« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月29日 (水)

ever

MEDIO write:

 ヨメさん(悪友Kの呼び名である)が肺炎になって臥せっていたそうだ。先週頭から外出を避ける様に医者に申し渡され、師匠への面会も出来なかったとの事。師匠も大変な時期なので、困ったことである。「マイコプラズマ」って、ちょっとカッコいいよね。必殺技みたいで。(大バカ

 

 今日の歌詞は、毎度の橋本みゆきさん「ever」で。10/24に発売されたPurpleさんのゲームの主題歌だそうです。適度な転調で、ずっと緊張感が続く曲調と、何かに祈るような詩はみゆきさん作です。

「ever」 ~「明日の七海と逢うために」オープニングテーマ

        作詞・曲・歌:橋本みゆき
        編曲:chokix

こんなに近くでいつも見てるのに
遠く離れているような気がして・・・

ねえ あなたのことを誰より知ってる
だからもう言えないの 生まれたこの気持ち

ずっとそばにいたい なのに心が苦しくて
微笑んだ横顔 ただ見つめるだけ今は

  友達の境界線飛び越えて
  あなたと寄り添えたら良いのに…
  届かなくて私のこの想いが
  時間と流れてしまわないように

ねえ 何てこと無い笑顔に喜んだり
どうってこと無い言葉に心落ち着かない

いつの間にか私 コントロールできなくなってる
らしくない私も あなた受け止めてくれる?

  こんなに近くでいつも見てるのに
  遠く離れているような気がして・・・
  どうかいつか私のこの想いを
  零れ落ちていく雫にしないで

  友達の境界線飛び越えて
  あなたと寄り添えたら良いのに・・・
  届かなくて私のこの想いが
  時間と流れてしまわないように

| | コメント (0)

2008年10月28日 (火)

痛いメーター~BG5改造プラン26(?

MEDIO write:

 来週いっぱい夏休みを取ることを宣言した。その間の作業を任せる部下にも覚悟してもらわないと。ただ、行程上2日ほど携帯電話の通じない様な宿がある旨話したら、上長から「人の上に立つ者として、信じられん」と言われた。自ら望んで立ったつもりはないんだけどなぁ。

 

 さて、工作のお話。いろいろな車関係のニュースを見ていると、ネットでは「痛車」なるものが存在している様子。まぁ人の趣味には口を出すつもりは無いですが、自分では「恥ずかしいのでやらない」という考え。

 ただ、自分の作ってきたものが、その応用によって「痛い」モノを作る「材料」になる気がしてきました。

 

 名づけて「痛いメーター」。そのままじゃん(^^;

Meter

 サンプルはいつもの通りRYOさんの所からお借りしました。

 これは一般的な「痛車」と違い、人に見せる目的のものではありません。自分、もしくは助手席に「気兼ねすることなく乗せることが出来る気安い知人」だけが見てニヤニヤするものです。えぇ、それ以上でもそれ以下でもなく。

 

 需要があるとは思えませんが、だれか欲しい人いるのかな?良かったら作成、手伝いますけど。(笑

10/28追記:「痛車萌えメーター」というカテゴリ、らしい。

| | コメント (0)

2008年10月26日 (日)

防犯ブザーの改造~BG5改造プラン25

MEDIO write:

 習慣とは恐ろしいもので、連休なのに4.5時間で目が覚める。頭の芯に重いものが残っている感じがするけれど、それのおかげで二度寝が出来ずに起き出す。

 

 せっかく起きたついでなので、昨日の続き。防犯ブザーをBG5レガシィのキーレスに流用改造する件を書いてみます。

 既に分解されていますが、基板はこんな感じ。これで\105って、中国は凄いなぁ。(もちろんほめ言葉ではありません

Buz1

 窓用防犯ブザーなので、電源スイッチ(SW1)とセンサーとしてのリードスイッチ(JKとなっている)が付いていました。他は未実装。

 あ、この基板ですが、ダイソーで購入した同一パッケージでも違う基板が入っていることを確認しています。回路も載っている部品も違います。改造しようとしてハズレを引いても「改造出来ないから返品します」などという恥ずかしい事はしないで下さい。(秋葉のショップで、直に聞いた事があるんですよね、こういう会話)

 

 で、改造後。

Buz2

 電源用に5VのツェナーD。基板上の方の抵抗(今は330k)で発振周波数を変える事が出来ます。カットアンドトライで、最終的に56k程度が好みの音でした。(基板の種類によって、変える必要アリ)

Buz3_2

 裏面。12V入力出来る様にパターンカットして抵抗の追加(680Ω)と、コンデンサの追加。

 

 で、12Vを入れると...多分耳を塞ぎたくなる大音量で、おなじみの警報音が鳴り響きます。

 カタカナ表記で「キュウワキュワ」?と言いますか。

 

 あとは、元のケースに戻して、BG5のドライバー側のドア内張りを剥がして、ドアスイッチの裏辺りにネジ止めされているブザーと交換すれば(黄色-緑の線が+12V。常時かかっているので、結線時のボディとのショートに注意)キーレス音が「キュンキュン」になります。

 

 もう一つ注意点ですが、この手の防犯ブザーは音量稼ぎの為に昇圧回路を使っています。この基板にもコイルが載っていますが、あまり舐めない方がいいかと。圧電素子への配線に触れたまま通電すると、かなり痛い電撃を食らうことになります。

 

...というか、食らったんですが。(--; AC100Vの方がマシな感じの痛みでした。えぇ。

| | コメント (1)

キーレスの改造~BG5改造プラン24

MEDIO write:

 久しぶりの2連休。事務所に出社している人は沢山いるみたいだが、昨日10時頃まで仕事をして自分の分はあらかた終わらせてきたので、多分大丈夫。

 スケジューラの「夏休み」の書き込みは、まだ見つかっていないみたい(まぁ、fontカラーが0xddddddでは見えないからね)なので、四国方面に旅行に行こうと思う。とりあえず、5泊分の宿に予約を入れた。

 私は「建築物萌え」(笑)なので、黒川先生の道後温泉・道後館は見ておきたい。この時期の宮島もいいなぁ。修学旅行で人が多そうだけど。

 

 

 日中、リアドアのデッドニングをした。バッフルが純正のままなのでちょっと軽い音がするが、背圧はかなり減ったので音の濁りは激減した。まぁ、値段相応の効果は期待出来る。

 

 ついでにフロントドアの中の、キーレスが出す音を変えてみた。

 BG5純正のブザーは「ピッ」という安い音(失礼)がするのだが、車両価格が安い=改造にお金をかけるのはバカみたいという考えで。

 カーセキュリティのブザーは結構高い。という訳で、共立電子で売っている「ハイパワーサイレン2」をチョイス。\598だし。

ハイパワーサイレン2

 この商品、多分防犯用のブザーなのだけど、実はBG5の短い音信号を入れると(12Vが0.5秒程度ONになる)海外製カーセキュリティの「キュンキュン」という音になる。

 実際の交換改造後に友人に聞かせたら、結構評判が良かった。「海外ドラマの、外車のセキュリティの音」と言う意見。

 

 実はダイソーで売っている「窓用防犯ブザー」に5VツェナーD1本と抵抗2個追加・交換で同じ音に改造出来る(\105+\50+\10)のだけど、lこちらは近々記事を書いてみようと思う。

| | コメント (0)

2008年10月22日 (水)

パラシュート

MEDIO write:

 たまには早く帰りたいなぁと叶わぬ夢を呟きつつ、こっそり社内グループウェアの個人スケジュール11月の欄に1週間「夏休み」と書き込んでおいた。今週いっぱい、誰にも見つからなければ、きっと叶うとまた夢を見る。(--;

 昨日師匠伝てで頂いたCDを、ゆっくりと聴いています。

Para

 橋本みゆきさんの「初恋パラシュート」です。

 まぁ、畑亜貴さん作詞ですから歌詞はアレ(ほめ言葉)です。どうしてこんな言葉(コトノハと読む(^^;)が出てくるのか不思議不思議。

 曲は....私には最初から最後まで「いっぱいいっぱいの全力疾走」に聴こえます。まぁ、結局個人意見ですから。(^^;

~初恋パラシュート~ TVアニメ「あかね色に染まる坂」オープニングテーマ

        作詩 : 畑 亜貴
        作曲 : 田代 智一
        編曲 : 原田 勝通
         歌  : 橋本みゆき

  気がついて精一杯
  ココロからsay love you
  空が不意に私を臆病にさせる・・・イヤよ!

思いがけず 会いたくなる
キモチは揺れるパラシュート
どこにゆくの? 飛ばされるわ
胸が示す 折れ線グラフ
トキメキが急上昇
内緒にしておきたいほどです

見慣れた景色の
風の音でさえ
切ない歌を口ずさむでしょう
ほらっ

  あかね道もうちょっと
  近づいてmore sweet time
  勇気の色 染まりながら見つめたい
  気がついて精一杯
  ココロからsay love you
  空が不意に私を臆病にさせる・・・ダメよ!

あなたの中 誰がいるの
言えずに黙るサンセットロード
これが私? もどかしいわ
二番目とか 半端なラヴァー
ムカついて旋回中
本気じゃなきゃ行きませんからね

場所は決めてるの
告白するなら
あの坂の上 登り切るまで
だよ!

  夕焼けに喪失感
  溜め息がso sad blow
  側にいてよ 星がひとつ出るまでは
  伝えたいがんばって
  勢いでgun of love
  背中押して私は諦めないわ・・・イヤよ!

   あの坂の上 登り切るとき
   ほら・・・ね?

  夕焼けにもうちょっと
  溜め息でもうちょっと
  側にいてよ 星がひとつ出るまでは
  伝えたいがんばって
  勢いでgun of love
  背中押して私は諦めないわ

  あかね道もうちょっと
  近づいてもうちょっと
  勇気の色 染まりながら見つめたい
  気がついて精一杯
  ココロからsay love you
  空が不意に私を臆病にさせる・・・ダメよ!

 やっぱり私は、みゆきさん自身が書いた、どこか切ない歌詞・曲調が好きです。

 えぇ、もちろん個人意見。(あ、みゆきさんの明るい曲も、もちろん好きです)

 2曲目の「sweet sweet time」の歌詞は必見・必読・必聴(?)で。

| | コメント (0)

2008年10月20日 (月)

解説....ナビのHDDパスワード解析3

MEDIO write:

 家のメディア視聴環境は、PCサーバをベースにDLNAにて構築してある。地上・BSデジタル放送をFriio任せにしてから、録画した番組も家中のネットワーククライアントから再生出来るようになった。

 これまではSonyのブルーレイレコーダでデジタル放送を録画しても、民生機ではBRAVIA(というか、DTCP-IP対応のDLNAクライアント)でしか再生出来なかった。同じSony製(事業部は別なんだろうけど)で高機能のはずのPlayStation3で再生出来なかった。

 friioで録画されたデータはmpeg2TSストリームそのままで、PS3はおろか、東芝製REGZAのZ3500でもそのまま再生が出来る。

 技術は人を幸福にする為に発展する。はずだったのだけど、今は一部の人の利権だけ守る為に進歩する様になってしまった。確かに不正コピー問題等を考えると、その利権を持つ人が必死にそれを守ろうとするのは少しは理解出来る。が、一般ユーザがその為に不便を強いられるのは如何なものだろうか。

 自分で録画した番組を他の部屋で見る。その程度の事が出来なくて「ネットワーク対応」などという民生機なんて、「看板に偽り、アリ」....(偽装?)である。

 

 

 

 さて、このサイトを怪しくしている一番の記事「ナビのHDDパスワード解析」。未だにこちらにいらっしゃる方々の検索ワード1位、である。

 煽てられれば樹にをも登る、私の性格から、これをそのままにしておくわけに行かない。といえど、パスワード自体を漏らすのは法的にイロイロあるので....

 

 具体的に、やった方法を書いてみようと思う。もちろん、これは私が思いついた事、やった事をそのまま書いているだけで、勧める気は全く無いし、それでHDDを壊したとしても一切関知しない。

 

 

 まず、HDDのパスワードについて。

 これはHDDの制御をするATAを理解しなくてはいけないのだけど、ATAコマンドにはHDDにパスワードを設定するコマンドが存在する。そしてパスワードを設定されたHDDは、使用開始にあたって、設定されたパスワードによってセキュリティを解除しなくては読み書きが出来ない、というものである。

 別にナビに使用しているHDDでなくても、オークションあたりで「HDDパスワードロックされています」というノートPCが売られている通り、PC用HDDでもパスワードは設定出来る。

(デスクトップ用も。ただ、ノートPCは持ち運びが簡単=盗難されやすい、からパスワードを設定出来る・された機種が多いのだろう)

(ナビ用のHDDが特殊、という訳ではない。もちろん「耐振動性・耐熱性」等スペックが違う訳だが。スペックが知りたいなら「東芝アメリカ」のHPで、データシートを探すことをお勧めする。)

 

 では、ノートPCのHDDのパスワードは解除出来るのか?と言われると「私は不可能」となる。なぜなら、

 ナビのHDD→ナビ本体から起動時にセキュリティ解除=ナビ本体がパスワードを知っている

 ノートPC→パスワードはそれを設定した人しか知らない=わからない

となるからである。

 私がしたのは、ナビ本体が起動時にHDDへ送ったセキュリティ解除コマンドを盗み見ただけ、である。

 

 具体的には、ATAバス(PCユーザにはIDEとか、P-ATAの方がなじむかな?)のデータラインと何本かの制御線をSPARTANのSTARTERKITで見る、という方法。

 

 ナビ本体は起動直後commandレジスタにリセットやアイドルモード遷移、IDENTIFY DEVICE等のコマンドの後、SECURITY UNLOCKコマンド(0xf2、だったっけ?)を発行している。そしてこの時、Dataレジスタに(データとして)パスワードをHDDに対して送っている。

 このあたりはHDDとPIO data-out Commandプロトコルで通信しているのでCommandレジスタ、DataレジスタにアクセスしているかはCS0,1、DA0,1,2の5本の制御線で判定出来る。

 

 簡単なデコーダとFi-Foだけでも、このパスワード「盗み読み」回路は作れる、はず。私は、Fi-Foに記録されたデータを、人が読む方法を考えるのが面倒だったのでFPGAを使ったまでである。

 

 

 何故、以前は書かないと言ったこの件....HDDパスワードの事を書いた、「本当の理由」だが....知人のナビの故障に対するメーカの対応に不満を持ったからである。

 私とほぼ同時期のモデルで、起動時にHDDを認識出来ないという表示だったので修理に持って行ったそうだが、見積りでHDD交換など\40,000程度の金額を提示されたそうだ。今時のメモリーナビなら購入できる金額だったので、キャンセル料を払って引き取ってきたのだが....私がセキュリティ解除してHDDを調べたらFATの一部が壊れていただけだったのである。

 Windows機で修復後(FAT32でフォーマットされているので、Windowsのユーティリティで修復が可能なのである。(^^;)、何度もDIAGNOSTICをかけたりS.M.A.R.T.で状態を見ているがおかしいところは全くない。(Logを見ていると、ナビが落ちている頻度は私のものの方が多いくらい)

 

 これでは、風邪をひいて病院に行ったら、「あなたは手遅れですが、\1000万払ったら助けてあげますよ」と言っている様なものである。(そう言わせているのは、メーカーのマニュアルだろうけれど)

 

 

 全ての客はクレーマーと言っていた某社のサポート担当は問題外だけど、もう少し客の立場を考えて欲しいですね、メーカーさんは。インフルエンザでも無い、ただの風邪をひいただけの人もいるんだから。

| | コメント (5)

2008年10月14日 (火)

東京みやげ~ダメな選択

MEDIO write:

 週末、というと休み、と思っていたのだけど、最近は違う気がしてきた。土曜日は朝から呼び出しがあって仕事に出かけたけど、事務所では特に何もしなかった気がする。

 日曜は、車のデッドニングをした。それもフロントドア2枚だけ....起き出した(起きたのは早朝....寝たのが4時だったので、ベットから出られなかった)のがお昼過ぎだったから、終わらなかったのだけど。

 そして、今日は。寝たのは3時、起きたのが10時、起き出したのは13時。食事をして、いろいろしてたら眠くなって、少し横に....と思ったら19時過ぎていた。あれ?

 自分で言うのもなんだけど、疲れていたらしい。左わき腹が痛いのも困りモノ。オレガノ茶でも飲もう。

 先日、東京に行った時のお土産その1。

Jaga

 秋月のAVRISPmkⅡ。USB接続がうれしいです。いえのマシンにレガシ・デバイスが無いので、これまではUSB-シリアル変換ケーブルが必要だったので。

 「じゃがりこ」は、実は守谷パーキングで売っていたもの。お土産と言いつつ、自分のビールのツマミになる予定。

 お土産その2。

Avrisp

 鈴商とマルツで売っていた、圧電サウンダと小径スピーカです。電波系目覚まし時計で一番問題になるのが組み込みスペースなので、いくつか入手製の高いもので試験をしてみようと。

| | コメント (0)

2008年10月 9日 (木)

電波な電波時計~その5

MEDIO write:

 期末を過ぎ少しはヒマになる、と思いたかったのに、現実は全然ヒマにならない。仕事が一点(一人)集中するのは如何なものかと、誰にとなく呟いている。

 まぁ周りの人がさっさと帰宅してしまうので、誰も咎めないのを良いことに自分も帰宅してしまう。で、明日になれば上司から「これ、どうなってる?」と聞かれる訳だけど。(それ、私の仕事じゃなくて、あなたのでしょ?とは言えないのが....

 最近製作依頼があって、いじり直している「電波系電波時計」だけど、前に作ったときに少し不満だった音量についてANALOG DEVICESのSSM2301を使ってみました。

 このIC、最近流行のClass-Dアンプで、3.2mm角のMSOPチップ、モノラルながら1.4W出力、かつ出力にフィルタが要らない。ShutDown端子を持ち、待機時は消費電流は20nA程度。今回の様な使用目的として最適だと思います。

 でしたが、秋月のDIP変換基板+ブレッドボードでの音出し実験で、まともな音が出ません。入力をかなり小さくした時だけ、綺麗に音が出るので、大音量でクリップしているのか....と思えど、DataSheetから見て、まだまだ余力があるはず。

 出力のスピーカを8Ωのものから32Ωに変えた所、かなりマシになりました。ここに至って大音量時の突入電流が原因と思い当たり、変換基板上にパスコンを入れたら、また少しマシに。

 MSOP-DIP変換基板の細いパターン、ブレッドボードでは、このアンプの電源ラインとしてインピーダンスが無視出来ない様子。まぁ1.8MHz、300mAのスイッチング電流が流れるんだから仕方が無いかも。

 実装に際しても、ソケットを使わず半田付けします。基板を起せば無問題なんだろうけど。

Adpcm

 この状態で実験したら、スイッチに反応しない時がある。ブレッドボードで動いたのに?と思ったらスイッチを載せているソケットの接触不良でした。

 じゃ、丸ピンの....と思ったら在庫が切れている。仕方なく18pinのソケットをルーターで切断。

Socket

 道具万歳。ピン間をキレイに切断出来ています。残ったのは10ピンソケットとして使用可能。(笑

 で、いきなり完成。

Purple1

 正面からだと、違いが全くわかりませんね。後ろは、

Purple2_2

 DIPスイッチだけがケースに接着されています。そこにソケット経由で基板が刺さっている実装です。

 音声選択を8種(3bit)+テストモードを実装してあります。

 音声は....師匠からもらった某「紫」関係のデータです。何日か使ってみたら、持って行ってあげよう。

| | コメント (0)

2008年10月 6日 (月)

WinAVRの32bit長演算で謎

MEDIO write:

 師匠の頼みで、電波系電波時計の改良版の開発中。

 改良といっても、選択出来る音声の種類を8種にして、音量を大きくする、というだけなんだけど。

 音量に関しては、Tiny2313のドライブ能力(20mA)から見て、これ以上はアンプが必要、という事でClass-Dのアンプを検討。手元のANALOG DEVICES製SSM2301でも使ってみようと思う。

 音声の選択は、単純に「ROM上にアドレステーブルを持たせて、それを読んでから処理」で良いのだけど、ここで不具合が発生した。

 使用しているコンパイラはWinAVR20070525なんだけど、32bit長の減算で、結果が不可思議な値をとる。

 具体的には

uint32_t    count,

               start_address = 0x0000d012,

               end_address = 0x00011112;

count = end_address - start_address;

 とすると、count0x4100にならない。(他の値での組み合わせでは正常に動く....

 プログラム自体も切り詰めて、最適化して2kByteいっぱいなので、デバッグのしようが無く。

 動作的に見ると、とんでもなく大きな値になっている様子。

 プログラム的には、アドレスは2byte単位で最大128kByte、かつcountも64kByteを超えることは無いだろうと(日和見主義とも言う)割り切って、それぞれを半分の値(定義はuint16_tで収まる)として処理する事にした。ら、何故だか、というかやっぱり、それだと動くんだよね....

 こんなちっこいマイコンで32bit長の演算をさせようとするのが間違いなのかも知れない。

| | コメント (0)

2008年10月 5日 (日)

梨とワインと

MEDIO write:

 茨城県は農業が盛ん。某社事業所のある関城の辺りでも「梨」の栽培が盛んで、地元出身の『豪農』のご子息辺りから箱で頂く事もある。

 大好きなんですよね、梨って。果物の中で、イチゴと並んで好き。少し酸味があるのが好き。そういえば非論理師匠も、1週間夕飯が梨だけって時があったらしいけど。(笑

 そんなあなたには、これ。

Nasi

 梨ドリンク。

 でも、梨ってそんなに自己主張しないので、味の印象が無い....

 部屋に帰って。週末にやっと病院に行って、予想通り膵炎の診断をされながら、今日も酒を飲む。ワインを独りで1本。(汚い机

Wine

 健康指向でポリフェノール!なのかわからないいが、ワインというと「赤」と言う方が多い気がする。そして、それに反して、何故か大酒飲みでも「ワインが苦手」って人も多い。

 そんな人には「ドイツ・ワインの白」をお勧めします。上の「Bechtolsheimer Petersberg(ベヒトルスハイマー・ベテルスベルグ)」は中学生でも『ファ○タ』みたいにゴクゴク飲めるワインです。1本\2,500位。

(甘すぎて、自分的には失敗。もしかしたらファン△より甘いかも)

 他に「アリオーネ・モスカートダスティ」(\1,500位)も中学生ワイン。この辺りは、お酒が苦手な女の子でもジュース代わりに飲めるので(といってもアルコール度数はきちんと10%以上ありますが)、ゴニョゴニョな事にお勧め。(笑

 通ぶって、渋い味の「赤」を飲む必要なんて無いです。ワインの入門に、白ワインをお試し下さい。果実酒の本来の味は、こういう気軽な味ですので。

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »