« ひまわりと、すだじいと、さぎ。(茨城のラーメン店~その2 .5も | トップページ | タブレット »

2010年8月 2日 (月)

ドラム・インターフェイス~その5

MEDIO write:

 

 どうしっよかな~と放置してあった「ドラム・コントローラ」ですが。

 折角ここまで作ったんだからとプログラムに手を入れました。

 

 アセンブラで書ける部分(演算上、Cでは無駄が出そうな部分)はアセンブラ化。「pin状態変化割り込み」は削除して一括でフィルタ演算の方で処理することにしました。

(こうすると、バスドラム以外の反応が今までより40ms程度遅れる計算になる。が、背に腹は代えられないので)

 

 結果。

Dora4

 「EEPROMにパラメータを書き込む処理」を含めて、前回と同じサイズ2036Byteになりました。(^^;

 

 まぁ紆余曲折はありました...全てアセンブラ化したLCD制御モジュールは、2年ほど前に(AVR始めた直後)秋月のキャラクタLCDのどれか用に作成したものだったんですが、今回使用したaitendoのモジュールと若干性能が違っていて。特に3.3Vで動かせる代わりに「遅い」。enable信号をトグルする時wait入れないとデータこぼすし、初期化では40ms待たないとコマンド受け付けないし。

 プログラムが速いから出る不具合、久々に体験した気がします。

 

 KeyVelocityの値が変化出来る「アナログ入力タイプ」(別名プロ仕様)は...バスが単純スイッチである以上、無理な部分が残るんですよね。

 他のPadもどんな出力するセンサ(たぶん圧電素子だろうけど)が付いているのかわからないし...どうしよっかなぁ~(w

|

« ひまわりと、すだじいと、さぎ。(茨城のラーメン店~その2 .5も | トップページ | タブレット »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/437678/36002361

この記事へのトラックバック一覧です: ドラム・インターフェイス~その5:

« ひまわりと、すだじいと、さぎ。(茨城のラーメン店~その2 .5も | トップページ | タブレット »