« Pandra | トップページ | 間違い探し~dynabook SS 2120編~ »

2011年2月14日 (月)

連休?それって美味しいの?

MEDIO write:

 

 連休だった、らしいですね。

 確かに会社に2日ばかり行きませんでしたが、部屋のPCからVPNで繋げば大抵の仕事が出来る訳で。(--; 

 あまり休んだ気がしません。特に。

Seagate

 部屋のメインPCは映像編集に特化した仕様(IntensityProが入っていて、ストライプセットでRAID構成のHDD、PremiereやAftereEffectsがインストール済み...だけどCore2Duo。新i7にしなくては)になっているんですが、電源入れたらRAID構成のHDDが1台認識しません。

 Seagateなので前兆無しでおかしくなる訳ないよなぁ(経験上)と思いつつ、ふと思いついた事があったのでGoogleさんに聞いてみました。

 

...ビンゴ。

 

 大騒ぎになった「Seagate製HDDのFirmwareバグ」でした。

 そういえば当時、気になったのにRAID構成の為、チェックが出来なかったんだよなぁ...(--;

 

 RAIDのドライブには編集中の映像データくらいしかないので、データが無くなっても全然痛くない...んですよ。いつもなら。

 丁度、知り合いが行っているカルチャースクールの過去に行った発表会のビデオを取り込んだデータが入っていて、かつ取り込んだ元のビデオテープは切れてしまったとか聞いたので...

 

 HDDの障害の理屈も直し方もわかったので、シリアルケーブルをHDDに接続して復旧を試みます。

※HDDのエラーログが丁度320個書かれた状態で電源を入れると、こうなるらしい。

 なので、HDDのスピンドルが回らない(エラーログを読めない状態にする)ようにして管理コンソールを立ち上げ、それからHDDのスピンアップ→ログ領域のクリアをする、らしい。

※本当は、HDDを裏返して電源を入れてはいけません。裏返しはHDDにとって唯一のダメなポジションです。

 

 結局1時間かからずに復旧は出来ました。けど。

 RAID構成で、もう1台同型のHDDがあるなら、そっちのFirmwareを上げて基板を入れ替えれば良かったんだなぁ、と後の祭り。(w

 

 

 あと、ちょっと考察中のメモ書き。

○パーソナルなスポット溶接をするには?

 目的:「充電池のタブ溶接」。2次電池にニッケルか燐青銅のタブを溶接する。

 原理:低電圧大電流の電源で、電極間の接触抵抗を利用し、ジュール熱で溶融。

 必要なのは:低電圧大電流の電源

 リサーチ:Yokodai.jpで販売されているスポット溶接機は、最大24Vで充電されている。

       またその容量は(中規模で)100Wsらしい。

       100=C・V~2/2 → C≒0.35F=350000uF 電源用ブロックC使って、150000uFなら3本弱

 考察:一般売りされているのと同じ構成ってのも癪なので、ちょっとひねってみる。

    とりあえずコンデンサ充・放電の仕組みは一緒。ただ、もっと低電圧大電流に。

    例えば5Vで放電だとすると、100=C・V~2/2より C=8F

    これなら秋月で売っている電気2重層CでOK。

     ※ただし、内部抵抗が問題。100mΩ程度でも電流量が多いので電圧低下が発生。

    秋月のパーツで電流量が取れるのは350F。これを2本直列で175F。

    仮に充電電流を1Aとしても、Q=CVから Q=875 ...充電に14分以上。 (--;

 

    結構やっかいいだなぁ。(w

| |

« Pandra | トップページ | 間違い探し~dynabook SS 2120編~ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連休?それって美味しいの?:

« Pandra | トップページ | 間違い探し~dynabook SS 2120編~ »