« 実機試験 | トップページ | 列~雨ニモ負ケズ »

2009年2月25日 (水)

MEDIO write:

 結構寒いなぁ...まぁ2月だし、まだまだ冬なんだよね...そんなアキバの朝9時。

Retu2

 今朝もドンキ前に並ぶ人の列。

 

 頭の上で、不穏な相談が行われている。2月いっぱいとか言ってた今回の都内出張、3月第2週に延びたと思ったら、今度は3月いっぱいとか。

 で、今日になって、4月からは週2日だけでいいから、とか...(本当は5月末まで、フルで、という希望だったらしい。(--;

 

 そろそろ半田コテが恋しいんですが、と言ったら、東京の事務所のハード室を使っていいとか言われる始末。

 

 

 さて、カーナビのHDDの事について。

 中古のパスがかかったノートPCと違って、ナビのHDDの場合、パスワードは本体基板上のプログラムが知っている。だから、そこ(HDDの制御信号)を覗けばパスワードは丸見え。暗号化なんてしていないし。

 こんな事をやるには高価な機器が必要とか思われているけれど、実はそうでもない。IDE信号のタイミング図を理解出来て、順序回路を組み立てる回路知識があれば...かなり規模の小さい回路で「盗み読み装置」が作れる。

 ATAPI規格を見ればわかるんだけど、リセットから始まる初期化~UNLOCK~辺りのコマンド・データは「PIOモード」で送受されているので、転送速度も遅いし、データ・イネーブル信号をトリガにしてデコードすれば簡単...だと思うんだけど...

 

 まぁ自分自身だって、多数の信号線を半田付けする気力が無いってことでFPGAやらCPLDを使ってしまう(仕事でVHDLに慣れているから、仕方が無い)ので、汎用ロジックICを使った回路図は起こさないんだけど。それにそんなモノを公開したら、悪用する(違法出品を関知しないヤフオクとかで)人、いっぱいいるのはわかっているし。

 

 とはいえ、何か、安価に出来ないかなぁとか思ってたら、こんなのを見つけました。

「オプティマイズ」

 USBでプログラマブルなFPGAやらCPLDを、安価にキット化している団体さん。

 ここのキット「カメレオンUSB FX2」辺りを使って、IDEバスを監視すれば簡単・安価にパス抜きが出来そう。なんてったって¥4980。

 アルテラのデバイスは、あまり使った経験が無いんだけど、GPIFを使えばIDEバス制御も簡単に出来ちゃいそう。

 

 まぁ、ここらは一度完成してるので、自分としては別の事を考えているんですが。

 

...出張先のハード室で、某機器に内蔵された、S-ATAのHDDのパスを読んでみました。(笑

 結構、簡単。(^^;

|

« 実機試験 | トップページ | 列~雨ニモ負ケズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

秋葉・アキバ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実機試験 | トップページ | 列~雨ニモ負ケズ »