« 復活 | トップページ | 検証 »

2011年1月26日 (水)

再修理

MEDIO write:

 

 仕事をさぼって 丁度海側近くに仕事で来たので、そのまま太平洋...阿字ヶ浦海岸まで行ってみました。

 ここは「ひたちなか港」を作るのに付随して行った沖合の防波堤工事の影響で、遠浅だった砂浜が全く無くなったという海岸です。

 私も小さい頃、海の家を営業していた親戚がいたおかげで何度も来ていたし、高専が近かったおかげで授業をさぼって自転車で泳ぎに来ていたんですが...本当に砂浜が無くなったのを見て酷く悲しくなったものです。

 が、海岸の沖に「税金で」消波ブロックを積み、砂浜復元のため「税金を使って」砂を埋め戻した結果。

Aji

 見事に砂浜が修理済みに。

 つい昨年までは、道路から海岸まで砂浜は10数メートル、高潮の時は道路に波がかぶる程だったのに。

 まぁ2重に税金を無駄使いしているのは否定出来ませんが...これで海の家も復活すると良いですね。今では高速道路も開通しているので、栃木や群馬の人も簡単に来ることが出来ますから。

 

 と、再修理?の話がもう一件。

 かな~り前、JunkのSONY製NET MD DESKTOP AUDIO「LAM-Z10」をハードオフで購入したのですが。

 蓋が左右に動いてCDとMDの挿入口が現れるという無駄ギミック。そしてその動きがおかしくなる=JunkというSONY的王道製品でして。

 故障の原因は、蓋を左右に動かすギヤの上下2個の上側が割れてしまい、左右に動かす駆動力が伝わらなくなるというものでした。

 上側のギアは小さい為、強度が足りないのでしょう。前回はシャフト側を細く削り、ギアの割れを修復するというものでした。

 

 で、最近動きがおかしくなってしまい、分解するとこのギアが再度割れていました。

 

 再度同じ修理は不可能。かといってもうSONYには修理部品が無いらしく。

 

 いろいろ考えたら、結構簡単(ただし不可逆です)な修理法を見つけました。それも部品代無料・道具はカッターのみで出来ます。(w

Jiku

 (加工後の写真)

 中央のものがその駆動ギアなのですが...本来であれば、右上側のギアはもう少し長いのです。それをカッターで半分に切って、軸の逆端(写真左下方向)に動かし割れたギアの変わりに使うという方法です。(^^;

(写真左上に見えるのが、割れてしまったギアです)

 

 そんなんで大丈夫なの?と言われたら「ダメに決まっているじゃん。多分、寿命は短くなるし」としか言えません。が、「全く使えないで放置」なら「短くても延命」するのも有りじゃないかなと思います。プロじゃないんだしね。

 実際、これで組み直したものは↓

 「MOV01340.mp4」をダウンロード

 

 ちゃんと動いています。今の所。

 

 動かしている赤外線リモコンもAVRで作ったものです。Junkだと大概付属してないし、そこらで売ってませんので。

 

|

« 復活 | トップページ | 検証 »

オーディオ話」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/437678/38611487

この記事へのトラックバック一覧です: 再修理:

« 復活 | トップページ | 検証 »