« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月30日 (日)

改良工事?~CR-185LTD

MEDIO write:

Wiiは非論理氏の入院する病棟に寄贈。閉鎖された空間で、文字通り命を懸けて病気と闘っている子達の、何かに役立つならばいいのだけれど。

また悪い虫がうずき出して、目的と手段が逆転している気もしますが、先日ONKYOのCR-185の限定モデルを入手してしました。ヤフーオークションで。

Ltd CR-185LTD

外観は、アルミ製つまみ、トレイ(ふた部分のみ)、変なインシュレータが違うそうです。中は使用しているコンデンサが違うと聞きました。

Analogb

プリアンプ基板。先日ばらしたノーマル版と違いがありません。

Tunerb

コントローラ、チューナー基板。チューナー部の電解コンデンサの一部が、ニチコンのVXでなくSANYO製が使われています。CDのD/A部は変わりなし。

Powerb

電源もニチコンVXのまま。これではチューナーだけ音が違うだけ?

ノーマルと金額差があったので、このままだと気が収まりません。東京の本社に挨拶に行った折、海神や若松、三栄でコンデンサを仕入れて来ました。

※音声回路にコンデンサを入れる事自体、音質の劣化になります。ですから、必要な部分を「音響用」に変えるということです。「高級コンデンサを大量に使っている」だけで、その数を減らす努力(カップリングを減らす回路にする、等)をしていないオーディオ機器は、考え方自体が間違っていると。(非論理氏、談)

まず、電源。

Powera

アナログ、CD-D/A電源回路用にニチコンKGのGold TuneとSuper Through。まともに買うと高いので、若松の特価品を投入。

Analoga

プリアンプ部は、やはりニチコンのKZ主体....と思ったのですが、適合容量が無いものばかり。FGで我慢。

D/A回路は電源をFGに換えました。

電源投入当初は、ケミカルコンデンサのエージング不足による特有の音(ギスギスした、とげとげしい音)でしたが、ダミー抵抗をつないで100時間ほど鳴らした現在、改造費含めて総額1万円しないとは思えない音になりました。

※コンデンサ交換で音が変わる件、技術話を書こうと思いましたが、また何かあると困るので自粛。誘電正接とか。

ベッドサイドのデジタルアンプ、CDが聴けないのでCR-185LTDに場所を譲りました。まぁ、このアンプも嫁ぐ先が決まっていますけれど....

| | コメント (0)

2007年12月22日 (土)

日記~シーゲートのキャンペーン、結果

MEDIO write:

 事務所にいる人全員で旅行に行きました。事業所内には24時間対応の部署もある&大人数なので「社員旅行」は無理なのですが、ハード・ソフト開発部まとめて温泉へ、です。

 お昼の立ち寄り地点は、ビール飲み放題だったのでジョッキを7杯程。普段仕事だけの付き合いだった別部署メンバーに「こいつの前の大量の空ジョッキはなんだ?」と、変な目で見られる。この程度飲んでも顔色一つ変わらないからね、私。

 夜の宴会は、いつも難しい顔をしているハード部の「キャプテン」(通称です。学生時代、ラグビー部の主将だったらしい)が、振りつき・ノリノリでジャニーズ・メドレー。頭にはウサミミが付いているし。

 その後、ゆっくり温泉に浸かっていると、いつのまにやら狭い露天風呂に全員集合して技術話していました。(笑

 さらにその後の、他の部屋での座談・飲み会の最中、出張疲れで寝落ち。

Baby

 帰りは吹雪でした。福島は茨城のすぐ北なのに、茨城は雪が降りません。

 お土産は(変なものを買う癖があるので)ベビースターの喜多方ラーメン。

 そして、今週(だけ)は、地元のいつもの事務所で事務整理をしていました。年末なので....というところで、総務のお姉さんが登場。

 以前、通っているダンス教室の発表会用音楽の編集を、私の紹介で非論理師匠に頼んだ事があったのですが、また7曲ほどお願いしたい、との事。それも、2日間で。

 本人が入院中だったので、一応話すけれど....と伝え、帰りに病院に行きました。

....多芸、というか器用、というか。病室に持ち込んでいるVAIOで、1時間で終了。

この人が「出来ない」って言うの、あまり見たこと無いな。

 紹介料として、カリンブルーメのミルフィーユを頂く。なんだか悪い気がするが、氏はシャバの食べ物が食べられない体だし、私が全部食べる、えぇ。

 本題。

 少し前にPCを3セット組みなおしたのですが、映像編集含め大量のデータ対策として500GByteのSeagate製HDDを10台購入しました。 

 ちょうどSeagate社でキャンペーンをやっていたので、応募してあったのですが....今日、なにやら荷物が届いていました。

Wii

 「ご当選おめでとう」ということで、 「Wii」が入っていました。ちょうど「クリスマスプレゼント」でしたね。

 実は、技術系ハードオタクな私としては、Wiiはいらないんですけど....先月買った、XILINXのSPARTAN-3E STARTER KITをいじっている方が幸せ。(笑

| | コメント (0)

2007年12月20日 (木)

KFCの件~無責任の話

MEDIO write:

 今更ながら、のお話。どうでも良い話。なのですが、気になったので書き留めてみます。

 とある掲示板で「KFC」での油揚げ事件の真偽が討論(?)されていました。

「あれだけ詳細なんだから、実際に油で揚げたんだろう」的な意見が多い中、

「論理的に考えれば、ネタだというのはわかるだろ。おまえらバ×か?」という意見が。

 曰く、「たんぱく質はお湯(~100度)で変質する。油温はそれ以上だから、たんぱく質で出来ている筋肉は動かなくなる」という様な内容でした。

 さて、私もこんな事は実験した事がありませんから、本当の事はわかりません。ただ、「理論的だ」と決め付けている「理論」がおかしいなぁ、という事はわかるので。

1:反証事項

 「お湯で茹でた豆腐と、油で揚げた豆腐。同じ時間加熱したら中心温度はどうなる?」

 高温で揚げた豆腐中の「高分子蛋白」は、その内包する水分の沸騰なども作用し表面に高断熱のスポンジ状皮膜(表面膨張層)を作ります。(「揚げだし豆腐」ですね)

 短時間であれば、油で揚げた豆腐の方が中は冷たいです。

2:定義漏れ

「昆虫の外骨格は、お湯で変質する筋肉(たんぱく質)ではなく、高断熱性を持つ(高分子の)キチン質である」.

 お湯にくぐらせたお肉はすぐに色が変わりますが、お湯に投げ込んだカニは暫く動き続けます。

 これらの事項を併せて考えると。

 私の結論としては「やってみなくては、わからない」です。何度の油で、どの位の時間か?だれかやらないかなぁ。(投げ槍)

 と言う訳で、掲示板の書き込みを見て、まずは「自分の考え・理論の反証可能性(Falsifiability)を考えて、補助仮説(Ad hoc hypothesis)なく説明が出来なくてはいけない」なぁ、思いました。

(留学時の、教授の「受け売り」ですが)

| | コメント (0)

2007年12月10日 (月)

改良?~ONKYO CR-185

MEDIO write:

平日は尋常じゃない忙しさで、半田付けどころか食事すら間々なら無い状態で・・・ホテルに帰るのがAM3:00って何?

週末秋葉原に繰り出す体力もないので、自宅に帰ってきたけれど、起きたら日曜の夕方という悲惨なエンジニアdeath。

先日の帰宅の際、ハードオフで仕入れたONKYOのCR-185ですが、ネットで「音が良い」と聞く割にS/Nが悪い様な気がします。効率の良いスピーカーだと「サー」というノイズがずっと出ています。

Before

MUTE時にもノイズが出る上、無音で作ったCD再生でもノイズが重畳されるという状態。

故障か?と思ったのですが、職場のアシスタントの自宅にある同機でも同じらしい。

Power段はコンプリメンタリペアが2段という素直な構成で、ノイズが出る要素があまり無い・・・こちらは電源を見ないとダメみたい。

重畳されるノイズは、カタログスペック(100dB)から見ても納得出来ない。経年劣化を考え、アナログ系の電解コンデンサを全部交換してみました。

After1

換えたのは手持ちのMUSEの一番安いもの(FX。生産終了したらしい)。で、残骸は。

Au

ニチコンのVX(汎用品)でした。限定モデル(?)のCR-185LTDは最初からコンデンサが換えてあるそうですが、何を使っているのだろう。

After2

交換終了して、エージング中。現在、ノイズはツイーターに耳を寄せないと聞こえないレベルになりました。

次は電源部です。手持ちにALPINEとONKYOintegraマーキング入りのELNA製ブロックコンがあるので、楽しみですが・・・・時間が取れないなぁ。

| | コメント (0)

2007年12月 1日 (土)

仕入れ~ONKYO CR-185

MEDIO write:

最近は都内への泊まりでの出張が続いていて、週末も家に帰らないままホテル暮らしです。

その分、日曜は秋葉原を徘徊していますが、電子部品に限っては「目新しいもの」というのはそんなに多くは無く、毎週だと3回も周ると飽きてきます。

今日は久々に家に戻れたので、帰りがけ、またもハードオフへ。(仕入れ)

リビングに小さなCDプレイヤーが欲しかったのですが、JunkコーナーにONKYOのCR-185という機種がありました。「CD入れてもトレイが出てくる」\1,050.-

認識しないならピックアップかもしれない、けどトレイが出てくるならリミットスイッチか?と、即時購入。

帰宅後、1ヶ月ぶりにメインPCを起動、検索。

結構この機種は人気が高いみたいですね。トレイの件は有名な症状らしく、ドライブの駆動ベルトのスリップとの事。

とりあえず分解してみると、ベルトはそれほど劣化していませんでした。となると、駆動負担が大きくなっているのかも。

CDメカ部を取り出し、トレイ駆動のギアだけでなく、ピック周り、スピンドルまで清掃、防錆剤注油、グリスアップしました。(グリスは樹脂部品なので、タミヤのミニ4駆用セラミックグリスがお勧めです。模型屋で\400)

ベルトも柔軟性を戻すため、上向きにしたハロゲン電球に乗せ、煙が出るまで加熱。(w

もとに組みなおすと、CDメカ部も正常に動くようになりました。

さて、音の方ですが....音場の定位は結構良いと思います....が、S/Nが悪いかも。

モニタ用のSONY製ヘッドフォンMDR-CD900STだと「サー」というノイズが聞こえます。

(効率が悪い小径スピーカーだと気にならないかも)

分解したとき、音声ラインに入っているCがニチコンの一般品だったので、手持ちのMUSEと交換してみようかなぁ、と。

|

« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »