« 自堕落 | トップページ | グリル(GCインプ用の流用)~BG5改造プラン28 »

2009年5月 5日 (火)

定電圧LED(?~BG5改造プラン27

MEDIO write:

 やはり寝たきりの連休というのも面白くないので、痛い右手を我慢しながら半田付けをした...

 

 以前、BG5にBH後期型BFM改造移植をした折、表示灯をLED化した(メータパネルのフィルムも自作したので、熱の影響を避けるため)のだけど、CHGランプ(と、回路的に引きずられてサイドブレーキランプ)が常時点灯したままになっていた。

 このラインは、Hレベルは+12V、Lレベル側がオルタネータのL端子に接続されているので、L端子の発生電圧が低いとLEDが点灯したままになる(と思っていた。後述)。

 ということで、今回作成したのはT5サイズの「定電圧LED球」。

Led1

 定電圧って言っても、5Vの定電圧ダイオードを逆方向に入れただけなんですが。

 一般的な定電圧ダイオード(ツェナーダイオード、ね)の使い方としては、定電圧基準として使われる事が多い

(もちろん、入力段のESD対策にも使われますが)ので、そんなに電流を流す事が出来るのか?ってなりますが、5Vくらいの一般品(0.5W耐損失、千石で10本\100くらいのモノ)は10mAくらい電流を流さないと基準電圧にならなかったりします

 定電流にはCRDを使い、ダイオード3個直列という奇妙なものが出来ました。(w

 

 今回は手持ちの5V0.5Wのものを使用したので、5V程度ではほとんど点灯しません。論理的には7.2V程度無いと、ちゃんと点灯しないはず。

Led2

 ちなみに、定電圧ダイオードを入れてない方(拡散キャップが付いている方)は、5Vでも、

Led3

 煌々と光ります。

 

 さて、クラスター周りを分解して、メータを取り出し、LEDの交換...して、IGN-ON!

...まだ、CHGランプは点灯したままです。(--;

 

 考えてみれば、オルタネータのL端子は「接点出力」のはず。となると、電圧もパルスとして出ている訳で。

 反応速度が速いLEDだと、点灯して見えちゃうんですね。

 

 T5のウェッジベースに積分回路なんて入らないしなぁ...

 

|

« 自堕落 | トップページ | グリル(GCインプ用の流用)~BG5改造プラン28 »

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自堕落 | トップページ | グリル(GCインプ用の流用)~BG5改造プラン28 »