« 打抜型...? | トップページ | 下落 »

2009年6月18日 (木)

都市伝説

MEDIO write:

 先日会社で、自分の車のフォグランプをHID化したいと言う同僚二人から、同日に同じ質問をされた。

「HIDの空焼きって、必要なの?」

 

 表題の「都市伝説」では無いが、慣習となっていて、かつ一概に説明出来ないものなので、ここで理屈等々を書いておく。

 

 安価な、特に古い・粗悪HIDキット(失礼)には確かに空焼きの必要はあったと思う。よくwebでは「ガスが発生する」とか書かれているけれど...本当はバーナー表面に付いた汚れ(指紋とかの油・脂汚れが主だろう)が、初回点灯時の高温と紫外線で蒸発(はっきり言うと、ガスというよりは「煙」)して、ライトレンズや反射鏡に付いて曇る、というのが理由、らしい。

 

 そして現在。バルブが出荷前に全数点灯試験を経て、個別に汚れ防止梱包された「まともなメーカのまともな製品」(失礼)は、メーカー出荷前に「空焼き」相当の作業が済んでいるので、理屈ではこんな事は必要無いはずである。

(まぁ校正の費用をかけたくないメーカーの説明書は、以前のままだろうけれど)

 

 そしてweb上では今日も「HIDは初回の点灯時には必ず(←これが問題)ガスが発生しますので~」という無責任な発言が繰り返される。

 

 

 まぁ製品出荷前試験をしていなそうなメーカー品だったり、自分の取替え作業時に、うっかりバーナーに触ってしまったという人は、レンズ装着前に「焼く」のも良いと思うけれど...バルブ単体で点灯させている最中の、バルブを外したままのレンズ自体に「湿気」が入る方がはるかに問題だったり。

 微量な水分でも、気化するとその体積は1240倍になる、と高等学校に習ったと思う。実は、後々この体積増減によるレンズの「呼吸」が、結構馬鹿にならないそうだ。(とある、車両メーカの専務談)

 

 

 ついでに、「伝説」の多いオーディオ界での「禁断」のネタも。(^^;

 「音声回路中に使われている、磁石に付く抵抗(部品)は音が悪いという理屈」

 まず、なぜ磁石に付くか説明すると。電子部品のリード線に使われる材料の中で「~CP線」と言われるものは、銅を被覆させた「鉄線」だからである。で、なぜ鉄線を使うかと言うと、自動組み立て時の部品の搬送で磁石が使えるからという理由。

 よく見るリード線は、これを錫メッキ(酸化防止と半田ノリのため)したもの。

 で、音が悪いという理屈だけど...恐らく、こう考えたのだろうと私が思う「ネタ」(^^;は。

 「透磁率の高い材料は、周辺の磁気の影響を受ける」と考えたのではないだろうか?あくまでも想像だが。

 

 確かにオーディオ筐体の中には、電源トランス等の漏洩磁気を発生する部品もある。その磁気の中でCP線にはっきりわかる程度の影響があるかと言うと...

 電磁誘導(ファラデーの法則)を勉強すればわかるのだけど、変動磁場中で発生する渦電流は、コイル状にしないと(渦自体がキャンセルされて)電圧は発生しない。

 CP線のような銅被覆では、電磁誘導で発生した鉄線の周りを回る微小な渦電流自体は消えてしまう訳で。

 

 ここらは「大きなメーカー」はわかっているらしく、ELNAとかの「オーディオ用」のコンデンサーでも普通にCP線(ただし、導電率を上げる為に銀メッキとかがされているものがある)が使われていたりする。

 (風評を気にするメーカーは、そこらを気にするマニア向けにCP線を嫌っている節があるが...)

 

 電磁誘導を気にするなら、渦電流が問題になる「電解コンデンサ」(構造上、コイル様の箔を使っている)とか基板のアートワーク、筐体内のGND電位の処理(GNDループ等)を先に考えるべきだ。ここらはヘタに設計(自作とかで)すると「はっきり耳に聞こえる」レベルのノイズを発生させる。

 

 

 「誰かが言っていた」とか「昔から慣例になっている」とかの話の中には、回路屋から見ると、どう考えても「眉唾」というものが多々あったり。ここらは、ちゃんとした説明が無くてもGo○Gleで検索した誰かから話が流れる限り...都市伝説は生まれ続ける訳で。

 

 

 ...NetPublicは、本当に恐ろしいものだね。(w

 

 追...かなり昔。恐らく昭和60年頃。当時読んでいたオーディオ専門誌に「K」という「(自称)評論家」が書いた記事を思い出した。

 「(30万円程のCDプレイヤーなどもある中で)SonyのCDウォークマンが一番音が良い。なぜなら商用電源駆動でなく、バッテリー駆動だからだ」 (^^;

 

| |

« 打抜型...? | トップページ | 下落 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

オーディオ話」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 打抜型...? | トップページ | 下落 »