« やきそば~閑話休題 | トップページ | お見舞い、というネタ話 »

2008年2月18日 (月)

白色LED~BG5改造プラン1(ハイフラッシャー対策

MEDIO write:

 相変わらず仕事が大変な事になっています。今頃はみな一息つくはずなのに、某国のインバータのせいで....今日も半日出勤。

 先日、調達の方から日亜製のLEDサンプルをたくさん頂く。個人的に。

 使い道を考えたのだけれど、白色がある=照明、だよね、と通勤用BG5(レガシィ)のいろいろをLED化してみました。ルームランプは言うに及ばず、S25の口金を使い、ポジション、ウィンカー、ストップランプも置き換えます。

 さて、クルマ用電灯をLED化するにあたり問題になるのは「ハイフラッシャー現象」です。玉切れの検知用に、ウィンカー回路の消費電流が少ないと点滅速度が速くなる、という機構。

 ウィンカーは片側3灯で10オーム以下になりますから、これをLED化するとなると2通りの対応があります。

1.並列に同程度になる抵抗を入れる。

2.ウィンカー回路に手を入れる。

1.は、電球が消費していた電力を熱にするわけですから、とんでもないことになります。デンキ屋である私は、必然2.になるのですが、自作するか、現在の回路に手をいれるか....とりあえずばらしてみます。

3

車載組み込み機器のNILES製。載っているICのデータシートが無い....。

1

 ランプに行く端子の検出ラインに手を入れようとしたのですが、この先の改造後の電流量がわからないので、「ハイフラッシャー状態の時定数を変える」という暴挙に出ます。

 ハイフラッシャー状態での点滅間隔は、ノーマル時の倍程度。なので3.3uFのCを倍にしようと思ったら在庫がありません。仕方なく「10uF+放電抵抗値を下げる(1Mを並列に)」ということで対応します。

 この状態で実測、72回/分です。

 ウィンカーはアンバー色LEDを使ったので、そのうち無用になったレンズのオレンジフィルターを外しましょう。時間がかかるので、もう少し暖かくなってからですね....でも、花粉も嫌だな。

|

« やきそば~閑話休題 | トップページ | お見舞い、というネタ話 »

」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!!私はレガシィのBG5に乗っていますがBHに使用されている、BFMを流用したいのですが方法等を伝授していただきたいのですがお願いできませんか??ほんとBGが好きでメータもBFMにしたいのです。どうかお願いします。

投稿: マル | 2009年6月 3日 (水) 21時38分

こんばんは、マルさん。

質問を返す様で申し訳ないですが、どの程度「電子回路」の知識・技術はお持ちでしょうか?

BG5の車速センサーがアナログなので、最低でもトランジスタで増幅回路...抵抗等の定数を自分で計算出来る知識は必要です。
私自身もBG5に付いている車速センサーの仕様が不明なので、最終的にカットアンドトライで値を決めています。(ハンディのオシロがあれば、と何度思ったか...)

※ちなみに、現在私のBG5で動作中の回路でも、同年式のBG5(blog中に度々出てくる、非論理師匠の所有車)に載せると「0km付近の走行で、いきなり針が100km以上を指す時がある」という状態です。

この点(回路技術)がクリアできるのであれば、概略をお知らせ出来る...かもしれません。(仕事等々が忙しくて、資料をまとめてHPに、という時間はありません...「箱」の用意は出来ているのですが)

投稿: MEDIO | 2009年6月 3日 (水) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やきそば~閑話休題 | トップページ | お見舞い、というネタ話 »