« 牛すじと液晶 | トップページ | アキバ、バレンタイン・ディ・イブ »

2009年2月13日 (金)

あ、

MEDIO write:

 今日は、ネタが無いなぁ、と帰宅中。

 普段はJunk屋通りを通るから、中央通りは通らないんだけど。

Io1

 あ、昨日開店したんですね。

Io2

 イオシスの中央通り店。中古携帯なんかが並んでて、やっぱりここの社長の見てる目線って凄いなって思う。

 店頭では、店員が声を張り上げて「地デジ付き15インチ液晶」を売り込んでたけど...PCユーザから見たらこの値段なら地デジチューナを買ったほうが良いし、一般ユーザにとってはちょっと魅力が少ないスペックじゃないかなぁ。「売ったら赤字です!」って叫んでいたけど。

 

 あ、ここで、検索で来てる人に少し情報を。既出ですが。

「痛いメーターの自作」

 プリント基板の自作部材として「サンハヤト」さんから「インクジェット用フィルム」が発売されています。これに「EPSON製染料系」のプリンタで「痛いイラスト」を印刷すればOKですよ。

(Canonで黒を印刷すると、紺になります。経験談)

 目盛りは、Photoshopを使いこなせる人には簡単なんですが...レイヤに、縦長方形の「目盛り一個」を書いて、このレイヤを「回転複製」していけば0~260kmなんてのがいくらでも作れます。

 回転する角度は、フルスケールの角度を例えば270度で260kmとかにした場合、単純に270/260って割り算で求まりますよね。

 

 「Dynabook SS S20の分解方法」

 液晶は「メクラシール全部」と、「上部4点のゴム」の下にビスが隠れてます。全部外して、黒い縁部分を「慎重に・かつ大胆に」ベキッっと。

 本体は、底部のビス全部を外し、その後上面のキーボードの上の(マイクと「Dynabook」ロゴの入っている)飾りパネルを左右からマイナスドライバでこじって外すと、キーボードが2点ビスで止まっています。

 これを外して、キーボードも外した下、PCMCIAソケットの根本の2本のビスを外すと、「Dynabookの開き」の出来上がりです。

 

 あ、いつもの通り、保証無しで。

|

« 牛すじと液晶 | トップページ | アキバ、バレンタイン・ディ・イブ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

秋葉・アキバ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 牛すじと液晶 | トップページ | アキバ、バレンタイン・ディ・イブ »