« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

仕入れ

MEDIO write:

 

 昨日の話です。

 先週予定していた出張が「富士総火演」見学で延期になっていて、今朝は早出して済ましてきました。昼食も取らずに仕事を終わらせ、15時には退社。(^^;

 その足で古河のハードオフへ。(--;マタカヨ

 

 なんだかこのお店、妙なものがJunkコーナーにあるんですよね。もちろんJunkの値段で。まぁ使用用途が不明であれば価値は無いに等しいんですけど。

 今日はNEC製VPNルータIP38X57iが\525でした。(w

Ip38x 

 見てわかるとおり、中身はYAMAHA製57iです。ていうか、IP38Xなんて...うち(N社)関連から流れ出たモノっぽい気が...普通の企業じゃ使わないだろうしなぁ...

 loginパスワードがかかっていてDHCPサーバも止めてあるみたいなので、コンソール接続&パスワード解除...config残ったまま...漢字コードはEUCに変更してある...ううむ。(--;

 

 さくっとcoldスタートして、設定初期化。次いでファーム更新して。

 無事最新版になりました。

 

 さて、何に使おう。(w

 

 会社とVPNで繋がる&会社の内線用VoIP-G.W.はIP38XRTV700なのでそのまま繋がる=ここから内線通話が出来る...いや、自室も仕事場と同じという環境にするのは明らかに自殺行為だ。うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

肩こった

MEDIO write:

 

 ...

 知り合いのところで音楽編集作業中。メインはピアノ編曲、とか。

 

 以前、「オルゴール編曲とかピアノ編曲とか、簡単手軽で良いよね」と、超おバカな事いっていたヤツが居たんですが...使える音数が限られる分、結構大変なんだってば。

 機材だけ大量に持ってて、音数重ねればそれで「音楽も厚くなる」と勘違いしているのとか、いるけどね。(^^;

 

 いつもと違う「キーボード(普段のPCの、じゃなくて鍵盤の方)」なんていじっているから肩が凝ります。肩触るとゴリゴリ。

 

 あ~プログラム組みたいなぁ。放置しているSH2Aの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

unavoidable

※※写真枚数がかなり多いので、とても重いです。注意!

※※今回の記事の「まとめ部分」は、あくまで個人的な感想を述べたまでです。ですから、それに対して文句や反論は必要ありません。意思表示が必要な方は、ご自身のblog等にお書き下さい。

 

MEDIO write:

 

 昨晩の会食後。

「明日は朝7時にお迎えにあがります」と...(--;

 まぁ疲れているから早々に寝ちゃうんだけど...その時間だとホテルのレストランがまだ開いてないんですよね。

 

 そして今朝、車中にて渡されて。

Ticket

 そして、車に乗せられて来た先は。

Dsc00234 

 富士の裾野、富士総合火力演習(の予行演習)見学です。ちなみに私は現在御殿場方面へ出張中で、これも「お仕事」の一部です、きっと。念のため。(w

 

 「日曜日に行われる(本番)演習」の前に行われる「予行」と言われていますが、やることは同レベル。見学客も多すぎ...8時前なのに、スタンド席はほぼ埋まっています。

(私は...担当の方が6時頃から並んで下さったおかげでD席上段へ...)

 ちなみに、シート席の様子は

8:00Dsc01042

8:30

Dsc01046 9:00

Dsc01048 9:30

Dsc0105010:00

Dsc01052

 おぉ。埋まった。(w 

 観客席には静岡放送のインタビューなんかも。

Dsc00297 

 そして。やっと開始時刻の10:15。

 写真は結構撮りましたが、整理するのが面倒大変なので、適当な解説と一緒に貼り付けておきます。

 あと、ミリオタでは無いのであちこち説明が間違っていると思われます。叩く前に教えてください。(^^;

Dsc00307Dsc00310    

 ・遠距離火力~FH-70(155mm榴弾砲...4.2億円)、99式15HSP(99式自走155mm榴弾砲...3.03億円)、20HSP(203mm自走榴弾砲...3.57億円、弾薬15.9万円)

Dsc00326Dsc00325Dsc00324

 普通の着弾。

Dsc00334

 仕掛け花火で  はなく異種砲弾(もちろん速度等が違う)を「富士山の形に同時に空中で炸裂」させるという展示射撃。

Dsc00335 

 ・中距離火力~81M(81mm迫撃砲...1490万円、弾薬5.6万円)、120M(120mm迫撃砲...5590万円)、FV(装甲戦闘車...6.9億円)

Dsc00340Dsc00337Dsc00339 

 この辺りからいい加減。(w

Dsc00349 Dsc00352_2

Dsc00357 緊急待避?とかで、1本に全員まとめて吊り下げられている。これは嫌だな...

Dsc00363

 LAV(軽装甲機動車...2900万円)と01ATM(01式軽対戦車誘導弾...33億円)

Dsc00365Dsc00366 Dsc00367Dsc00368 WAPC(96式装輪装甲車...1.2億円)   Dsc00380

 小銃てき弾、84RR(84mm無反動...221万円)、LAM(110mm個人携帯対戦車弾...51万円) Dsc00384_2Dsc00385Dsc00386

 発射Dsc00387 着弾

Dsc00388Dsc00389 Dsc00393 AH-1S(コブラ...48.6億円)と対戦車誘導弾(TOW)

Dsc00398  AH-64D(アパッチ・ロングボウ...73.2億円

Dsc00406  本来は対空用~87AW(87式自走高射機関砲...14.2億円)の水平射撃(w ちなみに的は壊れませんでした。(--;

Dsc00411 90式(90TK...8.1億円)...先日の砲身破裂事故の為、予想通り射撃無しでした...が、旋回・停止等で姿勢が急激に変化しても砲身がピタリと一方向を向いているあたり、ハイテク・ジャパン製。すげぇ、です。   

Dsc00418Dsc00420

Dsc00421

 74式(74TK...3.9億円)

Dsc00423Dsc00424Dsc00426 

 航空火力 航空攻撃(F-2...126.6億円)は無し...空挺降下も天候理由で無し...ここで、前段が終了しました。

 

 持ち込んだお弁当を黙々と食べる...

 

 後段は、実際の作戦を模した、偵察~支援~攻撃と、「それぞれの連携が説明されながらの演習」です。

Dsc00427_2

 かなり遠くに飛んでいるFFOS(遠隔操縦観測システム)。16億円の高価なラジコンです。(w

Dsc00428  OH-1(24.5億円)は目の前の低空で背面飛行を難なく。

Dsc00431_2Dsc00432Dsc00433 偵察用オートバイの空輸をする多目的ヘリコプターUH-1J(10.9億円)

Dsc00438 偵察のオートバイ(82万円)と

Dsc00442 アパッチによる援護射撃

Dsc00446_2

 そこに小銃小隊が。後追いのヘリがCH-47JA(48.6億円)

Dsc00447Dsc00452Dsc00454 LAV、HMMV(高機動車...700万)の空輸

Dsc00457Dsc00461 Dsc00469Dsc00476 Dsc00481 Dsc00483 

Dsc00497 Dsc00509

 MCV(92式地雷原処理車...4億円) Dsc00515Dsc00516 空中で開いて

Dsc00520  Dsc00523_2

 今回はお飾り。90式。と、代わりに盛大に射撃している74式。

Dsc00534 Dsc00538 Dsc00545

 そして全部出てきて。

Dsc00557 Dsc00559 

 

 そして、考えたこと。

 私は「のほほ~ん」と、自衛隊って災害の時以外に何の役に立っているんだろ、とか失礼なことを考えていたのは事実です。

 ただ、この2時間程の演習でさえ一山が焼け野原になる程の攻撃力を持っているという事実。実際の自衛隊の総力では、一体どれ程の力を持っているんだろうか?と。

 演習という限られた条件でさえ、これだけの「攻撃力」があるんですから。一般の市民、いや機動隊のジュラルミン製の盾だって、構えた人間ごと吹き飛ばすであろう火力。

 

 「自衛の為の戦力」。確かに「綺麗ごと」を言うなら「そんなものは平和な世では要らない」のでしょう。

 でもその存在意義は、今でこそ「もし?」で考える必要があると思います。

 

 現実問題として「どこかの将軍様」や「国民に「日本は敵だ」と教育している国」が近くにある以上、いつの日か日本に何らかの攻撃をしてくる事を考えておくべきです。これは妄想などではありません。実際、日本国内にすら「自分の子供を、自己の快楽のために放置し餓死させる」とか、「愛人との交際に邪魔な夫を殺す」、「ネットで無視されたからと無差別殺人をする」様な、信じられない人間が沢山いるんですから。

 そしてその人(たち)には話し合いは通用しません。皆さん知っての通り。

 

 今日の演習で使われた弾薬が観客席や東京の街中に向けて放たれたら。おそらく1000人単位で死人が出るでしょう。

 

 確かに攻撃の為の力と考えると恐ろしいと思います。でも「既知外が刃物」を持っているのなら、そしてその刃物が単純防御を許さない攻撃力を持つならば、身を守るのはやはり「刃物」しか無いんだろうな...そう思いました。えぇ、悲しい現実です。

 

 自衛隊は要らないと言っている人こそ、自衛隊の演習でその「力」を見て、そして「もし?(if)」という事態を考えてみて欲しい、そんな経験でした。

 

※今日座ったベンチシートの下の鉄骨ですが、何故かペンキが生乾き状態。手に付いてしまいました。

 そして、これ。

「90式戦車の砲身飛び散る=大規模演習に向けた射撃訓練中―陸自」

 記事中にとても気になる文章が...

「破片の一部は戦車の約200メートル後方に設置された観客席を破損した」

 

 モシカシテ...(--;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

出張

MEDIO write:

 

 今日は(も?)出張です。いつもの出張先の都内を通り過ぎ、御殿場まで。

 御殿場には、以前はNの事業所を譲渡した、J何とかという会社があります。

 

 そういえば、御殿場プレミアム・アウトレットは、平日なのに凄い数の車が出入りしていました。(^^;

 今日来ているお客達は、仕事は何してるんだろか?水曜休みの業種って、そんなに多くないと思うけど。

 

 これから会食に誘われているので、とりあえずここまでで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

酷い朝

MEDIO write:

 

 相変わらず...リファラ見るとこのblogに飛んでくる検索ワードは「アンダーグラウンド」なのばかりなのですが。「HDDパスワード解除」とか、「IX2015ファーム入手」とか。(w

 

 そんな中最近、KORGのM1のLCD交換に関して探している方が多いように見えます。

 往年の名機も部品寿命なのでしょうか。音が出ないという致命的な障害(...うちのはそういうJunk品を再生した訳ですが)が無いなら、まだこの機種の音色には魅力があるのでしょう。新しいモノが良い、というのでは無いのは楽器の良い所ですね。

(かなり昔、トランジスタ●術誌の記事に「4オペレータのFM音源の音は耳が腐るから聴かない」と書いた人がいましたが...本当に腐っているのは何だったのでしょうね。:-P

 

 さて。うちの子も音が出る様になった(with電池交換)後、CCFL(冷陰極管)バックライトの白液晶に交換した訳ですが。実は今、VFDパネルが付いていたりします。(w

 ちょっと入手方法がアレなので、写真は見せられないんですよね...すみません。

 

 代わりに、M1のLCDパネルを自主交換したい人に情報を。売っているお店です。

 最初に交換したCCFLバックライトの白液晶は、秋葉原の鈴商さんで扱っています。

http://www.suzushoweb.com/index.php

 秋月電子のある通りをそのまま進んで、大通りに出る角の右にあります。LCDは奥側の部屋に入ったところの目の前にある棚。

 

 私が買ったものは店頭在庫のみで通販不可。残りは5枚以下だと思います。

 通販メニューに載って無いものですので、現地で購入して下さい。「webで表示されていないものは通販出来ない」と断り書があります!

※今なら「お勧め商品」にC-51850NFJ-SLW-ADNが掲載されています。が、こちらは動作するか調べてません。この手のモジュールは電源の極性以外は互換性があるので、多分動くとは思いますが...LEDバックライトですか...

 

 あと、「人と同じじゃ嫌」という(私みたいなヒネくれた)人は。

 ノリタケ伊勢電子(高級食器のノリタケグループ!の)のVFDなんかがよろしいかと。

http://www.itron-ise.co.jp/products/module/cu-u/40x2.htm

 ※といっても、今の所入手方法は不明です...個人的に販売してもらえるのかな?

 

 

 

 で、今朝の事。

 ベッドで半覚醒状態。何となく予感はしていて。今動いちゃダメだと思いつつ、ぐーっとノビをした瞬間、激痛!

 

 最近、起きがけに右足が痙る事が多いんですよね...クエン酸は取るようにしている(梅干し食べて)るんですが。

 今朝のは「マジでヤバイ」って規模。右足抱えて、布団の中で息止めて我慢しましたが...

 

 今日一日、筋肉痛で歩くのが困難になる「痙り」は初めての経験。今も痛いし。

 

 結局引きこもった日曜となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酷い日

MEDIO write:

 

 放置気味だった会社の仕事を片付けようと思い、土曜なのに出勤しました。いつもと違う車で。

 まぁ本来休みなんだから、事務所にほとんど人はいません。なので、疲れたり頭痛がしたら椅子を堂々と倒して横になって休んだりしながら。まったりと。

 

 昼食中に、事務方からPCが起動しないと呼ばれ、急ぎ対応した以外は特に何もない1日...のはずでした。そろそろ帰ろうと思った20時までは。

メモリが1枚突然死していた。机の引き出しに余ってた1Gを2枚放り込んで終了。

 

 最終退出して、車のエンジンをかけようとしたら...まったくセルが回らない。と同時に室内灯やらメーター系のランプも全て消灯。(--;

 

 やりたくないけど、社用車を横付けしてブースターケーブルを繋ぎ、エンジンをかけました。ステアリングのワーニングが出てる...予想通り。後でコンピュータのリセット(センター出し)しなくちゃ...

 10分以上アクセルを踏んだまま中回転を維持、そろそろ行けるかな?とライトを点けた瞬間。エンジンが止まりました。(--;;;

 

 バッテリが死んでるのか、ICダイナモか...もう一度エンジンをかけバッテリの端子を外してみると、エンジンは止まらない。バッテリが死んでますね...

 

 でも敷地内には既に他の社員はいない模様。会社の車で出かける訳にもいかず、徒歩で近くの(でも、歩きだと30分程度かかる)ガソリンスタンドまで行きましたが...610-042なんてバッテリがそこらのGSに、置いてある訳が無い...わかってましたけどね。

 

 半分泣きそうになりながら電話帳を借りてレンタカー屋に片っ端から電話して、この時間も営業している所にタクシーで向かい、一番安い車を月曜まで借りました。

 

 レンタカーは安いって言っても有償、バッテリ自体も4万円くらいするし...踏んだり蹴ったりの1日になってしまいました。

 セキュリティが死んだまま、会社の駐車場に放置してある車も心配だなぁ。(--;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

スイッチの乗っ取り完了-エアコン・コントローラパネルのフルカラー液晶化1.9~BG5改造プラン36

MEDIO write:

 

 昨日の解析を考え直していて、ふと思ったのは「論理回路には負論理もある」んだよね、という事。

 

 というのは、今回使っているソフィアシステムズのロジアナ「LA400」にはアナログ電圧の測定が出来る機能があるのですが、昨日見た「スイッチの繋がっているライン」の電圧がどうにも説明出来なかったからでして。

 Hの端子は4.5V付近。一方、Lの端子は2.0V付近。

 

 それで、思いついたのはH端子はPullUpされているだけで、L端子に至ってはOpenじゃないかと。(ロジアナの解放されたままの端子は2.2V近傍を表示する)

 

 そこで、導き出されたシーケンス。

「L(に見える)端子をプルアップするとキースキャンが開始される。

 その端子にLを出力し、繋がった(PullUpされた)ラインがLに引き込まれる事で同一ライン上のスイッチの分別をしている」 のかな?と。

 

 このあたり、失敗するとマイコン同士のLとHポートが当たる(=最悪壊れる...まぁその前に電流制限がかかるでしょうが...)ので、想定では組みたく無いんですが...このシーケンスで動くプログラムをTiny2313で組んでみます。

 で、結果。

「スイッチ回路乗っ取り完了の証拠映像(w」

 

 (試験用スイッチの繋がった)2313から出力された信号で、エアコン・コントローラを動作させる事が出来ました。(^^;ヨカッタ

 まぁ4066(アナログスイッチ)を使えば悩まずに済む話なんですが...やっぱりスマートで無いと。(w

 

 エアコン・コントローラにTiny2313を1個組み込んで、VFD表示データ読み取り処理と、スイッチ信号の出力処理をさせれば(Coreになるマイコンとの通信はI2Cでもシリアルでも大丈夫)コントローラの場所はどこにでも移せそう(実際には「室内気温センサ」用の吸気ホースがあるのですが)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

今度はスイッチ(2)-エアコン・コントローラパネルのフルカラー液晶化1.85~BG5改造プラン35

MEDIO write:

 

 昼間の予告通り、レガシィのエアコン・コントローラのパネル・スイッチ信号をロジアナで見てみました。

Airconsw 

 これは「内・外気切換」スイッチを押した時の波形。このスイッチはAとDライン間にあります。

 予想通りで、B・D・E・Fのラインが通常H状態になっていて、A・C・Gラインのレベル変化があった時にH状態のラインを走査して(後半の短いLパルス)同一ラインに接続されたスイッチ群の分別をしているのでしょうね。

 

 明日は...時間があったらスイッチ乗っ取りプログラムでも書こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

今度はスイッチ-エアコン・コントローラパネルのフルカラー液晶化1.8~BG5改造プラン34

MEDIO write:

 

 VFDパネルの方は信号乗っ取りの目処が付いたんですが、ふと操作スイッチの基板を見ると...(スイッチの数+1)>スイッチ用の配線数...

 まぁ予想通りですが、スイッチはマトリクス接続になっているんですね。スキャンラインをマイコンで順次走査し、反応のあった読み取りポートでスイッチ状態を読むという、(IOポート数が制限される)電子回路としては至極普通の方法なんですが...

 この方法のスイッチを乗っ取るとなると結構面倒です。一番簡単なのは、マトリクスの交差点(本来スイッチが接続されている場所)にリレーやらアナログスイッチを入れる方法。ですがスマートじゃありません。

(走査ラインをアドレスに見立て、ROMやらSRAMを繋ぐという方法もありますが...)

 

 まずは結線を調べておきましょう。スイッチ基板へ伸びる配線は7本。A~Gと名前を付けます。あと、コントローラパネルのスイッチにも表にしやすいよう便宜的な番号を振ります。

Airconsw  上の表はスイッチが押された時、どのライン同士が繋がるか表したものです。

 このマトリクスを見ての想定ですが、A・C・Gラインの組と、B・D・E・Fラインの組で「走査」と「読み取り」を(どちらがどちらの機能を担当しているかは不明)している感じです。後でロジアナで見てみましょう。

 

 他の方法は...タイミング的に間に合うか不明ですが、マイコンで走査ラインの変化エッジで割り込みをかけ、読み取りラインにデータを流して間に合うか、というところ。

(割り込みのオーバーヘッドを考えると、メインループのポーリングで処理した方が速いと思う)

 実際エアコンコントローラのマイコンが、走査ラインをイネーブルにした後、読み取りまでの遅延がどの程度なのか...

(先日の「VFD制御信号」をロジアナで見ている限り、ここらの処理にはタイマ割り込みは使われていない様子。クロックやデータのパルス幅が50倍程度のばらつきがあったし。だとすると、この「読み取りまでの遅延」を外部から定量化するのは無理で、組み込まれているプログラムを解析しないと。)

 

 6MHz駆動のデンソー製CPUと8MHzのTiny2313(場合によっては外部クロック使用の20MHz駆動で)で速度比べですね。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解析のさらに続き-エアコン・コントローラパネルのフルカラー液晶化1.7~BG5改造プラン33

MEDIO write:

 

 今日ものんびりしてます。久しぶりに長く休んでいる気が...9月から大変になることはわかっているから、精神的には余裕が無いんですけどね。

 

 最近、ヒマさえあればラーメン食べてる。(w 

 書いている以外にも「書けない程の味」の店にも行ってるんですが...

○那珂郡東海村

 ・鉄風 ~極味(チャーシュー入り、との説明でしたが...

Teppu  

 元気の良い店員さん。一斉に「いらっしゃいませ」は気持ちが良いです。ラーメン本に出たくらいで無愛想決め込む勘違いオヤジがいますが...所詮サービス業なんだから。ねぇ。

 8月中は1周年キャンペーンとの事でいろいろお得なメニューになっています。今週の夜は餃子が\198との事。

Teppu2

 ラーメン「極味」(とんこつ・細麺・チャーシュー、と説明された)と、黒豚餃子を注文。

 出てきたドンブリはちょっと上品過ぎて量も少なく見えますが、底が深いので麺の量は結構ありました。九州豚骨に付きものの高菜と紅ショウガは、この時に店員さんに「お使いになりますか?」と聞かれます。

 「極味」はチャーシューが特別との事でしたが、量としては普通の厚さのものが2枚。ロースハムの様な食感でした。確かにおいしいけれど...これなら普通の「本丸」で良かったかも。\200高いから、1枚\100なので...

 スープは近くのひたちなか市「とんこつや」と比べると透明感がありますが、しっかりと「とんこつ」で、しっかりと煮詰めた「とろみ」と「旨み」が出ています。「とんこつや」のワイルドさに対して、旨み成分のバランスは私好み。

 餃子も香味野菜が効いた、ラーメンのおまけでは無い味です。

 替え玉を勧められて、注文したら一緒にマー油が出てきました。にんにく臭はあまりなく、でもスープに香ばしさや苦みのアクセントが付くので2杯目の麺にも飽きません。

 8月中は、お昼時のラーメン類が安い様です。夜の部含めて、再度来たいお店です。

Teppu3  

 

 さて。今日の工作。

 やはりVFDに送られている「シリアルデータから発光しているセグメントを割り出す」というのは非人間的作業だと思った。ので、Tiny2313君にやってもらうことにしました。

 まぁ、手クロックでシリアルデータを送るだけのプログラムなんですが。

Vfd1  

 完成形を想定してませんから、やっつけ工作です。(w ちなみに発光しているのは6bit目がHのデータです。1~5bit目はHにしても何の変化もありませんでした。

 ブレッドボード右手の2個のスイッチを押下するとOnになるbit位置が変わるので、順次記録していきます。

 すると。

Vfd2

 これは23bit目。こんな特殊なのもあるのか...

 なんて思っていたら。 

Vfd3

 こっちはもっと特殊だった24bit目。これじゃシリアルデータを人が見たってわからないってば。(--;

 

 とりあえずこれでエアコン・コントローラから出ている信号を乗っ取る準備が出来ました。

 あとは物理加工だなぁ...一番時間がかかる部分...なんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

解析の続き-エアコン・コントローラパネルのフルカラー液晶化1.6~BG5改造プラン32

MEDIO write:

 

 レガシィのエアコン・コントローラのVFDへ行っている信号の解析の続き。今回は自作ロジアナでなく、(資産廃棄となって産廃置き場にあったのを拾ってきた)ソフィア・システムズのLA400で解析しています。クロックを入れてあげるとシリアルデータをデコードしてcsvに吐いてくれるから楽ちん。

 さすがに「商品クオリティ」だなぁ。入手は無料だったんだけどね。(w

 

 頭から23bitまでは温度表示部分。7セグ3桁を逆デコードするのは大変なので、後にまわします。

 その後は以下の様になっている感じ。

24:風力1つ目

25:風力2つ目

26:風力3つ目

27:風力4つ目

28:A/C

29:風向き・足下

30:風向き・顔

31:人の体

32:OUT TEMP

33:DEF

34:車体の絵

35:内気

36:外気

37:MANUAL

38:AUTO

 

 セグメントの解析は大変なので、2313でダミーデータを出すプログラムを作った方が早いだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

解析-エアコン・コントローラパネルのフルカラー液晶化1.5~BG5改造プラン31

MEDIO write:

 

 昨晩の実験結果を昼休みに解析しています。

 まずはVFDパネル単体について。

Legacyvfd  

 フィラメントヒータ含む電源系は、IGNと同時にONになっています。F1、F2(フィラメントヒータ?)は波形の乱れから見て制御基板のインバータで作成されている様子。

 で、残る4本。名前は「想定」で付けました。

1.BK?

 今のところ不明。だけど、ライトON時のDimmerが必要なのは明白なので、きっとブランキング入力だと思われます。イルミ信号を入れて試験してみよう。

2.LAT(ラッチ

 一連のクロック&データが入ってきた後、1パルスだけHになるので...これで表示の更新をしている模様。

3.DATA(セグメントデータ

 最初にオシロで信号を当たってた時、VFDがOnになるとこれもHになってたので、VFDのOn信号かと思ったんだけど...ロジアナで見たらシリアルデータでした。H-enableです。

(単に点灯させる信号がある→シグナルレベルがGNDより上がる、という理由でした)

4.CLK(クロック

 この立ち上がりのタイミングで上記のDATAを読んでいる様子。

 

 これで正しいか、毎度の2313でプロトタイピングしてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動機と行動-エアコン・コントローラパネルのフルカラー液晶化1~BG5改造プラン30

MEDIO write:

 

 「車」...このネタで記事書くのも久しぶりですね。秋月の\300LCDがどうやら動くので、そろそろ使う目的を考えようと。(え?

 まぁあのLCD買った時から考えていたのですが、光学フィルタでVFDを白にした段階で少しやる気が後退していたのも確か。でも...

 

 センターコンソールに、自分の趣味丸出しのディスプレイ付けるのもありかな?と開き直りました。加速度センサーだって買ってあるんだし。ね。

(車重と加速度で、エンジン出力計算が表示出来る。インジェクターの開弁時間を積分して燃費表示も出来る。等々)

 

 といっても、「ディスプレイを取り付ける(想定の)場所」に「既に付いているもの」も考慮に入れなくてはいけません。今回取り付け場所として考えているのは「エアコンのコントローラ」の部分ですから、これも表示出来るようにしなくてはいけない訳です。

 

Aircon1  

 解体屋に行くと、今ではほぼタダでもらえるんだよね、この車の部品って。(--;

 

 とりあえず分解。

Aircon2

  制御しているのはデンソー製D151802系CPU。トヨタ(MR-2とか)やマツダ(FDとか)のECUに使われていたものの系列。クロックは6Mhzのセラロック。

 

 コントローラとパネル間結線は19本。使っていない&複数をまとめ(電源等)ているので、実質はスイッチ入力に7本、イルミネーションに2本、VFDに8本...

 

 あれ?「VFD駆動に8本」?フィラメントに2本と電源に2本、すると残り4本。これでアノードとグリッド駆動すると考えると...どう見ても足りない。

 

 VFDの不明な4本をオシロで当たります。

Aircon3

 信号の変化があるのは3本だけ...で波形を見てると気が付きました。

 「シリアル伝送しているのか...?」

 

 素子としてのVFDはスタティック駆動かダイナミック駆動か、と思いこんでいたんですが、以前「CIG」(Chip in Glass)タイプのVFDがあると聞いたことがありまして。

※VFDのベースプレートガラス上に駆動用能動素子...ICなど...を載せたもの

 今回のエアコン・コントローラに使われているVFDも、このタイプだった様です。

 

 そうなると、測定するのは各信号のタイミング。ロジアナで見てみると...かなりいい加減(CPUの単なるIOポートに繋がっているから仕方が無いんだけど)な手クロック、それに同期したデータが現れました。ざっと38bit。VFDの光るパートと大体合ってます。

 

 となると、この信号を横から読んでデコードすればエアコン・コントローラのパネルは無くせます。とりあえずこの部分もクリア出来そうです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

上京~産廃処理?

MEDIO write:

 

 昨日から某氏宅の物置で整理・梱包・積み込み作業をしていました。

 何を?...「国民機」PC-9801シリーズの本体と周辺機器です。

 

 非論理氏も、もう使わないから...と知人の親戚である「RetroPC.NET」の中の人に連絡して、引き渡すという事になり(身辺整理、とも言う...)、その作業を私がしているという訳です。えぇ。(--;

 いやはや。いろいろ出てくる。ENIXの「ザース」とか「セイバー」とかパッケージのまま出てきた...(w お、5インチのFDD...5インチのMOもあるし!(ww

 

 と、昨晩は汗だくになりながら段ボール箱に「ガラクタ」お宝を詰めていました。

 

 そして今日。

 お盆期間だから逆方向は渋滞していないだろうと9時頃出発。案の定法定速度+αで11時前には秋葉原まで来ることが出来ました。

 この時間だとUDX駐車場は満車だろうと遠巻きに走っていたらいきなり警官に止められました。(--;;;

 

 いや、悪いことをしたんじゃなくて、歩行者天国を再開するので、今後秋葉原に来るときに運転席近辺に刃物を置いちゃダメだよ、という説明でした。

 「車の中にカッターとか刃物は積んであるかな?」と「優しく聞かれた」ので、

 「メチャメチャあります!」と後部座席を見せました。(w 最近、会社で残業時間に工作していたから、加工用の切削工具一式が積みっぱなしだったんですね。

 「あぁ、工具箱に入っていれば大丈夫だよ」との事でしたが、その後に仕事は?とか今日は何が目的で来たの?とかいろいろ質問され...被害妄想は気のせいですよね?きっと。

 

 予想通りUDX駐車場の前には車が列になっていたので、裏通りのリパークに駐車。

 UDXは土日祝日は最大\3000ですが、こっちは\2400。なんですけどね。(^^;

 

 Junk通りをかすめてaitendo。何かあればと思っただけだったんですが、結構いろいろ買ってしまい。

Aitendo

 「LTM040P802」はタッチパネル付きで、通販では\2980。店頭では\900でした。

 といっても実用品としてこれに手を出すのはやめた方が良いと思います。これは一般的な液晶モジュールでは無く、デバイスです。フラットケーブルに繋げる信号は、低レベルの液晶パネル駆動信号であり、モジュールに入っている「駆動回路」を外付けする必要があるからです。

 

...何で買ったのか? もちろん、それを自分の手で作りたいからですが。(w

 

 他にもいろいろ買ったら、キャンペーンとして小型のモジュールを3枚頂きました。

 選んだのは2種。SHARP製「QM0250DP」「QM0314D」。1枚\500相当。

 こちらはCPUの外付けペリフェラルとして制御出来るので、小型のマイコンにぴったり...ですが、千鳥配列の0.3mmをどう繋ぐかが問題です...

 

 

 相変わらず、マジコン屋は繁盛してますね...

Magicon  

 炉ばたで昼食後、秋月で主目的のSDカードスロット等々を購入。

 

 この頃から、妙な紙袋を持った、●■▲な方が秋葉原に増え始めて...あぁ、今日はコミケットでしたか。午前中に大通りに人が少なかったのは、そちらに民族大移動してたからだったのね。(--;

 

 千石、ラジオデパート、若松通商とか回って、きっちり\2400円分以上の時間で買い物・徘徊を楽しんだ後、RetroPC.NETの中の方の所へ。

 倉庫に荷物を下ろして...TownsやらX68000やら、旧世代のPCが棚に満載...すげぇ。(w

 雑談し、そのうちまた話をしましょうと、お暇。

 

 そして、全く渋滞無いまま帰宅。

 SH2AにSDカードスロットを付けなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

流れ星

MEDIO write:

 

 ペルセウス座流星群の季節です。

 そういえば...中学2年の時、望遠鏡(高橋製作所のフローライト...赤道儀もセットで50kgくらいあったのかな?)を背負って行って学校の校庭で徹夜で観測会したなぁ...後輩の女の子と。(w この時初めてインスタントラーメンを茹でずにそのまま食べたんだっけ(^^;

 

 台風が通過している最中だったので、あんまり期待して無かったんですが。夕方ウェザーニュースが「茨城県全域、0時過ぎには雲も晴れ観測に最適!」なんて発表するから。

 シャワー浴びて、出かけましたよ。うん。

 

 水戸北スマートインターからR123を北上、御前山から県道~旧緒川村を抜け「花立自然公園」へ。

...一面真っ白な「もや」で、晴れているか曇りなのかでさえわからない...

 1時間程度駐車場で我慢していましたが、まったく晴れないので移動開始。

 

 大子方面(八溝山)~R118~山方(辰ノ口親水公園...展望台は夜間閉鎖)・常陸大宮~R293~ハイテクパーク金砂郷・親沢池公園...全て雲の向こう。流星どころか、星すら見えない。ウェザーニュース嘘つきやがって...(--;

 

 とぼとぼ帰宅しようと走っていたら「那珂インター」。時刻は2:30。

 「そういえば、岩間の愛宕山って、北東側が開けているんだよな」と思い当たり、常磐道へ。

 

 そして3:00。愛宕山神社の社務所前に着いてました。(^^;

 

 見上げると満天!とは言えませんが、結構な数の星が見えます。と、いきなり流れた!

 

 5分に1回程度目視出来る程の数、流れています。早速カメラを天頂付近のペルセウス座方向に向け、シャッターを切ります。

Peru1

 その中から1枚。マゼンダの2点の間を、一筋流れているのがわかりますでしょうか。

 

 上の写真でも見えますが...3:40過ぎには雲が出てしまい星が見えなくなりましたので撤退。

 さてと。こんな時間まで起きてるけど、今日は11時には出かける用事があるんだよね...

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

速度~「秋月の\300LCD」その3

MEDIO write:

 

 SH2Aの動作速度を検証中です。

 とりあえず作ったモノ。400×300ドット分の配列にビットマップを展開して、それの一部をフレームバッファに転送し、その動きをみてみました。

 

「LCDの動作状態動画」

 

 wait無しだと(速すぎて)動きにならないので、転送一回ごとに空ループ0x10000回を動かしています。

 単にデータ転送だけなら十分速い様ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メモ~「秋月の\300LCD」その2.5

MEDIO write:

 

 取り急ぎ、秋月LCDとかSH2Aいじって気がついた点をメモしておく。内容無検証。

 

1.秋月LCD

 ドットクロックはバスクロック(Bφ)基準。48MHzを分周。分周比はPANEL_CLKSELで変更。

 試験した限り24MHzでも問題無く表示。画面は相当明るくて、外付けのVRでも調整出来ない。クロックを落とすと暗くなる。(正確にはコントラストが変わる)

 落としすぎた時と、電源投入直後(冷間時)は、コントラストが極端に大きくなり、一部階調が飛んで見える。これも10分程度でLCD基板が暖まってくると綺麗に見えるようになる。

※カラーバー表示では気がつかなかった...色数が少なく、かつ階調がある「アナログ・イラスト」(正に表示したサンプル絵が...)なんかだと顕著に見える...セル塗り絵は大丈夫?

 

2.HEWのデバッグについて

 USB経由で止まるという話を聞いたけど、うちでは大丈夫だった。が、実行した後に制御が出来ない(STOP出来ない)状態だった。

 表示は「Power on reset is detected.」だけで、良く聞く「Abort」は出ていない。

 

 main()の最後に、while(1);で無限ループを入れてあったんだけど、これで止めてしまうとHEWからはもうSTOP出来ない。

※画像表示試験プログラムとしては処理は終わっているんだから正解なんだけど...こうなったら「プログラムに手を入れて再ビルド~試験」の前に、毎回HEWを強制終了しなくちゃならなかった。とても面倒ですよね。

 

 Interface誌のサンプルの様に、この部分にLEDの点滅等の処理を入れておくとOK。

 

 

 現状、動いている設定を。

// Akizuki's TFT-LCD LTA042B010F
#define LCD_HORIZONTAL_PERIOD         508 /* 水平同期周期 */
#define LCD_HORIZONTAL_DISPLAY_PERIOD 400 /* 水平表示期間 */
#define LCD_HORIZONTAL_BACK_PORCH     107 /* 水平バックポーチ */
#define LCD_HORIZONTAL_PULSE_WIDTH      1 /* 水平同期期間 */
#define LCD_VERTICAL_PERIOD           112 /* 垂直同期周期 */
#define LCD_VERTICAL_DISPLAY_PERIOD    96 /* 垂直表示期間 */
#define LCD_VERTICAL_BACK_PORCH        15 /* 垂直バックポーチ */
#define LCD_VERTICAL_PULSE_WIDTH        1 /* 垂直同期期間 */

// Graphics part 1
#define GRA1_HORIZONTAL_SIZE          400 /* 水平表示サイズ */
#define GRA1_VERTICAL_SIZE             96 /* 垂直表示サイズ */
#define GRA1_HORIZONTAL_POS             0 /* 水平表示位置 */
#define GRA1_VERTICAL_POS               0 /* 垂直表示位置 */
#define GRA1_VRAM_BASE         0x3C078000 /* 大容量内蔵RAM ページ4(240KB) */

//  VDC3 init.
PORT.PGCR7.WORD = 0x5A01;  // LCD_DATA0  *** PGCR7 is can not 8bit access!  and, H-Byte is only 0x5A

PORT.PGCR4.BIT.PG19MD = 1;  // LCD_CLK, LCD_DE, LCD_HSYNC, LCD_VSYNC
PORT.PGCR4.BIT.PG18MD = 1;
PORT.PGCR4.BIT.PG17MD = 1;
PORT.PGCR4.BIT.PG16MD = 1;

PORT.PGCR3.BIT.PG15MD = 1;  // LCD_DATA15-12
PORT.PGCR3.BIT.PG14MD = 1;
PORT.PGCR3.BIT.PG13MD = 1;
PORT.PGCR3.BIT.PG12MD = 1;

PORT.PGCR2.BIT.PG11MD = 1;  // LCD_DATA11-8
PORT.PGCR2.BIT.PG10MD = 1;
PORT.PGCR2.BIT.PG9MD = 1;
PORT.PGCR2.BIT.PG8MD = 1;

PORT.PGCR1.BIT.PG7MD = 1;  // LCD_DATA7-4
PORT.PGCR1.BIT.PG6MD = 1;
PORT.PGCR1.BIT.PG5MD = 1;
PORT.PGCR1.BIT.PG4MD = 1;

PORT.PGCR0.BIT.PG3MD = 1;  // LCD_DATA3-1
PORT.PGCR0.BIT.PG2MD = 1;
PORT.PGCR0.BIT.PG1MD = 1;

//  clock gen. to VDC3
CPG.STBCR7.BIT.MSTP74 = 0;

//  display controler init.
VDC3.SGMODE.BIT.EX_SYNC_MODE = 0;
VDC3.SGMODE.BIT.RGB565 = 1;

VDC3.SYNCNT.BIT.RGB_TIM = 1;
VDC3.SYNCNT.BIT.VSYNC_TIM = 1;
VDC3.SYNCNT.BIT.HSYNC_TIM = 1;
VDC3.SYNCNT.BIT.DE_TIM = 1;
VDC3.SYNCNT.BIT.M_DISP_TIM = 1;
VDC3.SYNCNT.BIT.VSYNC_TYPE = 1;
VDC3.SYNCNT.BIT.HSYNC_TYPE = 1;
VDC3.SYNCNT.BIT.DE_TYPE = 0;
VDC3.SYNCNT.BIT.M_DISP_TYPE = 0;

VDC3.PANEL_CLKSEL.BIT.ICKEN = 0;
VDC3.PANEL_CLKSEL.BIT.ICKSEL = 1;
VDC3.PANEL_CLKSEL.BIT.DCDR = 0x04;    // 48MHz / 6 ... about 8MHz
VDC3.PANEL_CLKSEL.BIT.ICKEN = 1;

VDC3.SYN_SIZE.BIT.SYN_HEIGHT = LCD_VERTICAL_PERIOD;
VDC3.SYN_SIZE.BIT.SYN_WIDTH = LCD_HORIZONTAL_PERIOD;

VDC3.PANEL_VSYNC_TIM.BIT.VSYNC_START = 0;
VDC3.PANEL_VSYNC_TIM.BIT.VSYNC_END = LCD_VERTICAL_PULSE_WIDTH;
VDC3.PANEL_HSYNC_TIM.BIT.HSYNC_START = 0;
VDC3.PANEL_HSYNC_TIM.BIT.HSYNC_END = LCD_HORIZONTAL_PULSE_WIDTH;

VDC3.DE_SIZE.BIT.DE_HEIGHT = LCD_VERTICAL_DISPLAY_PERIOD;
VDC3.DE_SIZE.BIT.DE_WIDTH = LCD_HORIZONTAL_DISPLAY_PERIOD;

VDC3.DE_START.BIT.DE_START_V = LCD_VERTICAL_BACK_PORCH;
VDC3.DE_START.BIT.DE_START_H = LCD_HORIZONTAL_BACK_PORCH + LCD_HORIZONTAL_PULSE_WIDTH;

VDC3.GRA_VSYNC_TIM.BIT.GRA_VSYNC_START = 0;

//  graphics unit1 init.
VDC3.GRCMEN1.BIT.WE = 0;
VDC3.GRCMEN1.BIT.DEN = 1;
VDC3.GRCMEN1.BIT.VEN = 0;

VDC3.GRCBUSCNT1.BIT.BURST_MODE = 0;
VDC3.GRCBUSCNT1.BIT.BUS_FORMAT = 0;
VDC3.GRCBUSCNT1.BIT.ENDIAN = 0;

VDC3.GROPSADR1.BIT.GROPSADR = GRA1_VRAM_BASE;

VDC3.GROPSWH1.BIT.GROPSH = GRA1_VERTICAL_SIZE;
VDC3.GROPSWH1.BIT.GROPSW = GRA1_HORIZONTAL_SIZE;

VDC3.GROPSOFST1.BIT.GROPSOFST = GRA1_HORIZONTAL_SIZE * 2;

VDC3.GROPDPHV1.BIT.GROPDPV = LCD_VERTICAL_BACK_PORCH - 1 + GRA1_VERTICAL_POS;
VDC3.GROPDPHV1.BIT.GROPDPH = LCD_HORIZONTAL_BACK_PORCH - 16 + GRA1_HORIZONTAL_POS;

VDC3.GROPBASERGB1.BIT.BASE_R = 0x1f;
VDC3.GROPBASERGB1.BIT.BASE_G = 0x3f;
VDC3.GROPBASERGB1.BIT.BASE_B = 0x1f;

VDC3.GRCMEN1.BIT.WE = 1;

//  graphics unit2 init.
VDC3.GRCMEN2.BIT.WE = 0;
VDC3.GRCMEN2.BIT.DEN = 0;
VDC3.GRCMEN2.BIT.VEN = 1;
VDC3.GRCMEN2.BIT.WE = 1;

 DEは当初LCDの6pin(かな?と)に繋いで試験したんだけど、全然表示位置等が変わらない。

 あくまで表示の原点はH_Syncからとなっている?DE自体がこのLCDに無い?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

報酬

MEDIO write:

 

 とりあえず、昨日の作業報酬(?)のうち、2台だけ写真を撮ってみました。

Dsc01016_2

 8324XLはいろいろと機能があるので、引き継いでくれる(引き継がせる?)メンバーの教育に良いかも。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

電撃~「秋月の\300LCD」その2

MEDIO write:

 

 就業時刻は過ぎたんだけど、今日は社内での夜間作業があるので待ち。(スイッチ更改)

 毎度ながら「ボランティア」な気配濃厚だけど、外したスイッチ(減価償却済み・もちろん廃棄予定)を個人的に頂けるので、まぁいいやと。(w

 

 という事で、プライベートな方を進めます。個人ノートパソコンを自宅NWにVPN接続して、HEWのプロジェクトワークスペースを開く...さすがにネットワーク越しだと遅いですね。(^^;

 

 LCD繋いでも、さすがにカラーバーだけじゃ面白くないので...

 ビットマップを表示させるのはLCD繋げた人の行動としてDefaultなのでしょうが、うちの基板にはまだファイルシステムが無いので、データもプログラムとしてリンクしなくちゃいけないのです。データ量は75kByte。(=400×96×16bit)

 

 HEW単体でもバイナリデータをロードする事なんて簡単に出来るんでしょうが...マニュアルを読む前にツールを作ってしまいました。大昔MS-DOS上で作った「BMPをベタデータにする」ツールに手を入れまして、約5分で完成。

 もちろん縮小は単純間引きだし、色数16bit化も単に「切り捨て」。(^^;

 出力されるデータはテキスト・Cのソース(配列)となります。

 

 出来たソースをプロジェクトに組み込んで、ビルド。

※HEWのリンカでセクションの設定を変更しないと(interface誌の設定の状態では)エラーになります。

 具体的には「B,R」領域を後方向にずらす...0x1c015000とか。

 Dsc01014 

 保護フィルムは外しました。この絵は...去年の暑中見舞い(「明日君の舞ちん」byまっぴーらっくさん)...です。

 

 さて、この基板。バックライトの冷陰極管を駆動するインバータの配線ライン(基板裏面)にはクッションテープを貼って感電防止!としていたんですが、が。

 写真の「赤矢印」...インバータの上部にも電極が出てるんですよね...

 

 もちろん、うっかり触ってしまいました。お約束通り。(--;

 

 

 さて。みんな帰ったみたいだから、作業開始かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

今更ながら。~秋月の\300LCD

MEDIO write:

 

 もう2年も放置している「秋月の\300LCD」ですが、が、が。

 SEIKO EPSON製のLCDコントローラまで手配しても配線作業に集中出来る時間が取れず(CPUとの接続等で100本以上の配線...仕事だけで目が死んでるから、1週間とか休みが続かないと無理なんですよ...)、ずっと放置状態で涙を流していました。

 

 そんな折、CQ出版のInterface誌に付録のSH2A基板。このCPUにはLCDコントローラが搭載されている。CPUパワーも個人で使うには十分だ...と購入したのはたぶん4月。

 その後、やっぱり仕事やプライベートで悶々としてたんですが、やっと最近(いろいろが)すっきりしたので、やっと基板を作りました

 

 「変換基板」はaitendo製、「インバータ」は秋月、「LCD電源となるDC-DC」は部品箱にあったCOSELの(たぶん)「SUW1R50512」。

 

 LCDの解析は諸氏が既に済ませて下さっているので...今回はなる研さんの「フルカラーLCDモジュールの解釈」を参考...というか資料をそのまま利用させて頂きました。

 SH2AのLCDコントローラは階調16bitなので、B、Rは5bitしか割り当てられません。ので、BとRの0,1bitは同じラインに接続してあります。

 タイミングはなる研さん資料のまま設定。カラーバーとモノトーン・グラデを表示するプログラム(Interface誌6月号と同じ感じ)をHEWからUSB経由でダウンロード・実行。

Akidukilcd1

 (保護フィルム付いたままですが)結構ちゃんと画面が出ますね...(Hsyncの計算間違いで、一番右に1dotゴミが出てます(^^;)

 あとはCPUを回して、どれだけの処理速度を出せるか、ですね。

 

 SDカードの画像データやフォントをFileSystem経由で読ませて...と思ったんですが、部品箱にソケットの在庫が無い...しまった。(--;

 明日は秋月の八潮店に行くか?...でも、夏休み渋滞が怖いなぁ。茨城にはまともな部品屋は残ってないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の空から

MEDIO write:

 

 「ヨメさん(愛称」が一週間程北海道へ旅行していたらしい。うらやましいな...

 そんなわけで、お土産を頂いた。

Pokkuru  

 バターサンド、既に開封して食べ始めてから写真を撮っているが...食べているのは「ヨメさん」だったりする。自分で持ってきたお土産を開けて食べる辺り、さすが非論理氏の身内だな、と。(w

 

 「じゃがポックル」は既に飽きるくらい食べているんだけど、やっぱりおいしいんだよね。食感が良くて、ビールに合うと言うか...(w

 マルセイ・バターサンドも、レーズンが苦手な私(そのうち、理由を話す時があるだろう...)でも食べてしまうんだよね。何故か。

 

 バターサンド、熱でホワイトチョコが溶け出してた...(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

宗教、の続き、の続き

MEDIO write:

 

 ちょっと前から続いている「宗教」話...というか、Apple製品の事の続き。

 経済産業省からApple社に報告指示をした回答が8/4にありその内容が8/5に公開されている

 もともと経済産業省が把握している事故件数は27件、でAppleJapanが隠していた(製品評価技術基盤機構に報告すべきレベルの事故なのに、報告していなかった)事故件数は34件あったという。あきれた話...

 ちなみにこのApple社の報告、今回報告を求められていた「他国での同様の事故」件数が含まれていない様だ。Apple社は今回の報告でお茶を濁す...というか、終わりにして逃げるつもりなのだろうけど。

 

 そして、お役所として「注意喚起と再発防止の徹底」の指示だけで終わり。死人が出ない限り、お役所から見て「高額納税会社は神様」なんだろうな、と思った。

 ちなみに指示の事項はいくつかあるが、今のところApple社での対応は全くされていない。(w

 

 それどころか、経済産業省のレポートでApple社HPの該当ページ(ここでも「バッテリが過熱する特殊な事例」というタイトルで、あくまでも「Apple社は悪くないよ」という書き方をしている)を紹介しているありさま。これじゃ本当は一体誰が悪いのか、わからない。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

夏の雰囲気

MEDIO write:

 

 工場とか学校の周囲には、何故か桜とかが植えてあることが多いですよね?

 私の仕事場の周りも似た状況で、結構立派な木があります。

 ちょうど昼休み、そこを通りかかって気がつきました。「クマゼミ」が鳴き始めたことに、です。五月蠅い...って言わないのが粋、なんでしょうね。

 

 ずっと暑い暑いと言われてきみましたが、今日の「熱線」は半端じゃありませんでした。手の皮膚が日焼けを通り越して、炎症起こしてます。

 

 

 さて、「ヨメさん(呼称」は今週は北海道に行っているらしい。やっぱり涼しいのかな?うらやましい限り...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

タブレット

MEDIO write:

 

 週末の「水戸方面放浪」には、ここ数回書いた内容以外にも理由があります。

 

 このブログのもう一人の管理者である(はずの)非論理氏は、以前ゲーム業界の経験者で「そちら系」に知り合いが沢山いまして...週末、その知り合いの方(ゲーム制作会社の方)のところも訪ねていました。

 用件としては。

「壊れた(らしい)タブレットがあるんだけど、要る?」というメッセージに対して。(w

 

 作品のマスターアップ前に不具合発生で、修理してたら間に合わないから急遽新型を買ったので、壊れた(らしい)旧型は部品取りにでもどうぞ、というお話。状態としては、最初は動いたり動かなかったりで、最後にはLEDも点かなくなったとの事。

 

 ゲーム制作の仕事の方は発売日も過ぎたというので、お邪魔して譲って頂いたのはWACOMのintuos3。それもA4版のPTZ-930。未使用のマウスやオーバレイシート数枚、替え芯、外箱まで付いてました、(^^;

 

 とりあえずバラすのはDefault。(w

Intuos1

 

 裏面。

Intuos2  

 USB端子を充電器に挿した段階で原因判明。基板側に電圧が出ていません。単に断線していただけでした。

 ケーブルが本体に入る屈曲部で切れています。その部分を切り詰めて、接続しなおしたら正常に動きだしました。

 

 う~ん。タダでもらってしまって、なんか悪い気がしてきた...(--;

 それにPC机には17インチの液晶タブレット(もちろん自分で修理再生品)が既に載ってるしなぁ。(w まぁサブPCにでも繋いでおこう。

 

 以前にADB→USB(シリアル)化したのとか含め、intuos1と2が大小5枚も部屋に放置されている...動くから捨てられないけど、いまさら旧・旧型欲しい人もいないだろうし...

※もしかして、欲しい人、います?(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

ドラム・インターフェイス~その5

MEDIO write:

 

 どうしっよかな~と放置してあった「ドラム・コントローラ」ですが。

 折角ここまで作ったんだからとプログラムに手を入れました。

 

 アセンブラで書ける部分(演算上、Cでは無駄が出そうな部分)はアセンブラ化。「pin状態変化割り込み」は削除して一括でフィルタ演算の方で処理することにしました。

(こうすると、バスドラム以外の反応が今までより40ms程度遅れる計算になる。が、背に腹は代えられないので)

 

 結果。

Dora4

 「EEPROMにパラメータを書き込む処理」を含めて、前回と同じサイズ2036Byteになりました。(^^;

 

 まぁ紆余曲折はありました...全てアセンブラ化したLCD制御モジュールは、2年ほど前に(AVR始めた直後)秋月のキャラクタLCDのどれか用に作成したものだったんですが、今回使用したaitendoのモジュールと若干性能が違っていて。特に3.3Vで動かせる代わりに「遅い」。enable信号をトグルする時wait入れないとデータこぼすし、初期化では40ms待たないとコマンド受け付けないし。

 プログラムが速いから出る不具合、久々に体験した気がします。

 

 KeyVelocityの値が変化出来る「アナログ入力タイプ」(別名プロ仕様)は...バスが単純スイッチである以上、無理な部分が残るんですよね。

 他のPadもどんな出力するセンサ(たぶん圧電素子だろうけど)が付いているのかわからないし...どうしよっかなぁ~(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

ひまわりと、すだじいと、さぎ。(茨城のラーメン店~その2 .5も

MEDIO write:

 

 結局昨晩は旧友であるテラちゃん達と飲み明かす事に。文化部系と思っていたのは自分ばかりで、筋肉質の男ばかりがビールと肉。騒いで歌って(?)いつの間にか寝ていた。

 

 午前3時頃まで記憶があったから、その頃までは間違いなく起きていたんだろうけど...9時前には目が覚めた。というか、ビールの飲み過ぎでトイレが。(w

 そのまま支度をして、また放浪。(^^;

○日立市

 ・麺や 亮 ~つけ麺 (大盛り

 常磐線の大甕駅前にある、小さなラーメン屋です。ここも知人のお勧めで来たんですが...

 11:30の開店直後に入ったらお客無し。店内のポスターで「姉妹店 大○軒」。(--; 先日気分悪くなった店と姉妹店でした。

Ryo

 といっても、メニューは共通では無く(小豚そば、はありますが)、つけ麺に至っては「魚介醤油」とはっきり記載されています。それに普通~大盛~特盛が同じ\730。迷わず注文。

 

 麺は多めですが、麺単体で食べられる良い風味を持っています。スープは表面に油や背脂が浮いてますが、それは普通のラーメン屋程度の量。味ははっきり魚系の風味が出ています。はっきり言って「好み」でした。良かった。

 途中スープが冷めたら「焼き石」を出してくれるそうです。今回はその必要もなく完食してしまいましたが。

 多少濃いめのスープをそのまま飲んでたら「スープ割り」があったそうで。次に来た時は頼んでみようと思います。

 

 駐車場が無いので、隣のコインパーキング(30台程度入る)を利用しました。\750以上食事をするとこの駐車場の\100分のサービス券がもらえます。

 

 

 おなかがいっぱいになった後は、さらに放浪。

 位置的には「常磐高速道・東海パーキング」近く。久慈川が見える丘の上にある「三嶋神社」へ。

 

Mishima1_2 

 鳥居のすぐ後ろには、立派な「すだじい」...椎の木があります。樹齢800年と記載されていますが、この勢いは確かに凄いですね。

 細い道の、さらに奥まった場所にある神社だったのですが、結構立派でした。(失礼

 

Mishima2

 

 手水場は、水が止まったままで澱が...こんな神社、最近多いよなぁ。(--;

 参道をちょっと外れた苔の上には、

Mishima3 

 多数のかげろう?の様な飛び方をするトンボ? が。人が歩いて行く先をそっと退いて飛んでいきます。ひらひらと蝶の様に。数は50以上。まるで黒い花びらが舞う様です。

 やっとついた本殿。

Mishima4

 

 ここも椎の木立がうっそうと茂っています。さっきまで暑かったのに、ここだけはなんだかひんやりとしています。

 

 お参りした後、神社の側の道を下って久慈川の方へ行くと、何か「白いもの」がたくさん動いています。興味本位で河川敷方向へ車を向かわせると。

 

Sagi1

 サギのコロニーでした。あまり鳴かない鳥だと思っていたんですが、これだけあつまると五月蠅いです、ギャーギャーと。(^^;

 対岸なので、300mmで。

Sagi2 

 真っ白なダイサギが主で、ゴイサギやアオサギが混じっています。背景に見えるビルは、日立製作所の日立研究所ですね。

 

 

 帰途中の那珂市では、町おこし?なのか「ひまわり」を休耕田・畑で栽培しています。一番大きなイベントは何と10月末に行われるのですが、今満開の畑があるとの事で立ち寄りました。

 

Himawari 

 私の身長を超える高さ。2m近くまで成長したヒマワリが沢山。なんだか茨城じゃない気がする風景です。(初めてデジカメの液晶でLiveView使いました。身長を超える高さ、頭上に手を伸ばしての撮影でしたので)

 まぁこれだけ見事な咲きっぷりでも、誰も立ち止まらないんですけどね。(w

 (頭の中では、誰かさんに昔借りた笠原弘子さんのCDの中の「ひまわり」って曲が鳴ってたんですが。あぁ、こんな風景なんだな、と。

 

 追記

 帰ってから「ひまわり」でMediaライブラリ検索したら。

Himawari2

 うちのライブラリも誰かさん所有のCDが多数域占めるので、こんな妙ちくりんな偏りがありますが。(w 荻野目洋子さんって...(^^;

 あと、井上昌己さんの曲にもひまわりが出てくるのがあった気がする...

 さらに追記

 井上昌己さんの曲、「向日葵」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宗教、の続き

MEDIO write:

 やっと動いたらしい。経済産業省の、7/29付けの報道発表。

「消費生活用製品安全法第40条第1項の規定に基づく報告の徴収について」

 

 概略のpdfはこちら。内容は、事故・怪我が判明しているのに何ら対策・報告を行っていないアップル社に、国内外で起こった事故の概要・原因報告、これまで行った対策、今後の再発防止策を報告する様、要求するもの。

 

 経済産業省も、民間のニュースで報道されてから動くなんて相変わらず「お役所」のままだが...これで事態の収拾がつくとは到底思えない。

 

 何故、いままでアップル社が対応してこなかったのか理由を想像してみた。

 

1.

 まず、別目線で。トヨタがリコール対策をした理由を考える。

 自動車メーカーは多数あり、リコールの放置は即シェアを他社に食われるという結果に繋がる。自動車の総販売数(全メーカーを足した総数)は、メーカーのがんばり具合では無く、景気・市場にもっとも左右され、その総数の中の「割合」をメーカー間で奪い合う訳だ。

 となると、何か悪い風評が広まればそのメーカーの車が売れなくなり、他社が儲かる。

 だからこそ、対応を素早く(もちろん、問題無いという嘘偽りない調査・報告でも)する方が得策になる。

 

2.

 アップル社の場合。

 Mac.、iPhoneやiPad、iPod等のハードウェアから、iTunesストアによるメディア・コンテンツまで、全てを管理し一元支配しようとしているメーカーだからこそ、悪い印象の事例は「メーカーとして絶対認めない・出さない」方針を採っているんじゃないだろうか。

 上記の一元支配のラインの上に、既に他社は存在しない。そうすると、ここで敵となる可能性があるのは「消費者の評価・意志」だけ。

 だからこそ、「そんな事は絶対無い」と無視を決めこむことが一番お徳な方法だ。

 だがマスコミが騒ぎ初め、とうとう経済産業省まで動き出した。こうなるとさすがに消費者も黙ってはいない。まぁこのメーカーには「信じるモノ」達が多数いるから、一般市民の不買運動が起こっても困らないんだろうけどさ。:-P

 

 そうなると...ここまで大事になったんだから、怪我をしたユーザーには既に大金が積まれている気がするなぁ。(w

 

 似た事案に、リコールで有名な某自動車メーカーで、フラグシップの「ラン○ボ」だけは不具合が全く無かった...という話が。(w

 こっちも闇改修と金で処理したんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茨城のラーメン店~その2

MEDIO write:

 週末。久々に誰かの見舞いがてら、連週で水戸散策。

 本当はオープンしたハードオフ・赤塚駅南口店目当てでした。(w

 昨日開店した店舗は以前石丸電気だったもの。結構広いんですが、オフハウス部分が広いのであまり面白くありません。(あくまで私視点

 

 人が多すぎたのでJunkコーナーだけ回りましたが、結局手ぶらで店を出ました。だって高いんだもん。他店舗で\1050で売っていたものが、\4200で売られてたり。

 

 そのまま「ヨメさん(呼称」と合流し、ラーメン屋へ。(w

○水戸市

 ・旭川ラーメン ひでまる ~冷し火山

 辛味噌ベースの熱いつけ汁。(ドンブリは直前まで「鍋で煮て」ありますので、自分で移動させるのが大変です)多めに出てきた「中太の縮れ麺」によく絡んで、どんどんと食が進みます。(麺はちゃんと滑りが取れていますが、臭いも無い、ドンブリの底に水も溜まっていないという、完璧な状態)

 肉味噌もつけ汁に投入し、箸休めにモヤシやキュウリ。レモンは麺の上みに搾って、つけ汁には麺を半分だけ...で、すっきりした風味が楽しめました。あ、チャーシューは無いんですね、冷しだと。

 基本ラーメンを外さず、これだけ楽しめるメニュー。高め(\950)ですが、自分的にはOKな範疇です。

 

 小口の空き席に少人数を先に、とせず、多数客でもきっちりと順番に案内してくれるのは気分が良いです。それに対して店員さんの挨拶やお詫び、声かけ等も気持ちが良い。

 ですが。

 駐車場でない歩道に堂々と高所作業車を止めて店に入っていたNTTの下請け工事業者・数人「マンガを読みながらダラダラと食事」し、待っている客が多数いても気にせず「食事が終わってからもダラダラとマンガを読んでいる」場合、このシステムは破綻します。えぇ。一人席が飛び飛びで空いても、誰も座れないんですよね。

 あの業者、協和エク○オですか、ね?

 

 会計の時、店員さん全員に「大変お待たせしまして、申し訳ありません」と言われたのですが、誰が悪いのかわかっているから大丈夫ですよ。うん。

 

 

 

 その後、病院へ。

 水戸医療センターにはヘリコプターが配備されていました。駐車場の一角に。

 

 でも、まぁ面会制限あるから、ね。とりあえずは「来た」って事が重要。(--;

 

 その後、父親の仕事を継いで電気屋になっていた中学時代の同級生と会っていろいろ話を。卒業以来会ってない連中の、それぞれが...みんな好き勝手やってるらしい。(w

 床屋になった友人の話を聞いて、行ってみました。ちょうど髪が切りたかったので。(w

 

 やっぱり昔話をしながら散髪してもらって。地区の夏の祭りには皆集まるから、おまえも酒飲みに来いよと誘われ...今年も仕事で埋まりそうなんだよな、夏休み...

 

 そして、途中で話に出てきたお店で夕食。(w

○那珂市

 ・梅善(うめよし) ~ラーメン・カレーセット

 カレーが美味しいと言われてたんですが、店内にはラーメン系のメニューが多い(冊子は無く、全て壁の張り紙。鳥料理のおかざきと同じ)のが気になって...

 そしたら「カレーライス」の注文に、おかあちゃん(w が「単品で良いんですか?」と。

 「\980なんですが、ラーメンやチャーハンとのセットがあるんですよ」。

 それならと「ラーメンとカレーライスのセット」を注文。

 

 15分ほどして出てきたのは透明な油が浮いた焦げ茶色の醤油スープの昔ながらのラーメンと、日本の家庭的なカレーライス。

 ラーメンは、スープの濃い色に反して味は丸い感じ。無理せずとも全部飲んでしまいそうな塩加減です。具のチャーシューは(壁の張り紙を見ると最近から?)「ローズポーク」(茨城県産の豚肉)のバラを使っています、との事。でも脂身は少なく、でも柔らかい。私の好みのド真ん中でした。

 カレーは「本格インド風」でも無く「上品な欧風」でも無く、日本の家庭で食べられる「長時間煮込んで、どろりとした」カレーでした。スパイスの量・種が多く、それだけだと「苦み」が出る(経験談)んだけど、やはり多種の野菜・肉を煮込んだ「甘み」がよく混ざって、やはり食がすすみます。

 付け合わせで搾菜(ツァーサイ)と...

 「ランチに付けるものなんだけど、今日はもう終わりだから」と、卵焼きが。

 

 かなりの量だったのですが、難なく完食。(^^;

 食事の合間に、おかぁちゃんがラーメンやカレーのいろいろな話をしてくれて、とても楽しかったです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »