« 我が青春の?E-HCR32(スカイラインGTS-t TYPE-M) | トップページ | メーターパネル~BG5改造プラン11 »

2008年6月 7日 (土)

「橋本みゆき」さん

MEDIO write:

 体力が回復しない師匠のところに、お見舞いに行きました。握力が、左手15kg、右手3kg....まだ箸で食事が出来るレベルでは無いですね....

 右半身の麻痺が心配です。それでも愛用のVAIO typeSとcubase4で楽曲編纂している辺り、じっとしていられない人なのですね。

 氏は以前ゲーム業界にいた方なのですが、そのつながりなのか今だにアニメ・ゲーム系の楽曲作成の依頼を受けていたりします。

 おかげで以前から変な電波ソング(?)等を押し付けられたりしたのですが、「まじめに良い曲は?」と聞いてみました。

 以前はゲーム系の楽曲といえば、やはり単なるBGMであり、添え物であり、「何か音が鳴ってれば良い」レベルだったそうです。作曲担当といいつつ、コード理論も知らない方(今も結構いるそうです。高価な楽器を持っていればプロだ!と勘違いしている人達)が、本当に「音が鳴っている」レベルの曲を作っていたそうです。(去年あたり、氏に「(何とか)レガシィ」とかいうCDを借りたけど、すぐに停止ボタン押したなぁ。確かあれでも商業CDだったはず)

 最近は、オリコンでトップクラスの楽曲を提供しているグループが、元はゲーム楽曲の製作から立ち上がったとか聞いて、そちらの分野にも少々興味があったのです。最近の和製音楽(J-POP)には、魅力が感じられないので。

 氏がいくつか上げた名前の方の中から、歌手「橋本みゆき」さんの楽曲を聞いてみました。

※氏の非公開自宅サーバには、所有している1500枚以上のCDが音楽データとして取り込まれていますので、「試聴」はすぐに出来ます。

 ...凄いですね、現在の、この分野の楽曲って。

 「ゲームの添え物としては、もったいない」というレベルです。リズムセクションだけを押し出して、ノリだけ、印象的なメロディラインなんか無くてココロに全く残らないものばかりの、最近のJ-POPとは別格。

 「売れればよい」という「媚」が無い分、メッセージ性が強く、歌詞・メロディとも印象的でココロに残るものばかり。(アニメの楽曲は、「媚」が多い気がしますけど)

 もちろん歌い手が良いのはもちろんです。J-POP流行の、声帯のギリギリを使った声は、聞き手の精神的な不安を呼び(悲鳴が良い例)、耳に残る(なかなか忘れないだけ)のですが、それは「歌がうまい」のではなく、「気を引くのがうまい」だけです。

(誰だ!とは名前が出せませんが :-p)

 声に深いビブラートがかかる「演歌調のうまさ」はそんなにありませんが、音程の安定感や、歌の感情的な盛り上げ方、発声の強弱等々、「あぁ、こんな人いたんだ」と感激するくらい。

さて、最近の楽曲、「恋桜」。ゲームメーカー「PurpleSoft」さんの公式サイトでもshortVer.が公開されています。

 サビの

「届かないから それは桜のように 儚(はかな)く
 手を伸ばしても まるで蜃気楼
 舞う花びらが 思い出ごと染め上げ 重なる
 春の日差しは 心を溶かす 君の笑顔」

 これぞ「詩」という感じです。 「韻を踏んで、意味が無い」、某歌手の歌とは全然違うなぁ、と。(笑

 彼女の歌は「恋の歌」が多いですね。それも「泣きたくなるような切ない気持ち」の歌。

 試聴して気に入ったので、何枚か注文しました。でも在庫切れが多いのが困りますね、この分野のCDは。

|

« 我が青春の?E-HCR32(スカイラインGTS-t TYPE-M) | トップページ | メーターパネル~BG5改造プラン11 »

音楽」カテゴリの記事

橋本みゆきさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 我が青春の?E-HCR32(スカイラインGTS-t TYPE-M) | トップページ | メーターパネル~BG5改造プラン11 »