« 表現の自由 | トップページ | あ、届いたんだ...SSDモニタ(?)第1夜 »

2009年5月11日 (月)

intuosの改造~ADBからUSBへ(ADB版をWindowsで使う方法)

MEDIO write:

 話は少し遡る。

 学生時代、廃部逃れの為の部員集め(どこかのマンガやアニメのネタではなく、事実である)で、頭数の一人として「絵画部」に所属させられた。もちろん、こんなことは非論理師匠の差し金であるのは言うまでも無く...

 まぁ、中学時代にも絵を描いて賞状を貰う、程度のことはしていたので、この高専・絵画部でも、鉛筆の素描やら透明水彩程度を使った絵、らしきものを描いていた。気がする。

 

 今でも、一人で旅に出た先で絵筆を取る事もあるけれど、道具箱を持って行って開く、という行為そのものが面倒になってきて(歳、だなぁ)、最近はもっぱら、自室のPCでチョコチョコとイラスト描きの真似事をしている。

 道具としては、今まで師匠のお下がりの、WACOM製「Art-PadⅡPro-シリアル」というタブレットを使っていた...のだが、4月になって自室に戻ってみると使えなくなっていた。

 ACアダプタが壊れた様子、なのだけど、センター・マイナスの12Vという、手持ちには無いものだったので放置してあった。変換アダプタ作ればいいんだけどね...

 

 そんな中、WACOM社ではintuos4なんて新製品が出たらしく、そんなに描画テクニックの無い自分には旧式で十分だよ、とオークションを追っていたのだが...A4対応のi-930だと、終了価格が2万円中盤になってしまう様子。

 「この金額だったら、ホルベインの透明水彩108色のセットが余裕で買えるな...」と躊躇していたのだった。

 

 そんな折、いつもの仕入先(ハードオフです、えぇ)で、ADB接続の初代intuos、A4版i-900が捨てられて(Junkコーナー)いた。「とりあえず買っとく」の法則で、購入。

 

 自室で早速ばらしてみる。

Wacom1

 ADB(AppleDesktopBus)は、1本のケーブルを数珠繋ぎにして、マウスやキーボードを接続出来るという、Apple社ローカルな規格。データの送受を1本のラインで行って、電源まで供給出来る。まぁ、信号の調停などやってることはDOS/VのPS2なんかと一緒だろう。

 コネクタ周り。なんとなくの予想通り、ADB版とシリアル版は同じ基板を使っている様子。空きパターンは、追った所、RS-232CとTTLレベルの変換回路であった。CTSラインだけ、ディスクリート。

Wacom2

 一応、情報収集をすると、某掲示板に「ADB版は、Windowsでは絶対使えません」とあった。俄然、燃えるネタを拾ったぞ。(w

 まぁ、無理とわかっているが、TTLレベルのラインに、秋月で買ったFT232RL「USB-シリアル変換モジュール」の信号を直接注入してみる。信号極性はデフォルトのままでOK。

Wacom3

 ドライバのインストールをしても、タブレットからの応答は無い。ここまでは想定内

 メイン制御のCPUと思われる「HD6433032」(H8/300H系)は、マスクROM版なので、ADB用とシリアル用を別にすることは、タブレットの出荷数量から考えづらい。ので、それ以外で何とかなると信じる。うん。

 次に、ADBの制御だけをやっていると思われる「MC68HC705」(もったいないなぁ)を外してみる。→同じく何も起こらない。

 さらに、シリアルのラインが入っている「HD6433032」の傍にあるシリアルROM、93LC46Bを解析...しようとしたら、Bバージョン。これは16bitのROMで、うちのROMライタで読み書き出来ないワナ。(--;

 仕方なく、いつものAVR(Tiny2313)でROMライタを作る。以前3線シリアル通信のライブラリを作ってあったので、所用20分程度で出来上がる。

 しかし、読めたデータは予想してたより少ない。そもそも自作のROMライタなので、ちゃんと読めてるという信頼性も無いのだけど...

 確証を取る為、「HD6433032」とROM間の通信をロジアナで観察すると...やっぱり読んでいるデータは少ない事が判明。(ロジアナ表示のシリアル・データを頭で解析するのは大変だぁね...)

 そこで書き込まれているデータを少し変えてみたら...タブレットのカラム・ローのドライバの数と判明した。少なくすると、タブレットの感知エリアが小さくなる。

(PCに繋がっていなくても、ペンでクリックするとLEDの色が変わるので、感知しているエリアの広さがわかる)

Wacom4  

 で八方塞がりかと思った時、「HD6433032」のバスが伸びた下部に、シールの張ってあるチップが。(上の写真では剥がしてあるが) そこにあったのは「27C512-90」。

 これまた、Mask-ROMではなくて、one-timeのP-ROMである。怪しい。

 これが最後と、剥がして、ROMライタで読んでみると...あった。ビンゴ!

 

 さて、書き換え場所の特定が出来たのだけど、書き換え出来るROMなんて無いよなぁ...と思っていたら、会社の実験室のパーツ箱に「27C512-15」が山のようにあった。(w 某日本ローカル機のノートのBIOS-ROMの開発用だった、との話だが、もう誰も使わないからと8個も頂く。

 若干アクセススピードが足りない(もともとは90nS版)が、最悪値がでなければ大丈夫(アクセスタイミングは、ロジアナで測定済み)だろうと、これに書き込みする。でも、ちょっとは心配なので、一応交換用のソケット。これも、貰ってきた。表面実装用のソケットも珍しいねぇ。

Wacom5

 さて、結果は。

Wacom6

 ちょっと見えないかもしえrないけど、ブレッドボード上のシリアル送受信LEDが交互に点滅している。ちゃんとシリアルでの接続に成功したらしい。(^^;

 それではWindowsにドライバも入れてみる。正常に認識して、タブレットのプロパティも。

Wacom7

 あとは、FT232RLをちゃんと内蔵してやれば、USBバスパワーで動くA4タブレットの出来上がり。(^^)v

 で、結論。ADB版intuosは、ROM書き換えればWindowsで使えます。間違いなく。

 

 あ、毎度の事ながら、思いっきりunder-groundネタですので、ROMの書き換えデータの公開なんかは、多分しないと思います、えぇ。

|

« 表現の自由 | トップページ | あ、届いたんだ...SSDモニタ(?)第1夜 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

コメント

初めまして、今回同じようなタブレットをジャンクにて購入しました!

ペンタブを安く欲しいです!
沖縄ではあまり格安のPCパーツとかなくて、どうにか見つけられないかと、ここのブログにたどり着きました! 読破してまねできるように頑張ります!

投稿: するる | 2010年8月 1日 (日) 17時50分

するるさん。

 こんばんは。最近コメントのチェックを忘れておりました。申し訳無い。
 最近は「安く」済ます為に自分で何か(改造・修理)するという事が減ってきましたよね。安価な「中国製」の製品が修理代より安く手に入るのですから。
 でも自分の「技術」を高める為にもこういう行為って間違い無く有用です。頑張って下さい。

 さて、いきなり話の腰を折りますが、この記事のintuosは現在不要となっています。(w
 修理した17インチ液晶ペンタブと、(エロ)ゲーム屋からもらって修理したintuos3があるので、荷物入れに放り込んであります。もし必要でしたらお知らせ下さい。
(送料だけ負担して頂ければ。本体は無料ですが、保証はありませんヨ)

 

投稿: MEDIO | 2010年8月14日 (土) 23時30分

すみません、返事遅れました・・。
あれからROMの書き換えについて調べてみましたが、すごい技術ですね・・。書き換えるための装置を作ることから始め、データも作成となると相当な知識と論理を必要としそうです。

それで、シリアル変換できるという『GriffinTechnology iMate GRI-AD-000001』を手に入れて、試しましたが、winxp,Mac os10.4 どちらとも認知しませんでした・・・。

ただ緑色のランプがつくだけと、ペンタブでつついてみると、オレンジ色に変化したりしました。

ドライバも手当たり次第全部試しましたが駄目でした・・・。

ただ電気が通ってるだけなんでしょうか?そこから何かプログラムを作っていかなければ行けないとしたら、なにから勉強すべきだろう・・・。

MEDIOさんの知識 欲しいです!

そして現在、未だペンタブを使っていません・・。

もし、コメントをご覧になって、今でも頂けましたら、・・譲ってください!

(エロ)ゲーム屋さんなんてあるんですか?沖縄では無いですよ~ パソコンショップのすみっこにチョコッと置いてあるくらいです。

フィギュアショップならあります。

投稿: するる | 2010年12月13日 (月) 13時38分

するるさん、こんばんは。

技術、と言うと格好良いですが、基本は「とりあえず自分に出来そうなことは自分でやってみる」という好奇心と「貧乏性」です、必要なのは。そのうちに出来ることが増えていきます。
(私や、ここの共同管理者の非論理師匠は「電気科」卒業で、回路やプログラムの専門教育は受けてませんし)

ただ、今の時代だと「お金を払えば」という風潮になりつつあり、そういった専門的な技術を学べる機会や場所も減ってきているのは事実です。

今回を良い機会に、するるさんも本当の意味の「自作」に興味を持って頂ければうれしい限りです。


ペンタブの件、(おいしそうな)メールアドレス宛に連絡すれば良いですか?

投稿: MEDIO | 2010年12月14日 (火) 01時17分

こんにちは。

それを考えると現代人の中に危機が迫られるような気がしてきます。

本当の意味の「自作」に気づけたらきっと人生が豊かになりそうです。

情報化社会では色んなモノが目の前に溢れていてどれかひとつ選ぶにも選びがたく、どれもこれも手を伸ばすとひとつの分野に対するクオリティーが下がってしまいます。

自分の欲望を抑えて、ひとつの思いに身を投げる所から始まるのでしょうか。

ロボットも作れるようになりたいなぁ・・。

ペンタブの件、返答ありがとうございます(おいしそうな)メールアドレス宛に宜しくお願いします!

投稿: するる | 2010年12月14日 (火) 09時51分

こんばんは。

 ここで「自作」って言っているのは実は単なる一つのジャンルの紹介だけであって、本当に言いたいのは「あなたは何の為に生きているの?」という事だったりします。(壮大

 最近は「生きるためだけに仕事をして、生活出来るだけの給料をもらえれば満足」、という人間が増えているのだそうです。

 そうじゃないだろ!?と思っています。

 折角生まれてきたんだから、命を意味のあるものにしなくては。その為にはいろいろ貪欲になって、いろいろな事をしなくちゃいけない。そう思います。
 自作は単にその一つの選択肢です。

 最近では50cm程度の身長の自作ロボットが2足歩行だけでなくダンスなんかもしています。(既製品の部品を組み合わせただけですが...)
 私はそのコントローラも(プログラム含めて)自作したいなと思ってますが。

 個人的に、なのでクオリティーは下がるのは仕方ありません。自己満足出来るなら広大なジャンルを薄く、でも良いんです。

 それでは、また。

投稿: MEDIO | 2010年12月16日 (木) 00時56分

こんばんは!

既製品の部品を使わず1から作るの憧れます!

来年3月ごろからロボットを作くろうと思います。

ワイヤレスで操作できるタイプを作りたいです。

と思いますがワイヤレスだとさらにお金がかかる・・と

またお金お金と、そんな事で嘆く自分をどうにかしたいです。

でも生きている間に色んな事しなければもったいないですね!!

どんな外見、どんなロボットにするか考えるだけで楽しみです。

投稿: するる | 2010年12月17日 (金) 22時10分

今の世の中、大抵のモノ、事はお金を出せば済んでしまったり手に入ったりします。でも既製品に無い事が出来ればワクワクしますよね。

それでも、やっぱり「お金」の事は避けて通れないのは確かです。
でも、そういった事を目指す為に(嫌な)仕事をしてお金を稼いでいる、と思えば(嫌な)仕事だってがんばれると思いますよ。

仕事をしないでフラフラしている「最近見かける人達」は、がんばってお金を稼いでまで見たいという「夢」が無いんだと思います。

投稿: MEDIO | 2010年12月19日 (日) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 表現の自由 | トップページ | あ、届いたんだ...SSDモニタ(?)第1夜 »