« | トップページ | 茨城の風力発電~ウィンドパワーつくば »

2010年10月10日 (日)

Xperiaの充電

MEDIO write:

 

 本来インドアな仕事なんだけど、打ち合わせ等々で表を出歩く機会が何故か多く、かつメールでのやりとりが重要って事が多々あるのでスマートフォンは必須。とXpeeiaを買ったのは半年近く前の事です。

 その時は「白」だった(在庫の関係)んですが...即時、現在も病気療養中の某氏と交換することになって今は「黒」を使っています。

 

 まぁ世のXperia使いが恐らく全員思っているだろう事...データのシンクロだけでなく充電するのにも一々MicroUSB端子に(一々蓋を開けて)ケーブルを挿さないといけない「面倒さ」でしょう。天下のSonyグループの製品と思えない、根本的な欠陥だと思いますよ。うん。

 

 妙ちくりんなモノ作りで有名な秋葉原の「サンコーレアモノショップ」ではXperia用クレードルを発売していますが、実はこれ、「バッテリ内蔵の専用裏蓋」と交換する構造になっているんですよね。つまり「純正バッテリは充電出来ない」、と。

※この商品が発売された直後HPには「データの同期も可能!」と表記されていまして、速攻メールで「ホントですか?」と問い合わせたんですよね。直後にHP上の表示が書き換えられてましたが。(w

 

 どうせ修理なんて考えて無いので、クレードルモドキを使える(作れる?)様、いろいろ物理加工にも走ろうかなとか思うのですが、その前に手段の考察をしてみます。

1.ベスト案は、USBの端子を全部を裏蓋側に出すこと。これならデータの同期も出来るし。

2.最低、USBの電源端子2本を出す。...でも、これだと充電モードに入らないかな?

※DATA線を電源で吊らないと、充電されない。iPodやPS3コントローラと同じ。

 

 まぁ出来るかどうかは見てみないとわからない、という事でいきなり分解。(w

Xperia

 「ヘクスローブのT-7」と「この手のものを設計した等の経験」、そして「若干の勇気」だけあれば5分かからずバラバラになります。(^^;

 

...さて。MicroUSB端子付近は全然半田コテが入る隙間がありません。強いて言えば「半田付けされているMicroUSBの端子をとっぱらう」方法くらいしか。(--;

 電池の接点付近はまだ余裕があるのですが、本体内の充電回路を残したままというのは危険なのでこちらも難しい、と。

 仕方なく組み立て直しました。(--;

(実は。裏蓋を外した最下部の「プラスチックのはめ込み部品」があるところに2極の接点がある!のですが、パターンを追った限り多分アンテナに繋がっている様子)

 

 あとは、既存のMicroUSB端子からフィルム基板で背面に端子を形成する方法かな?これなら保証効くし。(^^; あ、端子の蓋は取らないとダメだね...

 

 とりあえず、加工用に裏蓋を買わなくては。

 

 あ、組み立て直した後は正常に動いてますよ。えぇ。:-P

| |

« | トップページ | 茨城の風力発電~ウィンドパワーつくば »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Xperiaの充電:

« | トップページ | 茨城の風力発電~ウィンドパワーつくば »