« 新次元 | トップページ | 死亡フラグ~「人間」の定義 »

2010年9月27日 (月)

Time-out

MEDIO write:

 

 しまった...レンブラントも見に行きたかったのに。

 東京富士美術館の「ポーランドの至宝」展も今日まで、でした...

 

 ショパンが活躍した時代のプレイエル・グランド・ピアノ(1845年)の展示もあったらしい...

 

※ショパンの「ピアノ協奏曲第1番ホ短調Op.11」...(のだめが、デビューコンサートで演奏した曲ですね)...は、当事のプレイエル社を引き継いだドイツ人ピアニスト・カルクブレンナーに送られた曲で、ショパンはプレイエル社のピアノを愛用していました。

| |

« 新次元 | トップページ | 死亡フラグ~「人間」の定義 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Time-out:

« 新次元 | トップページ | 死亡フラグ~「人間」の定義 »