« 自作自演 | トップページ | 小ネタ~AVRでの赤外線リモコン送信機 »

2010年10月29日 (金)

C社ナビの解析・中途半端報告

MEDIO write:

 

 会社のATAプロトコルアナライザを使う誘惑を断ち切って、自作ケーブル+自作回路にて解析を進めてみました。ほんの少しですが。

 予告からもう1年半くらい経過してるカラオケ屋C社のナビのHDDです。

 サイバーナビと同じ方法でパスワードを読み取り、外したHDDをPCにてunlock。

 

 ファイルシステムは既出の通りWindows機と同じFAT。

 プログラム中にはHitachi ULSI Systems製 UltraFile Call-handlerライブラリがありました。(w リセット時間等の問題は、こちらに手を入れれば良いのかと。

 

 さて。この機種は他HDD化やSSD化に失敗するという報告がある様ですが、プログラムを見ていると噂通りというか、案の定HDD機種判定をしている様子があります。

Clarionnavi_3

 東芝製の5機種の名前がハードコーディングされています。

 逆にここを書き換えれば何でも載るのかもしれません。

 

 あと、メモリスティック経由でのBIOS書き換えのプログラムも手元にあったりするんですが...

 今回はここまでで。時間がないんですよ...来年3月まで。11月にゴールデンウィークと夏休みの代休を宛てて2週間ほど旅行したかったのに。(--;

 

| |

« 自作自演 | トップページ | 小ネタ~AVRでの赤外線リモコン送信機 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: C社ナビの解析・中途半端報告:

« 自作自演 | トップページ | 小ネタ~AVRでの赤外線リモコン送信機 »