« 桜とJAXA | トップページ | ピンクのバネ(STi) »

2009年4月19日 (日)

借金

MEDIO write:

 日記にする程のプライベート・ネタが無い(実はあるんだけど、まだ『種』レベルなので)ので、ちょっと真面目な話。

 まずはasahi.comの「補正予算に国債10.8兆円」

 09年度補正予算案(つまりは、追加の金額)の15.4兆円という金額のうち、10.8兆円を国債でまかなうという内容だ。もともとの予算でも33兆円の発行を予定していたので、計44兆円を超える借金を、今年はする、という事である。

 ちなみに、財政法では「赤字補填の為の国債」の発行を禁じている。許されるのは建築物等、後に残るものの為の借金、つまり「建設国債」だけである。

 それじゃ、よく聞く「赤字国債」って何なの?、というと、1年間だけ有効な「借金の為の国債を発行しても良いよ」という「国債特例法」を「毎年制定」して、「特別国債」と言う『名ばかり』の借金を繰り返しているわけだ。

 さて、この補正予算案が通ると...国民全員が負担する借金の総額は600兆円程度になる。

 じゃ、一体この金額って大きいのか小さいのか。単純に比較の対象にするものでは無いが、全国民の借金に対して全国民の稼ぎ...国民総生産(GDP)を見てみよう。

 内閣府発表の、昨年末の資料になるが、国民12,700万人で、374兆円程。

 これは、日本国という家族全員で稼いだ金を、全部借金返済に充てても2年はかかるという計算...とはならない。

 

 年収の倍の借金をしている独身者、とは話は違い、家族に無収入の子供・配偶者もいる場合はその人数分借金が増える計算。つまり扶養家族が多いと、借金は年収のさらに何倍にもなる訳だ。

(まぁ、年収400万の人が、茨城辺りに一戸建てを建てれば(3200万)そんなものかも知れないけど...)

 

 そして、とどめは「さらに毎年、借金を上乗せしている」という事。

 先の例だと、3200万借金しているのに、毎年234万円の追加借金をしている事になる。ちなみに年収は400万での計算。(w

 まぁ、もちろん年収が1億以上の人もいるわけだけど、日本の財政が異常なのかは明らか...だってのに、給付金とか言って金をばら撒いてみたり、公務員の天下り先を作って金をプールしたりと、自分さえよければ他人が要らぬ苦労をしても知らぬという「人でなし」が如何に多い事か。

| |

« 桜とJAXA | トップページ | ピンクのバネ(STi) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜とJAXA | トップページ | ピンクのバネ(STi) »