« ポリシー | トップページ | 当たり »

2009年6月 6日 (土)

NHK

MEDIO write:

 先日、ここでメディアの中立性の事を少し書いた。で、この記事。

「NHK台湾報道に対する出演者の抗議 」(出展はメルマガなので、転載されたもの)

 「台湾の声」自体が一つの思念を持った団体であるので、一方的にその発言の正確さを信じる事は危険なのだけど、それを追う他のメディアの記事群(検索すると山の様に出てきます)を見ても、このNHKの特番は悪意を持った捏造だと思われる。

 最近出された、NHKのディレクターとか言う人間の反論は...「シリーズとしての番組構成上、ある程度の『煽り』は必要だ」という、信じられないもの。

 視聴者の興味を惹き、視聴率を稼ぐ為には「嘘」を放送しても良い、と取れる発言である。真実をありのままに伝えるのが仕事だろうに。

 

 

 こんな連中が「公共放送」の番組を作っているんだから...引きこもって現実を直視しない人達のみならず、事実をしらず現場を見たこともない「普通の人達」は洗脳されちゃうよねぇ...(--;

※立場が中立である人ほど、強烈な煽りに考えが傾く傾向がある。今回の場合、あの放送を見た「台湾をあまり知らない人」...一般的な日本人...は、台湾の人達が日本に対して深い憎悪感情を持っている、と思い込むことになるだろう。

 まぁ親中国のNHKのやりそうな事だけど、ね。

| |

« ポリシー | トップページ | 当たり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポリシー | トップページ | 当たり »