« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

ふとおもいついたので~VAIO type-ZとA-320

MEDIO write:

 まずは雑談: 「マスク買い集め」楽天謝罪.

 倫理的とか感情論としては叩かれて当然の内容だけど...一体何が問題なのだろうか?と。

 やっている事としては「ハンカチ王子・斎藤佑樹」の話が話題になった時に、ハンカチ製造元が件のハンカチを増産した事と、大して変わりは無い。売れるものを仕入れたり増産したり...一般的な資本主義の経済活動である。

 だって、楽天は「金儲けを主目的(利益追求)としている企業なのだから、当たり前の事...金儲けをしようとしただけであって。

※もちろん、こんな事を「公営団体」や「宗教法人」がやったのなら大きな問題になるが。

 

 楽天が自らをボランティア団体だと宣言した事が無い以上、「売れるものを仕入れて、高く売りましょう」は普通に考えられる企業活動だろう。

 これに比べたら、他人の成功や失敗を嗅ぎ付け、投資ネタにしている連中...投機的投資家の方が、よほど汚い事をしていると思うよ。

 

 もちろん、そんな企業イメージに対して好き・嫌いの意見は出るのは当然だけど、今回楽天のやった事は「企業としては当たり前」の事であり。だが、「困る人がいるから」とか言って「医薬品のネット販売存続」の署名を集めている企業イメージにはそぐわない行為なのは間違いない。

 まぁそれでも、今回の楽天の行為は「犯罪ではない」。よく引き合いに出されるIT系企業、livedoorとは違って、ね。

 

追:先週の月曜。東京メトロの売店で「マスクあります」の張り紙を見た。が、その値段は10枚\1000。ちなみに同日の午前中に、同じものを私は処方箋薬局(=おそらく定価)で\300少々で購入している。人の足元を見ているという分、こちらのほうがよっぽど汚い行為だろう。まぁ先に書いたネタ、楽天が、「高値で売りましょう」と言っていたら、同じレベルだけどね...

 

 

 さて、最近、PCの新型発表が続いている。3月頃に買ったVAIO type-Zも新型が出ている。けれど、単にCPUの新しいものが載っただけだったので、全然面白くない。

 

 そんな訳で(?)、ふと思いついたので...Windows7RCの入ったうちのVAIOで、NVIDIAのグラフィックスアクセラレータが使えなかった点について、いろいろ・ごにょごにょ。

 結果、SPEEDのLEDが点灯するようになり、エクスペリエンス・インデックスはグラフィックスが3.7→4.3に、ゲーム用グラフィックスが?→4.9になった...微妙...

 

 

 次。

 部屋に転がっていたA-320のファームをアップデートしました。日本語対応したらしいので。

Momo

 こちらも微妙。「贖罪」が文字化けしているし。さすが中華。(w

 あ、ピンクの変なものは、福島土産。車の中に転がっていました。「ももっ子」だそうです。(--;

 

 まぁ文字化けとか変なメニュー(ノーマル→一般的、とか)に目をつぶれば、結構使える「メディアプレイヤー」だったりします→A-320

A320

 只今入院中(^^;のMintjam・a2c氏「RESISTANCE」演奏ムービー、かな?。

 FLVだろうが、AVIだろうが再生します。さすが中華。(w

| | コメント (0)

多数決

MEDIO write:

~18:50 追記

 たまにふと考える真面目(?)な話。きっと面白くありません。

 

 民主主義の象徴とか言われる「多数決」。国会議員という肩書きの政治屋さんたちのTV中継なんてを見てると、毎度この「多数決」をいい加減に運用しているのが感じられる。

 

 本体「多数決」は曖昧な意思を統一するだけに使われるべき・ものである。ある意見に賛成する者と、どうでも良いと考えている者の全体の意思決定に使われているのなら問題は無い。

 だが件の政治屋さん達は「反対意見を封じる」目的で「多数決」を使っている。現在のネジレ国会の状況では単なる「足の引っ張り合い」である。

 

 言葉を持ち、高度な意思疎通が可能な人間であるのに、話し合い・説得をせず、数が多いというだけで反対意見を抹殺する「多数決」の使い方は、弱肉強食...「獣」の行動と違いは無い

 

※念のため。多数決を否定しているのでは無く、使い方を間違っていると言っているだけである。

 

 そんな中。こんな話も。

 「北海道に旅行に行こう」と足並みをそろえて、同時期に休暇を取ったのに、最終目的地を「札幌」にするか「函館」にするか話し合いがまとまらず、旅行自体をキャンセルした...のような話である。こんな馬鹿げた事をしている連中に税金で高給を払っているのかと思うと悲しいやら、情けないやら。

 

 政治屋の世襲の問題が最近出ているけれど、上記のような親(政治屋)の子供も、そんな親を良しとする、どうしようもない人間の様な気がする。(失礼)

 親を反面教師にして育った政治屋の子供は、多分政治に悲観して、政治屋にはならないだろうから。ネ(^^;

 

...と、政治屋ばかりを叩いてみても仕方が無くて、それを選出する我々投票権を持つものの意識はというと。

 

 先日書いた「18禁の閾値」に、リンクを頂いたblogへのコメントに、

 「戦後の性表現の大幅な拡大によって、性犯罪は減った。だから児童ポルノ法は悪法」という様なものがあった。

...(--;

 これって「昨日、雨が降った」、「今日、巨人が勝った」という2つの事実だけを見て、「雨が降ると、翌日、巨人は勝つ」と言っているのと同じ論理である。

(もちろん相手チーム(例えば...阪神)に神経痛持ちが多くて、低気圧の通過直後は100%の力を出せないとかいう話が、裏にあるのかもしれない...が、そういった仮定・証明を全くしていない。)

 この件の本当の解は、「情報の高度な流通」と「警察の検挙率の向上」により...「モラルの向上(やってはいけない事の理解)」と「犯罪を犯した場合の、事後の処遇」が、「性犯罪を犯そうと考える者」へ広まったからだろう。

 

 政治屋の馬鹿げた行動は、それを選ぶ人間(私達、投票者)にも原因があったのですね。(w

 

 

※18:50 追記

 丁度「Dairy YOMIURI online」に、興味を引かれる記事(英語だよ...)があった。お題は「national interest~国益」。

 

 その記事中に、日本では「完璧な結果を求めて失敗すると褒められる」のに、「80%で妥協して結果を出すと批判される」という一節がある。そして、「失敗の結果、60%の結果すら残せ無いことも多い」、と。まさしく、現在の国政(いや、政治・自治全般に言えることだが...)だろう。

 

 また、「メディアが極端な意見を、さらに強調して掲載する傾向がある」という意見だが、これにも同意見。

 読み手の興味を惹ければ良いとの「儲け主義」による「メディアの中立性の崩壊」。

 そして、正しい情報が民衆に伝わらなければ、多数決など取っても意味は無い。そこには民主主義など無いのと同じである。

 さらに最近のNetPublic...「ネット世論」についての言及。ここには感情的な意見だけが横行し、情報の正確さ・中立性などを望む事は出来ない。自分と異なる意見を感情的に扱下ろし、主義主張だけを並べ立てる匿名掲示板等に、正しい情報などほとんど存在しない。

※中立なメディアが存在しない中国が、ネット世論の暴走を度々起こしている事でも、その危険性はわかる。

(中国の、理由の無いJapan bashingに怒りを感じているのに、匿名掲示板で同じ事を他人に対してしている連中は何を考えているんだろうか?) 

 

 竹島や北方領土、自衛隊派遣等々の意見に対してはすぐには賛同出来ない部分もあるが(そういう内容こそ、国民全員で承諾出来る内容の話し合いやら説得が無くてはならないだろうと思う)、この記事には大筋で自分の思っていることがあった。

 

| | コメント (7)

「恥ずかしい不良」

MEDIO write:

 ホテルのチェックアウト前。ノートPCを片付けていた時に外したLANケーブル。

Lan

 被覆はコネクタで噛んで無いし、ペア線の縒り戻しも12mm以上ある...某社の事業部長の言葉では無いけれど「恥ずかしい不良」である。ここは大手のホテル・チェーン店なんだけどなぁ...

 

 昨日の午後に所内で簡単なお祝いはしたのだけど、もう一度米沢の工場へ寄って、その後都内・大崎まで戻って今回の開発作業終了の挨拶を済ます。お疲れ様でした...

 

 で、高速バス待ちの時間が結構あったので、秋葉原にもう一度。(w

 

 電波会館内の「古炉奈」は近々閉店するとの事。ここの水出しのファンだったんだけどねぇ。寂しいです。

Korona

 一方の対面。1月に秋葉原に来た時(それ以前だろうけど)から、毎週末「明日閉店!明日閉店!」と騒いでいた店は。

Heiten

 いまだに営業しているし。さっさと閉店して下さいよ...「不当景品類及び不当表示防止法」の第4条第2、3項に違反していませんか?

 

 そして、その隣。いつの間にやら、屋台が増えている。ケバブだけだったよなぁ、以前は。

Yatai

 

 帰宅して、そのまま横になる...けれど、おなかの調子が悪い。牡蠣にあたったのだろうか?(w

 

 今回の自分お土産。

Miyage

 「笹だんご」キャラメルと「かんずり」。あ、お酒を買うのを忘れた...(--;

| | コメント (0)

2009年5月30日 (土)

MEDIO write:

 とりあえずの今回の出張仕事はほぼ終了。明日(予備日)は移動だけになりそう。

 担当者さん等々、一緒にお疲れ様会。

Kaki

 岩牡蠣。一個¥300強(?)。生臭さが全く無くて、すごく美味しかったです。

(桶の直径は30cm近くあります...結構大きかったです)

 

 地元でしか流通していないというお酒もメニューにあったので。

Sake

 「すがなだけ」とだけ書かれたラベルだけが貼ってあります。自分好みの味。

 4合が終わってしまったそうで、代わりに300mlを3本注文、全部空けてしまいました...

 

 全然観光してないや。(w

| | コメント (0)

2009年5月28日 (木)

chips

MEDIO write:

 なんだかんだと忙しい出張で...じぇねらるかいちょうさんからお勧めして頂いたお店には、まだ行っていない。

 

 コンビニで買った、お土産(ネタ)だったんだけど、開封。

Chips

 米の薄揚げ...まあそんなもの。味は薄い(ポテチと比較して)けど、止まらなくなる味。

| | コメント (0)

2009年5月27日 (水)

MEDIO write:

 朝9時前に長岡駅を出て、訪問先へ。

...が、訪問先の担当者が来ていない。11時の打ち合わせも自然とキャンセルに。(--;

 

 で、その人が来たのはお昼直前。用意してもらってあったお弁当を食べ、お昼休みから打ち合わせ等々を。

 

 話し合い→自分側の現場サイドへ投げ、回答待ち→再度話し合い

 

 なんてループを幾度と繰り返し、終了したのは20時過ぎ。

 

 で、ホテルにチェックインして、コンビニで買った「冷やしきつねうどん」を食べながらビールを飲んでいる...21時過ぎ。(--;

 

 「明日は早く来ます、ヘヘ」と言っていたが、どうだろうか...

| | コメント (0)

秋葉原

MEDIO write:

 6時過ぎに目が覚めた。毎度の事ながら、朝食まで時間があるのでシャワーを浴びたり書類をまとめたり。

 8時過ぎにホテルをチェックアウトして、秋葉原の街をうろうろと歩く。考えてみれば、今期の開発(製品のプレス発表も済んだし)で、ここに来るのは最終日になる。となると、これからしばらくは、秋葉原にはプライベートで立ち寄る事だけになるのだろう。

 

 Junk通りの「三月兎」。

Usagi

 国内法では規制対象となる「JACKALL」とか、総務省が規制に乗り出した(といわれている)フリーオが店頭販売されている、みたい。

 まぁ、「ARIB」自体の透明性がはっきりしない(間違いなく総務省の天下り先だろうし)ので、こんな動きには「がんばれーっ」て言いたくなる。本音は。

 

 相変わらず、じゃんがらの前では洗剤垂れ流しで鍋を洗っていて、その脇には仕込みをしたスープ(?)の入った鍋も無造作に置かれている。(--;

 

 旧ソフマップ本館は改装中?みたい。

Map

 中央通りの「あきばおー」には。

Bao

 「安い」のがメインなのか、「コスプレ店員」がメインなのか...

(客引きPOPと、従業員募集は別にするだろうに、普通。...あ、普通じゃ無いのがアキバだった...)

 

 最近、ネタが切れてきたみたいな「モス」。進級出来た(らしい)子は、その後どうしたんだろう?

 Mos

 

 仕事を早々に終え、実務上の担当者とだけ、お別れの挨拶をして(チーム総出で送られる、なんていうのは、性に合わない)こっそりと事務所を出る。

Aki

 次に来る日が確定していない...と考えると寂しいものだ。あれだけ歩き回ったというのに、急に行きたくなった店がいくつか思い浮かぶ。

 

 が、今から茨城に戻るのではなく、さらにここから出張が続くのだった。

 関連ソフト会社の、柏崎開発センターへ向かう...はずだったのだけど。柏崎の駅前のホテルで予約が取れず、そのホテルの系列を紹介された「長岡」で一泊する事に。

Naga1

 21時過ぎだというのに、長岡駅前は閑散としていて...地元のおいしい物を夕食にと考えたのだけど、不案内すぎて。

Naga2

 ホテルの部屋から。やっぱり何も無いなぁ。

| | コメント (4)

2009年5月25日 (月)

MEDIO write:

 本日も、午後から上京...秋葉へ。

 夕方、いつも通りにいつものホテルにチェックインする。

Kanda

 そして、飽きもせず放浪。

 今年開拓された(笑)ばかりの、昌平橋近くの有料駐車場は。

Bill

 数ヶ月もしないのに、ビルが建つらしい。地上7階、地下1階の。この駐車場を作る費用だって結構かかったと思うのだけど、この数ヶ月で償却出来たのだろうか。

 

 向かいの石丸電気は...改装とかでほとんどの店舗が閉まっていた。が、

Isi1

 旧・本店から、旧・ゲーム・ホビー館に、バケツリレーで荷物を運んでいる店員...いくら目の前でも、道交法的に問題あると思うよ...

 ちなみに、本店裏口には。

Isi2

 開いたままの裏口から見えた店内は、改装前で空っぽ。かわりに大量の広告材がゴミになって積まれていた。

 

 ...秋月には、ブツブツと意味不明な事をつぶやくおじさんがいて(店員も引いていた)。中央通りには、「耳飾り」をつけたコスプレ・メイドが相変わらず大量発生。

 

 いろいろ買い物をして、ふと思いついて髪の毛を切ることに。

 ...と言っても、メイド理容室ではなく。

Barbar

 MADの2階。

 

 今日買ったもの。

Oa

 今は亡きアーベルの「OAクリーナ」と、IrDA接続のParm用折り畳みキーボード。

 OAクリーナは、以前ELECOMから「MacCleaner」とか言う名前で販売されていたものと同じだと思う。(裏書が同じ...アメリカの航空・宇宙技術から生まれた、等)定価\1500が\500。

 キーボードは、対象機種が限られるものの、\980。もちろんこのまま使うつもりなんて全くないのは周知の通り。(笑

 

 

 昨日忘れた「福島土産」その1。

Hukushima

 柿、だそうで。同じ色のものを、愛媛で買った気がするが...あっちは「みかん」って言い張ってたけど。(--;

| | コメント (0)

秘境駅

MEDIO write:

 2日目。「いづみや」さんでは、朝は味噌汁・夕は温泉卵のサービスをしていて、温泉入ったあとに自由に食べられる。朝風呂後にロビーで山菜の入った味噌汁を頂く。そしてその後、これでもか、という質・量の朝食を頂き(もちろん、先の味噌汁を後悔...いくらなんでも食べすぎ)、出立。

Idumi1

 お世話になりました。

 

 今日の目標は...「うつくしま観光プロモーション推進機構」のHPで見つけた「只見線第一鉄橋」

 えぇ、人工建造物、好きですから。

 ただし...今日はSLが走るということなので、多分「鉄」な方が沢山いると思われる...ので、その時間を外して。推定で11時前通過。

 Misima1

 撮影ポイントは、「道の駅・尾瀬街道みしま宿」から至近。

 絶妙なタイミングで到着したらしく、午前中のSL通過直後でした。「鉄」な方達が一斉にお帰りになる中、悠々と駐車出来ました。まぁ、それでも「午後の復路」を待つ人が大量に、道の駅の中のレストランを占有してましたけど...(--;

Misima2

 Misima3

 このトンネルの上へと登った場所が、撮影ポイント。

 その踏み固められた獣道の入り口には...

Misima4

 (--;

 

 もともと人が登る前提でない場所なので、かなりきついです。距離はたいした事が無いのですが、急勾配&階段等が無く、ずるずるすべるので...登山用の靴が必須でしょうね。

 で、撮れた写真。

Tekkyou

 ここも、もう少し晴れているとか、川面に靄が立ち込めているとかだと、印象が違うのでしょうけれど。

 

 とりあえずの目的は果たしたので、いつもながらの「わき道探索」。テーマは「秘境駅」

 ナビで、只見線の周辺を見て、入れそうな道を進みます。まずは「滝谷駅」から。

Takiya2

 一応の集落はあります。

Takiya3

 なんだか、先の方に「鉄」な方が。線路内に入るなっていうのに。

 

 集落の湧水。

Takiyashimizu

 柔らかい味です。そして冷たくて。

 そばにはバス停。

Takiyabus

 

 「郷戸駅」周辺には。

Yanadu1

 村落内に熊ですか...でも、

Yanadu2

 光ファイバーのクロージャが(笑 Bフレッツは開通している様子。

 

 「会津柳津駅」は栄えていたので(笑)割愛。

 

 「会津坂本駅」は。

Sakamoto

 どうみても、コンテナ。只の。ホームは。

Sakamoto3

 なんだか凄い。

 で、時刻表は。

Sakamoto2

 ...(がんばれー)

 

 ここで、もう変なものは見つからないだろうと判断。あとは、ひたすら高速で帰ります。

 まぁ、休憩で立ち寄った磐梯山SAで

Bandai1

 

 想定内ですが。

Bandai3

 「キンニクマン」に出てきそうな名前。(w

| | コメント (0)

2009年5月23日 (土)

雪...

MEDIO write:

 朝7時起床。いつもどおりに支度をして、いつもと同じ時間に部屋を出る。目指すは福島。

 

 車中で連れと立ち寄り地点を考える。まぁ普通の観光では無いので、普通じゃない所を目指す。

 猪苗代磐梯高原ICで高速道路を降り、猪苗代湖をぐるりと廻って布引高原へ。ここには大規模な風力発電施設がある。

 あ、今回も連れのお供はこの方。

Huu4

 で、どのくらいの規模かというと...気持ちの悪いくらい(笑)風車が建っています。

Huu

 周りは見渡す限り風車だらけ。

 あ、今回の足はうちのBG5で。

Huu3

 ちなみに、この辺り。

Yuki1

 雪が残っています。持ってきた服は、薄手のポロシャツ一枚...今日はこのまま北上を続ける予定なので、不安です。

 

 近くに展望台があったので、

Ten

 風がとても寒いのですが、登ります。せっかくだし。

Huu2

 猪苗代湖方向。

 

 さて、また猪苗代湖方向に戻って、周回を再開。

 「材木山」付近のわき道に入って。

Konan

 ここから見る猪苗代湖は。

Ina

 曇り空でなければ、絶景なんだろうなぁ。

 

 お昼頃。まだ時間があるからと、五色沼方向へ。といっても、歩くのは面倒なので、毘沙門沼だけ。

Gosiki1

 おなかもすいたので、隣のレストハウスで山菜そばを注文。

Gosiki2

 お味の方は...うん、観光地だしね。仕方ないんだよ。\900で、これでも。(--;

 だって、箸袋自体が、

Gosiki3

 !?「疑問形」だし。(笑

 

 道を少し戻り、国道115号から磐梯吾妻スカイラインに入ります。

 観光有料道路なので、あちこちの絶景ポイントには駐車場があるので、とりあえず「国見台」で一枚...

Kunimi

 やってられません。だって。

Yuki

 雪残ってるくらい、寒いのに...風が通り抜ける素材のポロシャツじゃ、死んでしまいます。(--;

 

 それでも、浄土平に着くと...

Joudo1

 頑張れば登れそうな絶景ポイント。

Aduma1

 ガタガタブルブルと震えながら、登ってみました。

 山頂は...

Aduma2

 崖っぷちから離れているのは、「強風の為、体が浮きそうになるので近寄れない」から。片足上げただけで転びそうになります。

 登ってきた方を向くと...強風と火山性有毒ガス(^^;で息をするのが大変。

 あ、レストハウスの下のも雪です。ちなみに。

Joudo

 正面に見える山は「蓬莱山」ですが...蓬莱と言っても

Iou

 硫黄の臭いのする「火山性有毒ガス」を吹きまくってます。

 

 さらに進むと、眼下に福島市が見えてきました。

Hukushima

 やっとこの時点で晴れ間が見え出すし...

 

 フルーツラインを抜け、飯坂温泉を更に抜け、穴原温泉のいづみやさんに到着。

 部屋の窓からの風景は、以前来た時と、あんまり変わってないですね。

Idumi3

 部屋に通されてぐたぐたしていると、夕食。

Idumi2

 ちなみに、これ以外にしっかりとした朝食が付いて、週末での宿泊価格が\8000。遊ぶ所は無いですが、温泉を主目的とした宿泊にはお勧めです。

 あ、温泉自体は「硫酸塩泉」でpHは6.8。ほぼ中性ですが「飲めません」と書いてある通り...傷がある人はダメかもしれません。

 私は古傷が「かゆく」なりました。それはもう、大変なほどに。

| | コメント (0)

2009年5月22日 (金)

ふと、おもいついたので。

MEDIO write:

 以前宿泊した福島の温泉宿が、週末なのに予約出来た...温泉が右腕の痛みに効くか不明だけど、とりあえず週末に行ってみることにする。

 

 他の観光等は、行き当たりばったり。うん、そんなもので。

| | コメント (0)

IntelのSSDのこと。

MEDIO write:

 

 先日のMicrosoft Windows7側からのSSD対応に対して、Intelはどんな動きをしているのか調べてみた。

 やはりIntelのSupportCommunity(注:英語です)にその回答はあった。

 

 書き込みは5/21の18時...Intelのカリフォルニア本社からだったら、ここ30分程度で書かれたばかりの記事である。著者はAlan氏、Intel NAND Solutions Groupの方、だそうで。

 Trim対応の投入スケジュールを計っている最中、とのことで、製品情報の更新を待って欲しいと、まとめてある。

 

 これで、現時点で手に入るSSDは新コマンドセット(Trim系も含む)に未対応であることは確定した。あとは...対応した新ファームがいつリリースされるか、ですね...

| | コメント (0)

light music

MEDIO write:

 病院に行った。

 ちょっと考えたのだけど、病院のシステムって一般社会の経済システムから、かけ離れているなぁと。

 

 例えば、車の修理なんかだと、直らなかったら代金の請求なんてされないと思う。

 でも、「右腕が痛い」と言って病院に行く...いろいろと高額の検査をする...結果、異常無し。で、「心配する様な病気じゃぁありませんね」とか言われて、結局原因不明だったとしても、かなりの金額が既に払われているという事になっている。

 

 なぜ「成功報酬」にならないんだろう?「努力しました。だからお金を払ってください」というシステムはおかしいなぁ、と思う。「人助け」でなく、「高額報酬が目的」に、医者になる人がいる以上。

(これは政治屋にも言える事なんだけど、ねぇ。基本は無給にして、政治活動への評価投票で給料を決める、みたいなのが理想だと思う。)

 

 

 某市のハードオフに寄ったところ、中古楽器コーナーにGibson他、各社の「レスポール・モデル・ギター」と、Fenderの「ジャズ・ベース」コーナーが出来ていた。(w

 某「深夜帯アニメ」の影響なのだろうけれど...コーナーを作る店員も店員だなぁと。

 

 中古のレスポールが20万、ジャズベが5万超えって...新品買った方がいいよ...と思ったら、アニメ人気なのかどこも在庫が無くなっている様子。

 ハマルと、お金に糸目をつけない「ヲタク」って、凄いね...こんなご時勢、不況な経済を引っ張る役目を担ってもらいたいと思う。

追記:ネット情報とか見ている限り、おそらく、このキャラクタ(特にベースの「秋山澪」)は、フィギュア化されるんじゃないかと思うんだけれど...付属すると思われる「ジャズ・ベ」は、その版権等どうするのか気になる。余計なお世話だろうけど。(^^;

 

...なんて考えてたら、既にコレクションフィギュアが出ていたんですね。(笑

| | コメント (0)

2009年5月21日 (木)

ちょっと気になった

コネタマ参加中: 我が社ならでは!? びっくり社内イベントを教えて!

 びっくり、という程ではないのだけど。

 

 事業所+家族+取引企業とかを招いて、会社敷地内で「大バーベキュー会」を年に2回ほど。

 昨年秋には500kg程の(某焼肉大手企業から直接仕入れ)国産和牛肉が消費されました。

 

 そういえば、最近「今年一回目」の話が出ていますね...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

intuos ADBのUSB化、終わり

MEDIO write:

 eArenaさんから送っていただいたIntel製SSDについて、私がTrimコマンド実装状況を書いた数日後(^^;、某記事でも同じ様な事が書かれたみたい。

※だからと言って、私のblogが元ネタだなんて言うつもりは更々ないので。

 ただ、この記事に書いてある「SSDでも、DisableDeleteNofityがHDDと同じ0」...についてだけど。筆者の元麻布さんは「HDDと同じ0が返ってきたから、SSDとして認識されていない=Trimコマンドは有効でない」と言う表現をしている...のだが、元blogを読むとわかるが(念のため...英語だ)、「DisableDeleteNofityが0」なら、「WindowsのFileSystemとしてTrimコマンドは有効状態」である、と書いてある

※Craig 氏(NTFS team)の書き込みで、「Trim == Delete Notification == Unused Clusters Hint」という表現通り、DeleteNotificationがDisable(つまり、値が0)は「TrimEnable」の意。ちなみに、この書き込みは5/7(現地時間)に書かれたものなので、元麻布さんが読んでなかった、という訳では無いと思うのだが。

 

 まぁ、こんな僻地のblogでこんな事書いていても、何かが変わる訳じゃぁないんだけど。こんな僻地blogと違って購読量が桁違いなんだから、もっと記事に高い精度を!、と思うのはおかしいのかな?かな?

(こっそり修正されてたら、それはそれで面白いんだけどね。(^^; 

  

 そんな中、Super Talent製のSSDのファーム改定が去る15日にあったらしく、速度アップとTrimコマンドの実装がうたわれている。

 このクラス最速だったIntel製を上回る速度(メーカー公表値、だけど)と、NAND型フラッシュメモリの弱点を補うコマンド実装は、多分、既に業界必須、なんだろうな。

 

 という訳で、Intelさんもがんばってください、早々に、えぇ。多分、今のままだと、近い将来に送っていただいたSSDは不要部品箱に入ることに。(w

(メインで使うには、容量がちょっと足りないのですよ。

 

 さて、最近の工作。

 先日、解析の終了していた「IntuosのADB」版。ブレッドボード上で仮組みしていたUSB変換回路を、正式版に作り直し。

 ピッチ変換基板に、USB-シリアル変換の「FT232RL」を載せ、その上にチップコンとかフェライトビーズとかを組んで行きます。

Intuos1

 裏はこんな感じ。

Intuos2

 実は、この状態では2回に1回程度、USB接続時に「不明なデバイス」になります。(--;

 秋月で買ったICのデータシートをよく読むと...AGNDとTESTもGNDに落とさないと、動作が不安定になる様子。サンプル回路図には書いてあるんだけど...ちゃんと読まないとダメですね。

 

 本体にはこんな感じで接続。

Intuos

 実は上の写真見てわかるかと思いますが、実装スペースが足りなくて...Intuos本体の基板の一部を金鋸で切断しています。(^^; もちろん、影響の無いGNDベタパターンのところですが。

 変換基板は、ICの面に厚手の構造材用超強力両面テープを貼って、ペタリと固定。剥がす時、気をつけないとICが捥げますが。

 

 動作は、試験してた時の通り正常に。

 

 面白かったけど、「実稼動時間」と「部品代」を考えると、Intuosの新型が買えるんじゃないかなぁ...と思ったら負けだと思う。(笑

| | コメント (0)

2009年5月20日 (水)

いろいろあるね...

MEDIO write:

 昨晩は、23時には寝てました。こんな日は年に何回あるやら。かなり体が参っているのかもしれない。

 

 今朝は6時過ぎに自然に起床。シャワーを浴びて、ゆっくりしててもホテルの朝食までには時間がある...

 開店の7時丁度にレストランに入り、これでもか、と言うくらい(バイキング)に朝食を取る。少し気分が悪い。(おバカ

 

 8時過ぎ、チェックアウト。

 千石の前、旧ソフマップ中古PC館は取り壊し後駐車場になってました。全然面白くないです。

Park1

 まぁ「箱物」を作っても、こんな時勢、アキバでテナントが入る事も無いのだろうし。

 実際、Sofmapのギャルゲー館(笑)の上のフロアも、こんな感じ。

Tennant

 見事なくらい、空き部屋。前はSofmapのいろいろが入ってた気がするんだけど。

 

 そして、毎度のトラップは、複製画で収まらず「特製フィギュア」まで動員した様です。(--;

Moe

 

 

 末広町の駅の路地裏、旧マウス・コンピュータ秋葉原ビルは、以前「改築予定の看板」があって、取り壊しをしていたのだけど...今日見たら、あれ?

Park

 ここもただの有料駐車場に変わっていました。まぁ、あの会社も資金繰りが大変なんだし、あの決算報告を見る限り、今の時期にビルの建て替えなんてしてたら、屋台骨が傾くでしょう。

 

 そして、いつもの書道教室。ここもアキバ、なんだろうな。(台東区ですが

Tanin

  

 町内会の看板。湯島天神さんの例大祭が近いそうです。某ゲームの同人イベントなんかと一緒にしたらバチがあたります。

Rei

 

 帰りがけ、ハナマサの道向かいにロボット系の新店舗を見つけました。

Robo

 

 段々、街が綺麗になって行きます。そして「安く」 て「怪しい」商品を扱う店が無くなって行く訳です...

| | コメント (0)

2009年5月18日 (月)

ふわふわ時間...JASRACは?

MEDIO write:

 今日は、午後から都内へ移動。いつも通り、夕方に秋葉原近くのホテルにチェックイン。

 夕食にするには早い時間だったので、やっぱりいつも通り秋葉原を探索する。

Aki1

 平日の夕方でも、やっぱり人は多い。ラジオデパートでは、電子部品を買い求める若者が何組か見られた。ルーズリーフに手書きで写してきた部品表を店員に見せて、あっちこっちにうろうろと。自分達が中学生の頃にやってた通りの光景に、なんだかほっとする。

 ちょっと聞こえた部品名からすると、エフェクターを作ろうとしているみたいだった。ラジオ少年じゃなくて、バンド少年なのかと思うと、時代のズレみたいなものも感じるなぁ。(自分は「作ること」が目的みたいなところがあったけど、彼らの主目的は「工作」ではなくて、「楽器演奏」に使うこと、だから、ね)

 極彩色の看板群も、相変わらず。

Aki2

 そして、ヨドバシすらも「萌」へと走る街。

Aki3

 以前は、電車の「山の手くん」とかだったよね...

 

 で、某店頭では早速政治家をネタにしたお土産が売られている。

 Aki4

 党内で代表選が早すぎる、とか騒がれていたのに、ネタ土産が既に作られているのがすごい。

 

 うろうろすると、カレーのベンガル隣に新店舗。

Aki5

 「一丼相伝」とか「伝説」とか、痛い痛い。(w アキバっぽいなぁ。

(デンプン質と脂質からなる、Junkフードって所も、ケバブと同じ...)

 

 そういえば、路上に掃いて捨てるほど「メイド・コスプレ」した風俗みたいなお姉さんがいっぱいいたっけ。(危

 なぜだか、皆「猫耳」とか「ウサ耳」とか付けて。もしかして、繁殖期だからかな?(w

 

 

 閑話休題。

 いろいろお店を回っていて気が付いたのだけど、どうみてもJASRACにお金を払っていない店舗では、店内のBGMに「コピーしたCD・DVD」や「MP3」なんか使われているみたいだけど、何故か、どこへ行っても「けいおん!」のOP、EDばっかり流れていた(気がする)。

 

 入院中の師匠も(入院中なのに...)、学生時代に自分がFender(USA←重要、らしい)のジャズベを使っていたということで、アニメ化決まる前からチェック済み、だったので、私も以前からコミックを借りて読んでいたりする。

 

 実は、先週末。そんな師匠の自宅に届いていた「けいおん!」のCDも既に頂いてきて、自分のiPodでループ再生してたりする。

Huwahuwa

 歌詞カード見ると、背中が痒くなること請け合いなんだけど、メロディラインのノリとかで普通に聴けちゃう...カラオケでは歌えないだろうけど。(w

(作詞:秋山澪...「お気に入りのうさちゃん抱いて今夜もオヤスミ♪」って...(^^;

 あと、バンド系のCDということなのだろうか、-1での曲が収録されている。

(-1:マイナスワン。1パートだけ演奏が抜かれた収録で、もっぱら抜かれたパートの練習に使われる)

 -Drumには、クリック音が入っているけど...(w

 まぁ女子高生のアマチュアバンドらしからぬクオリティなのは目を(耳を?)つぶって。(^^;

営利目的の店舗等で、BGMとしてJASRAC登録の著作物を再生する場合、年額\6000~\50000の使用料を支払わなくてはなりません。

| | コメント (0)

エアコン・コントローラの改造...VFDの白表示化~BG5改造プラン29

MEDIO write:

 日曜だというのに、朝一で出勤。先週終わらなかったいろいろを片付ける。もちろん、誰もいないけどね...

 おかげで効率よく、お昼前には終了。

 

 そのまま、非論理師匠のところにお見舞いに行く。

 先週、数年ぶり(!)に戸外に出られたそうだ。あとは体力が回復すれば...リハビリが大変そうだなぁ。

 

 が、部屋に帰り着く早々、シャットダウン・プロセスが起動する...疲れていたのか、ソファーで3時間ほど寝込んでしまった。

 さすがにこのまま何もしない週末は悲しすぎる。そういえば、先週は部品やらナニやらいろいろ届いたはず。で、簡単に出来そうな(既に17時近いので)BG5レガシィのエアコン・コントローラを外してきてバラしだした。

 

 このエアコン・コントローラは、以前「青表示」に改造してあったのだけど、いくら「清浄なる世界!」とか言っても、青表示は「チバラギの頭の悪い連中」と言われるらしいので(過去記事でも見て下さい)、いっそのこと「白」にしてみた。

Vfd_2

 ブルー・グリーンが悪いわけでは無いのだけど、デバイスの標準色ってなんとなく「安っぽい」感じなので、「白」表示には満足。とくにBFM化して文字色が白だし、インパネ周りの表示灯も白LEDになっているので、統一感が出ている。

 逆に、オーディオの有機ELの「青」が、浮いてしまった感が...

| | コメント (4)

2009年5月17日 (日)

進展~Windows7RCのVAIO type-Zへのインストールについて

MEDIO write:

 疲れているんだったら寝てりゃいいのに...と自分でもわかっているのだけど、目の前に興味の対象があれと寝られない人なので。普段はサポートの無いソフト・ハードなんて使う気が全く無い(パソコンは、まだ白物家電ではありませんので、「電源入れればいつでもどこでも問題無く動く」と期待するのは間違い)のに、Windows7RCの出来が思いのほか良かったので...これではVistaは7のβ以下と思ってしまう...あ、本当にそうだったのかも。(w

 

 クリーンインストール後の状況。ちょっと進展したので、公開。

Vaio14

 正常に認識されなかったSDカードが、問題なくなった。OSからも正常に認識している。

 Windows7でDefaultインストールされるMS製SDカードドライバを、RICOH製のものに更新すればOK。

 ちなみに、ドライバを探すならこれを。

 

 

| | コメント (0)

2009年5月16日 (土)

一休み...VAIO type-Zの分解方法~~SSDモニタ(?)第2.5夜

MEDIO write:

 昨日の段階で、どうやらWindows7RCにはSSD対応の実装(Trimコマンド等)はされている様だという事、だけどIntel謹製SSDは、最近のファームアップデートでもこのコマンドへの対応は見送られたらしい事がわかった。

 そうなるとこのSSD、現段階では、OS(最終的には、使っている人間)からは「単なる高速なHDD」にしか見えない訳で。確かにデータの読み書きに関しては待ち時間が減るのだろうけれど、SSDが得意な「小容量の多数ファイルの読み書き」が起こる場面などは、日常の使用に関してあまり無い事だろうし。

 単純なベンチマークは、この製品が発表された去年から他のサイトで散々掲示されているので、少し趣向を変える方向で何か考えてみることにする。まだ何も思いついてないんだけど、ね。

 

 さて、一回目のレビュー最後に。

Vaio13

 write性能がグンと(カタログスペック以上に)上がっているスコア。

 実は、SSDにしたら必要ないと(書かれている事が)ある、デバイスマネージャで設定できる「ディスクドライブの書き込みキャッシュ」を有効にしてみた時の値。(今までの結果は、それらの記事を鵜呑みにして「OFF」にしてあったのだった)

 Intelの「X-25M」の製品情報にもちゃんとライトキャッシュの記載があるので、念のためONにしてみたんだけど....結構効果がある。だめだぁね、ちゃんとマニュアル読まないと。(^^;

 

 

 で、前回書いたけれど、現行VAIO type-ZのSSD換装に関して、分解方法をちょっと。

 

 この機種は、リアのあらかたのビスを外すと、キーボード(というか、アルミのパネル)が取れる構造になっている。

 とあるサイトでは「ツメを強引に外して」みたいに書いてあって、でもそんな事すると「保証対象外」となる確率が高いし...ちょっと気になった(気に障った?(^^;)ので、このblogのポリシー「相変わらずの無保証」ながら、ちょっと解説してみる。

 まずは分解後の写真。右手から。

Vaio10

 光学ドライブの上部に、黒いプラスチックの部品がある。これは光学ドライブをイジェクトすると、そこから見える(イジェクトホールにペーパークリップを伸ばして、差し込んで開けてください)んだけど、これを1mmほど引っ張ると「キーボードの右側のツメが簡単に外れる」様になっている構造。引っ張るには、先端を1mmほどカギツメ状に曲げたペーパークリップででも引っ掛けてやれば良い。

 

 次に左側。

Vaio11

 筐体の淵に沿って、黒いプラスチック部品が付いている。矢印の部分がツメになっているんだけど、写真上部(丸印)部分を写真下部方向にスライドすると、ツメが外れる様になっている。さて、スライドする方法は...

 実は丸印の部分、LANコネクタのフタを外すと見えるのである。フタを外して、先ほど使った「先端を曲げたペパークリップ」でチョンとスライドすればパクン、とツメが外れる。

  あと、写真撮ってないんだけど、バッテリを外した部分にもスライド出来る爪がある。長円の穴を見ればわかると思うので、説明は省略。

 

 プラスチック同士等、可塑性が望める部品だったら無理やりツメ外し!という組み方でもOKだろうけれど、片方がアルミ部品というこのtype-Z。メンテなんかで無理やり外していると、数回でツメが無くなる事になる。この辺り、SONYの構造設計屋さんはちゃんとわかっている様で。

 

 そうこうしているtype-Zは、Windows7RCがクリーンインストールで安定駆動出来たので、現在そのまま使用している。デバイスマネージャはこんな感じ。

Vaio12

 Videoアクセラレータだけが、Intel内蔵になってしまっているが、Felicaも使える(Edyのチャージも出来た)。ショートカットキー、Ejectボタン(これは凄く便利)も動作する。

 ドライバのインストールは、type-Zの勝手にXP Downgradeの時に作ったXP Downgrade module Installer CDから行った。

 現時点の不具合、というか、制限事項は以下の通り。

1.VideoアクセラレータがIntel内蔵だけしか動かない。GeForceは最新版で正常にドライバを読み込んだが、そちらをイネーブルにする(Inltel内蔵を無効設定にする)と、解像度が1024×768になってしまう。

2.Fnでの輝度切替が、実際には反映されない。画面に表示は出るんだけど...

3.Fnでの音量変更が出来ない。

4.ショートカットキーが再設定出来ない。ちなみに割り当てられているのは「輝度調整」と「ミュート」で、画面に表示は出るが、どちらも動作しない。

5.ドライバは読めているのに、SDカードを挿しても反応しない。????XPではOKだった。

 

 まぁ、Video以外はあまり気にならないから、このまましばらく使ってみるつもりで。

 

 これで、家にあるVista Businessのパッケージ2本は、一度も開封・認証することなく処分する事に決定。(笑

| | コメント (0)

2009年5月15日 (金)

気になったので...Windows7RCの「Trimコマンド」実装調査~SSDモニタ(?)第2夜

MEDIO write:

 しばらく間を空けようと思っていたのだけど、どうしても気になったので今日もSSDをいじってみる。

 きっかけは、最近見たMicrosoftのTECH Netにある、開発者blog

 

 Windows7には、SSDの特性に対応する機能が実装される事になっている。詳細はPC Watchの記事などに詳しく書かれているので割愛するが...上に書いたblogでは、その機能について書かれているのだけれど、その記事に対するコメントのひとつに「Windows7はbeta版(もちろん、RC版にも)に既にTrimコマンドは実装されている」とあった。ちなみにコメントをつけたのは、Windows7のFS(FileSystem)開発チーム。

 

 それでは自分で試してみようと、VAIO typeZをSSDに換装してみた。

Vaio2

 とあるサイトで、このtypeZの「無茶苦茶な分解方法(というか、破壊方法だな)」が載っていたっけ...3箇所のツメを「ちゃんとした方法」で外すと、この機種は力なんか入れずに分解できますよ、ほんと。

Vaio3

 BIOSでも認識。

 この時点で、5/1付けのファームアップデートの適用を。

Ssd10

 やっぱり古かったので、そのまま続行。

Ssd11

 終了。

 早速RC版をインストールする。この辺り、既にやっている人がいっぱいいるだろうから、詳細はやっぱり省略する。

 

 で、VAIOからSSDはこのように見えている。

Bench2

 「ATA-7」デバイス、ですか、やっぱり。(Trimコマンド自体はATA-8のコマンドセットの一つ...の予定) ただし、先のblogでも、SSDかどうか不明な場合、実際のパフォーマンスを見てSSDかどうか判断するという様な情報が書かれていたので、かすかな期待を残しながら。

Bench1

 Windows7的には、Trimコマンド(=DeleteNotify)が有効になっている様子。

 まぁここまでやっちゃったので、ベンチマークでも取るか、と。

Bench4 

 普通。それでは、Trimコマンドを殺してみる。

Bench5

 で、もう一回計る。

Bench6

 やっぱり全然変わりませんでしたか。(--;

 

 あとは、Intelのファームが上がるのを期待するしか無いでしょうね。

| | コメント (0)

2009年5月14日 (木)

あ、届いたんだ...SSDモニタ(?)第1夜

MEDIO write:

 昨日、当選しましたというメールは届いていたんだけれど...こんなに早く届くとは思ってなかったので。

 「eArena、Intel SSDモニターキャンペーン」のモニタ商品。

Ssd2

 中身はIntelのX-25M。MLCタイプながら高速という、Intelっぽさ満載のパーツ。パッケージが茶箱(IntelのOEM向け組み込み商品は、大概これだけど)なのが、「実は中身は凄いんです」という感じで。

 Ssd3

 箱を開けると、さらに怪しさが。(^^; A4一枚の、テキストだけの説明書と、帯電防止袋に入った本体(だけ)。

 外箱のラベルを見ると、昨年11月27日に箱詰めされたものらしいので、恐らく最近(5/1)公開された高速化取戻しファーム(笑)は適用されていないと思われる。

 ...いきなりだけど、このサイトは「無保証」「無責任」「基本的にunder-ground」を売りにしているので...eArenaの担当者さんやIntelさんには悪いと思いつつ、いつものスタンスを取ります。えぇ。

 一般的なベンチマークなんて、昨年の発表以来、いくらでもweb上で見る事が出来ますから、ちょっと普通の人がやらない事を目指して。 

 

 

 

 

 

  いきなり。

Ssd4

 ビス4本でバラバラになるという、なんてエコで親切な設計。まぁ解析目的で分解しても、キーデバイスは全てIntel製なのだから、某C国やそれらの近隣の国でも複製は出来ないのですけれどね。(危

 さて、基板的に表(デバイスとしては裏?)側。

 メインのコントローラはIntel謹製PC29AS21AA0の文字。すぐ下にはSAMSUNGのSD-RAM、K4S281632K(128Mbit)。

 メインのFLASHメモリは、やはりIntelの29F32G08。1チップあたり32Gbit(4GByte)になりますか。

Ssd5

 裏面にもチップが10枚。端子部には樹脂モールド。耐震動性を確保しているのでしょう。

Ssd6

 

 見た目の回路的にはあまり面白みは無かったんですが...この商品、確かMLCタイプのFLASHメモリで高速化をする為に、10個のメモリを並列駆動している、と聞いた事があったんですが...今考えると、その「10」という数字はどこから出てきたのか、またそれをストレージとして処理(最終的なデータの単位としてバイト=8bitへまとめる処理)するのに、どんな事をしているのかとか、いろいろ中の動きには興味があるのですが...

 プログラムのバイナリとしては、最近公開されたファームがあるのですが、恐らくコントローラはRISC系だろうしなぁ...手を出すのはやめよう。うん。

 さて、これから動作確認です。(え?

 デスクトップは最近ふたを閉めてしまった上、SATAに空きがありません。仕方が無いので...今日のところは「ノート用のeSATA」で我慢します。(それより、うちにはXP環境しか無いのが問題だなぁ。XP以前のファイルシステムだと、SSDは遅いそうだし)

Esata  

 AREAのツライチeSATA。接続はPCI EXPRESSx1経由となりますが、NCQ対応とか書いてあるので、少しは期待してもいいのかな?

Ssd7

 やはりAREAの外付けケースIS250SU(の基板)。こいつは、SATA接続のときはUSB-eSATAブリッジを経由しないでの直接続になりますので、足を引っ張らない....はず。

Speed1

 XPでフォーマットしただけの状態でこの速度です。まぁEXPRESS Card経由でこの速度なら十分速いでしょうね。

 ただ、AREAのEXPRESS Card(実は、SSDのプチフリで有名なJMicron製のコントローラを使用しています。JM363Bという)経由だと、あちこちのHPに出ている程は小容量でのランダムR/Wの結果が振るわないという...データの転送時間に対して、発行するコマンド自体のオーバーヘッドが大きいのでしょうけれど。

 変に「NCQ対応!」とかで、妙な処理をしている気もするのですが。ね。

 

 ちなみに、「子供のケンカに親が出てくる」とどうなるか。Seagate製の3.5インチHDD、Barracuda7200.12「ST31000528AS」の新品が部屋にあったので、比較してみます。

Ssd8

 経由するのは、Logitec製の「LHR-DS01SAU2」。こちらもeSATA接続時に足を引っ張らないとの事。

Ssd9

 で、結果。

Speed2

 3.5インチHDDでも、小容量のランダムR/Wはこんなもの。キャッシュに載るだけ、Writeが多少良い結果になりますが...1.5倍程度です。

 

 

 HDDを半導体メモリに置き換えた場合、いろいろ無駄が生じる(この辺り、このあと続くレポートに書きます)のが判っているのですが、単純に入れ替えただけでもこれだけの性能差が出るというのは凄い事です。

 USBメモリを使い慣れた人だと経験上わかっていると思いますが...FLASHメモリはその性質上、「小容量の書き込みが大量に起こる」と性能低下が著しいです。300個のファイルをUSBメモリにそのままコピーすると30分以上かかったりするのが、1つのファイルに(無圧縮ZIP等)するだけで2分でコピーが終わる、なんてのは良くある事だったり。

 そんな物理的な性能・制約を技術でカバーするあたりは、技術屋として見習わなければならないところですね。

 

 時間が取れたら、VAIOのtypeZに内蔵させて、Windows7でも入れますか...それとも、何か面白いリクエストのある方、いらっしゃいます?(^^;

| | コメント (2)

2009年5月11日 (月)

intuosの改造~ADBからUSBへ(ADB版をWindowsで使う方法)

MEDIO write:

 話は少し遡る。

 学生時代、廃部逃れの為の部員集め(どこかのマンガやアニメのネタではなく、事実である)で、頭数の一人として「絵画部」に所属させられた。もちろん、こんなことは非論理師匠の差し金であるのは言うまでも無く...

 まぁ、中学時代にも絵を描いて賞状を貰う、程度のことはしていたので、この高専・絵画部でも、鉛筆の素描やら透明水彩程度を使った絵、らしきものを描いていた。気がする。

 

 今でも、一人で旅に出た先で絵筆を取る事もあるけれど、道具箱を持って行って開く、という行為そのものが面倒になってきて(歳、だなぁ)、最近はもっぱら、自室のPCでチョコチョコとイラスト描きの真似事をしている。

 道具としては、今まで師匠のお下がりの、WACOM製「Art-PadⅡPro-シリアル」というタブレットを使っていた...のだが、4月になって自室に戻ってみると使えなくなっていた。

 ACアダプタが壊れた様子、なのだけど、センター・マイナスの12Vという、手持ちには無いものだったので放置してあった。変換アダプタ作ればいいんだけどね...

 

 そんな中、WACOM社ではintuos4なんて新製品が出たらしく、そんなに描画テクニックの無い自分には旧式で十分だよ、とオークションを追っていたのだが...A4対応のi-930だと、終了価格が2万円中盤になってしまう様子。

 「この金額だったら、ホルベインの透明水彩108色のセットが余裕で買えるな...」と躊躇していたのだった。

 

 そんな折、いつもの仕入先(ハードオフです、えぇ)で、ADB接続の初代intuos、A4版i-900が捨てられて(Junkコーナー)いた。「とりあえず買っとく」の法則で、購入。

 

 自室で早速ばらしてみる。

Wacom1

 ADB(AppleDesktopBus)は、1本のケーブルを数珠繋ぎにして、マウスやキーボードを接続出来るという、Apple社ローカルな規格。データの送受を1本のラインで行って、電源まで供給出来る。まぁ、信号の調停などやってることはDOS/VのPS2なんかと一緒だろう。

 コネクタ周り。なんとなくの予想通り、ADB版とシリアル版は同じ基板を使っている様子。空きパターンは、追った所、RS-232CとTTLレベルの変換回路であった。CTSラインだけ、ディスクリート。

Wacom2

 一応、情報収集をすると、某掲示板に「ADB版は、Windowsでは絶対使えません」とあった。俄然、燃えるネタを拾ったぞ。(w

 まぁ、無理とわかっているが、TTLレベルのラインに、秋月で買ったFT232RL「USB-シリアル変換モジュール」の信号を直接注入してみる。信号極性はデフォルトのままでOK。

Wacom3

 ドライバのインストールをしても、タブレットからの応答は無い。ここまでは想定内

 メイン制御のCPUと思われる「HD6433032」(H8/300H系)は、マスクROM版なので、ADB用とシリアル用を別にすることは、タブレットの出荷数量から考えづらい。ので、それ以外で何とかなると信じる。うん。

 次に、ADBの制御だけをやっていると思われる「MC68HC705」(もったいないなぁ)を外してみる。→同じく何も起こらない。

 さらに、シリアルのラインが入っている「HD6433032」の傍にあるシリアルROM、93LC46Bを解析...しようとしたら、Bバージョン。これは16bitのROMで、うちのROMライタで読み書き出来ないワナ。(--;

 仕方なく、いつものAVR(Tiny2313)でROMライタを作る。以前3線シリアル通信のライブラリを作ってあったので、所用20分程度で出来上がる。

 しかし、読めたデータは予想してたより少ない。そもそも自作のROMライタなので、ちゃんと読めてるという信頼性も無いのだけど...

 確証を取る為、「HD6433032」とROM間の通信をロジアナで観察すると...やっぱり読んでいるデータは少ない事が判明。(ロジアナ表示のシリアル・データを頭で解析するのは大変だぁね...)

 そこで書き込まれているデータを少し変えてみたら...タブレットのカラム・ローのドライバの数と判明した。少なくすると、タブレットの感知エリアが小さくなる。

(PCに繋がっていなくても、ペンでクリックするとLEDの色が変わるので、感知しているエリアの広さがわかる)

Wacom4  

 で八方塞がりかと思った時、「HD6433032」のバスが伸びた下部に、シールの張ってあるチップが。(上の写真では剥がしてあるが) そこにあったのは「27C512-90」。

 これまた、Mask-ROMではなくて、one-timeのP-ROMである。怪しい。

 これが最後と、剥がして、ROMライタで読んでみると...あった。ビンゴ!

 

 さて、書き換え場所の特定が出来たのだけど、書き換え出来るROMなんて無いよなぁ...と思っていたら、会社の実験室のパーツ箱に「27C512-15」が山のようにあった。(w 某日本ローカル機のノートのBIOS-ROMの開発用だった、との話だが、もう誰も使わないからと8個も頂く。

 若干アクセススピードが足りない(もともとは90nS版)が、最悪値がでなければ大丈夫(アクセスタイミングは、ロジアナで測定済み)だろうと、これに書き込みする。でも、ちょっとは心配なので、一応交換用のソケット。これも、貰ってきた。表面実装用のソケットも珍しいねぇ。

Wacom5

 さて、結果は。

Wacom6

 ちょっと見えないかもしえrないけど、ブレッドボード上のシリアル送受信LEDが交互に点滅している。ちゃんとシリアルでの接続に成功したらしい。(^^;

 それではWindowsにドライバも入れてみる。正常に認識して、タブレットのプロパティも。

Wacom7

 あとは、FT232RLをちゃんと内蔵してやれば、USBバスパワーで動くA4タブレットの出来上がり。(^^)v

 で、結論。ADB版intuosは、ROM書き換えればWindowsで使えます。間違いなく。

 

 あ、毎度の事ながら、思いっきりunder-groundネタですので、ROMの書き換えデータの公開なんかは、多分しないと思います、えぇ。

| | コメント (8)

2009年5月10日 (日)

表現の自由

MEDIO write:

 今回も技術ネタではなく、前回の続き。面白くない内容です、多分。

 

 前回、「犯罪の助長」と「表現の自由」は別個として考えるべきとし、「表現の自由」についてあまり深くは書かなかったけれど、本当はこっちにも深い根があったりする。

 

 とりあえず、例を挙げてみる。お題は「映画」

 エロな「ポルノ映画」と、恋愛表現の延長上に性的表現のある「名画」、これらを同じ「表現の自由」で一緒に考える事は出来るのだろうか?

 

 行政府やらのお上の言い分は、おそらく「性器表現がどうこう」といった、一緒くたな法基準を示すだろう。それしか、現在のメディアの歯止めになるものが無いからである。(一応、現在はある程度の文化的配慮はあるのだけど、法規制の表記はそのままである)

 

 本来ならば、映画の業界団体なんかが先に「文化的な作品の表現だから許される」とか判定をすれば良いのだろうが、「他人の子供を叱ったら訴えられる」様な現代日本にそんな「大人の判断」が下せる人間や団体は存在しない。だから、誰もが「怒られなきゃ、何やってもかまわない」と思っている。

(最近も、「男優が出演しない「イメージビデオ」には倫理規制が入らないという仕組み?を利用して、猥褻DVDを製造・販売していた会社」が検挙されたのを、皆さんは覚えているだろうか)

 

 そういった「自浄作用」が無いなら、お上は「一律の規制」をするしか手立ては無い。業界団体なんてものがもともと存在しない「同人界」を規制する(出来る)のは、事実上それを作る「作家」だけだったのに、彼らは何もしていない。単に「反対!」と叫ぶだけ。児童ポルノ法改正は、本当はその背景にこんな問題を抱えている訳だ。

 

 本来、社会を良くする為の「法」が、逆に「書いてない事は許される」と解釈されている。この考えが改まらない限り、こんな問題は今後いくらでも出てくるだろう。社会を良くする為にはかなりの人の労力・努力が要るけれど、社会を悪くするのは少数の人間でも可能なのは、「道端のタバコの吸殻が決して0にならない」ことでも判る事だ。蛇足。

  

 さて、ここから本題に戻る。(長い前置き

 じゃぁ、何が文化的な表現で、何がダメなのかという話。「表現の自由」の限界点、について。

 

 率直・極端に言えば、「表現の自由」についても「犯罪になるかどうか」、という仕切りが存在する。

 じゃぁ簡単に犯罪だと判別出来るのは何か。それは「被害者が存在・もしくは発生する恐れがある」かどうかという点である。

(最近、公園で裸になった芸能人が捕まった例がある通り...彼については被害者が存在しなかった訳だが、公共の場所で=不特定多数の人が通る可能性があり、被害者が発生する可能性がある場所、という解釈での逮捕となった)

 

 「パンツじゃない」と言い張りながら、下着を露出するアニメやら、「性行為だけ」を描くマンガなんかに対して、「腐女子」や「露出狂」ではない一般女性や、子供を持つ親達にとっては「嫌悪の対象」である。そんな迷惑を感じている人がいる=被害者がいる、と判断するべき。

 

※HPでも、嫌悪感を感じる人は退出、とかいうのをよく見るけど これも極端な例を挙げると、「嫌な人は見るな」とツイタテを置いて、不特定多数の人が通る道に「切り落とした生首」を置くのと変わりが無い。

 インターネットはそういった特殊性癖(?)のある人たちだけのモノでは無いのに、ね。

 

 電車の中で「週間少年ナントカ」を読んでいるサラリーマン全てが、そんなパンツ・アニメを許容している訳では無い。なのに、そういったものを作って・書いている人たちの間には、ネット社会の中でそういった「hentai」コミュニティが出来上がってしまって...自分以外にも似た人間がいるのに安心して、「自分達は社会的・一般的に認知されている」と誤認しているのだろうな。「赤信号、みんなで渡れば~」理論そのもの。

 

 ちなみに。そんな人たちの聖地アキバででも、ヨドバシなんかの「電気街」に来たカップルなんかは、走り去る「痛車」を見て、「何、あれ?」と嫌悪感を露にしている。私は少なくともそういった人たちを今までに3組、見かけているし。

 

 ここで、やっぱり問題になるのは「『自分さえ良ければ』理論」に行き着く。自分の興味本位で、他人の目線で考える事をせず、迷惑を感じている人の事なんて気にしない、という現代っ子気質+ヲタクの強力な化学反応の結果。

 

 じゃぁ被害者が出なければ、何をやっても良いのかと言い出す人がいるだろうから、こちらも追記する。

 日本のアニメ・マンガを世界的作品として発展させる為には、最低限「文化的」である必要がある。文化とは人間ならではの思考活動から生まれるものであり、その根本が「性欲」や「金銭欲」から発生した「商品」ではその資格すら無い。

 

 少なくとも、一般の人たちの「一過性の興味」ではなく「理解」の対象となる作品を作り続けなければ、アキバ系文化はいつか全滅すると思う。

| | コメント (0)

2009年5月 9日 (土)

年貢の納め時...?

MEDIO write:

 まずは、この記事を。

日本製「性暴力ゲーム」欧米で販売中止

 

 児童ポルノ禁止法の改正話題が出た頃から様子を見ていたけれど、国内の自浄作用では手に負えず、とうとう国外からの圧力がかかってしまった、という状態だ。

 

 当blogの立場を表明すると、児童ポルノ法改正に関しては「賛同・不賛同両方の内容を含む」となる。

 政治家の答弁の様な「玉虫色」になる理由を挙げると...「18歳未満」というくくりに関して、まとめて欲しくない条項が含まれるからである。

 

 日本人がよく使う「18歳未満禁止」という語句。この18歳とは「精神的・経済的に自立し、社会に対して自己責任が取れる」年齢として、「過去の日本人の標準に対する則り」として決められた年齢だと思う。

 そして、この年齢に関係する法規制は、刑法とそれ以外(民法、等)に分けられる。(18歳未満の犯した犯罪、という意味では無く、被害者・当事者が18歳未満、という意味である)

 

 もちろん、刑法は直接「犯罪」をさすものばかりだけれど、それ以外の 婚姻障害事由...例えば未成年者は自己意思で結婚出来ないとか近親婚の制限等...は「日本人の道徳感」などを発祥の元とする、「ちゃんとした理屈が無いもの」が多い。

 実際のところ私は、中学生だったとしても、ちゃんとした考えを持っているのなら結婚して子供を持つ事に反対するつもりは無い。(もちろん、後々その判断が未熟だったと思う事になったとしても、本人らの責任だ)事実、この年齢で家庭を持てるという国は、世界中にいくらでも存在する。

 

 だが、例えば性犯罪の対象として18歳未満...いや、成人だったとしても問題あるが...が対象になるのは絶対に問題だと思う。そもそもの今回のニュースの内容も、こちらが原因である。

 

 よくアダルト系を含むイラスト系サイトで「児童ポルノ法改正反対」なんて掲示をみかけるけれど、多分そのほとんどは前者の内容を描く事の規制を恐れていたのだと思う。(思いたい)

 ただ「反対!反対!」と言っているだけで、自分達の中に混じっていた「後者を食扶ちにする連中」を見ない振りしていたおかげで、とうとう取り返しの付かない所まで来てしまった訳だ。まさしく「獅子身中の虫」である。周りが騒いで、そんな輩を守っていたのだから。

 HPのどこかに「すべて18歳以上」とか、「現実にやったら犯罪」とか書けば一切の罪が免除されると思っている人・サークル・メーカーは同罪だろう。このままだと一切合切をまとめて法規制されるのがオチである。

(暴走族が五月蝿いから、バイクは全面禁止にしましょう、という理屈と同じなんだけど、ね。これも、バイクに乗らない人は静かになれば、全面禁止でもいいと思っているだろうから、本来ならバイク乗りが暴走族を無くす努力をするべきだったのだと)

 

 改めて書くけれど、「表現の自由」と「犯罪の助長」は別物だ。

 そして、「18歳未満禁止」という免罪符で何でも表現して良いという考えは間違いである。現に18歳を超えて、法的にそういった本・ゲームの閲覧・プレイが出来る年齢になっていて、しかし自分の社会的立場が確立出来ず(仕事もせず、自分の生活費も稼げない様な)に、親族などに寄生・依存している人間が現在の日本にどれほどいるか。

 他人に依存しないと生活出来ない=自分で判断が出来ない・責任が負えない、自分の面倒も見られないという、極論として精神的に子供なのだというなら、「犯罪」と「そうでない事」の判断も付かない人間も沢山いるはず。そういう人間の犯した犯罪のニュースが、最近どれほど多い事か、みんな気が付いていると思うけれど。

 

 

 閑話休題。

 技術系blog「半田付け」として、今日もネタ。SONYのNetMDコンポ「LAM-Z10」。ハードオフで、全面パネル開かずJunkで\1050。

 前面パネルがCDとMD取り出し時に左右スライドするという、SONYギミック(笑)満載の小型コンポ。潔くチューナーを搭載せず、USB接続でPC連携が取れるうえ、サイズ以上の音圧、というなかなかの製品...だけど。

 スライドパネルが動かなくなる、という故障が多いらしい。まぁ、この辺り(わざわざ壊れやすい構造設計をするの)がSONYたる所以。

 

 分解すると、前面パネルを平行にスライドさせる為のピニオンギアが割れて、空転していた。生きているギアがパネル下部だけをスライドさせて、上部が動かないまま、という症状の説明も付く。

Lamz101

 小さい方が割れていたピニオンギア。軸径2mmで11枚歯という、模型屋でもあまり見かけないもの...10枚や12枚はセットで売っているのだけど。

 軸に対して空転しない様にギアは圧入されている上、エンジニアリングプラスチック(エンプラ)なので難接着性。ギアを接着剤で直しても、圧入したらまた割れるだろう。

 仕方がないので、逆転の発想を。「ピニオンギア」単体を直すのではなく、「軸を含めた駆動系」として直す方向へ。

 そもそもギアは「圧入」されているので「応力破壊」されたのだから、「軸を削って、ギアの穴(割れた隙間)が広がらない太さまで加工」する。その上で、軸とギアを固定...上の写真の「パーツ本来の機能」...軸と上下のギアが同じに回転する、は保たれるので、問題は無い。

 もちろん、接着に関しても、エンプラがOKなプライマーが付属するアロンアルファを使っている。

 Lamz102

 ということで、なんの問題も無く動作中。作業時間は15分程度。

 

 また、使わないものが増えたな...

| | コメント (0)

2009年5月 8日 (金)

勉強は出来ても、バk

MEDIO write:

※写真と本文には、全く関係が無いかもしれません。

Tsukuba

 これから書くことは、あくまで私の主観であり、他者から同意の得られない内容かもしれません。しかし、一切の捏造の無い「事実」であることだけは断言します。

 今朝は、右手の痛み・痺れの件で紹介された某大学付属病院に行った。いろいろ手続きして、待たされて、やっと名前を呼ばれて診察室へ。

Dr.「なんで、ここに来たの?」

私:は?

(ここで、初めて紹介状を読み出すDr.)

Dr.「こんな治療も出来ないの?○×病院(紹介元)も、全く情けないなぁ」

私:...(大丈夫か?この先生...)

(ここから、問診という名の「尋問」が始まる)

Dr.「で、いつから症状が出たの?」

私:最初は、1年半位前ですね。紹介状に書いてありませんか?

Dr.「ここにくる患者は、自分で何月何日って、ちゃんと覚えているよ。キミみたいに曖昧な人は始めてだな」

私:...(--;

 まぁ、マウス操作が全く出来ない程なので、仕事に支障が出ているから、少なくともちゃんと治ってくれればそれでいいんですが...いきなり死亡フラグが立った気分。

 大学の病院だから、多分偉い教授なんだろうけど。勉強は出来ても医者としては最低だ。患者を診る目じゃ無いもの。(まるで、「¥200以上のカップ麺を買うのを躊躇している貧乏な国民を見て、鼻で笑っている某国総理大臣」の様(^^;

 

 近日、神経の痛み具合を調べる検査をするとか。なんだか、嫌な気分。

 その後、出社。何度か通院することになった件を上長に報告すると、了解が得られた。本当に、助かるなぁ。

 

  

 自宅に帰って、痛いと言いつつ、半田コテを握る。2月末に亡くなった「鎌力・弐」のコンデンサ交換である。

Bomb

 ちなみに、交換用のコンデンサ(もちろん、SW電源用の105℃低ESR品)だけど、千石で扱っている安売り品は特性・サイズ的に使えないものだった。ラジオセンターの三栄電波で買うのをお勧めする。

※何でもかんでも、コンデンサ交換すれば治るという訳ではないので、一応。最低でもスイッチングしているFETが壊れてないかは見るべき。これがショートモードで壊れていると、せっかく交換したコンデンサが「あっと」言う間も無く再爆発する。

 

 実は、容量とかが合えば三洋のOS-CONを使ってみたかったんだけど...ドライアップしないという寿命と、対リップル特性とかが気になったので...高容量品の一般売りショップを見つけられなかった。

 

 そこらを調べていたら、「オーディオ・プロ」を自称するショップから、アンプの入力段のカップリングにOS-CONを使っている製品を見つけた。(--;

 メーカー(三洋)が、わざわざ「カップリングに使ってはいけない」と書いているのに...静特性が良い=オーディオ用に使っても、きっと良い音だろう、的な短絡思考なのだろうか。

 

 ちなみに、OS-CONは半田付けなどの熱ストレスなんかをかけると「一時的にコンデンサの特性を無くす」という性質がある。メーカーも、その後は耐電圧付近の電圧をかけて、常温で100時間程度のエージングをすると特性が回復するとの資料を公表している。

 さて、アンプの入力段のカップリングに使った場合だけど、音声信号程度では、このエージングが出来るほどの電圧は発生しないから、この場合カップリングコンデンサというよりは「単なる10kΩ程度の抵抗」が付いている状態だと考えた方がいいかもしれない。(漏れ電流が10Vで1mA程度あるそうな)

 入力段にDCオフセットが乗った状態で増幅...まぁ、その次段とのカップリングコンデンサで「チャラ」になる上、(本来音質劣化の原因である)コンデンサが一個減った分、音が良く聞こえるかもしれないけれどね。(w

 

 原理・理屈を知っている以上、自分ではやる気はしないけど...そういえば、オーディオのRCAケーブルに5C-FBなどの「同軸ケーブル」を使う人もいたっけ...この分野、ある意味「宗教」だなぁと。

| | コメント (0)

2009年5月 6日 (水)

グリル(GCインプ用の流用)~BG5改造プラン28

MEDIO write:

 連休最終日。やっぱり寝て過ごすのは負けた気がするので、早々に起きだす。

 そして痛む右手を押して、ガレージへ。

 

 うちのBG5レガシィは、「人と同じなのはちょっと」という理由で(笑)、GCインプレッサのグリルが、いーかげんな加工で付いている。(過去日記参照)

 会社で乗っている知り合いがいたのだけど、見てみるとボンネットフードとの「当たり」が絶妙だったので、ヤフオクで落として両端をサンダーで切り落とし、そこらに有ったステーで止めてある。

 

 もちろん他車種用だから、いろいろ不具合...というか隙間があったので、暇にあかせて埋めてみた。

 骨材として、加工が楽な発砲塩ビの5mm板。母材にFRP用のファイバーパテ、仕上げに一般的なボディーパテという構成。

Grill1

 ある程度ハンディサンダーで削って、#400~#800の耐水ペーパーで磨いたところ。作っている人間の性格通り、「適当」(茨城弁で、いい加減、を意味する)。(w

 最初、右手の指で表面を探っていたのだけど、考えてみれば現在私の右手の神経はおかしいので...改めて左手の指で触ってみると、パテにスなどの凹凸がいっぱいあった...そして、再度研ぎ出し。

 

 そして、いきなり3回目(くらい)の塗り上がり。

 Grill2_2

 この段階で、表は大雨。(--; 塗装ブースって訳じゃない(一応屋根はあるガレージだけど、換気を考えると入り口近くでの作業になってしまう)ので、塗装している場所にまで水滴が入ってくる...

 ここで乾燥を見計らって、一度耐水ペーパ#2000で研ぎ出し。これでもか、という位、表面の凹凸を削る。

 

 そして、その上に2回塗り。

Grill3

 アングルが一緒だから、あまり代わり映えしない写真です。(w

 

 そして、1時間程放置した後、装着。

Grill4 

 なんだか、ぱっとしないデザインになってしまった気が。

 まぁ、こんなグリル、市販されてないだろうから、まぁいいか。

| | コメント (0)

2009年5月 5日 (火)

定電圧LED(?~BG5改造プラン27

MEDIO write:

 やはり寝たきりの連休というのも面白くないので、痛い右手を我慢しながら半田付けをした...

 

 以前、BG5にBH後期型BFM改造移植をした折、表示灯をLED化した(メータパネルのフィルムも自作したので、熱の影響を避けるため)のだけど、CHGランプ(と、回路的に引きずられてサイドブレーキランプ)が常時点灯したままになっていた。

 このラインは、Hレベルは+12V、Lレベル側がオルタネータのL端子に接続されているので、L端子の発生電圧が低いとLEDが点灯したままになる(と思っていた。後述)。

 ということで、今回作成したのはT5サイズの「定電圧LED球」。

Led1

 定電圧って言っても、5Vの定電圧ダイオードを逆方向に入れただけなんですが。

 一般的な定電圧ダイオード(ツェナーダイオード、ね)の使い方としては、定電圧基準として使われる事が多い

(もちろん、入力段のESD対策にも使われますが)ので、そんなに電流を流す事が出来るのか?ってなりますが、5Vくらいの一般品(0.5W耐損失、千石で10本\100くらいのモノ)は10mAくらい電流を流さないと基準電圧にならなかったりします

 定電流にはCRDを使い、ダイオード3個直列という奇妙なものが出来ました。(w

 

 今回は手持ちの5V0.5Wのものを使用したので、5V程度ではほとんど点灯しません。論理的には7.2V程度無いと、ちゃんと点灯しないはず。

Led2

 ちなみに、定電圧ダイオードを入れてない方(拡散キャップが付いている方)は、5Vでも、

Led3

 煌々と光ります。

 

 さて、クラスター周りを分解して、メータを取り出し、LEDの交換...して、IGN-ON!

...まだ、CHGランプは点灯したままです。(--;

 

 考えてみれば、オルタネータのL端子は「接点出力」のはず。となると、電圧もパルスとして出ている訳で。

 反応速度が速いLEDだと、点灯して見えちゃうんですね。

 

 T5のウェッジベースに積分回路なんて入らないしなぁ...

 

| | コメント (0)

2009年5月 4日 (月)

自堕落

MEDIO write:

 昨日で、あらかたの溜まった業務を片付けて連休を確保した...はずだったのに。

 右腕~右手が痛くて、痺れていて何も出来ず。PCもマウス操作を左手でする始末。

 痛み止めを服用すると、まともに意識が保てない眠気が襲ってきて...

 

 そういや、某氏も数年前、ゴールデンウィーク前日に前立腺・副睾丸炎になって、連休を激痛の中、寝て過ごしたことを思い出した。すみません、あの時、心の底から笑っていました....

 

 せっかくの時間を有効に、技術ネタをと思っていたのに、タイミングが悪いな...

 

 仕方なく、過去の歌詞データでも。橋本みゆきさんの「Dazzle Pink」。いまだに検索してくる方がいらっしゃいますが、Un-officialで。

~Dazzle Pink~ 「春色桜瀬」エンディングテーマ

        歌 : 橋本みゆき
        作詞 : 石川泰
        作曲 : 鈴木マサキ/橋本みゆき
        編曲 : 鈴木マサキ

桜こぼれ舞い散る 春の色 恋の色
涙こぼれ消え入る 懐かしい笑顔

今日を忘れたくない 明日を引き替えにして
だけど散り続けるの 何も出来ないまま

 遠く 伸びる影が 君の側に 寄り添って
 消えるガラスの靴は 夕闇に沈む蜃気楼

待ち続けるわ a long times four seasons, four ever
   悲しみも寂しさも 花と共に散る
信じ続けるわ a long time believed Eternal happiness
  言葉より抱きしめて 季節の数よりも

桜色の唇 触れれば赤く染まる
涙伝う頬から 視線逸らしそう

 また逢えるからと 今日も自分 はぐらかす
 いつもと同じ日々が 繰り返されるなんて嘘ね

愛してるから anytime, please say that it's being loved
  好きと言えることさえ 時間(トキ)があると知る
届かなくても everytime, extend a hard catch me
  キスで誤魔化さないで 許してしまうから

待ち続けるわ a long times four seasons, four ever
  悲しみも寂しさも 花と共に散る
信じ続けるわ a long time believed Eternal happiness
  季節さえ飛び越えて あなたに逢うために

※韻を踏んでいる部分で、言葉としてどうかという点もありますが...

| | コメント (2)

2009年5月 1日 (金)

ご当地ポテチ

MEDIO write:

 通っているのは地元ではそれなりに大きな総合病院...なのだが、「胸郭出口症候群」の治療は出来ないそうで。茨城県内では有名な、某大学付属病院へこれを持って行けと、「紹介状」、「今までの診療情報」をどっさり(フィルムが主)渡された。連休明け、行った先でどういう事になるか心配。

 

 まぁケ・セラ・セラ、ではないけど、今更自分が何をしても始まらない。連休中は半田付け...って、右手が不自由なんで無理か...プログラム...もキー打てないし。あぁぁ...(--;

 

 コンビニで見かけた一品。

Poteto_2

 梅、って程の味はしなかった。湖池屋の梅の方が好みかなぁ。

 それより、右下に描かれている「ハッスル黄門」という、茨城の「ご当地キャラ」だけど...「黄門ちゃま」の2番煎じにしか見えないんだよね...

 おまけ。

 このところ、ONKYOのCR-185を検索キーにしてこちらにいらっしゃる方が多い様子。ほとんどの方は修理方法の調査を目的としているのだろうと想像。

 この機種、トレイのローディングにゴムベルトを使用していて、これのテンションが低くなるとトレイが完全に引き込まれず、CDを読めない=トレイが出てくる、という症状が多い。

 以前は秋葉の千石にゴムベルトの在庫があったのだけど、最近は見かけないし、値上がりしている(他の長さでも\250)。ちなみに、町の電気屋で注文するとONKYO純正が\300で買えんですね。(^^;

 質は千石のものと比較にならないくらい上質の様です。同時期に比較交換した2本(うちにはCR-185が4台ある)は、5ヵ月後に千石のものは延びてトレイが閉まらなくなりましたし。

 どうしても、秋葉で\50安いものが買いたいのなら、ラジオセンター2Fの内田ラジオさんで聞いてみて下さい。

 いろんな長さのゴムベルトの束を渡されて、好きなものを選ばせてくれます。ちなみに東南アジア製ですが。

(実は、往年のシンセ...YAMAHAのEOS、SYやKORGのM1、X等々のFDDのゴムベルトも、ここで手に入るかと。在庫数が少ないので、あまり知られたくは無い情報なんですが。(^^;)

 ついでに書くと、「トレイをもち上げる機構」部分の樹脂用グリス(乳白色の)が固まっていても、同様の症状になります。ある程度きれいにふき取って、タミヤのミニ四駆用セラミックグリスを塗ると、動作音も静かになってより快適!です。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »