« パピ | トップページ | サイバーナビの使い方~unofficial guide1 »

2008年7月22日 (火)

ビデオモニタを作る

MEDIO write:

 部屋が狭くなるからと、屋根裏部屋(と言うと聞こえが良いが、本当は物置スペース)を寝床にしている。春の頃から、部屋の熱い空気が流れ込んで、眠るにはいささか酷な環境になる。まぁ、一年中36度以上(!)という、師匠のロフトからみたら、まだマシだが。

 手を伸ばすと届く距離に天井(傾斜天井)があり、「もう少し若かったら、水着の女の子のグラビア写真でも貼るのに」とか、眠れない頭でいろいろ妄想をしていると。

「ビデオモニタを天井に貼ろう」という結論になった。

 地上デジタル波の放送が始まり、既に家庭内にアナログの受信出来る環境が無いので、最低でもコンポーネント信号の受けられるモニタが欲しい。50cm程度の距離だから、8インチワイド以下で超薄型....なかなか市販では、難しい選択だったらしい。

 コンポーネント~RGBの変換回路は自作の手持ちがあるので、最近のパチンコ液晶でも探そうかと、その手の液晶系自作の神様(^^; 京谷豊さんのHPへ。

京谷豊のホームページ

 最近のPioneer製サイバーナビのコンポーネント信号を解析して、自作液晶モニタに「コンポーネント信号で接続して綺麗に表示」という。(w

 相変わらず凄い方です。

 こちらで紹介されていたaitendoさんの7インチワイド液晶自作キットをを注文することにしました。

 と、通販のページを見ると、結構面白そうなモノが掲載されています。

 5.6インチビデオモニターセットが\2980。(キャンペーン価格)

 iPodドックPCBが\950。

 iPod用のアンプとしてベッドサイドにあるONKYOの「CR-185LTD改」(笑)の横幅に、ちょうど良いサイズのモニタが作れそうです。一緒に頼んでしまいました。

 一式、土曜に届いていたので、本命の7インチワイドを放置したままこちらを組んで行きます。

 iPod基板ですが、iPod本体に対して基板の角度が許せないので外します。

Ipod1

 そして、おもむろに同時に注文してあったFPCを半田付け。

※本来半田付け用ではありませんので、簡単にフィルムが溶けてしまいます。0.5mmピッチ程度ならブリッジしないぜ!という方以外はお勧めしません。まちがってもペーストなんかは(ごにょ

Ipod2

 ここまで来て、失敗に気がつきました。iPodの向きが、基板と反対になった方が良い事に。

 今回のFPCは短すぎますね。

Ipod3

 繋いで、iPodの画面を写してみました。画像は茨城県北部にある、とある警察署が立てた伝説の萌え看板です。(^^; 液晶は、この値段から考えられない程綺麗ですね。RGB入力が可能なので、そのうちD1でも入れてみようかと。

 既にリモコンの制御はAVRで出来ているので、基板の拡張端子に赤外線リモコン受信の子基板を載せよう....と思ったら2mmピッチという罠。

 わかっていた事ですが、このiPod基板では最近の機種ではビデオ出力が出来ません。最近のiPodはコンポーネント出力が出来る様になった分、ケーブル側でその切替をする仕掛けを持っています。

 近日、公開....してもいいのだろうか。

|

« パピ | トップページ | サイバーナビの使い方~unofficial guide1 »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パピ | トップページ | サイバーナビの使い方~unofficial guide1 »