« 更に | トップページ | 自分の周りは、少しだけ落ち着いたので »

2011年3月13日 (日)

マスゴミ~今回の災害に際して、再度考えること

MEDIO write:
 
 被害規模は宮城や岩手、福島よりは小さいものの死者まで出ている茨城に住んでいて。やはり多少なりとも生活に困る事態に際していると。今までもずっと感じていた「マスゴミ」の「ゴミ」かげんに呆れるというか怒りを感じる。
 
 当地で困っている人にはほとんど役に立たない映像を繰り返し。「どれだけ悲惨か、ショッキングか」を競うだけの影像は単に視聴率稼ぎにしかなっていない。
 初めて見る「専門家」の、視聴者のスリルを煽るだけの雑多な解説。当地の情報不足の人たちにとっては不安を煽られるだけ。
 
 「危険ですから近寄らないで下さい」と言いつつ、カメラを回すスタッフは平気で被害地を歩き回り。
 
 多分撮っているスタッフは(炬燵で見ている非・被災地の方々同様)「映画」気分なのだろう。
 
 なぜ危険と言われている地区まで足を運びながら被災者に何もしてあげないのだろう。なぜ個人では飛ばせられないヘリコプターで被災地上空に行きながら、孤立した地区へ救援物資を届けないのだろう。
 自分に出来ないことをしている彼らを見ていると、怒りと歯痒さでいたたまれなくなる。
 
 
 結局、今でも一番重要な情報を提供してくれているのは地元のAM局「茨城放送」です。水や食料を入手出来る場所、通れる道と通行止の箇所、安否情報など「被災した当事者が絶対に必要な情報」を地震発生直後から流してくれています。
 
 本当ならここに「映像」が乗れば情報量が一気に増える(ラジオなので、一瞬の情報を聞き逃すとしばらくはその情報へのアクセスは出来ない)のに。茨城にはローカルTV局がありませんからね。
 
 あ、被災地にTVでの情報は不要なんてバカなことを言わないように。現に今この周辺では食料と燃料の調達は不可能な状態ですし、少しでも情報が欲しいと思っています。
 

|

« 更に | トップページ | 自分の周りは、少しだけ落ち着いたので »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

マスコミ…特にテレビ局は自分達を神のように思っている。聖書の黙示録にはこの世が終わる前兆が記されています。各地で地震が頻繁に起こり経済が破綻し様々な争いが起こる中人は希望を見失い人間関係も破綻します。既にそうなってきています。またニセの預言者や終末の救世主と名乗る者が表ればか高い塔を建てて我々に忠誠を誓わせる。反対する者は全て処罰されその映像は見せしめの為全世界に放映される…
我々はもう既にマスコミ(特にテレビ局)に洗脳されています。だからみんな必死で地デジ対策していますよね。冷静に考えたら不気味ですよ。情報に飢えたマスコミにとって今回の震災は千載一遇のチャンスです。奴らにとったら震災もビジネスですからね。人の命なんて考えていないですよ。むしろ自殺とか殺人とかを生中継したい位じゃないですか?だって視聴率取れますもん(笑)

投稿: K.A. | 2011年4月 2日 (土) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マスゴミ~今回の災害に際して、再度考えること:

« 更に | トップページ | 自分の周りは、少しだけ落ち着いたので »