« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

補足~QUIZ MAGIC ACADEMY~アカデミーモード

MEDIO write:

 今日も忙しくて通院不可能だった。食後の不快感と上腹部の痛みは続いている。明日は末日だから、やっぱり忙しいのかな....

 先日の「QUIZ MAGIC ACADEMY」の書き込みを見た人から「結局は嫌いなの?」と聞かれて、読み直したところ言葉足らずの点が多々あったので補足を。

 まず、前の書き込みで問題にしたのは「DS版ゲームのアカデミーモード」であるという点。

 それを踏まえて、先に私がアーケード版に飽きた理由を挙げると、「個人の努力による練習などが全く意味を成さない」点。

 反射神経やら指先の繊細な操作のような、精進の先にゴールは無く、「知っている方がおかしい様な問題」に対しては、「その答えを既に一度見ている」=「筐体に今までいくらお金をつぎ込んだか」、に全てかかっているわけで。

 ただし、これは「ロールプレイングは好きじゃない」とか「シューティングは苦手」というのと同じレベルで考えれば良い話でもある。興行的には成功している以上、このジャンル(他人より知識が多い、というゴニョゴニョ)が好きな人がいることは確かである。

 で、元に戻って「アカデミーモード」だけど、そのゲームシステムを組み込んでシナリオを解いていくという仕組みが嫌だっただけでして。

 凄~く分かりづらい例えだけど、足が速い人が、

1.陸上の選考会で競技し、記録を残す

2.足の速さを生かして、飛脚をやらされる

 のと同じ様な使い方をされている。(わかんないよ、これじゃ)

 結局のところ、発売日に初回版が届く程度には、私は「QUIZ MAGIC ACADEMY」自体は好きなんですね。その世界観やら設定やら。(あるでしょ?ゲームは好きじゃないけど、それのアニメ化・コミック化された作品は好き、っていうのが)

 そして、その世界観・設定が生かされそうだと勝手に期待していた「アカデミーモード」が、やっぱり「(知ったかぶり)クイズ」の上で動いていたのに、がっかりしただけ、だったりします。

 もともとのアーケード筐体にはお金を落とすという使命があるので、その意向は仕方が無いと思っていました。だからこそ、DS版では違ったアプローチが見たかったんですね。

(その為の同時発売OVAなのだろうか....と下衆の勘ぐり)

 さて、RYOさんの同人誌でも読んで、補完しましょう....(^^;

| | コメント (0)

2008年9月28日 (日)

アニメ、マンガ、小説

MEDIO write:

 本格的に膵炎ぽい症状が出ている。けどワインを開けてる懲りない私。ドイツの白ワインはジュース代わりに飲めるから、1本空けても物足りない。

 掲示板知り合いの方のところで、ちょっと前に「何故一般的にはアニメやマンガが幼稚と言われるのか」という議題(?)が出たので、こちらでも補足含めて書いてみる。

 アニメやマンガ系のコアな「ヲタク」を知らない一般人からみて、アニメやマンガは「考えないで済むから幼稚」と思われているのだろう。視覚からの入力でシナリオを理解できるから、作品を理解するのに思考する必要があまり無いからだ。

 一方の小説などは、例えば「ラベンダーが一面に咲く丘」という記述に対して、経験が無ければ頭で思考して想像するという作業が発生する。もちろんそれほど高尚な思考が必要ない「ラノベ」という存在(それ故「ライト・ノベル」なのだが)もあるのだが、一般的な小説の類には、作品を理解するのに思考能力=経験値≒知能指数(≒年齢)が必要とされるはずである。

(この特徴を利用して、難解な文学作品を子供向けに視覚化出来るはず、なのだが、あまりそういった例を見ることが無い)

 もう一面である「ヲタク」を知っている一般人から見て。それらのヲタクな人達が、商業活動をして生計をたてている「ごく一部」を除いて、学生であったり大人でも親にパラサイトしていたりと、自分独りで生活が出来ていない事が所以じゃないだろうか。

 たぶん「そんな趣味(同人やコスプレなんかに勤しむ事)を追いかけてないで、いい加減現実を見て生活しろ」という事なんだと思う。現実的な夢を追うのは良いことだけど、妄想主体の現実性が無い夢....実在しないモノへの偏愛や変身願望....は幼稚である、と。

 この点は、今までの歴史(マスコミに「ヲタク」と呼ばれた犯罪人達のしでかした事)からかなりの偏見があるのは確かだが、一部否定出来ない部分もあるのは確かで。後日補足予定。

 ヲタクな趣味だけで生計を立てている人が認知されれば少しはその待遇は変わるだろうけど、しばらくは無理だろうね....

一般の人からは宮崎駿も押井守も「アニメの監督」じゃなくて「映画監督」という扱いだし。

| | コメント (0)

2008年9月27日 (土)

違和感~QUIZ MAGIC ACADEMY~クイズとなぞなぞ

MEDIO write:

 周りに振り回されて仕事が終わらず、最近午前様続き。昨日の帰宅中に呼吸困難になり、さすがに今週末は休ませてもらうことにした。

 左上腹部と背部痛を訴えたら膵炎では?と言われた。webで調べたら、確かに全ての自覚症状がある....今度内科に行ってみよう。

 今日のつぶやきは、たぶん問題発言です。文句がいっぱい出るでしょうが、あくまで個人の意見。

 アーケード稼動開始時期に結構はまった記憶がある「QUIZ MAGIC ACADEMY」だが、最近任天堂DS向けに発売されたので、購入して毎日ほんの少しずつ(20分/日程度)プレイしていた。

 何故現在も供給が続くアーケード版から早々に離れたのか、プレイしながら考えていたのだけど、「新規問題のダウンロード」を選択した時に理由が判明した。

 一般的なゲームには終わり~エンディングが存在する。シューティングなら最終ボスを倒すことかもしれないし、ミステリーなら全ての謎解き、の様にである。そしてゲーム性とは、それに到達する為の道~射的テクニックや推理に他ならない。

 さらに、プレイヤーは(それが暇つぶしとしてのプレイで無いなら)そのゲーム性に対して仮想的な敵やライバルたちと競っている。敵キャラクターを倒す技術の優劣だったり、最終面に達する時間の短さだったり、シナリオに謎を編んだライターとの知恵比べだったり。

 件の「QUIZ MAGIC ACADEMY」に対してはそういったゲーム性が(希薄にしか)感じられない。ゲームとして存在するのでエンディングもあるのだろうけれど、それに到達する仕組みは「クイズに正解すること」である。そしてこの「クイズ」とは単に「知っているか否か」である。

 頭をひねって考え回答する、という仕組みであれば違ったのだろうが、機械で処理できるプログラムとしてはこの程度で良しとしたのだろう。

 そこには機械的に「ある問題Aに対しての回答はB」を求める、実はとても非人間的なシステムが出来上がってしまった、と。

 このDSのソフトについて思ったのは....アカデミーモードのシナリオを読み進めるために「クイズに正解する事」=ノベルゲームでのシナリオスキップのクリックと同じ程度の作業....であるということ。

 それを誤魔化す為の仕掛け=「新規問題のダウンロード」である。「時事問題の更新」と聞こえは良いが、単純なクリック作業が難しくなる様にしているだけ、としか思えない。

 そこに考えが及んだ現在。DSは放置されている。(笑

 学生時代、教科書に書いてある内容での試験で、ずっと満点近くを取り続けていた同級生が、卒業研究でのオリジナルな回路設計が全く出来なかったのを思い出した。

 「蝙蝠は超音波を発し、見えない障害物を探知出来る」という「知識」から「蝙蝠は暗闇を飛べるか?」を問う問題に解答するには(わずかながらも)「知恵」が必要である。

 せめて「ACADEMY」を名乗るのなら新規の「なぞなぞ」のダウンロードが出来る様にしてほしかったなぁ。とつぶやいてみる。

 ....KONAMIのQUIZ作成スタッフに、それを求めるのは無理だとわかっていますが :-p

 Albert Einstein語録:「本やノートに書いてあることをどうして憶えておかなければならないのかね?」(ある新聞社のインタビューの中で、光速度の数値を答えられず、記者から揶揄されたときの回答)

| | コメント (2)

2008年9月22日 (月)

貯まった。

MEDIO write:

 休日の間の就業のためか、同僚もやる気(?)が少ないみたいで20時過ぎには事務所に独りになってしまった。私自身の仕事としては、やることがいっぱいあるのだけど、やっぱり帰ってしまおう。誰も見ていないし。(笑

 非論理師匠が入院した時から貯金をし始めた「人生銀行」が満期になりました。1年で10万円、の設定だったけど、退院前に貯まったのは、良いのか悪いのか....

 上記設定だと、貯金箱の中の人は「ミュージシャンとして、スターダムを登っていく」という設定になる。満額時のセリフは「オレの音楽で、世界中の人たちの争いが無くなった」....って何処のバサラだ?とか独り突っ込み。(そういえば、Fは佳境みたいだけど、REGZAのHDDがいっぱいになっていて、最近の分が録画されていなかった様で)

Bank1

 銀行らしく。

Bank2

 本当の銀行に預けたら、少なくともポケットティッシュくらいはもらえるだろ、とか思うあたり小人物。

Bank3

 開けたらびっくり。結構ぎっしり詰まっていたのでなかなか出てこない。

 まぁ、10万円=200枚なんだよね。

Bank4

 1積み\5,000。こう並べると、少ない気がする(笑

 せっかく貯まった、のに、税金に消える予定。(--;

 オシロスコープが欲しかったんだけどなぁ....自宅に。

※くれぐれも、今回のは「人生銀行」ネタですので。こう書かないと、また変なコメント入れて下さる方がいらっしゃるので。(笑

| | コメント (0)

2008年9月20日 (土)

電波系電波時計~DVI ADPCM(IMA ADPCM)de-code解説

MEDIO write:

 相変わらず多忙。知人でもストレスで倒れて救急車、なんてのが出るくらい、周りも自分もあわただしい。

 そんな中では、じっくり半田付けをしている時間が取れなくて、欲求不満が溜まる一方で。仕事も技術系でなくて経営ばっかりやっている。

 ネタも無いので、最近こちらにいらっしゃる方の傾向を見ている。アングラネタ(MP3 downloadとかHDD パスワード解析とか)はもちろん多いのだが、電波系電波時計で使っている「IMA ADPCM」を検索キーにしている方が多いことに気がついた。

 いつも通り、内容の保証は全く無いですが、「電波系~」でやっている事を書いてみる。

 「IMA ADPCM」はIntelが開発した音声圧縮コーデックで、基本的にはADPCMの名の通り、標本データの前後関係の増差分を記録していくものです。

 単なるADPCMでは記録単位(記録時のビット長)以上の増差分があった場合、その後のデータにはエラーが累積されるので、大概のADPCM(開発メーカごとの工夫、ですね)には「仕掛け」があります。

 これらの「ADPCMに対しての仕掛け」ですが、例えば「Microsoft ADPCM」では標本元データの変化の度合いによって、増差分を参照するテーブルを動的に書き換えています。これは、処理系が高速で、書き換えテーブル(もちろん書き換え可能なRAM)が大きく取れる場合、音声の品質を上げることが出来ます。

※このあたり、文章で表現するのは難しいので、MicrosoftのRIFF Wave Formatあたりの資料を参照して下さい。多分、見つかるのは英文でしょうけれど。

 それに対して、「IMA ADPCM」では、この参照テーブルは固定(増分89個+倍率8個)で、RAM容量が小さいマイコンに適したコーデックです。

 実際の、電波系電波時計で使っているプログラムから抜粋します、

int16_t  StepTbl[89] = {
7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14,
16, 17, 19, 21, 23, 25, 28, 31,
34, 37, 41, 45, 50, 55, 60, 66,
73, 80, 88, 97, 107, 118, 130, 143,
157, 173, 190, 209, 230, 253, 279, 307,
337, 371, 408, 449, 494, 544, 598, 658,
724, 796, 876, 963, 1060, 1166, 1282, 1411,
1552, 1707, 1878, 2066, 2272, 2499, 2749, 3024,
3327, 3660, 4026, 4428, 4871, 5358, 5894, 6484,
7132, 7845, 8630, 9493, 10442, 11487, 12635, 13899,
15289, 16818, 18500, 20350, 22385, 24623, 27086, 29794,
32767 };

int16_t  scale_change_tbl[8] = {
-1, -1, -1, -1, 2, 4, 6, 8};


int32_t Conv(uint8_t code)
{
int32_t dlevel = 0,
           adpcmdata;

int16_t  scale;

dlevel = ((code & 0x07) * 2 + 1) * (StepTbl[scale] >> 3);


if(code & 0x08)
{
  adpcmdata -= dlevel
  if(adpcmdata < -32768)
   adpcmdata = -32768;
}
else
{
  adpcmdata += dlevel;
  if(adpcmdata >= 32767)
   adpcmdata =  32767;
}

scale += scale_change_tbl[code & 0x07];

if(scale < 0)
  scale = 0;
else
  if(scale >= 89)
   scale = 88;

return (int16_t)adpcmdata;
}

 プログラムがあれなのは、私がCとかの正式な教育を受けていないからですね。独学だとダメですね、このあたり。人が読んでも分からない。

 とりあえず、上の関数に4bit長のIMA ADPCMデータ(Windowsのサウンドレコーダで作成出来るデータのヘッダを除いたものの1サンプルデータ)を渡すと、16bit長PCMデータにデコードしてくれます。エンディアン等は、使っているマイコンにあわせて。

 まぁ固定の200Byte程度のテーブルすら持てないマイコンであれば、外部のデコーダICに頼ることもアリだとは思いますけれど。

※AVRでも、PROGMEM組み込みマクロ等を使わないと、テーブルが起動直後にRAM領域に転送されます。

| | コメント (0)

2008年9月15日 (月)

まるちいんふぉめーしょんでぃすぷれい1

MEDIO write:

 師匠の治療方針が決まったらしい。というか、安楽死か、つらい治療か、というとんでもない、つらい選択だったらしい。ヨメさんが泣くのも無理は無いが....もう少し平穏にならないのかなぁ、あの人の人生は。

 そんなこんなで、連休が取れた(勝手に逃避)ので、知人宅でヒートガン。

Angle

 初音ミクwith Angel-Ring。頭の上の環は、ハンズのアクリル「小」。このままだとBG5には付かないので、輪を小さくしなくちゃいけない。

Angle2

 分解したBG5のヘッドライトユニット。これも力仕事(物理的な工作主体)だから、手を動かさないと終わらないんだけど....

 本題。

 放置後1年ほど経った、秋月電子の玄人嗜好部品「カラーグラフィックLCDモジュール」。あちことのサイトさんで解析が進んでいて、正体は暴かれているのですが....

たとえば、なる研さんとか....(いろいろと一方的に、お世話になっています)

 ここで、自分でやろうとした場合の問題は、「\300の液晶モジュールに表示させる為に幾らかかるの?」という点。

 素性がわかれば周辺のロジックを組むのは、回路屋でしたら出来る(=出来るのが回路屋)のですが、高くつくのは不本意でして。(設計を仕事にしてると、しみったれ、になる....)

 当初、DesignWaveMagazine付録のFPGA基板を使うことを考えましたが、メモリが確保出来ない(この液晶をちゃんと駆動するには128kByteが必要)→外付けRAM=コスト高&「面倒」、となりました。(^^;

 私は趣味レベルでは基板を起こしたことが無い(!)ので、出来るだけ配線量が少なく、「簡単」(これ最重要)な方が良いので、出来合いの液晶コントローラを使います。

 「EPSON製S1D13A04」

Base1

 0.4mmピッチ128ピンと、まぁ「手半田でも何とかなる」レベルで、「個人入手も出来」、「160KByteのフレーム・メモリ」も持っています。「SH系とも直接接続」出来、「電源・クロックだけ」用意すればこの基板だけで液晶が動かせる、予定。

 CPUは、やっぱり付録のSH2です。画像をいじるのにメモリが欲しい(RAM:512kByte)と、小さくて、ある程度早いものを。

 右手前にある、インバータは秋月の例のもの。隣は、液晶用正負電源で、部品箱にあったサンケンのDC-DCコンバータ(確か\500くらい)。

....ここで、一番高いのは、サンハヤトの変換基板\1900ですか....

 車のセンターコンソール・エアコンパネルに組み込みたいので、最終的に基板は起こさなくちゃいけないのですが、シミュレータが無い環境(部品)だから実機を作らないと心配で。(^^;

 あ、加速度センサーとSDカードスロットも付けなくちゃ。

| | コメント (0)

2008年9月10日 (水)

日記

MEDIO write:

 朝一番で一件仕事をこなし、昼食も取らずにいた13時過ぎ、予告無しシャットダウン。

 ・・・睡眠不足で昏睡したらしい。

 特に(表向きの仕事の)スケジュールが遅れているのでは無いので、帰宅させられる。3時間ほど横になった後、性懲りも無くガレージへ。

 ハードブレーキング時のジャダーの調査と、届いていたまま放置されていたリアのパッドを付けるのに、リアをジャッキアップしたBG5。

2

 ジャダーの原因が分からない。やっぱりキャリパのオーバーホール時に部品屋で(格安でやった)ロータの研磨が原因なのだろうか?

| | コメント (0)

2008年9月 9日 (火)

良いのかなぁ....ナビのHDDパスワード解析2

MEDIO write:

 師匠の容態が良くないらしい。また呼吸困難になってると、ヨメさんからは聞いていたが。

 週の終わりに、今後の最後の治療方針を決めるとか言っていた。既に面会出来ない状態になっているので、とても歯がゆい。

 と、そんなことがあっても、日常は刻々(酷々?)過ぎていく訳で。

 ここを覗いている方も、ここが、段々「怪しい」という事が分かってきたみたいで。「mp3 ダウンロード」とか「HDD パスワード解除」とかで検索しても、特にネタはありませんからね。(笑

 でも、少しだけばらしますと。全然ヒントになりませんが、XH990内蔵のHDDのパスワードについて。

 ATA-3以降(だったっけ?)の規格にあるパスワードロックをそのまま使っています。ですからHDDのバスを監視して、パスワード設定・解除のコマンドを見つければ自ずとわかります。

 1.ちなみにMaster、User共に、しっかり設定されています。

 2.Masterは大小英・数で32文字、スペースは無し。規則性が無いので、「辞書当り」は意味無し。

 3.Userは16進をテキスト(小文字)で16文字

 これで選択肢は少しだけ少なくなりました。

 Masterは総当りで検索すると、「62の32乗」個。「22阿僧祇」程度ですか。(^^;

 Userは「16の16乗」だから、18446744073709551616です。

 後継機種のブレインユニットも、開けてみたいなぁ。XH-099ならE60に付いてはいるんだけど。

| | コメント (0)

2008年9月 4日 (木)

雑用

MEDIO write:

 睡眠時間が3時間とかだと、日中の記憶が曖昧になりませんか?(笑

 「MintJamのメジャーデビュー」にあわせて、それを検索キーにしていらっしゃる方が増えた様子。同じくらいに「橋本みゆき」さん、「HDD パスワード解除」も。

 で、その中に紛れてリアル知人の足跡も発見。数日前から毎日の様に。いつもお世話になってます。仕事、大丈夫ですか?面白いことは、きっとここには書いて無いですよ。とか。

....これで、有る事無い事、無闇に書けなくなってきたゾっと。(^^;

 今月中、という本来の仕事があるのに、飛び込みで他人の仕事がまわって来る。

Route

 ルータ10台(残りは足元に)のConfig設計・設定。動作確認するのに、仮設中。

 IXは、ちょっと使いづらい(方言が)けど、性能はいいんだよね。あ、中身がNの製品じゃ無いからか。 :-p

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

見た目、そして今後~BG5改造プラン23

MEDIO write:

 年度末進行。今日は会社でちょっとした事件があって(いつもよりちょっとだけ)早く帰れたのに、結局持ち帰り仕事をしているAM1:00。先日からいじっているDBが、思ったとおりに動かない。(SQLは組んだ通りに動いているんだろうけど、ね)

 やっと昼休みに写真が撮れたので、メータパネルの明るいときの見栄えを公開します。

Bg5

 まぁ、今更BG5にBH5のBFM(アプライドD型用)を改造・移植する人がいるとは思えないのですが、「スバリスト」という名前が存在する以上、もしかして。もしかして、保証無し・サポート無しで配線図も公開するかも。せっかく(自分用に)作ったので。

 赤リングの輝度ムラは、超高輝度LED=超指向性、というわけで、なぜかLEDがある位置だけが暗いです。もう少し広がるLEDに交換予定です。

 CHGランプが点灯しているのは先日の解説通り。オルタネータのL端子が、回転しててもバッテリー端子電圧より2V以上低い為でしょう。そのうちトランジスタでスイッチを組みましょうか。

(BG用オルタネータのL端子の仕様が分からないので。もしかしてパルス出力?)

 ハンドルが傾いているのは、コンソールのスイッチパネルに輝度調整の3段階スライドスイッチが付いているのを写す為で。(いやらしいですね(笑

 メータはとりあえずの部分は完成したので、次は....車室内で色合いが一つだけおかしいエアコンパネル(ブルーグリーン)の改造でしょうか。VFDは輝度が稼げるのですが、色合い的に野暮ったい(ブルーグリーンは、VFDで一番効率の良い色なのです)感じがします、今となっては。

 秋月電子でジャンクで放出されている\300のフルカラー液晶がありますが、これをエアコンパネル内に組み込んでしまおうと画策しています。

 丁度組み込み機器向けのLCDコントローラが何種か手元にあるので、これで実験してみようと思っています。時間があれば。(--;

....一番適当なコントローラがTQFP15-128Pinパッケージで、半田付けするのにも気合がいるんですね、結線本数とか考えると。まぁ内蔵160kByteのフレームバッファ有り・BitBLT対応、SH3に直結可能、18bitTFT-LCD対応とか、この液晶に最適!仕様なんですが。

 こうなると、3軸加速度センサとか組み込んで、GT-Rみたいなインフォメーション・コンソールも可能ですね。(大バカ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »