« 相変わらずな記事 | トップページ | 新次元 »

2010年9月26日 (日)

対症療法の功罪

MEDIO write:

 

 まぁ予想通り。最悪の結果になった訳なんだけどね...

尖閣沖の衝突事件、中国人船長を釈放 「日中関係考慮」 と

「勾留は不法。日本は謝罪と賠償を」中国外務省が要求

 

 領土問題など、国家間の利害が重大な案件なのに、何故「対症療法」でごまかそうとするのかな?日本にとって領土問題って相手国の顔色を伺わなくちゃいけない程、重要度が低いんだろうか?

 落としどころが難しい、特に意見が真っ向から反対を向いている案件であればこそ、「対症療法」は使うべきではありません。問題の本質と向き合ってないから、特に相手が「話を聞く気がない、こちらの言う言葉を理解しない」場合、押し切られて終わりになるだけ。(今、この寸前の状態です

 

 日本人は昔、なぁなぁで争いを好まないと言われましたが、外交に関しては現在もその通り。それは同じ考えを持つ者同士であれば互いの譲歩点で話が落ち着くでしょうが、C国相手じゃこうなるってのは前からわかってた事で。

(自分達の得になることは、違法だとわかってもやる。著作権、偽ブランド等の問題みれば明らかでしょう)

※最近だって、レアアース類が高騰するからと、一方的に輸出量を7割も減らしてきたとか、「法や契約すらゴミ扱い」な国なんだし

 

 

 C国に親近感を持っている方には悪いんだけど...仕事で現地に行っている者からすれば「最悪な」としか言えない。

 自分の利益の為には他人がどうなってもかまわないという行動を平気でするし、契約書等に書いてある決まり事すら守らない。もちろん同胞内での自浄作用は望めないから、日本人が行って監視・指示しないと品質・納期等が保てない。

 もちろん「高等な教育」を受けた人達は、いろいろな事を知っているし、そんな事はあまり無いんだけど。工場長~工員レベルを信頼するのは自殺行為です。

 

 聞いたら「日本は敵国」という教育がいまだ続いてるそうで。さすがだね。(w

 

 

 圧力かけられたから釈放って、「あ、逮捕したのは間違いでした」と言っている様なもの。だったら「本当は犯罪」だったとしても(恥知らずな)彼の国は、ここぞとばかり喜んで「賠償しろ」って言うだろう。

 国民も、日本に向けてサイバー攻撃しかけたりHP改竄したりと、平気で「犯罪」しているし。国民にそういう教育している国なんだから。

 

 外交問題に考慮?とか言ってますけど、こういった「いい加減な対処」自体が、日本の「外交問題」の本質でしょう。

 

 国内経済に影響が出ても、譲れない・間違い無い事であれば徹底的にやりあう覚悟が無ければ、日本の領土、国民なんて守れません。

| |

« 相変わらずな記事 | トップページ | 新次元 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対症療法の功罪:

« 相変わらずな記事 | トップページ | 新次元 »