« 北の空から | トップページ | 電撃~「秋月の\300LCD」その2 »

2010年8月 8日 (日)

今更ながら。~秋月の\300LCD

MEDIO write:

 

 もう2年も放置している「秋月の\300LCD」ですが、が、が。

 SEIKO EPSON製のLCDコントローラまで手配しても配線作業に集中出来る時間が取れず(CPUとの接続等で100本以上の配線...仕事だけで目が死んでるから、1週間とか休みが続かないと無理なんですよ...)、ずっと放置状態で涙を流していました。

 

 そんな折、CQ出版のInterface誌に付録のSH2A基板。このCPUにはLCDコントローラが搭載されている。CPUパワーも個人で使うには十分だ...と購入したのはたぶん4月。

 その後、やっぱり仕事やプライベートで悶々としてたんですが、やっと最近(いろいろが)すっきりしたので、やっと基板を作りました

 

 「変換基板」はaitendo製、「インバータ」は秋月、「LCD電源となるDC-DC」は部品箱にあったCOSELの(たぶん)「SUW1R50512」。

 

 LCDの解析は諸氏が既に済ませて下さっているので...今回はなる研さんの「フルカラーLCDモジュールの解釈」を参考...というか資料をそのまま利用させて頂きました。

 SH2AのLCDコントローラは階調16bitなので、B、Rは5bitしか割り当てられません。ので、BとRの0,1bitは同じラインに接続してあります。

 タイミングはなる研さん資料のまま設定。カラーバーとモノトーン・グラデを表示するプログラム(Interface誌6月号と同じ感じ)をHEWからUSB経由でダウンロード・実行。

Akidukilcd1

 (保護フィルム付いたままですが)結構ちゃんと画面が出ますね...(Hsyncの計算間違いで、一番右に1dotゴミが出てます(^^;)

 あとはCPUを回して、どれだけの処理速度を出せるか、ですね。

 

 SDカードの画像データやフォントをFileSystem経由で読ませて...と思ったんですが、部品箱にソケットの在庫が無い...しまった。(--;

 明日は秋月の八潮店に行くか?...でも、夏休み渋滞が怖いなぁ。茨城にはまともな部品屋は残ってないし。

|

« 北の空から | トップページ | 電撃~「秋月の\300LCD」その2 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/437678/36071618

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながら。~秋月の\300LCD:

« 北の空から | トップページ | 電撃~「秋月の\300LCD」その2 »