« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月29日 (土)

目覚まし

MEDIO write:

 師匠の伝で、届いたこんなもの。

Meza

 何というか、購入者の用途が計り知れないCD。まぁ私の場合は電波目覚まし時計の素材になりうる訳でして。(笑

 知人に聴かせて、ウケの良いフレーズでまた時計を作ろうかと思案中。

 

 ....目的と手段が逆転するのは、いつものことです。えぇ。

| | コメント (0)

2008年11月28日 (金)

M1

MEDIO write:

 都内で9時からと、16時から作業と打合せがあった。早朝、ノートPCやらVPNルータやら積み込んで出発。なんとか時間に間に合って、午前中の作業が終わったのが11時。5時間ヒマだ、どうしよう....

 電車で上野まで移動して、都美術館へ。

フェルメール展

 学生時代、人数あわせの為と、非論理師匠に絵画部に押し込まれていた折、件の師匠から紹介されてハマッた画家「フェルメール」。

 絵画を見る目が無い人でも、その描写....油彩で描かれる、物の質感とか....の凄さが判る画家。

 海外に旅行した先で所蔵があれば必ず足を運んでいたのだが、さすがに「個人蔵」までは見ることが出来ない。今回の日本公開では未見の作品が2点あったので、機会があればと思っていた。

Ver

 ....雨が降っているのに、美術館ロビーは人で埋まっていた。先日TVで放映された番組の影響なのか....50分待ち。 (--;

 館内に入ってしまえば「絵の前」は空いていた。みなさん、絵よりも解説を読む時間の方が長いみたいで(笑

 

 その後、恒例の秋葉原に寄って部品を購入(後述)。16時からの打合せを終え、帰宅....するはずだったのだが、水戸市内のホテルで会合。今日はイスに座ったのは車の運転をしていた時くらいだった。

 

 

 帰宅後、充電ドライバをフル活用して、KORGの名機「M1」を分解します。

M1

 このM1、先日某リサイクルショップにて、KORGの社員が泣きそうな値段で投売りされていたもの。まぁ「音が出ないJunk」品だったのですが。

 出た直後、師匠が新品で購入した(氏は、御茶ノ水で買って、電車で持ち帰ったという逸話が (^^; )と聞き、寮の部屋に押しかけていじり倒したシンセです。いつか中古でも買おうと思っていたので、是が非でも直さねば。

 

 内蔵バッテリが死んで、Preloadが飛んでいるのだと予想して、購入日にCR2032を交換したのですが、音色データを設定してもヘッドホンから音が出ない....

M2

※Factory Preloadデータは、KORG-U.K.から合法的にダウンロード出来ます。SMF形式。

 

 ....Headphone端子でなくLine-Out端子からの出力を見ると、正常に音が出ていました。(^^; ヘッドホンアンプの出力からは、両チャネルとも-12Vが出てました。(笑

 ということで、基板の裏側からアンプ回路を予測(ヘッドホンアンプ部分まで分解する=M1を全て分解する、ことなので、横着しただけです)。SIP-8PinのICで、汎用のOP-Amp(4558とか)と同じ端子配置の様子。

 データシートを漁り、駆動電流が多めのOP-Ampをいくつかチョイス。JRCのNJM4580とかNJM4560とか、ですね。

 で、今日の秋葉原巡りの最中に探してきました。NJM4560のSIP-8Pin。本当は4580の方が特性が良いのですが、SIPがどこにも無かったという。

 

 部品が手に入ったので、分解を進めます。

M3

 鍵盤まで外さないと、ヘッドホンアンプが載った基板は外せません。というか、この状態で筐体についているのは電源だけ。

M4

 ヘッドホンアンプ部分です。中央のSIPのICが、諸悪の根源。外して交換します。

M5

 付いていたのは三菱のM5216Lでした。データシートを見ると....NJM4560(L)とほぼ同じ特性。予想していた通りで。

 さて、ここまで分解するのには、60本以上のビスを外さなければいけません(充電ドライバを使わないと大変です)。分解ついでに、掃除と、安っぽい赤LED(一つ上の写真にある8個)を余っていた青LEDに交換してしまいました。

 

 半田付けが終わったら、元通りにビス止め・組み立てます。完成。

M6

 LEDが青く光るだけで、今時のシンセっぽく。(笑 無事、ヘッドホンからも音が出るようになりました。KORGらしい、かっちりとした音が良いですね。

 LCD表示部も、よくあるキャラクタ型LCDと同じ作りなのでバックライトの交換も可能です。そのうちこちらも交換してみましょう。

| | コメント (0)

2008年11月24日 (月)

どろっぷ

MEDIO write:

 巷では連休、らしい。が、TOEICの試験があるので、またまた講師をやる羽目になっている。またまた無給で出勤....

(年俸制なので、本当は「関係ない仕事が増えた」、のであるけれど)

 英語には、ある程度の理論は必要だけど、結局会話するなら「フィーリング」の部分が多くを占める訳で、日本の英語教育の悪いといわれる部分が、今教えている社員達にもそのまま見えている。まぁ、いつもディスプレイとにらめっこしている人間に非理論的な「これは、こういうものだ」という学習法は認められないんじゃないかと。

 

 帰ってきてから部屋の掃除をしていたら、四国土産がカバンから出てきました。Sound1

 松山のHardoffの店頭で買った「サウンドロップ」。(笑

 種類が選べる訳ではないので、出てきたのは「ハルヒ」の「~許さないんだから」。いちいち癪に障る声で。(^^;

 

 とりあえず分解してみると、気になる「ジャンパ・ポイント」があります。以前、師匠が「萌え」シリーズを改造していたので、これにもスイッチを付けてみます。

 秋月の「超小型スライドスイッチ IS-2235(4個入) 」。1個¥25。

Sound2

 押しボタンスイッチ部分に干渉しないところ(ケースの側面はダメ)を探して、スイッチを接着。先のジャンパポイントに半田付けします。

Sound3

 

 これで、スイッチを換えると「み、みくるビーム!」という可愛い声が鳴るようになりました。(笑

 

 ぶら下げのチェーンもプラスチックになって、ますますコストを下げてきてますね。そろそろネタ出しも大変(前のシリーズを越えないと売れない)なうえ、ネタにお金がかかる(声の版権)のでしょう。

 

| | コメント (1)

2008年11月21日 (金)

元厚生事務次官宅連続襲撃事件に思うこと

初出:2008/11/21

(自称)犯人出頭で:2008/11/23

憶測部分を修正:

MEDIO write:

 「元厚生事務次官宅連続襲撃」事件の犯人を名乗る男が、警視庁へ出頭したというニュースが入った。まだ犯人と決まっていない上、その背景もわからない状態でいろいろ論ずるのは問題があるのだが、気になる事もあったので、いつも通り書き連ねてみる。

 気になったこと、とは:「舛添厚労相「まだ犯人かは未確認だが」 連続襲撃事件

 実は会社で、この事件の犯人は自首するんじゃないか、と話していた。「複数の元厚生事務次官」を狙ったのだから、犯行の動機が「厚生省への不満」なのであろうから、犯人は

1.「自分は間違ったことはしていない」という確信犯

2.社会に対して表明したいメッセージがある政治犯、もしくは義賊

 の可能性が高い。そしてそのどちらも、犯行を声明しなければ事が完結しないからである。

 そして、恐らく現在取り調べ中の「自称犯人」は、捜査官相手に自分の考えを話しているのではないだろうか、と。

 

 さて、ここで先にでた「気になること」だが。

 舛添厚労相「まだ犯人かは未確認だが、非常に卑劣な犯行であり、二度とこのようなことが起こらないように背景をきちんと調べてほしい」などと言っている。

 

 確かに人に危害を加えるという行為は許されるものではない。だが、それを隠れ蓑....殺傷された厚生省の役人達がかわいそう、と一方的に騒ぎ立て....にして、今までの厚生省の不祥事を無い事にするのは、さらに許されることではない。

 

追記部分:

 予定通り、自首してきた犯人には弁護士はまだ付いてない様子。警察から一方的に発表される「自供」だけである。

 このまま「この犯人は、30年以上前の飼い犬の事を根に持つ様な、既知の外の人」などということで片付けられ、高まってきた元厚生省の不祥事バッシングは鎮火させられてしまうのだろうか、と。

※例えば、年金問題が犯罪の理由だとしたら、もちろんやり方....元役人の殺害....は間違っているけれど根本の原因は厚生省側にある、という世論も出てくるわけで。役人、公僕、揃って火消しに走っているんじゃないかと思うのは、穿ちすぎ? 

 

さらに追:年金記録が見つかって、不払いの年金が1600万円以上支払われたケースがある。

 支払われた方々は60代後半以降の方ばかりで、恐らくそれ以上に「支払われる事もなく、そして医療費が払えずに亡くなった方々」もいるはずである。そんなケースは、厚労省としては「死人に口なし」と胸を撫で下ろしているのだろう。「本人確認」のし様が無いのだから。

 

 文句があるなら、この件を「ポケットマネー」で調べて(自分達の不始末に税金を使うなって)、「こんなに被害者がいました」と、「自首」してください、桝添さん、と。

| | コメント (0)

2008年11月18日 (火)

softbankとyahoo!~誰も書かないけど....

MEDIO write:

 温泉に1週間つかっていた反動か、ここ数日肩こりが酷い。まぁこの1週間は後始末の仕事に明け暮れたから、オーバーワーク気味なのかもしれないけれど。

 

 さて、今日は何故か誰も書かないsoftbankとyahoo!のことについて書いてみる。つぶやきだから、文責うんぬんはうやむやで。

 

まず、「ソフトバンク、最大750億円損失の恐れ 金融危機影響

 孫氏は、今回の件はイリーガルであると主張しているが、あの人が本当の事を言ったためしが無いのは周知の事実....携帯の時も、ね....なので、今回も投資の失敗~リーマンブラザーズの件が根底にあるのは、他の投資家と同じ~であるのだろう。

 記事では「特別損失が無くても前年同期比11.5%減」とあるが、これは時期的に見てiPhoneが原因であるのも明白。SHARPのザウルス以降、PDAに独自文化を持つ日本国内において、携帯電話にAPPLEローカルなPDA機能を付けたとしても、マニアやデジモノ好き以外には受け入れられない。

 さりとてメディアプレイヤーとしても、巷でiPod-Touchでビデオを見ている人など探さなくては見つからない以上、nanoクラスの小型音楽プレイヤーを別に持ったほうが使い勝手が良いのも明白。

 そんなiPhoneを自社に囲い込むのにいくら使ったのか、またその宣伝やら何やらで使い込んだのか。そして利益が目算より40億以上減ったというのだから「取らぬタヌキの~」というべきか。

 さてそんなsoftbankでも連結子会社のヤフーは絶好調の様子。

ヤフー中間決算、増収増益

 利益率が予想を下回る要因なんていくつかあるが、それは想定されるべき内容なのだけど。

 で、儲かっているはずなのに。

Yahoo!プレミアム会員費(改定後料金):月額346円(税込)

 12月から勝手に会員会費を一方的に値上げしている。

 一人月額52円だけど、9月末で718万人の会員から集めると、月当り3.7億円。年間45億円の純粋な利益となる計算。

>しかしながら、お客様のニーズの多様化に応えた特典拡充や大容量データを
>扱うための設備増強など、特典提供に要するコストが増加しています。

>このような状況のなかで、効率化・コスト削減に努めてまいりましたが、
>今後も今まで以上に充実した会員特典をご利用いただくために、
>料金を改定させていただきます

 と言っているが、2008年9月期での中間決算で65,091百万円の経常利益、36,894百万円の当期利益が出ている。当期利益は368億円(前年同期ヒ26.1%増)。

 現実問題、コンテンツ整備やサーバ等の設備増強で年間45億も使う訳がないのは中学生でもわかる。 

 つまり、他の事業で思ったより利益が出なかったから、とりあえずお前ら上納金納めろや、というところで。そこらのヤクザより性質が悪い。

 

 こんな事を日記で書いてもどうしようも無い気もするんだけど、とりあえず気がついたので。

 しかし、孫氏はつくづく恐ろしいなぁ、と思うよ。実はホリエモンより性質が悪い気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

徒然日記

MEDIO write:

 さすがに一週間休むと、大変なことになっていた。他の人に処理できない仕事....大概、本来の業務とは関係無いものばかり....が山になっていた。

 各リーダーに対して渡す年度達成目標予算の資料、社内ネットワーク機器の設定一覧、ゴルフコンペの案内文書、町内会のゴミ置き場の掃除当番表、等々の作成。あれ?

 

 1週間かけて、何とか全てを片付けた。が、来週から試験課に長期出張する部下が5人ほどいるので、そちらのフォローと後始末もしなくちゃいけない。全然、ヒマにならないなぁ。

 そんなこんなの中、来年の統合試験に2ヶ月ほど出張に行ってくれないか?との打診が。確かに部下が行っている現場を見た事が無い訳で。でもその間、誰が私の仕事をしてくれるのか心配なのですが>事業部長様。

Momi

 秋も終わりに。コンビニの特売コーナーに並んでいた「もみじキャンディー」。枇杷味が何とも。

| | コメント (0)

2008年11月 7日 (金)

夏休み6

MEDIO write:

 昨日の天気と打って変わって....とは行かないもので、今日も雨模様でのスタート。一応、旅行の最終日なので晴れて欲しかったのですが。

 ここまで来たらよらなきゃいけない道後温泉。

Dsc00893

 この後「えひめみかんソフトクリーム」を食べました。朝早くから。写真はぶれてました。

 これで予定していた四国での行程が済んだので、脱出に入ります。まずは北上。今治から「しまなみ海道」へ。

Dsc00903

 だれでもわかることですが、橋ばっかり。

Dsc00906

Dsc00920

 途中、自動車道を降りて「道の駅・多々羅しまなみ公園」に立ち寄りました。

 付近を探索。もちろん愛媛ですから、みかん畑がいっぱい。

Dsc00949

 さらに進みます。橋ばっかりですが。

Dsc00965

 やっと本州。広島は尾道市。

Dsc00970

 この後、せっかく広島、ということで宮島・厳島神社へ立ち寄りました。

 とりあえず駐車場に車を放り込み、フェリーに乗ります。ちなみに15時過ぎ。

Dsc01003

 海面上に鳥居が見えてきました。

Dsc01004

 途中を飛ばして。日本三景の一つ、「宮島」。この一帯(厳島神社)は世界遺産でもあります。

Dsc01007

 至近での鳥居。まぁ、よく作ったものです。

Dsc01010

 海面は、干潮時なのか水が汚れて(海草がいっぱい)たので割愛。五重塔へ。

Dsc01045

 ちなみに、こんなに明るくありません。17時過ぎですから。露出を長くしているだけで、辺りは真っ暗。帰りのフェリー乗り場へ急ぎます。

Dsc01057

 18時前に乗船。

 そろそろお腹が空いた(昼食抜き)ので、広島駅近くへ。やっぱりお好み焼きでしょう、と。

 「お好み村」

Dsc01067

 広島風の、麺と大量のキャベツの入ったお好み焼きを食べて、帰途に着きました。

 最後に、広島駅の写真を。

 Dsc01069

 1週間、長かったようで、短い夏休みでした。

| | コメント (0)

2008年11月 6日 (木)

夏休み5

MEDIO write:

 天狗荘は遮光カーテンでは無かったので、朝は早くから起こされるかと思ったら、7時過ぎまで寝てしまった。連れは朝風呂に行ってきたらしい。

「天気悪いよ」

Dsc00807

 外は一面、真っ白。風に流されて薄いときに、目の前の建物の輪郭が何とか判る程度の視界で、どうやって下山するんだろう?

 フロントのおじさん(国家公務員?)といろいろ楽しいお話が出来た後、チェックアウト。霧はこの一時間程で流された様で、視界すっきり。

 今日の宿泊地の道後までは近いので、出来るだけ寄り道をする。まず西に向かって。

 「夢産地」なる看板に引かれた。

Dsc00818

 もちろんネタを探しに、である。一般的なお土産などに目もくれない二人を見た店員さん、不審に思っただろう....

Dsc00814

 ゼリーにクレープ。変な味を期待したのだけど、普通に美味しかったです。

 次の寄り道は「大洲市」。まずは「大洲城」。

Dsc00830

 遠足の小学生に見つからない様に写真を撮るのは大変です。(^^;

 次が「おおず赤煉瓦館」。

Dsc00833

 ここで昼食。向かいの油屋さんに入ります。

Dsc00850

 建物は昔の蔵の形。営業中の看板も「開蔵」。

Dsc00844

 店内も、レトロな雰囲気です。メニューは今風でしたが。並んでいる日本酒のビンが気になる。

Dsc00837

 食後、「まちの駅・あさもや」へ立ち寄ってデザート。「はっさくシャーベット」を。

Dsc00848

 さっぱり系が好きな私は美味しいと思ったのですが、ソフトクリームが好きな連れには不評でした。

 その後、おはなはん通り~ポコペン横丁を通り、出発。松山市に入ります。

 まだ日が高かったので、観光。「萬翠荘」へ。

※「旧松山藩主久松家、第15代当主久松定謨が、松山で住む邸宅として欧米外遊帰朝直後の建築家木子七郎に設計建築させた鉄筋コンクリート造の建物。大正11年に竣工」

Dsc00854

 「土山にう」さんのキャラクタが似合いそうな館内。(^^;

Dsc00858

 いかにも「大正」って感じです。調度品も。

Dsc00862

 スェード調の織物が張られているのですが、誰だ?これやったの。

Dsc00863

 私としては、結構堪能できました。

Dsc00874

 あ、松山駅の写真もあったので。

Dsc00878

| | コメント (0)

2008年11月 5日 (水)

夏休み4

  MEDIO write:

※写真が多いので、重めです。

 足摺岬に宿泊したのは、朝風呂で日の出が見られるかな?という思惑から。早朝5時30分に目覚ましを設定して、風呂場に飛び込んだまでは良かったのですが、東の方角は男湯から見えないワナ。女湯からは絶景だと思われます。誰か確認してください。(笑

 早々に湯船を出て、宿の外へ。とりあえずデジカメを持って。

Dsc00551

 これが湯船から見えたら最高なのですが。

 あ、昨晩見えなかったエントランスは。

Dsc00561

 このまま飛び立ちそうなデザインですね。(^^; 館内もおしゃれなデザイン。

Dsc00567

Dsc00571

 とりあえず、ネタも。

Dsc00580 

....気を取り直して。チェックアウトして、岬を回って行きます。茨城の海を見慣れていると、水の色が澄んで青いことに驚きます。

Dsc00593

 今日の観光予定地は「四国カルスト」。山の上なので、やっぱり山登りです。

Dsc00657

 崖がわにガードレールはありません。見ての通り車がすれ違う広さは無いので、対向車が来ると互いに空きスペースまで行ったりきたり。これでも「国道」ですが。

Dsc00665

 証拠の一枚。(--;

 これを撮る時に、崖側が崩れた形跡がありました。

Dsc00672

 昭和55年度の災害で崩れ、昭和56年度に10mの工事をした、でしょうか。ワクワクしますね。(大バカ

 途中、開けたところで「道の駅・あぐり窪川」を発見。毎度のネタ探し。

Dsc00674

 とまとは、とまとでした。(? 生姜味のアイスは....出来れば二度と食べたくない味でした。

※冷凍ケースの中には大量に残った「生姜味」「米粉味」、半分位の「とまと味」、最後の一個の「いちご味」があったんです。えぇ、それを見た段階で、大体は味の予想が付いたんですが。

 さらに「国道」を進みます。

Dsc00682

 また少し開けた場所に出たので、遅い昼食。

Dsc00707

 やっと愛媛に入りました。脇の看板に、ちょっとイヤな事が書いてありますが....雨は降ってないし、きっと大丈夫。

Dsc00715

 グネグネと藤原豆腐店の息子が喜びそうな道を登って、とうとう行き先が!

Dsc00716

 四国カルスト、到着。

 とりあえず、記念撮影。

Dsc00725

 ここは高原の頂付近に石灰岩が露出している地形で、沢山の牛が放牧されています。目だった人工物は2基の風車くらい。

Dsc00726

 先を急いで、今日の宿「天狗荘」。国民宿舎で、昨日の「足摺テルメ」で宿泊カードを貰って、ここで渡すとプレゼントがもらえます。(「生チョコ餅」でした。)

Dsc00748

 ここは天狗高原の高台に立っていて、館内には

Dsc00747

 愛媛と高知の県境が存在します。(^^;

 部屋からの展望。カルスト台地方向。

Dsc00744

 大野ヶ原方向は。

Dsc00749

 20基の風車が見えます。

 そうこうしているうちに、日が暮れてきました。

Dsc00758

 私はこのまま風呂に入ったのですが、連れが居ても立ってもいられないと、私のカメラを持ってカルストへ行ってしまいました。

 その中から2枚ほど。

Dsc00781

Dsc00789

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

夏休み3

  MEDIO write:

 そういえば、前日は大歩危の「ラピス・大歩危」に立ち寄りました。そこで見つけたのがこれ。

Dsc00379

 タマちゃんではありません。(? スダチちゃんとかいう、徳島限定のお土産らしい、です。これが、この後、大変なことに。

 起床後、大歩危の渓谷舟下り。写真は割愛。売店で売っていた、変なもの。

Dsc00421

 製法の問題だと思うのですが。皮の味まで入っているのはどうかと。

 先を急ぎ、高知市へ。同行の知人が、何故か嫌がる路面電車。

Dsc00423

 そして、四万十川の沈下橋です。

Dsc00500

 増水時に橋が水没する形状。欄干が無く、水の抵抗が少ない様になっています。

Dsc00513_2

 見て分かるように、車幅いっぱいしか無い橋。結構、怖いです。で、記念撮影。

Dsc00508

 今日の夕食は、四万十の「わかまつ」。鰹の塩たたき、があります。Dsc00523

 開店直後に入ったので、他の客はいません。雰囲気も良かったのですが....鰹は。

 時期的に戻り鰹を期待していたんですが。キノコのバター炒めの方が美味しかったと。

 宿泊は足摺テルメです。建築オタクの師匠が喜びそうなエントランス。

Dsc00528

 入浴を済ませ、来る途中に立ち寄ったコンビニ(と言っても、30kmは離れているけど)で仕入れた飲み物を。

Dsc00529

 「もう一杯」は、もういいです。「ゆずごこち」は、ふつうに美味しかったです。

 足摺テルメは、各部屋にバルコニーがあるのですが、出て夜空を見上げると満天の星空が広がっています。手持ちの機材では無理だと思ったのですが、三脚を出してデジカメを向けてみました。

Dsc00534

 見づらいですが、W型になっている「カシオペア」です。30秒露出。

 そして、南の空には。

Dsc00542

 60秒露出。昴(プレアデス星団)ですね。

 星空を、肉眼でちゃんと見上げたのって、何時以来だろうと考えてしまいました。

| | コメント (0)

2008年11月 3日 (月)

夏休み2

  MEDIO write:

 昨晩は21時前に意識を失った。気がついたのは今朝7時過ぎ。10時間もノンストップで寝たのは何時以来だろうか。まぁ1日の朝からほとんどマトモに寝てなかったから仕方が無い。

 とりあえず一枚。部屋の窓から。

Sanuki

 朝風呂、朝食後出発。今日はうどんを探しつつ、剣山経由で祖谷へ向かう。まずは、うどん。八十八庵へ。

Udon

 かま抜きうどん、たまごつき。でも、注文したら「かまたま一丁」って言ってた。美味。

 一路剣山。吉野川を渡ります。

Yoshino_2

 気になった「うだつ」。地名でしょうか?

Udatsu

 ぐっと、山側に入ります。道は国道と言いつつ対面通行。でも(だから?)、絶景ポイントがいっぱい。

Kawa1

 これはいい川です。(? 階段やら崖やらを下りると、川岸にたどり着けます。ちなみに下から見ると。

Kawa2

 道路に小さく見えているのが、友人T君。で、間近で見る川は、

Kawa3

 水が透き通っています。水量が豊富で、上流に人がいないから、でしょう。ふと流れの緩いところを見たら。

Sakana_2

 30cmは超えている魚が泳いでいました。

 さらに登っていくと。標高が1000mを超えたあたり、窓を開けての走行がつらいほど冷え込んできました。周りも紅葉が終わって落ち葉がいっぱい。

Tsurugi

 車で登れる最頂点にはスキー場があるだけで、面白くなかった....失敗。途中の景色とヘアピンカーブは面白かったです。

 祖谷渓谷へと向かうと、途中にかずら橋なるもの。つた(?)で作ったつり橋だそうです。

Kazura

 全長50m足らず。他の人は手すりにしがみついて、一歩一歩、でしたが。普段からセルフLAN工事で脚立やら天井裏に慣れている私としては、全然物足りない訳でして。橋の真ん中をすたすたと渡って終り。

 車内で「にいや~」と叫んだ声が聞こえた気がしたら。

Nisiiya

 「にしいや」の道の駅。私たちが乗ってきた、怪しい「アベニール」もどき。

 この後、ラピス大歩危へ。ここで売っていたストラップに付いていた緑色の「すだちちゃん」は、Windmillのソフトにあった「たまちゃん」そっくりだと言う意見が。

 そして、日没。17時過ぎに祖谷峡へ戻って「小便小僧」。6秒露出で、何とか撮った写真。

Kozou_2

 さあ、明日は四万十で海鮮三昧。

| | コメント (0)

2008年11月 2日 (日)

夏休み1

MEDIO write:

 どうにか休みが取れた。といっても土曜日は出勤、退勤時間直後に社内のルータをいじって飛ばした後輩の尻拭いをしていたので、仮眠も取らず出発するはめにはなったが。

 と言うことで、四国まで来ています。友人のプログラマK君と、お供のミク。(?

 2日の0時過ぎに水戸I.C.経由で都内へ。工事箇所ばかりの首都高を抜け、東名高速。

Fuji1

 富士川P.A.。一眼デジカメでは夜景を撮る機会が無かったので、1枚。

Fuji2

 3時頃ですが、茨城と違って明かりが残っています。

 夜が明けて、7時頃。本州から四国へ渡って行きます。明石海峡大橋です。

Akashi

 淡路島にある、P.A.から一枚。

Akashi2 

 さらに進んで、鳴門で高速道を降ります。展望台で、お供のミクの写真を。背景は大鳴門橋ですね。

Naruto

 その後、徳島ラーメン、讃岐うどんと食べ歩き、屋島へ。自動車で四国に来たら、ここはお勧めポイントです。瀬戸内の島が一面に見え、晴れた日には27km先に瀬戸大橋が見える....はずなんですが。

Miku

 ミクの背後辺りに見えて良い方向なんですが、ガスが濃いので、残念ながら見えません。

 島は、こんな感じ。

Sima

 その後、宿に逗留。食事が凄かった....食後、動けずに、なかなか仲居さんを呼べなかったです。

 明日は剣山~祖谷~大歩危方面です。

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »