の電球ソケットに入ります。

 組み込んで。

Dsc01465

 秋月電子で売っている「1W出力長寿命白色LED80ルーメン」を点灯させています。部品代は、全部で\500ってところですね。(w

(懐中電灯\105、充電器\105、LED\250、放熱基板\50)

 

 ころがっていた充電式の単3を2本(2000mAh...だけど、満充電では無い)で試験したところ、3時間近く点灯しました。(発熱が大きいので、分解した状態で試験)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »